感染症・腫瘍・免疫疾患に対する免疫調節の可能性を探る
- 平成29年度(2017)研究室の業績 -

原著・総説および著書
     平成28年度(2016)研究室の実績はこちら

原著 

1)
Non-receptor type, proline-rich protein tyrosine kinase 2 (Pyk2) is a possible therapeutic target for Kawasaki disease
Clin Immunol, 179, 17-24 (2017)
Chinatsu Suzuki*, Akihiro Nakamura*, Noriko Miura, Kuniyoshi Fukai*, Naohito Ohno, Tomoyo Yahata*, Akiko Okamoto-Hamaoka*, Maiko Fujii*, Ayako Yoshioka*, Yuki Kuchitsu*, Kazuyuki Ikeda*, and Kenji Hamaoka*
* Kyoto Prefectural University of Medicine
 
2)
Characterization of a murine model with arteritis induced by Nod1 ligand, FK565: A comparative study with a CAWS-induced model
Mod Rheumatol. 2017 Feb 2:1-19. doi: 10.1080/14397595.2017.1287150. [Epub ahead of print]
Ryuji Ohashi*1, Ryuji Fukazawa*2, Makoto Watanabe*2, Koji Hashimoto*2, Nobuko Suzuki*2, Noriko Nagi-Miura, Naohito Ohno, Akira Shimizu*2, and Yasuhiko Itoh*2
*1 Nippon Medical School Hospital, *2 Nippon Medical School
 
3)
Enhanced Release of Immunostimulating β-1,3- Glucan by Autodigestion of the Lingzhi Medicinal Mushroom, Ganoderma lingzhi (Agaricomycetes)
Int J Med Mushrooms, 19, 1–16 (2017) 
Yuina Ishimoto, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, Hisatomi Ito*, Kentaro Igami*, Toshitsugu Miyazaki*, and Naohito Ohno
*Nagase & Co. Ltd.
 
4)
Effects of Natural and Chemically Defined Nutrients on Candida albicans Water-soluble Fraction (CAWS) Vasculitis in Mice  
Med Mycol J, 58, E47−E62(2017)
Wataru Sato, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
5)
Resistance of Aspergillus fumigatus to Micafungin is Increased by Exogenous β-glucan
Med Mycol J, 58, E39−E44(2017) 
Takashi Toyoshima, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
6)
Modulation of an innate immune response by soluble yeast β-glucan prepared by a heat degradation method
Int J Biol Macromol , 104, 367-376(2017)
Yuina Ishimoto, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, Ken Kanzaki,  Kumiko Okita*1, Yoichiro Iwakura*2, and Naohito Ohno
*1 Oriental Yeast Co., Ltd. , *2 Tokyo University of Science
 
 
7)
Analysis of Patient Behavior and Needs Using a Survey Conducted during a Seminar Organized by the Diabetes Care Support Team
JDMMS, 1, 1-16(2017)
Naoto Sugawara*, Naoko Higuchi*, Mitsuru Machida*, Kazuyuki Namai*, and Naohito Ohno
*Japanese Red Cross Saitama Hospital
 
8)
Nociceptors Boost the Resolution of Fungal Osteoinflammation via the TRP Channel-CGRP-Jdp2 Axis
Cell Rep, 19,2730–2742(2017)
Kenta Maruyama*1,Yasunori Takayama*2 *3,Takeshi Kondo*1, Ken-ichi Ishibashi4, Bikash Ranjan Sahoo*1, Hisashi Kanemaru*1, Yutaro Kumagai*1, Mikaël M. Martino*1 *4, Hiroki Tanaka*1,Naohito Ohno, Yoichiro Iwakura*5, Naoki Takemura*6, Makoto Tominaga*2 *3 and Shizuo Akira*1
*1Osaka University, *2National Institutes of Natural Sciences, *3the Graduate University for Advanced Studies, *4Monash University, *5Tokyo University of Science, *6Chiba University
 
9)
Suppressive effect of kamebakaurin on acetaminophen-induced hepatotoxicity by inhibiting lipid peroxidation and inflammatory response in mice
Pharmacol Rep, 69, 903–907(2017)
Hiroki Yoshioka*1, Yutaka Aoyagi*1, Nobuyuki Fukuishi*1, Ming-Yu Gui*2, Yong-Ri Jin*2, Xu-Wen Li*2, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Koichi Takeya, Yukio Hitotsuyanagi, and Nobuhiko Miura*3
*1Kinjo Gakuin University, *2JiLin University, *3Japan National Institute of Occupational Safety and Health
 
10)
Establishment of a library having 204 effective clones of recombinant single chain fragment of variable region (hScFv) of IgG for vasculitis treatment
ADC Letter for Infectious Disease Control, 4, 44-47(2017)
Yosuke Kameoka*1, Minako Koura*1, Junichro Matsuda*1, Osamu Suzuki*1,
Naohito Ohno, Ryuichi Sugamata*2 , Toshinori Nakayama*2, and Kazuo Suzuki*2

*1National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition,*2Chiba University
 
