感染症・腫瘍・免疫疾患に対する免疫調節の可能性を探る
- 平成24年度(2012)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成23年度(2011)研究室の実績はこちら

原著

1)
Effect of Agaricus brasiliensis-derived cold water extract on Toll-like receptor 2-dependent cytokine production in vitro
Immunopharmacol Immunotoxicol.,34, 561-570(2012)
Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
  
2)
Disruption of Actin Cytoskeleton Enhanced Cytokine Synthesis of Splenocytes Stimulated with Beta-Glucan from the Cauliflower Medicinal Mushroom, Sparassis crispa Wulf.:Fr. (Higher Basidiomycetes) in Vitro
Int J Med Mushrooms. , 14, 257-269(2012)
Asami Shibata, Toshie H. Hida, Ken-Ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
3)
薬学分野における多職種連携コミュニケーション教育の現状と展望
コミュニケーション教育学研究, 2, 40-49(2012)
大野尚仁
 
4)
Synthesis of a β-glucan polysaccharide analogue by an iterative copper-catalyzed azide–acetylene coupling reaction
Tetrahedron letters, 53, 4104-4107(2012)
Hiroshi Tanaka, Hiroaki Tago, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, and Takashi Takahashi
*¹Tokyo Institute of Technology
 
5)
Suppression of PAMPs, Pathogen-Associated Microbial Patterns, Induced Cytokine Synthesis of PBMC, Human Blood Mononuclear Cells, by Immunoglobulin Preparation
The Open Allergy Journal, 5, 53-61(2012)
Ayumi Yamamoto, Noriko N. Miura, Toshiaki Oharaseki, Kei Takahashi, Shiro Naoe, KazuoSuzuki*2, and Naohito Ohno
*¹Toho University Ohashi Medhcal Center, *2Chiba University Graduate School of Medicine
  
6)
Agaricus brasiliensis-derived β-glucans exert immunoenhancing effects via a dectin-1-dependent pathway
Int. Immunopharmacol. , 14, 311–319(2012)
Daisuke Yamanaka, Rui Tada, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Masuro Motoi,Yoichiro Iwakura, and Naohito Ohno
*¹ Tokyo University of Science
 
7)
A Concise Method Using Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy to Determine the Source of the β-Glucan Extracted from Various Mushrooms
Int. J. Med. Mushrooms, 14, 339–345 (2012)
Rui Tada, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
8)
Effect of Sasa veitchii Extract on Immunostimulating Activity of β-glucan (SCG) from Culinary-Medicinal Mushroom Sparassis crispa Wulf.:Fr. (Higher Basidiomycetes)
Int. J. Med. Mushrooms, 14, 537–547 (2012)
Mia Yoshida*1, Toshie H. Hida, Kazuo Takeshita*1, Masamichi Tsuboi*1, Masato Kanamori*1, Natsuko Akachi*1, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
*1Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd.
 
9)
Chemical and Immunochemical Characterization of Polysaccharides of Sasa Veitchii Leaves
The Open Plant Science Journal, 7, 1-9(2013)
Masamichi Tsuboi*1*2, Kazuo Takeshita*1, Masato Kanamori*1,Kazuyuki Umemura*3,Kazutoshi Ogawa*3, Natsuko Akachia*1, Mia Yoshida*¹,and Naohito Ohno
*¹ Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd, *²University of Tokyo
 
10)
病原性真菌Candida albicans由来の血管炎惹起性多糖、CAWSのレクチン親和性の解析
医学と生物学, 157, 123-133(2013)
平田尚人*¹, 太田伸, 大野尚仁
*¹長野赤十字病院薬剤部
 
11)
Comparative Analysis of Hepatic CD14 Expressionbetween Two Different Endotoxin Shock Model Mice:Relation between Hepatic Injury and CD14 Expression
PLoS ONE, 8, e53692 (2013)
Hiroyasu Hozumi, Rui Tada, Taisuke Murakami, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
12)
Am80, a retinoic acid receptor agonist, ameliorates murine vasculitis through the suppression of neutrophil migration and activation
ARTHRITIS & RHEUMATISM, 65, 503-512(2013)
Chie Miyabe*1*2, Yoshishige Miyabe*1, Noriko N. Miura, Kei Takahashi*3, Yuya Terashima*4, Etsuko Toda*4, Fumiko Honda*1, Tomohiro Morio*1, Naoko Yamagata*5, Naohito Ohno, Koichi Shudo*5, Jun-ichi Suzuki*4, Mitsuaki Isobe*1, Kouji Matsushima*4, Ryoji Tsuboi*2, Nobuyuki Miyasaka*1, and Toshihiro Nanki*1
*1Tokyo Medical and Dental University, *2Tokyo Medical University,*3Toho University Ohashi Medical Center, *4University of Tokyo
  
