感染症・腫瘍・免疫疾患に対する免疫調節の可能性を探る
- 平成22年度(2010)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成22年度(2010)研究室の実績はこちら

原著

1)
Anti-fungal Cell Wall Beta-glucan Antibody in Animal Sera
Jpn. J. Med. Mycol., 51, 99− 107( 2010)
Ken-ichi Ishibashi, Chikaku Dogasaki*¹, Masuro Motoi*², Noriko Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
*¹ Azabu University, *²Sunprize co.,ltd
  
2)
Cell wall α1-3glucans induce the aggregation of germinating conidia ofAspergillus fumigates
Fungal Genetics and Biology, 47,707-712 (2010)
Thierry Fontaine*¹, Anne Beauvais*¹, Celine Loussert*¹, Benoit Thevenard*¹, Claus. C. Fulgsang*², Naohito Ohno, Cecile Clavaud*¹, Marie-Christine Prevost*¹, Jean-Paul Latge*¹
*¹ Institut Pasteur, France,   *² Novozymes, Denmark
  
3)
Granulocyte macrophage colony–stimulating factor is required for cytokine induction by a highly 6-branched 1,3-β-d-glucan from Aureobasidium pullulans in mouse-derived splenocytes
Jpn. J. Med. Mycol., 51, 99− 107( 2010)
Rui Tada, Masashi Yoshikawa, Takao Kuge, Asuka Tanioka, Ken-ichi Ishibashi, Yoshiyuki Adachi, Kazufumi Tsubaki and Naohito Ohno
*¹ ADEKA Corp.
   
4)
Dectin-2 Recognition of α-Mannans and Induction of Th17 Cell Differentiation Is Essential for Host Defense against Candida albicans
Immunity, 32, 681-691(2010)
Shinobu Saijo*¹, Satoshi Ikeda*¹, Keiko Yamabe*¹, Shigeru Kakuta*¹, Harumichi Ishigame*¹, Aoi Akitsu*¹, Noriyuki Fujikado*¹, Toshimasa Kusaka*¹, Sachiko Kubo*¹, Soo-hyun Chung*¹, Ryohei Komatsu*¹, Noriko Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Kazutoshi Shibuya*², Natsuo Yamamoto*³, Kazuyoshi Kawakami*⁴, Sho Yamasaki*⁵*⁸, Takashi Saito*⁵*⁶, Shizuo Akira*⁶ and Yoichiro Iwakura*¹*⁷
University of Tokyo, Toho University, Tohoku University Graduate School of Medicine,*⁴Tohoku University, *⁵RIKEN Research Center for Allergy and Immunology (RCAI),*⁶Osaka University, *⁷Core Research for Evolutional Science and Technology (CREST), Japan Science and Technology Agency, *⁸Kyushu University
    
5)
Induction of IFN-γ by a highly branched 1,3-β-D-glucan from Aureobasidium pullulans in mouse-derived splenocytes via dectin-1-independent pathways
Biochemical and Biophysical Research Communications , 51, 99− 107( 2011)
Rui Tada, Masashi Yoshikawa, Futoshi Ikeda, Yoshiyuki Adachi, Yuya Kato, Takao Kuge, Asuka Tanioka, Ken-ichi Ishibashi, Kazufumi Tsubaki, Naohito Ohno
*¹ ADEKA Corp.
  
6)
The influence of β-glucan on the growth and cell wall architecture of Aspergillus spp
Microbiology and Immunology, 54(11), 666-72(2010)
Ken-ichi Ishibashi, Yuichiro Kurone, Masuro Motoi, Noriko N. Miura, Yoshiuki Adachi, Yoshiharu Shirasu, Naohito Ohno
*¹Research and Development Division, Kirin Food-Tech
   
7)
β(1,3) Branched heptadeca- and linear hexadeca-saccharides possessing an aminoalkyl group as a strong ligand to dectin-1
Chem. Commun., 46(43), 8249-51
Hiroshi Tanaka, Tetsuya Kawai, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno,  Takashi Takahashi
*¹Department of Applied Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
  
8)
Enhanced Cytokine Secretion from Primary Macrophages due to Dectin-1 Mediated Uptake of CpG DNA/β-1,3-Glucan Complex
Bioconjugate Chem., 22(1), 9-15(2011)
Jusaku Minari, Shinichi Mochizuki, Tsubasa Matsuzaki, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Kazuo Sakurai*¹*²
*¹Department of Chemistry and Biochemistry, The University of Kitakyushu,*²Core Research for Evolutional Science and Technology (CREST), Japan Science and Technology Agency
  
9)
Administration of human immunoglobulin suppresses development of murine systemic vasculitis induced with Candida albicans water-soluble fraction: an animal model of Kawasaki disease
Modern Rheumatology, 20(2), 160-7(2010)
Kei Takahashi , Toshiaki Oharaseki, Yuki Yokouchi, Noriko N. Miura, Naohito Ohno,  Akiko I. Okawara, Hisao Murata, Shiro Naoe, Kazuo Suzuki*³*4
*¹ Toho University Ohashi Medical Center, *²National Institute of Infectious Diseases, *³National Institute of Infectious Diseases, *4Chiba University
 
10)
Partial purification and characterization of polyphenoloxidase from Agaricus brasiliensis
International Journal of Medicinal Mushroom, 13, 73-82(2011)
Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi, Naohito Ohno
*¹Toei Pharmaceutical Co. Ltd.
 