11)
Characterization of a thermostable mutant of Agaricus brasiliensis laccase created by phylogeny-based design
J Biosci Bioeng. 2017 Aug 25. pii: S1389-1723(17)30469-3. doi: 10.1016/j.jbiosc.2017.07.004. [Epub ahead of print]
Yuhi Hamuro, Katsuya Tajima, Akiko Matsumoto-Akanuma, Sayaka Sakamoto, Ryutaro Furukawa, Akihiko Yamagishi, Naohito Ohno, and Satoshi Akanuma*

*Waseda University

著書

1)

 

学会発表記録

国際学会

 

国内学会

第179回医学会総会
20170603 於 東京

可溶性メラニン類縁体の免疫調節作用の解析
田島 克哉,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

第38回関東医真菌懇話会学術集会
20170610 於 東京

Cタイプレクチンキメラ受容体発現リンパ球による真菌多糖反応性に関する研究
深澤 雅幸,安達 禎之,浅井 夕美,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
Candida albicans 細胞壁β-グルカンの肥満細胞活性化への影響
加藤 哲朗,安達 禎之,上月 由梨,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
重度熱傷患者におけるC.tropicalis感染と炎症への関与に関する検討
田中 宏明,篠原 高雄,山口 芳裕,柳井 千穂,大野 尚仁

- 平成28年度(2016)研究室の業績 -

原著・総説および著書
        平成27年度(2015)研究室の実績はこちら

原著

1)
Immunochemical Cross-Reactivity of β-Glucan inthe Medicinal Plant, Sasa veitchii (Japanese FolkMedicine Kumazasa), and Medicinal Mushrooms
 
Int J Med Mushrooms, 18, 191–202 (2016)
Wataru Sato, Mia Yoshida*1, Ken-ichi Ishibashi, Kazuo Takeshita*1, Masamichi Tsuboi*1, MasatoKanamori*1, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
*1 Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd
 
2)
Functional Properties of Mouse Chitotriosidase Expressed Periplasmic Space of Escherichia coli
 
PLOS ONE, 11, e0164367 (2016)
Masahiro Kimura*1 , Satoshi Wakita*1 , Kotarou Ishikawa*1 , Kazutaka Sekine*1, Satoshi Yoshikawa*1, Akira Sato*1, Kazuaki Okawa*1, Akinori Kashimura*1, Masayoshi Sakaguchi*1, Yasusato Sugahara*1, Daisuke Yamanaka, Naohito Ohno, Peter O Bauer*2, and Fumitaka Oyama*1
*1 Kogakuin University, *2 Mayo Clinic
  
3)
Species Difference in Reactivity to Lignin-like Enzymatically Polymerized Polyphenols on Interferon-γ Synthesis and Involvement of Interleukin-2 Production in Mice
 
Int Immunopharmacol, 38, 443–449 (2016)
Daisuke Yamanaka, Ken-ichi Ishibashi, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
4)
A Sphingosine 1-phosphate Receptor Agonist Ameliorates Animal Model of Vasculitis
  
Inflamm Res, 66, 335-340(2017)
Chie Miyabe*1*2*3, Yoshishige Miyabe*1*3, Takaki Komiya*4, Hiroki Shioya*4, Noriko N. Miura, Kei Takahashi*5, Naohito Ohno, Ryoji Tsuboi*2, Andrew D. Luster*3, Shinichi Kawai*6, Nobuyuki Miyasaka*1, Toshihiro Nanki1*5*6
*1 Tokyo Medical and Dental University, *2 Tokyo Medical University, *3Massachusetts General Hospital, *4 Ono Pharmaceutical Co. Ltd., *5 Toho University, *6 Teikyo University
 
5)
Genetic Phagocyte NADPH Oxidase Deficiency Enhances Nonviable Candida albicans–Induced Inflammation in Mouse Lungs
 
Inflammation, 40, 123-135 (2016)
Daiki Endo*, Kenta Fujimoto*, Rika Hirose*, Hiroko Yamanaka*, Mizuki Homme*, Ken-ichi Ishibashi, Noriko Miura, Naohito Ohno, and Yasuaki Aratani*
*Yokohama City University
 
6)
Enhancement of Solubility and Yield of a β-glucan Receptor Dectin-1 C-type Lectin-like Domain in Escherichia coli with a Solubility-enhancement Tag
 
Protein Expr Purif, 123, 97-104 (2016)
Hari Prasad Dulal*1*2, Masamichi Nagae*1, Akemi Ikeda*1, Kana Morita-Matsumoto*1, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, and Yoshiki Yamaguchi*1*2
*1 RIKEN, *2 Tokyo Medical and Dental University 

著書

1)
Mouse Models of Vascular Diseases、Analysis of Kawasaki Disease Using a Mouse Model, CAWS Vasculitis in DBA/2 Mice, Induced with a Water-Soluble Extracellular Polysaccharide Fraction Obtained from Candida albicans、277-296、Springer
Naoto Hirata, Naohito Ohno

 

学会発表記録

国際学会

International Congress of Immunology 2016
2016.08.21 於 メルボルン,オーストラリア

Detection of immunomodulatory polysaccharides in food materials using the enzyme-fused innate immune receptors
Adachi, Y., Kasahara, K., Tetsui, J., Yamanaka, D., Ishibashi, K.-I., and Ohno, N.
 
