2014年度 韓国 檀国大学校のサマースクールプログラムページを公開しました

韓国の檀国大学校のサマースクールプログラムは、多くの国から学生が集まり韓国の文化や歴史を体験し、交流するプログラムです。東京薬科大学では、2011年に韓国の薬学教育が6年制に移行した際に檀国大学校と国際交流協定を結び、今回で2回目の本サマープログラムへの参加となりました。2014年8月2日(土)~8月23日(土)まで開催された本プログラムに薬学部3年生の2名が参加しました。プログラムで印象に残ったものを参加した学生に紹介してもらいました。

 

プログラムスケジュール

2014年度の研修プログラムの中で、特に印象に残ったものを、参加した学生に紹介してもらいました。

 

研修日程(2014年度)

 

8月5日(火) National Museum&Gwanghwamun

 韓国で最も大きいNational MuseumとGwanghwamunという日本語で光化門という王宮の城門の遺構に行きました。National Museumは韓国の文化財などが展示されているだけではなく、日本や中国の文化財の展示もありました。その後に光化門近くのお店で参鶏湯をいただきました。参鶏湯を食べることは日本で夏にウナギを食べるのと同じような意味があるようです。光化門の周りには大企業のビルや観光地が多くあり、韓国の中心地のひとつであることを感じることができました。

 

 

8月7日(木) Welcoming Party

 International Summer School に参加する留学生の歓迎会が行われました。 韓国料理のプルコギをいただきました。夜は大学近くのBARで他の大学の人や他の国の大学の人と親交を深めることができました。留学生の中には、中国、アメリカ、カナダ、マレーシアなど多くの国からの参加者がいて、普段の学生生活ではあまりできない他の国の大学生と積極的に話すことができて、とても良い経験になりました。

 

 

8月8日(金) Hoam Art Museum&Everland

 午前中の韓国語の講義はなく、朝から韓国最大のテーマパークであるEverlandとその近くにある韓国の歴史博物館に行きました。Everlandは韓国も夏休みということもあり、平日にもかかわらず、多くの人で賑わっていました。Everlandには絶叫系アトラクションやお化け屋敷だけではなく、本格的な動物園も併設されていました。動物園には多くの動物がいてかなり近くまで接近できるアトラクションもあり、とても楽しむことができました

 

 

8月18~20日(月、火、水) Music&Dance

 大学の体育館で専門の先生の下、K-POP Danceを習いました。Danceは実際に日本でも販売されている曲を使い行いました。先日の博物館などの文化体験とは異なり、最新の韓国文化を体験することができました。K-POP Danceは女性のアイドルの曲を扱ったこともあり、色気を出す振り付けも多くて恥ずかしさやむずかしさを感じました。しかし、最後の各4~5人のチームに分かれての発表会の時に、他国の学生とうまく踊れてとても嬉しく思いました。

 

 

8月21日(木) Completion Ceremony

 韓国でのInternational Summer Schoolでのプログラムがすべて修了したので、修了式が行われました。韓国語を教えていただいた先生方やスタッフの方も参加されていて、最後には修了証書もいただきました。その後にはfarewell partyが開かれました。場所がwelcome partyが開かれた場所と同じだったこともあり、3週間の時間の早さを感じつつ、研修期間の間に出来た様々な国の友人たちと思い出話などで楽しむことができました。今でもSNSなどで連絡を取り合う仲です。

 

 

2015年1月8日