11)
マウス脾細胞におけるbeta-glucan応答性遺伝子の網羅的解析
日本医真菌学会雑誌, 51-4, 199-206 (2010)
飛田 敏江, 川南 裕美, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
12)
Activation of myeloid dendritic cells by deoxynucleic acids from Cordyceps sinensis via a Toll-like receptor 9-dependent pathway
Cell Immunol. , 263, 241-50(2010)
Gang Xiao, Akiko Miyazato, Yuzuru Abe, Tiantuo Zhang, Kiwamu Nakamura, Ken Inden, Misuzu Tanaka, Daiki Tanno, Tomomitsu Miyasaka, Keiko Ishii, Kiyoshi Takeda*3, Shizuo Akira*3, Shinobu Saijo*4, Yoichiro Iwakura*4, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Natsuo Yamamoto, Hiroyuki Kunishima, Yoichi Hirakata, Mitsuo Kaku, and Kazuyoshi Kawakami
*¹ Tohoku University Graduate School of Medicine, *²The 3rd Affiliated Hospital of Sun Yat-sen University,*3Osaka University*4University of Tokyo

総説

1)
カンジダβ -グルカンに対するdectin による反応とマクロファージの活性化
臨床免疫・アレルギー科,55,14-21(2011)
安達 禎之

プロシーディング(学会講演論文)

1)
Comparison of anti-beta-glucan antibody titer in human volunteer and patients
International Conference on Early Disease Detection and Prevention EDDP,27-32
ISBN 987-88-7587-579-4
lshibashi K, Yoshida M, Sasaki Mt, Motoi M, Miura N N, Adachl Y, Ohno N
*¹Hachiouji Medical Center of Tokyo Medical University
 
2)
A Murine Model of Coronary Arteritis Induced by Fungal PAMPs, CAWS, for Drug Development
International Conference on Early Disease Detection and Prevention EDDP,33-36
ISBN 987-88-7587-579-4
Ohno N, Miura NN, lshibashi K, Hida TH, Adachl Y, Hirata N
 
3)
PAMPs に対するヒト末梢血単核球応答性の個人差の検討
エンドキシン研究, 13, 57-60(2010)
古見 嘉之, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁

著書

立川 英一,田村 和広,高木 教夫,大野 尚仁,吉江 幹浩,田野中浩一,別生伸太郎,野口 雅久,宮岡 宏明 編著
  最新 薬の効き方.愛智出版,2010,522 pp.
 
大野 尚仁,安達 禎之,三浦 典子,石橋 健一
  免疫学概説.宿前利朗,大野尚仁編.第3 版,廣川書店,2010,250 pp.
 
大野 尚仁
  “β グルカンの構造と免疫賦活機構の解析.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010, pp. 3-12
 
安達 禎之
  “β グルカンの結合タンパク質.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 13-23
 
石橋 健一
  “抗β グルカン抗体について.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 33-40
 
飛田 敏江
  “βグルカンの免疫賦活活性.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 24-32
 
山中 大輔,元井 益郎
  “アガリクス.” β グルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 239-248
 
Naohito Ohno
  “Detrimental Effects of β-Glucans.” β Glucans-Mechanisms of Action. Biology and Chemistry of β Glucan. V. Vetvicka ed. Bentham Science Publishers, 2011, pp. 68-81

学会発表記録

国際学会

IMC9: The Biology of Fungi

2010 年8 月 於 Edinburgh, UK
Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Recognition of Candida cell wall polysaccharides by dectin molecules on macrophages and the role for immune response
 
D. Yamanaka, K. Ishibashi, M. Motoi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Effect of Agaricus brasiliensis on toll-like receptor dependent cytokine production of splenocytes in mice

25th International Carbohydrate Symposium; ICS2010

2010 年8 月 於 Chiba, Japan
M. Kanagawa, A. Ikeda, T. Satoh, Y. Adachi, N. Ohno, and Y. Yamaguchi
  Crystalstructure of β-GRP/GNBP3N-terminaldomainincomplex with laminarihexaose-implication for the recognition of triple-helical β-glucan

14th International Congress of Immunology

2010 年8 月 於 Kobe, Japan
S. Yokochi, K. Kobayashi, K. Ishibashi, M. Sugi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Preparation and immunopharmacological acivity of Phellinus linteus mycelial glucan
 