The difference of biological activity of various soluble beta-glucans in cytokine induction
Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Yoshiyuki Adachi and Naohito Ohno

BSI and NVVI Congress 2016
2016.12.06 於 リバプール,イギリス 

Preparation and immunological characterization of Aspergillus α-1,3-glucan
Kenichi Ishibashi, Yusuke Nishimura, Ayumi Mizukami, Chiho Yanai, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno

国内学会

真菌症フォーラム  第22回学術集会
20160521 於 東京

抗β-グルカンモノクローナル抗体を用いた真菌細胞壁β-グルカン抗原測定ELISAの検討
石橋 健一

第177回 東京医科大学医学会総会
20160604 於 東京

重合化フェニルプロパノイド類による免疫機能の修飾に関する研究
田島 克哉,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

第37回関東医真菌懇話会学術集会
20160618 於 東京

ELISAによる真菌細胞壁β-グルカンの検出と反応特異性
石橋 健一, 前山 侑輝, 柳井 千穂, 山中 大輔, 安達 禎之, 大野 尚仁

第27回日本生体防御学会学術総会
20160707 於 福岡市

βグルカン結合性タンパク質の特異性を利用した食品材料中のβグルカン定量法作製の試み
安達 禎之, 笠原 健吾, 鉄井 絢子, 山中 大輔, 石橋 健一, 大野 尚仁

第10回遺伝子栄養学研究会学術集会
20160909 於 北海道

らせん構造がもたらすβ-グルカンの免疫活性化機構の多様性
安達 禎之

第60回日本医真菌学会総会学術集会
20161001 於 東京都

真菌細胞壁多糖の構造と機能
大野 尚仁
 
真菌 Laccase によって合成した Polyphenol 重合体:Agaricus brasiliensis 由来 laccase 遺伝子群のクローニング
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,大野 尚仁
 
真菌 Laccase によって合成した Polyphenol 重合体:安定化改変した真菌ラッカーゼの異種発現
赤沼 哲史,松本 明子,田島 克哉,大野 尚仁
 
真菌 Laccase によって合成した Polyphenol 重合体:免疫修飾作用の検討
田島 克哉,赤沼 哲史,松本 明子,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Chimeric antigen receptor 発現による真菌糖鎖検出レポーター細胞
深澤 雅幸,安達 禎之,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
酸素融合型自然免疫受容体タンパク質を用いた真菌多糖の検出
笠原 健吾,安達 禎之,鉄井 絢子,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
人工β-グルカン認識タンパク質を用いたβ-グルカン検出システムの検討
花山 結香,安達 禎之,鉄井 絢子,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
Aspergillus 培養上清可溶性多糖画分(ASWS)に対するヒト血清抗体価の検討
畔蒜 祐一郎,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
ヒトおよび動物血清中の抗 Aspergillus 細胞壁α-1,3-glucan 抗体反応性に関する検討
水上 亜友美,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
抗β-glucan モノクローナル抗体 ELISA による真菌培養上清中β-glucan 抗原の検出
西村 祐亮,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
粒子状並びに可溶性 Candida 細胞壁β-glucan 刺激好中球による NETs 形成の検討
石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
可溶性酵母β-glucan の物性・生物活性の検討
石本 由維菜,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
酸化処理による Candida albicans 細胞壁糖鎖の変化と dectin 反応性の解析
菅野 峻史,安達 禎之,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
可溶性β-1, 6-glucan のβ-1,6-glucanse 処理による生物活性への影響
石川 絢子,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Candida albicans の細胞壁糖鎖に対する好塩基球の dectin 反応性の解析
加藤 哲朗,安達 禎之,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
骨神経免疫トライアングル理論を基盤とした真菌感染症の再考
丸山 健太,石橋 健一,大野 尚仁
 
食用真菌継続摂取による抗β-グルカン抗体価への影響
山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
食用真菌由来β-glucan 投与による抗β-1,6-glucan 抗体の誘導
松原 つぐみ,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Candida albicans 細胞壁多糖誘導マウス血管炎の血管炎発症に及ぼすデクチンの役割
大原関 利章,横内 幸,榎本 泰典,佐藤 若菜,竹田 幸子,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
 
CAWS 誘導血管炎に対するウリナスタチン投与の検討
辻田 由喜,金井 貴志,吉田 裕輔,川村 陽一,竹下 誠一郎,三浦 典子,大野 尚仁,野々山 恵章
 
Candida albicans アルカリ抽出液を用いた川崎病モデルマウスによる冠動脈瘤の病態解析
今中 恭子,原 万里,浪方 美幸,高橋 啓,三浦 典子,大野 尚仁
 