13)
The effect of enzymatically polymerised polyphenols on CD4 binding and cytokine production in murine splenocytes
PLoS One, 7, e36025(2012)
Daisuke Yamanaka, Yumi Tamiya, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
 
14)
A Model of Left Ventricular Dysfunction Complicated by CAWS Arteritis in DBA/2 Mice
International Journal of Vascular Medicine,2013, Article ID 543141, 10 pages(2013)
Naoto Hirata*¹, Ken-ichi Ishibashi, Tatsuya Usui, Jiro Yoshioka, Satoru Hata, Yoshiyuki Adachi, Noriko Nagi-Miura, Shin Ohta, and Naohito Ohno
*¹Nagano Red Cross Hospital
 
15)
好中球機能異常による感染防御能の低下と炎症の誘発
Med Mycol J. 53, 123-128(2012)
荒谷 康昭, 三浦 典子, 大野尚仁, 鈴木 和男
*¹横浜市立大学 *²帝京大学医学部附属病院
 

16)
Synthesis of β(1,3) oligoglucans exhibiting a Dectin-1 binding affinity and their biological evaluation
Bioorganic & Medicinal Chemistry , 20, 3898-3914(2012)
Tetsuya Kawai, Yoshiyuki Adachi, Shinya Hanashima, Yoshiki Yamaguchi, Naohito Ohno, and Takashi Takahashi
*¹Tokyo Institute of Technology, *²RIKEN Advanced Research Institute
 

17)
Safety Study of Culinary-Medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. KA21 (Higher Basidiomycetes) Assessed by Prokaryotic as well as Eukaryotic Systems
International Journal of Medicinal Mushrooms , 14, 135–148(2012)
Masuro Motoi, Naohito Ohno

総説

1)
免疫機構
化学療法の領域, 3, 381-391, 医療ジャーナル社, 2012
石橋 健一, 大野 尚仁
 
2)
アレルギー炎症に関わる真菌多糖と自然免疫受容体
アレルギー・免疫Allergology&Immunology, 19, 20-28, 医薬ジャーナル社, 2012
平田 尚人, 大野 尚仁
 
3)
カンジダと免疫・アレルギー
アレルギーの臨床 The Allergy in Practice, 32, 22-27, 北隆館, 2012
石橋 健一, 大野 尚仁
 
4)
ヒト多検体間における抗βグルカン抗体力価と反応性
アレルギーの臨床 The Allergy in Practice, 32, 51-55, 北隆館, 2012
元井 益郎, 石橋 健一, 大野 尚仁
 
5)
アディポカインと脂肪組織のリモデリング
都薬雑誌 The Journal of The Toyaku, 34, 40-43, , 2012
大野 尚仁
 
6)
好中球機能異常による感染防御能の低下と炎症の誘発
Med. Mycol. J., 53, 123-128, , 2012
荒谷 康昭, 三浦 典子, 大野 尚仁, 鈴木 和男
 

著書

1)
大野尚仁,他180名,
薬学用語辞典 (原博編),
東京化学同人, (2012)
 
2)
大野尚仁,他57名,
β-グルカン,高齢者用食品の開発と展望 (和多田史郎, 廣澤文編),
シーエムシー出版,79-86 (2012)

学会発表記録

国際学会

The Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop 2012

2012 年3 月 於 東京都
Am80 Ameliorates Murine Model of Vasculitis via Suppression of Neutrophil and Endothelial Cell Activation
C.Miyabe, Y.Miyabe, N.N. Miura, K.Takahashi, Y.Terashima, T.Morio, N.Yamagata, N. Ohno, K.Matsushima, K. Shudo, K.Suzuki, J. Suzuki, R.Tsuboi, N. Miyasaka, and T.Nanki 
 
Pivotal Role of the Complement System in the Pathogenesis of Vasculitis
D.Okuzaki, N.Miura, S.Kobayashi, A.Okamoto, K.Torigata, M.Sakurai, K. Naoi, T.Saji, N.Ohno, and Hiroshi Nojima
 
Effect of Anti TNF-α Drug on the Process of Vasculitis Development in Animal Model of Kawasaki Disease
T.Oharaseki, Y.Yokouchi, K.Sadamoto, N.Ohno, T.Saji, K.Suzuki, and K.Takahashi

 18th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology

2012 年6 月 於 Berlin, Germany
Reactivity and biological activity of monoclonal antibody to fungal cell wall beta-glucan
K.Ishibashi, A.Sugimoto, N.Miura, Y.Adachi, and N.Ohno
 
Disruption of actin cytoskeleton enhanced cytokine synthesis of splenocytes stimulated with beta-glucan in vitro
N.Ohno, A.Shibata, K.Ishibashi, N.Miura, and Y.Adachi