T. Harada-Hida, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Gene expression of splenocytes induced by β -glucan SCG in DBA/2 mice
 
N. Nagi-Miura, Y. Adachi, K. Ishibashi, H. Hanawa, Y. Aizawa, K. Suzuki, and N. Ohno
  Interleukin-10 is a negative regulatory factor of vasculitis induced by fungal PAMPs, CAWS
 
D. Yamanaka, K. Ishibasi, M. Motoi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Regulation of interferon-γ production of splenocytes by Agaricus brasiliensis in vitro
 
H. Murakami, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, K. Ishibashi, H. Hanawa, Y. Aizawa, K. Suzuki, and N. Ohno
  GM-CSF is a key molecule for the regulation of cytokine synthesisin splenocytes culture in vitro in response to fungal PAMPs, CAWS
 
T. Saito, D. Sakuraba, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, H. Tamura, and N. Ohno
  The role of human dectin-2 in innate response to Candida albicans
 
S. Ueno, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Anti-β -glucan antibodies bind to pathogenic fungal cell wall β -glucan and modulate biological activity of it

国内学会

第79 回 日本寄生虫学会総会

2010 年5 月 於 北海道
渡辺 直煕, 安達 禎之,西城  忍,岩倉洋一郎,古田 隆久
  マスト細胞の Dectin-1 を介したマラリア原虫の感染防御機構

日本食品免疫学会 第6 回学術大会

2010 年6 月 於 東京
角谷  亮,安達 禎之,梶浦 英樹,高田 洋樹,栗木  隆,大野 尚仁
  酵素合成グリコーゲンの免疫賦活効果とその機能発現メカニズムの検討

第10 回 日本蛋白質科学会年会

2010 年6 月 於 札幌
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)リコンビナント蛋白質の活性発現への工夫

第21 回 生体防御学会学術総会

2010 年7 月 於 仙台
飛田 敏江,柴田亜咲美,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  6 分岐1,3-β-グルカンによるDBA/2 マウス脾細胞からのサイトカイン産生誘導に関する研究
 
安達 禎之
  真菌細胞壁多糖の生体防御因子結合性と自然免疫活性化作用の解析

第10 回 日本臨床中医薬学会学術大会

2010 年9 月 於 富山
飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  クマ笹エキス成分のマウス脾細胞のサイトカイン産生に及ぼす影響

第10 回 あわじしま感染症フォーラム

2010 年9 月 於 兵庫
S. Saijo, S. Ikeda, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, N. Ohno, and Y. Iwakura
  The roles of C-type lectins in the host defense against fungal infection

日本応用糖質科学会 平成22 年度大会

2010 年9 月 於 静岡
角谷  亮,安達 禎之,梶浦 英樹,高田 洋樹,大野 尚仁,栗木  隆
  経口投与によるグリコーゲンの免疫賦活効果とその効果発現メカニズムの解析

第54 回 日本薬学会関東支部大会

2010 年10 月 於 東京
斎藤 哲生,安達 禎之,桜庭 大樹,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  Candida マンナンの認識におけるヒトdectin-2 の役割に関する検討
 
安達 禎之,池田  太,多田  塁,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  Candida albicans 菌体に対するdectin-1-/- マクロファージの免疫応答
 
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)類の研究
 
三浦 典子,太原 舞衣,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  白血球減少症マウスにおけるCandida 由来PAMPs に対する応答性の検討
 
村上  央,三浦 典子,安達 禎之,石橋 健一,塙  晴雄,相澤 義房,鈴木 和男,大野 尚仁
  CAWS に対するGM-CSF 遺伝子導入マウスの応答性
 
大野 尚仁,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,平田 尚人
  真菌由来の血管炎惹起物質CAWS 糖鎖のプロファイリング
 
柴田亜咲実,飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  cytochalasin D による真菌由来β -glucan SCG の細胞応答性の検討
 
山中 大輔,田宮 優美,石橋 健一,元井 益郎,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  薬用茸Agaricus brasiliensis によるCytokine 産生へのToll 様受容体の関与

第54 回 日本医真菌学会総会

2010 年10 月 於 東京
安達 禎之,三浦 典子,石橋 健一,大野 尚仁
  免疫疾患に関わる真菌多糖と自然免疫受容体
 
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  シクロフォスファミド投与白血球減少症モデルマウスにおけるCandida 由来PAMPs への応答性の検討
 
山中 大輔,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  真菌症患者血清における抗β -グルカン抗体のβ -1,3/β -1,6 構造に対する反応性の比較

第33 回 日本分子生物学会年会・第83 回 日本生化学会大会 合同大会

2010 年12 月 於 神戸
M. Ishii, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, A. Miyanoshita, T. Imamura, H. Tamura, and N. Ohno
  Innate immune receptors from invertebrate distinguish fine structural difference of β-glucans
 