CAWS 血管炎モデルマウスにおける IL-1 受容体の役割
木村 佳貴,高橋 啓,三浦 典子,柳田 たみ子,遠田 明子,大野 尚仁,鈴木 和男,河野 肇
 
Candida albicans Water Soluble Fraction(CAWS)血管炎では Tumor Necrosis Factor Alpha が必須である
深澤 隆治,三浦 典子,大野 尚仁
 
L-10 遺伝子導入による CAWS 血管炎の抑制効果
中村 潤,唐澤 直義,三浦 典子,大野 尚仁,水上 浩明,簑田 清次,高橋 将文
 
Candida albicans 可溶性多糖画分の菌株間の物性ならびに生物活性の比較検討
川村 誉,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
CAWS 血管炎の病態に対する飼料の影響
佐藤 亘,大野 尚仁,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之
 
DBA/2 マウスを用いた CAWS 血管炎重症化メカニズムの解析
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
糖尿病患者における抗真菌薬使用実態調査から
菅原 直人,荻島 成美,大野 尚仁,町田 充
 
薬学実務実習生の病原性真菌及び抗真菌薬に対する理解度の検討
畔蒜 祐一郎,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
薬学部における真菌および真菌症に関する教育の取り組みについて
石橋 健一,三浦 典子,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

第178回 東京医科大学医学会総会
20161105 於 東京都

可溶性メラニン様重合体を用いたクリプトコックス感染免疫機構の解析
田島 克哉,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

日本食品免疫学会2016年度大会
20161109 於 東京都

食用茸Agaricus brasiliensis継続摂取による血中抗βグルカン抗体価の変動
山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

- 平成27年度(2015)研究室の業績 -

原著・総説および著書
                平成26年度(2014)研究室の実績はこちら

原著

1)
Specificity of the Immunomodulating Activity of Sasa veitchii (Japanese Folk Medicine Kumazasa) to Fungal Polysaccharides
 

International Journal of Medicinal Mushrooms, 17(5): 415–426 (2015)
Wataru Sato, Kazuo Takeshita*1, Masamichi Tsuboi*1, Masato Kanamori*1, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno 
*1 Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd, Tokyo
 
2)
Inhibition of Dectin-1 Signaling Ameliorates Colitis by Inducing Lactobacillus-Mediated Regulatory T Cell Expansion in the Intestine
 
Cell Host & Microbe, 18, Pages 183–197(2015)
Ce Tang*1 *2 *3, Tomonori Kamiya*2, Yang Liu*2*6, Motohiko Kadoki*1*2, Shigeru Kakuta*2, Kenshiro Oshima*2, Masahira Hattori*2, Kozue Takeshita*4, Takanori Kanai*4, Shinobu Saijo*2*5, Naohito Ohno, and Yoichiro Iwakura*1 *2 *3*5
*1 Tokyo University of Science, * ²The University of Tokyo, *3 CREST, JST,
*4 Keio University School of Medicine, *5 Chiba University,
*6 Shanghai Jiao Tong University School of Medicine
 
3)
The transcription factor ATF7 mediates lipopolysaccharide-induced epigenetic changes in macrophages involved in innate immunological memory 
 
Nature Immunology, 16,1034–1043(2015)
Keisuke Yoshida*1, Toshio Maekawa*1, Yujuan Zhu*1* ², Claire Renard-Guillet*3,  Bruno Chatton*4 , Kentaro Inoue*5 , Takeru Uchiyama*6, Ken-ichi Ishibashi, Takuji Yamada*6 , Naohito Ohno, Katsuhiko Shirahige*3 , Mariko Okada-Hatakeyama*5, and Shunsuke Ishii1* ²
*1CREST , RIKEN, * ²University of Tsukuba, *3 University of Tokyo
*4 Université de Strasbourg, *5 RIKEN, *6 Graduate School of Bioscience and Biotechnology
 
4)
Mechanism of Immunosuppressive Effect of a Folk Medicine Sasa Veitchii by Analyzing the Cytokine Synthesis of Splenocytes in Mice In Vitro
 

BAOJ Allergy & Immunology, 1, 1-8(2015)
Wataru Sato, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi and Naohito Ohno
 
5)
Open-Label Study of the Influence of Food Containingthe Royal Sun Mushroom, Agaricus brasiliensis KA21(Higher Basidiomycetes), on the Quality of Life of Healthy Human Volunteers
 
Int J Med Mushrooms, 17, 799–817 (2015)
Masuro Motoi*, Akitomo Motoi*, Daisuke Yamanaka, and Naohito Ohno
*Toei Shinyaku Co., Ltd

著書

1)
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック―創薬・医療から食品開発まで、真菌細胞壁糖鎖受容体デクチンの免疫機能、121-126、株式会社エヌ・ティー・エス
安達禎之、他

 

学会発表記録

国際学会

19th International Society for Human and Animal Mycology Congress

2015 年5 月 於 Australia, Melbourne
Neutrophil extracellular trap formation in neutrophils is stimulated by Candida cell wall b-glucan
K. Ishibashi, M. Namioka, M. Yamada, T. Oda, M. Yoshida, M. Yamada, D. Yamanaka, Y. Adachi, and N.Ohno