IEIIS2012

 2012 年10 月 於 東京都
Characterization of mannan structure required for CAWS-vasculitis
N.Ohno, N.Hirata, W.Sato, K.Ishibashi, N.N.Miura, and Y.Adachi

2012 Society for Leukocyte Biology Annual Meeting

2012 年10 月 於 Hawaii, USA
 Inflammatory response of macrophages to Saccharomyces cerevisiae mutant bearing human compatible glycoproteins
Y. Adachi, N. Maruishi, H. Abe, K. Nakayama, Y. Chiba, Y. Jigami, S. Saijo, Y. Iwakura, and N. Ohno

国内学会

第33回関東医真菌懇話会学術集会

2012 年5 月 於 東京都
真菌細胞壁β-グルカン生物活性に対する抗β- グルカン抗体の影響
石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第57回(社)日本透析医学会学術集会・総会

2012 年6 月 於 札幌市
透析患者におけるβ-グルカン抗原に対する抗体価~深在性真菌症感染の新しいバイオマーカー~
石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁, 吉田 雅治,吉川 憲子,中林 巌,杉崎 健太郎

第48回日本小児循環器学会総会・学術集会

2012 年7 月 於 京都市
川崎病血管炎におけるハプトグロビンの関与 動物モデルを用いた解析(会議録)
中村 明宏, 沖垣 光彦, 亀谷 富由樹, 三浦 典子, 大野 尚仁, 濱岡 建城
 
川崎病モデルマウス遺伝子解析による川崎病発症機構の解明(会議録)
深澤 隆治, 大野 尚仁, 三浦 典子, 渡邉 誠, 阿部 正徳, 林 美雪, 池上 英, 橋本 康司, 小川 俊一

第23回日本生体防御学会学術総会

2012 年7 月 於 東京都
ミエロペルオキシダーゼ欠損マウスにおけるカンジダ死菌誘発性肺炎の解析
本目 みずき, 舘野 奈央, 三浦 典子, 大野 尚仁, 荒谷 康昭
 
CAWS血管炎に関わるマンナン構造の検討
平田 尚人, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第44回日本医学教育学会大会

2012 年7 月 於 横浜市
カリキュラム立案を題材とした学部間合同ワークショップの試み
大野 尚仁, 新槇 幸彦, 稲葉 二郎, 内出 昇, 成井 浩二, 別生 伸太郎, 三浦 典子, 宮岡 宏明, 柳田 顕郎, 横山 晴子

第24回微生物シンポジウム

2012 年9 月 於 大阪府
CAWS血管炎の発症とマンナン構造の関連性に関する検討
佐藤 亘, 平田 尚人,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

第1回 応用糖質フレッシュシンポジウム

2012 年9 月 於 東京都
酵素合成グリコーゲンの免疫賦活作用とそのメカニズム
角谷 亮,安達 禎之,梶浦 英樹,古屋敷 隆,高田 洋樹,大野 尚仁,栗木 隆

第45回日本薬剤師会学術大会

2012 年10 月 於 静岡県
薬学生の医薬品流通に関するキャリア教育と意識
武田 典子, 大野 尚仁

第56回 日本薬学会関東支部大会

2012 年10 月 於 東京都
ヒトdectin-1 アイソフォームのタンパク発現に関する研究
岩井 麻里亜, 安達 禎之, 加藤 雄也, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
Candida β-glucan,OX-CA によるマクロファージ活性化における自然免疫系受容体の関与
矢吹 千香, 安達 禎之, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁

日本食品免疫学会 第8回学術大会

2012 年10 月 於 東京都
酵素重合ポリフェノールによる自然免疫調整作用の検討
山中 大輔, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
身近な素材の応用:酵素合成グリコーゲンの生体防御機能活性化作用
角谷 亮, 安達 禎之, 梶浦 英樹,古屋敷 隆,高田 洋樹,栗木 隆,大野 尚仁

第64回日本生物工学会大会

2012 年10 月 於 神戸市
Agaricus brasiliensis 由来polyphenoloxidase (PPO) 類の探索とタンパク質発
松本 明子, 赤沼 哲史, 元井 益郎, 大野 尚仁

第56回日本医真菌学会総会学術集会

2012 年11 月 於 東京都
カンジダマンナンによる血管炎モデルにおける構造要求性について
佐藤 亘, 大野 尚仁,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之
 
カンジダ感染患者における抗β-グルカン抗体価のアイソタイプ別の検討
石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
 
自然免疫系βグルカン結合タンパクのグルカン構造特異性
安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
 
CAWS血管炎のA/Jマウスを用いた解析
石本 由維菜, 三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
病原性真菌Candida albicans由来多糖CAWSの静脈内投与により惹起される血管炎の解析
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 

