感染症・腫瘍・免疫疾患に対する免疫調節の可能性を探る
- 平成27年度(2015)研究室の業績 -

原著・総説および著書
                平成26年度(2014)研究室の実績はこちら

原著

1)
Specificity of the Immunomodulating Activity of Sasa veitchii (Japanese Folk Medicine Kumazasa) to Fungal Polysaccharides
 

International Journal of Medicinal Mushrooms, 17(5): 415–426 (2015)
Wataru Sato, Kazuo Takeshita*1, Masamichi Tsuboi*1, Masato Kanamori*1, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno 
*1 Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd, Tokyo
 
2)
Inhibition of Dectin-1 Signaling Ameliorates Colitis by Inducing Lactobacillus-Mediated Regulatory T Cell Expansion in the Intestine
 
Cell Host & Microbe, 18, Pages 183–197(2015)
Ce Tang*1 *2 *3, Tomonori Kamiya*2, Yang Liu*2*6, Motohiko Kadoki*1*2, Shigeru Kakuta*2, Kenshiro Oshima*2, Masahira Hattori*2, Kozue Takeshita*4, Takanori Kanai*4, Shinobu Saijo*2*5, Naohito Ohno, and Yoichiro Iwakura*1 *2 *3*5
*1 Tokyo University of Science, * ²The University of Tokyo, *3 CREST, JST,
*4 Keio University School of Medicine, *5 Chiba University,
*6 Shanghai Jiao Tong University School of Medicine
 
3)
The transcription factor ATF7 mediates lipopolysaccharide-induced epigenetic changes in macrophages involved in innate immunological memory 
 
Nature Immunology, 16,1034–1043(2015)
Keisuke Yoshida*1, Toshio Maekawa*1, Yujuan Zhu*1* ², Claire Renard-Guillet*3,  Bruno Chatton*4 , Kentaro Inoue*5 , Takeru Uchiyama*6, Ken-ichi Ishibashi, Takuji Yamada*6 , Naohito Ohno, Katsuhiko Shirahige*3 , Mariko Okada-Hatakeyama*5, and Shunsuke Ishii1* ²
*1CREST , RIKEN, * ²University of Tsukuba, *3 University of Tokyo
*4 Université de Strasbourg, *5 RIKEN, *6 Graduate School of Bioscience and Biotechnology
 
4)
Mechanism of Immunosuppressive Effect of a Folk Medicine Sasa Veitchii by Analyzing the Cytokine Synthesis of Splenocytes in Mice In Vitro
 

BAOJ Allergy & Immunology, 1, 1-8(2015)
Wataru Sato, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi and Naohito Ohno
 
5)
Open-Label Study of the Influence of Food Containingthe Royal Sun Mushroom, Agaricus brasiliensis KA21(Higher Basidiomycetes), on the Quality of Life of Healthy Human Volunteers
 
Int J Med Mushrooms, 17, 799–817 (2015)
Masuro Motoi*, Akitomo Motoi*, Daisuke Yamanaka, and Naohito Ohno
*Toei Shinyaku Co., Ltd

著書

1)
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック―創薬・医療から食品開発まで、真菌細胞壁糖鎖受容体デクチンの免疫機能、121-126、株式会社エヌ・ティー・エス
安達禎之、他

 

学会発表記録

国際学会

19th International Society for Human and Animal Mycology Congress

2015 年5 月 於 Australia, Melbourne
Neutrophil extracellular trap formation in neutrophils is stimulated by Candida cell wall b-glucan
K. Ishibashi, M. Namioka, M. Yamada, T. Oda, M. Yoshida, M. Yamada, D. Yamanaka, Y. Adachi, and N.Ohno

THE 8TH INTERNATIONAL MEDICINAL MUSHROOM CONFERENCE

2015 年8月 於 Manizales, Colombia
EFFECT OF CULTIVATION CONDITIONS ON THE PROTECTIVE EFFECTS OF ORALLY ADMINISTERED AGARICUS BRASILIENSIS ON CARBON TETRACHLORIDE-INDUCED ACUTE HEPATIC INJURY IN MICE
D. Yamanaka, M. Motoi, A. Motoi, and N. Ohno
 

4th European Congress of Immunology

2015 年9月 於 Wien, Austria
Augmentation of anti-beta-glucan antibody by oral intake of edible mushroom and its role for excluding fungal infection
D. Yamanaka, K. Ishibashi, Y. Adachi, M. Motoi, and N. Ohno
 
Cell-based reporter assay using innate and acquired fusion immune receptors for detecting beta-glucans
Y. Adachi, K. Ishibashi, D. Yamanaka, and N. Ohno

国内学会

日本菌学会第59回大会

2015 年7 月 於 沖縄
Agaricus braisiliensis由来新規laccase様遺伝子のクローニング
松本明子, 赤沼哲史, 元井益郎, 大野尚仁

第26回日本生体防御学会学術総会

2015 年7 月 於 東京
クマザサエキスによるT細胞のサイトカイン抑制機能について
佐藤 亘,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
食細胞NADPHオキシダーゼ欠損マウスにおけるカンジダ死菌誘発性肺炎の解析
廣瀬理華, 山中寛子, 本目みずき, 石橋健一, 三浦典子, 大野尚仁, 荒谷康昭
 