THE 8TH INTERNATIONAL MEDICINAL MUSHROOM CONFERENCE

2015 年8月 於 Manizales, Colombia
EFFECT OF CULTIVATION CONDITIONS ON THE PROTECTIVE EFFECTS OF ORALLY ADMINISTERED AGARICUS BRASILIENSIS ON CARBON TETRACHLORIDE-INDUCED ACUTE HEPATIC INJURY IN MICE
D. Yamanaka, M. Motoi, A. Motoi, and N. Ohno
 

4th European Congress of Immunology

2015 年9月 於 Wien, Austria
Augmentation of anti-beta-glucan antibody by oral intake of edible mushroom and its role for excluding fungal infection
D. Yamanaka, K. Ishibashi, Y. Adachi, M. Motoi, and N. Ohno
 
Cell-based reporter assay using innate and acquired fusion immune receptors for detecting beta-glucans
Y. Adachi, K. Ishibashi, D. Yamanaka, and N. Ohno

国内学会

日本菌学会第59回大会

2015 年7 月 於 沖縄
Agaricus braisiliensis由来新規laccase様遺伝子のクローニング
松本明子, 赤沼哲史, 元井益郎, 大野尚仁

第26回日本生体防御学会学術総会

2015 年7 月 於 東京
クマザサエキスによるT細胞のサイトカイン抑制機能について
佐藤 亘,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
食細胞NADPHオキシダーゼ欠損マウスにおけるカンジダ死菌誘発性肺炎の解析
廣瀬理華, 山中寛子, 本目みずき, 石橋健一, 三浦典子, 大野尚仁, 荒谷康昭
 
祖先タンパク質配列の復元と安定化ラッカーゼ合成への応用
赤沼哲史, 坂本さやか, 山岸明彦, 松本(赤沼)明子, 大野尚仁
 
川崎病モデルCAWS投与マウス血管炎における補体レクチン経路の関与
上村和秀, 岡祐介, 三浦典子, 大野尚仁, 鈴木和男, 小野孝彦, 森本達也
 
DBA/2マウスにおけるCAWS血管炎の心不全病態モデルとしての応用
平田尚人, 石橋健一, 臼井達也, 吉岡二郎, 三浦典子, 安達禎之, 大野尚仁
 
Candida細胞壁由来糖タンパク質による川崎病類似マウス系統的血管炎発症におけるTNF-αの関与
大原関利章, 横内幸, 榎本泰典, 三浦典子, 大野尚仁, 佐地勉, 鈴木和男, 高橋啓

第34回日本糖質学会年会

2015 年7 月 於 東京
糸球体腎炎および血管炎モデルマウスにおける血清マンナン結合タンパク質の沈着
上村和秀, 三浦典子, 大野尚仁, 鈴木和男, 森本達也, 小野孝彦, 川嵜敏祐

第10回遺伝子栄養学研究会学術集会

2015 年9 月 於 広島
免疫調節活性を有するβ-グルカンの検出システムの検討
安達 禎之

第59回日本医真菌学会総会学術集会

2015 年10 月 於 札幌
組換え型β-グルカン認識タンパク質を用いたβ-D-グルカン検出法の検討
安達 禎之,鉄井 絢子,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
Candida albicans菌体外可溶性画分(CAWS)の菌株間での物性および生物活性の比較
石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
カンジダ誘発川崎病様血管炎モデルマウスを用いたポリフェノールの機能性評価
山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Aspergillus細胞壁α-1,3-グルカン抗体の反応性
水上 亜友美,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

平成27年度コミュニケーション教育学会

2016 年3 月 於 埼玉
授業計画のブラッシュアップへのUbD(Understanding by Design)の活用
大野 尚仁

第89回日本細菌学会総会

2016 年3 月 於 大阪
β-D-グルカン検出における各種β-グルカン認識タンパク質の結合活性の応用
安達 禎之,竹原 由香,鉄井 絢子,石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α l,3-グルカンの調製と生物活性の検討
石橋 健一,西村 祐亮,水上 亜友美,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

日本薬学会 第136年会

2016 年3 月 於 横浜
薬用茸アガリクス由来β-グルカンのβ-グルカナーゼ反応性とDectin-1結合能への影響
山中 大輔,元井 益郎,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
発酵霊芝多糖画分による自然免疫受容体を介した免疫担当細胞からのサイトカイン産生作用
石本 由維菜,石橋 健一,山中 大輔,安達 禎之,位上 健太郎,伊藤 富久,大野 尚仁
 
Aspergillus 培養上清可溶性多糖画分(ASWS)の物性並びに血中抗ASWS抗体価の検討
畔蒜 祐一郎,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
酵母由来β-グルカンのマウス体内動態の解析
宇佐美 創, 山中 大輔, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
酵素融合型自然免疫受容体タンパク質を用いた機能性多糖の検出
笠原 健吾,安達 禎之,鉄井 絢子,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
マウスマクロファージによるリグニン標識ビーズ取り込み機構の解析
冨岡 太一,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α-1,3-グルカンの精製とその物性及び生物活性の検討
西村 祐亮,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
抗β-グルカンモノクローナル抗体を用いた真菌細胞壁β-グルカン抗原測定
前山 侑輝,石橋 健一,柳井 千穂,山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁
 
