学部案内

薬学部
学部案内

本学薬学部における教育の特徴

東薬は、薬が関わるあらゆる分野で活躍する人材を育てるために、
「創薬科学」と「医療薬学」という日本独自の薬学教育の
両輪システムを維持・発展させていきます。



 明治6年(1873年)に生まれた日本の薬学教育は、これまで約130年間世界でも類を見ない独自の教育システムを育んできました。「医療で活躍する薬剤師」と「薬を生み出す創薬人」を車の両輪のように育んでいく教育システムです。明治13年に開校し、私立薬科大学として最も長い歴史を持つ東薬は、21世紀においてもこの薬学の優れた教育システムを独自の6年制プログラムの中で堅持・発展させていきます。

 学部6年制の教育課程で基礎・創薬・医療の各分野が相互に連携します。

 この教育を通して、医療分野、製薬・一般企業、行政、大学・研究所など「薬が息づくすべての場面」に東薬卒業生を送り出します。

「将来医療分野に進むのに研究する必要がありますか?」と良く聞かれます。

答えは「大いに必要」です。大学で研究する内容自体が将来そのまま役立つことは必ずしも多くないかもしれません。でも、研究を通して「問題提起および問題解決能力」や「論理的思考」を養うことができます。学会発表や論文作製などを通して「まとめる力」も得られます。これらの能力は医療分野のみでなくあらゆる分野で必ず必要です。特に、医療分野では薬剤師が持つこれらの力こそが、明日の新しい医療を生み出していくのです。

faculty_img1