第18回MPO研究会

2012 年11 月 於 京都府
病原性真菌Candida albicans由来CAWSによって惹起される血管炎モデルの補体系からの解析
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

第41回日本免疫学会

2012 年12 月 於 神戸市
Characterization of mannan structure required for CAWS-vasculitis analyzed by lectin array
N.Hirata, W.Sato, K.Ishibashi, N.N.Miura, Y. Adachi, and N.Ohno
 
Innate immune response of macrophages to Saccharomyces cerevisiae mutant.
Y.Adachi, K.Ishibashi, N.N.Miura, S.Saijo, Y.Iwakura, and N.Ohno
 
Leukocyte activation by Aspergillus cell wall glucan fractions
K.Ishibashi, N.Miura, Y.Adachi, and N.Ohno
 
Oral administration of particulate beta-glucan induces IL-10-producing regulatory CD4+ T cells and protects mice from experimental colitis.
Y.HuiminYan, N.Ohno, Y.Iwakura, T.Saito, Z.Guo, A.Takeuchi, J.Carreras, and N.M.Tsuji

第85回日本生化学学会大会

2012 年12 月 於 福岡市
自然免疫受容体Toll-like receptor2はグリコーゲン認識に関与する
角谷 亮, 安達 禎之, 古屋敷 隆, 高田 洋樹, 栗木 隆, 大野 尚仁

第35回日本分子生物学会年会

2012 年12 月 於 福岡市
Agaricus brasiliensis 新規laccase類のクローニング
松本 明子, 赤沼 哲史, 元井 益郎, 大野 尚仁

 

第86回日本細菌学会総会

2013 年3 月 於 千葉市
Cell-based reporter assay using innate/acquired immune receptors for detecting fungal product
Y.Adachi, K.Ishibashi, N.Miura, and N.Ohno

日本薬学会第133年会

2013 年3 月 於 横浜市
自然免疫/獲得免疫融合型受容体発現による真菌成分の検出細胞の作製
小林 美穂, 安達 禎之, 石井 雅樹, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α-1,3-グルカンの調製と生物活性
中岡 真里,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  
N型糖鎖変異酵母のサイトカイン産生誘導活性に関する研究
神取 佳子, 安達 禎之, 丸石 成海, 岩崎 美緒, 石橋 健
 
抗β-グルカン抗体のβ-グルカンの生物活性に対する影響
杉本 愛子,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
 
薬用茸Agaricus brasiliensis由来β-glucanのdectin-1を介した自然免疫活性化作用
Agaricus brasiliensis-derived β-glucans exert immunoenhancing effects via a dectin-1-dependent pathway
山中 大輔, 多田 塁, 安達 禎之, 元井 益郎, 石橋 健一, 三浦 典子, 岩倉 洋一郎, 大野 尚仁
 
Agaricus brasiliensis子実体由来可溶性高分子多糖画分の精製
Further purification and characterization of high-molecular-weight soluble polysaccharide from fruiting body of Agaricus brasiliensis
小岩井 厚志, 山中 大輔, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 元井 益郎, 大野 尚仁
 

GM-CSFのCAWS血管炎に与える影響についての解析
内田 悠, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
血管炎誘発物質CAWS投与によるマウス脾臓細胞からのIL-6,IL-17A産生変化
飯山 智史, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
cyclophosphamideを用いたCAWS血管炎誘発への白血球の関与の影響
新井 友紀, 太原 舞衣, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
補体C5欠損マウスDBA/2を用いたCAWSの静脈内投与による血管炎惹起の解析
三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
Candidaβグルカンによるマウス好中球の活性化と自然免疫受容体の影響
日下 悠介, 安達 禎之, 矢吹 千香, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
クマザサエキスによるdectin-2を介した自然免疫応答の調節について
佐藤 亘, 石橋 健一, 坪井 正道, 金森 政人, 赤地 奈津子, 三浦 典子, 安達 禎之, 竹下 一夫, 大野 尚仁
 
GMK-2 cell lineを用いたScopadulciolの細胞死誘導作用の解析
Induction of cell death by Scopadulcion in GMK-2 cell line
森本 紀子, 林 京子, 安達 禎之, 三浦 典子, 石橋 健一, 林 利光, 大野 尚仁

講演会発表記録, その他

第6回多糖の未来フォーラム

2012 年11 月 於 横浜市
免疫賦活性真菌多糖βグルカンの構造と免疫認識機構
安達 禎之

三多摩腎疾患治療医会

2012 年11 月 於 東京都
透析患者におけるβ-グルカン抗原に対する抗体価及び反応性~深在真菌感染症における診断の有用
性~
石橋 健一,吉田 雅治,吉川 憲子,富安 朋宏,須藤 泰代,小島 糾,廣瀬 剛,杉崎 健太郎,大野 尚仁