薬用茸アガリクス由来βグルカンのβ-1,6-glucanse処理による生物活性への影響
石川 絢子, 山中 大輔, 元井 益郎, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
磁気ビーズを用いた新規リグニン認識タンパク質の探索
遠藤 麻穂,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
Dectin-1変異体を用いたβ-グルカンのマクロファージ活性化機構の解析
小林 紘子,安達 禎之,鉄井 絢子,山中 大輔,石橋 健一,大野 尚仁
 
ラッカーゼ触媒重合ポリフェノールの解析
田島 克哉, 山中 大輔, 赤沼 哲史, 松本 明子, 元井 益郎, 元井 章智, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
インターロイキン-1β産生阻害活性CJ- 14877アナログの合成
大村 友記菜, 北沢 望美, 安達 禎之, 大野 尚仁,一栁 幸生, 竹谷 孝一, 矢野 玲子, 青柳 裕
 
女子中高生の理系進路選択支援プログラムにおいて大学生が中高生に教える屋根瓦式教育の効果
岡田 みどり, 中村 裕子, 岡谷 理恵子, 佐藤 梓,齋藤 加代子, 大野 尚仁,井上 みち子, 深見 希代子,渡邉 弘美
 
2型糖尿病患者の後ろ向きカルテ調査から見出す薬学的介入に関する検討
菅原 直人, 大野 尚仁, 町田 充, 藤掛 佳男, 生井 一之

- 平成26年度(2014)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成25年度(2013)研究室の実績はこちら

原著

1)
NMR study of short β(1-3)-glucans provides insights into the structure and interaction with Dectin-1
Glycoconj J , 31, 199-207(2013)
Shinya Hanashima*1*², Akemi Ikeda*1, Hiroshi Tanaka*3, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Takashi Takahashi*4, and Yoshiki Yamaguchi*1
*1RIKEN Global Research Cluster, *²Osaka University, *3Tokyo Institute of Technology, *4Yokohama College of Pharmacy
  
2)
The involvement of the vasa vasorum in the development of vasculitis in animal model of Kawasaki disease
Pediatr Rheumatol Online J, doi:10.1186/1546-0096-12-12(2014)
Akiko Hamaoka-Okamoto*1, Chinatsu Suzuki*1, Tomoyo Yahata*1, Kazuyuki Ikeda*1, Noriko Nagi-Miura, Naohito Ohno, Yoshinori Arai*2, Hideo Tanaka*1, Tetsuro Takamatsu*1,  and Kenji Hamaoka*1
*1Kyoto Prefectural University of Medicine Graduate School of Medical Science, *²Nihon University School of Dentistry
 
3)
Diagnostic potential of antibody titers against Candida cell wall β-glucan in Kawasaki disease
Clin Exp Immunol, 177,161-167(2014)
Ken-ichi Ishibashi, Ryuji Fukazawa*1, Noriko N Miura, Yoshiyuki Adachi, Shunichi Ogawa*1, and Naohito Ohno
*1Nippon Medical School
 
4)
An ITAM-Syk-CARD9 signalling axis triggers contact hypersensitivity by stimulating IL-1 production in dendritic cells
Nat Commun, doi: 10.1038/ncomms4755(2014)
Shinsuke Yasukawa*1, Yoshiyuki Miyazaki*1, Chika Yoshii*², Mako Nakaya*1, Naoko Ozaki*1, Shuji Toda*1, Etsushi Kuroda*3, Ken-ichi Ishibashi, Tomoharu Yasuda*4, Yohei Natsuaki*5, Fumika Mi-ichi*1, Ei’ichi Iizasa*1, Takeshi Nakahara*², Masanori Yamazaki*1, Kenji Kabashima*5, Yoichiro Iwakura*6, Toshiyuki Takai*7, Takashi Saito*4, Tomohiro Kurosaki*4, Bernard Malissen*8, Naohito Ohno, Masutaka Furue*², Hiroki Yoshida*1, and Hiromitsu Hara*1
*1Saga Medical School, *²Kyushu University School of Medicine, *3Osaka University, *4RIKEN Reserach Center for Allergy and Immunology, *5Kyoto University Graduate School of Medicine, *6Tokyo University of Science, *7Tohoku University, *8Parc Scientifique de Marseille-Luminy
 
5)
The Dectin 1 Agonist Curdlan Regulates Osteoclastogenesis by Inhibiting Nuclear Factor of Activated T cells Cytoplasmic 1 (NFATc1) through Syk Kinase
J Biol Chem, 289, 19191-19203(2014)
Toru Yamasaki*1, Wataru Ariyoshi*1, Toshinori Okinaga*1, Yoshiyuki Adachi, Ryuji Hosokawa*1, Shinichi Mochizuki*²,  Kazuo Sakurai*², and Tatsuji Nishihara*1
*1Kyushu Dental University, *²The University of Kitakyushu
 