H. Nagaura, E. Inoue, C. Yabuki, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Deteriorating effect of Candida β -glucan on the IgE-mediated dermal allergic reaction
 
Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Dectin-1 and dectin-2 cooperate to recognize yeast form of Candida albicans in human monocytes
 
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)類の活性発現の検討

第14 回 日本ワクチン学会学術集会

2010 年12 月 於 東京
須田 達也,高山 俊輔,種市麻衣子,大野 尚仁,赤塚 俊隆,内田 哲也,松井 正則
  エボラウイルス由来HLA-A0201*, 拘束性CTL エピトープの同定と,そのペプチドを結合したリポソームによる細胞傷害性T 細胞の誘導

MPO 研究会

2011 年1 月 於 仙台
村上  央,三浦 典子,安達 禎之,石橋 健一,塙  晴雄,相澤 義房,鈴木 和男,大野 尚仁
  GM-CSF 遺伝子導入マウスのCAWS 急性致死毒性
 
亀岡 洋祐,小浦美奈子,内田 敬子,竹内喜久子,松田潤一郎,長尾 朋和,宇野賀津子,大野 尚仁,鈴木 和男
  ヒトmonovalent-hScFv の評価検討
 
高橋  啓,大原関利章,長尾 朋和,富澤 一夫,横内  幸,山田 仁美,大野 尚仁,佐地  勉,岡崎 富男,鈴木 和男
  川崎病類似マウス血管炎モデルにおけるMizoribin の有効性

日本農芸化学会 2011 年度大会

2011 年3 月 於 京都
角谷  亮,安達 禎之,高田 洋樹,栗木  隆,大野 尚仁
  酵素合成グリコーゲンの細胞刺激性への自然免疫受容体の検討

日本薬学会 第131 年会

2011 年3 月 於 静岡
田宮 優美,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,三浦 典子,大野 尚仁
  リグニン様合成ポリフェノール重合体の免疫調節作用に関する検討
 
山中 大輔,田宮 優美,石橋 健一,元井 益郎,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  薬用茸Agaricus brasiliensis 冷水抽出画分による樹状細胞活性化作用の検討
 
豊嶋 隆志,石橋 健一,安達 禎之,三浦 典子,大野 尚仁
  β -グルカン添加培養におけるAspergillus fumigatus の増殖及び抗真菌薬感受性への影響
 
柴田亜咲実,飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  可溶性β-glucan,SCG による脾臓細胞からのサイトカイン産生機構に対する阻害剤を用いた解析
 
太原 舞衣,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  マウス白血球減少症モデルのCandida 由来PAMPs に対する応答性
 
伊坂 春香,村上 央,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  CAWS 血管炎と補体成分の関連性の検討
 
大村  崇,大野 尚仁,安達 禎之,石橋 健一, 三浦 典子,村上  央
  CAWS 投与早期における肝臓の遺伝子発現のマウス系統差による比較

講演会等発表記録

自然免疫とその周辺

2010 年6 月 於 東京
大野 尚仁
  真菌由来のPAMPs による自然免疫の修飾

第23 回 理研ケミカルバイオロジー領域勉強会

2010 年7 月 於 埼玉
安達 禎之
  真菌PAMPs β -グルカンの構造多様性と自然免疫活性化作用

第84 回 東京医科大学・東京薬科大学・免疫アレルギー研究会

2010 年11 月 於 東京
井上 恵里,長浦 宏之,丸石 成海,安達 禎之,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  病原性真菌βグルカンのアジュバント活性に関する検討

Glyco TOKYO 2010

2010 年11 月 於 東京
金川真由美,池田 明美,佐藤 匡史,安達 禎之,大野 尚仁,山口 芳樹
  β -グルカン認識タンパク質β -GRP とモデル多糖の結晶構造解析
 
花島 慎弥,池田 明美,金川真由美,山口 芳樹,田中 浩士,河合 徹也,高橋 孝志,安達 禎之,大野 尚仁,加藤 晃一
  溶液NMR を用いたβ -(1,3)glucan の構造解析とDectin-1 との結合実験

インターラボセミナー「Kingdom を超えて~細菌・真菌・宿主を研究対象とする若手研究者交流~」

2010 年12 月 於 千葉
石井 雅樹,安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  無脊椎動物由来の真菌多糖認識タンパクの反応特異性
 
斎藤 哲生,安達 禎之,桜庭 大樹,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  ヒトdectin-2 の真菌反応性に関する検討
 
長浦 宏之,井上 恵里,矢吹 千香,安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  Ⅰ型皮膚アレルギー反応における真菌β -グルカンの影響

第74 回 日本皮膚科学会東京支部学術大会

2011 年2 月 於 東京
大野 尚仁
  病原性真菌に対する生体防御機能