祖先タンパク質配列の復元と安定化ラッカーゼ合成への応用
赤沼哲史, 坂本さやか, 山岸明彦, 松本(赤沼)明子, 大野尚仁
 
川崎病モデルCAWS投与マウス血管炎における補体レクチン経路の関与
上村和秀, 岡祐介, 三浦典子, 大野尚仁, 鈴木和男, 小野孝彦, 森本達也
 
DBA/2マウスにおけるCAWS血管炎の心不全病態モデルとしての応用
平田尚人, 石橋健一, 臼井達也, 吉岡二郎, 三浦典子, 安達禎之, 大野尚仁
 
Candida細胞壁由来糖タンパク質による川崎病類似マウス系統的血管炎発症におけるTNF-αの関与
大原関利章, 横内幸, 榎本泰典, 三浦典子, 大野尚仁, 佐地勉, 鈴木和男, 高橋啓

第34回日本糖質学会年会

2015 年7 月 於 東京
糸球体腎炎および血管炎モデルマウスにおける血清マンナン結合タンパク質の沈着
上村和秀, 三浦典子, 大野尚仁, 鈴木和男, 森本達也, 小野孝彦, 川嵜敏祐

第10回遺伝子栄養学研究会学術集会

2015 年9 月 於 広島
免疫調節活性を有するβ-グルカンの検出システムの検討
安達 禎之

第59回日本医真菌学会総会学術集会

2015 年10 月 於 札幌
組換え型β-グルカン認識タンパク質を用いたβ-D-グルカン検出法の検討
安達 禎之,鉄井 絢子,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
Candida albicans菌体外可溶性画分(CAWS)の菌株間での物性および生物活性の比較
石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
カンジダ誘発川崎病様血管炎モデルマウスを用いたポリフェノールの機能性評価
山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Aspergillus細胞壁α-1,3-グルカン抗体の反応性
水上 亜友美,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

平成27年度コミュニケーション教育学会

2016 年3 月 於 埼玉
授業計画のブラッシュアップへのUbD(Understanding by Design)の活用
大野 尚仁

第89回日本細菌学会総会

2016 年3 月 於 大阪
β-D-グルカン検出における各種β-グルカン認識タンパク質の結合活性の応用
安達 禎之,竹原 由香,鉄井 絢子,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α l,3-グルカンの調製と生物活性の検討
石橋 健一,西村 祐亮,水上 亜友美,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

日本薬学会 第136年会

2016 年3 月 於 横浜
薬用茸アガリクス由来β-グルカンのβ-グルカナーゼ反応性とDectin-1結合能への影響
山中 大輔,元井 益郎,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
発酵霊芝多糖画分による自然免疫受容体を介した免疫担当細胞からのサイトカイン産生作用
石本 由維菜,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,位上 健太郎,伊藤 富久,大野 尚仁
 
Aspergillus 培養上清可溶性多糖画分(ASWS)の物性並びに血中抗ASWS抗体価の検討
畔蒜 祐一郎,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
酵母由来β-グルカンのマウス体内動態の解析
宇佐美 創, 山中 大輔, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
酵素融合型自然免疫受容体タンパク質を用いた機能性多糖の検出
笠原 健吾,安達 禎之,鉄井 絢子,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
マウスマクロファージによるリグニン標識ビーズ取り込み機構の解析
冨岡 太一,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α-1,3-グルカンの精製とその物性及び生物活性の検討
西村 祐亮,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
抗β-グルカンモノクローナル抗体を用いた真菌細胞壁β-グルカン抗原測定
前山 侑輝,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
薬用茸アガリクス由来βグルカンのβ-1,6-glucanse処理による生物活性への影響
石川 絢子, 山中 大輔, 元井 益郎, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
磁気ビーズを用いた新規リグニン認識タンパク質の探索
遠藤 麻穂,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Dectin-1変異体を用いたβ-グルカンのマクロファージ活性化機構の解析
小林 紘子,安達 禎之,鉄井 絢子,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
ラッカーゼ触媒重合ポリフェノールの解析
田島 克哉, 山中 大輔, 赤沼 哲史, 松本 明子, 元井 益郎, 元井 章智, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
インターロイキン-1β産生阻害活性CJ- 14877アナログの合成
大村 友記菜, 北沢 望美, 安達 禎之, 大野 尚仁,一栁 幸生, 竹谷 孝一, 矢野 玲子, 青柳 裕
 
女子中高生の理系進路選択支援プログラムにおいて大学生が中高生に教える屋根瓦式教育の効果
岡田 みどり, 中村 裕子, 岡谷 理恵子, 佐藤 梓,齋藤 加代子, 大野 尚仁,井上 みち子, 深見 希代子,渡邉 弘美
 
2型糖尿病患者の後ろ向きカルテ調査から見出す薬学的介入に関する検討
菅原 直人, 大野 尚仁, 町田 充, 藤掛 佳男, 生井 一之