6)
Binding assay between murine Dectin-1 and β-glucan/DNA complex with quartz-crystal microbalance
Carbohydr Res, 391,1-8(2014)
Shinichi Mochizuki*1, Hiromi Morishita*1, Yoshiyuki Adachi, Yoshiki Yamaguchi*2, and Kazuo Sakurai*1 *3
*1The University of Kitakyushu, *2RIKEN, *3CREST 
 
7)
Vasculitis and Anaphylactoid Shock Induced in Mice by Cell Wall Extract of the Fungus Candida metapsilosis
Pol J Microbiol, 63, 223-230(2014)
Rui Tada, Daisuke Yamanaka, Noriko N Miura, Yoshiyuki Adachi, and Nahito Ohno
 
8)
Cloning and Characterization of Laccase DNA from the Royal Sun Medicinal Mushroom, Agaricus brasiliensis (Higher Basidiomycetes)
  Int J Med Mushrooms, 16, 375–393 (2014)
Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi,and Naohito Ohno
 
9)
Differences in antioxidant activities of outdoor- and indoor-cultivated Agaricus brasiliensis, and protective effects against carbon tetrachloride-induced acute hepatic injury in mice
 BMC Complement Altern Med, doi: 10.1186/1472-6882-14-454(2014)
Yamanaka Daisuke, Motoi Masuro*1, Motoi Akitomo*1, and Ohno Naohito
 
10)
Effect of polymeric caffeic acid on antitumour activity and natural killer cell activity in mice
J Funct Foods, 6, 513–522(2014)
Daisuke Yamanaka, Katsuya Tajima, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Masuro Motoi, and Naohito Ohno
 
11)
Involvement of mannose-binding lectin in the pathogenesis of Kawasaki disease-like murine vasculitis
Clin Immunol, 153, 64–72(2014)
Akihiro Nakamura*1 , Mitsuhiko Okigaki*1, Noriko Miura, Chinatsu Suzuki*1, Naohito Ohno, Fuyuki Kametani*2, and Kenji Hamaoka*1
*1Kyoto Prefectural University of Medicine, *2Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
 
12)
Presence of Candida cell wall derived polysaccharides in the sera of intensive care unit patients: relation with candidaemia and Candida colonisation
Critical Care, doi:10.1186/cc13953(2014)
Julien Poissy*1*2, Boualem Sendid*1*2*3, Sébastien Damiens*1*2, Ken-ichi Ishibashi, Nadine François*3, Marie Kauv*1*2, Raphaël Favory*1*2, Daniel Mathieu*1*2, and Daniel Poulain*1*2*3
*1Université Lille Nord de France, *2INSERM U995-2 France, *3CHRU Lille Frace
 
13)
Permanent acceptance of mouse cardiac allografts with CD40 siRNA to induce regulatory myeloid cells by use of a novel polysaccharide siRNA delivery system
Gene Ther, doi:10.1038/gt.2014.119(2015)
Qi Zhang*1*2, Naotsugu Ichimaru*3, Sadaharu Higuchi*4,  Songjie Cai1*1*3, Jiangang Hou*1*2,  Masayuki Fujino*1*6, Norio Nonomura*3, Masakazu Kobayashi*4,  Hironori Ando*4, Atsushi Uno*4, Kazuo Sakurai*5, Shinichi Mochizuki*5, Yoshiyuki Adachi,  Naohito Ohno, Hejian Zou*2, Jinhua Xu*2, Xiao-Kang Li*1, and Shiro Takahara*3
*1National Research Institute for Child Health and Development, *2Huashan Hospital, Fudan University China, *3Osaka University Graduate School of Medicine, *4NapaJen Pharma, Inc., *5University of Kitakyushu, *6AIDS Research Center, National Institute of Infectious Diseases

著書

1)
目で見る真菌と真菌症、免疫機構、30-39、医薬ジャーナル社
石橋健一、大野尚仁、他
 
2)
病原微生物学 基礎と臨床、真菌学、135-143、東京化学同人
大野尚仁、他

 

学会発表記録

国内学会

第68回日本栄養・食料学会大会

2014 年5 月 於 札幌
酵素合成グリコーゲンの腸管免疫活性化作用の検討
Effects of Enzymatically Synthesized Glycogen on activation of mucosal immunity in the intestinal tract
角谷亮、安逹禎之、梶浦英樹、古屋敷隆、高田洋樹、栗木隆、大野尚仁

第35回関東医真菌懇話会学術集会

2014 年6 月 於 東京
外因性β-glucanのAspergillus fumigatus 抗真菌薬感受性への影響
豊嶋 隆志,  石橋 健一,  三浦 典子,  安達 禎之,  大野 尚仁

