医薬品の安全で安心な使用の確保に関する方法論の確立
- 研究室紹介 -

研究室のねらい

当教室では、将来臨床で活躍できる薬剤師の創出を目指した研究・教育を行っている。教室のテーマは、医療薬学を中心にその基礎となる調剤学、製剤学に関わる内容となる。特に、患者さんが医薬品を安全で安心して使用するために必要となる医薬品の有効性、安全性の評価とエビデンスの構築を目指している。

研究室メンバー

(役職:氏名 / 学位)
教授:  杉浦 宗敏(薬学博士)
准教授: 中島 由紀(薬学博士)
助教: 清海 杏奈(博士(薬学))
6年生:10
5年生:7名
4年生:10名
(平成29年6月現在)

担当講義

(科目: 学年【前・後期】 /教員名)
人間と薬学Ⅰ:1年【前期】杉浦、中島、清海

疾病と薬物治療Ⅰ:2年【後期】杉浦

ゼミナール:2年【通年】杉浦、中島、清海

ゼミナール:3年【通年】杉浦、清海

調剤学:3年【後期】杉浦、中島

疾病と薬物治療Ⅵ:3年【後期】杉浦

医療衛生薬学演習Ⅰ-ⅰ(セルフメディケーション):4年【前期】杉浦、中島

事前実務実習:4年【前期】杉浦、中島、清海

医療の最前線(屋根瓦):5年【第1ターム】杉浦、中島、清海

情報収集Ⅰ:5年【第1ターム】杉浦、中島

治験の実際:5年【前期】中島

医薬品開発特論Ⅱ:5年【前期】杉浦、中島

PBLT:5年【後期】中島

4P80(情報収集Ⅰ):6年【前期】杉浦、中島

高齢者医療:6年【前期】杉浦、中島

緩和医療の最前線:6年【前期】杉浦

アドバンス演習:6年【後期】中島

医薬品情報学:大学院薬学専攻1年【前期】杉浦、中島

研究テーマと概要

1.臨床における薬剤の適正使用に関するテーマ

1)軟膏剤のジェネリック医薬品の薬剤学的評価
2)軟膏剤の混合調製における薬剤学的評価
3)市販後各種薬剤の臨床的評価

2.薬剤師業務の評価に関するテーマ

1)チーム医療における薬剤師の役割と評価
2)予防医学における薬剤師の役割と評価

3.緩和ケアに関するテーマ

1)医療用麻薬の適正使用に関する薬学的評価
2)薬学生および薬剤師における緩和ケア教育システムの構築と評価