第25回日本生体防御学会学術総会

2014 年7 月 於 仙台
ミエロペルオキシダーゼ欠損マウスのカンジダ死菌肺炎重篤化機構
荒谷康昭、本目みずき、三浦典子、大野尚仁
 
マウス白血球におけるリグニンポリマー認識ならびに自然免疫応
山中大輔、石橋健一、安達禎之、大野尚仁

第66回日本生物工学会

2014 年9 月 於 札幌
Agaricus brasiliensis 由来 lac5 遺伝子のクローニング
松本 明子、赤沼 哲史、元井 益郎、大野 尚仁

第26回微生物シンポジウム

2014 年9 月 於 東京
β-glucan添加培養によるAspergillus fumigatus菌体の構造変化と生物活性の特徴
石橋健一、豊嶋隆志、宇津木静香、畔蒜祐一郎、山中大輔、安達禎之、大野尚仁

第9回遺伝子栄養学研究会学術集会

2014 年9 月 於 札幌
機能性多糖画分の抽出・定量における免疫受容体分子の応用
安達禎之、石橋健一、三浦典子、山口芳樹、岩倉洋一郎、大野尚仁

日本食品免疫学会 第10回学術大会

2014 年10 月 於 東京
マウス白血球のリグニンポリマーに対する応答性の系統間格差
山中 大輔, 安達 禎之, 大野 尚仁

第97回日本細菌学会関東支部総会

2014 年10 月 於 東京
Aspergillus fumigatus 菌体外可溶性多糖画分の物性と生物活性
石橋 健一、畔蒜 祐一郎、山中 大輔、安達 禎之、大野 尚仁
 
融合型多糖受容体発現による真菌多糖検出細胞の作製
安達 禎之、小林 美穂、鉄井 絢子、河合 徹也、田中 浩士、石橋 健一、大野 尚仁

第58回日本医真菌学会総会・学術集会

2014 年11 月 於 横浜
Sasa veitchii高分子画分による,マクロファージの抗Candida 活性の増強について
佐藤 亘、大野 尚仁、石橋 健一、山中 大輔、安達 禎之
 
真菌細胞壁β-glucan刺激好中球によるNETs形成の検討
浪岡真行、石橋健一、山中大輔、安達禎之、大野尚仁

第20回MPO研究会

2014 年11 月 於 静岡
川崎病類似マウス血管炎モデルとサイトカイン
大原関 利章,横内 幸,榎本 泰典,山田 仁美,三浦 典子, 大野 尚仁,直江 史郎,鈴木 和夫,高橋 啓
 
CAWS血管炎の系統差
大野 尚仁

第5回コミュニケーション教育学会

2015 年1 月 於 東京
パフォーマンスの向上を目指したコミュニケーション演習の試み
大野尚仁
 

真菌症フォーラム 第16回学術集会

2015 年2 月 於 静岡
抗β-glucan抗体のβ-glucan刺激マクロファージの活性酸素産生に与える影響
篠崎麻里,杉本愛子,石橋健一,山中大輔,安達禎之,大野尚仁
 
Candida albicans菌体外可溶性画分(CAWS)の菌株間での活性の比較検討
堀内和歌子,石橋健一,Chantal Fradin,山中大輔,安達禎之,Daniel Poulain,大野尚仁

日本薬学会 第135年会

2015 年3 月 於 神戸
Chimeric antigen receptor(CAR)発現によるβグルカン検出レポーター細胞の作製
浅井夕美、安達禎之、石橋健一、山中大輔、大野尚仁
 
血管炎モデルマウス作製のためのCandida albicans由来多糖の効率的調整法の確立ならびに生物学的解析
上村 愛子, 山中 大輔, 三浦 典子, 柳井 千穂, 石橋 健一, 安達禎之, 大野 尚仁
 
Candida albicans由来多糖抗原の溶解性の違いが血管炎症誘発活性に与える影響
上石 瑛, 三浦 典子, 山中 大輔, 石橋 健一, 安達禎之, 大野 尚仁
 
可溶性β-グルカンのマウス消化管内における高感度検出法の確立
山田 美幸, 山中 大輔, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
薬用茸アガリクスによるヒト血中抗β-グルカン抗体価の上昇とカンジダ菌貪食における抗体の影響
山中 大輔,元井 益郎,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
クマザサエキスによる細胞間相互作用を介したサイトカイン産生抑制について
佐藤 亘、石橋 健一、山中 大輔、安達 禎之、大野 尚仁
 
C型レクチン(Dectin-1及び-3)の機能解析及び受容体間相互作用の検討
佐々木志織、安達禎之、石橋 健一、山中 大輔、大野 尚仁
 
β-グルカン認識タンパクを用いたβ-グルカン検出システムの検討
竹原由香,安達禎之,鉄井絢子,石橋健一,山中大輔,大野尚仁
 
外因性beta-glucanによるAspergillus fumigatus抗真菌薬感受性変化とメカニズムの検討
豊嶋 隆志、石橋 健一、山中 大輔、安達 禎之、大野 尚仁
 
薬学教育における要指導医薬品・一般用医薬品とセルフメディケーションの取り組みと展開
渡辺 謹三,大野 尚仁

第88回日本細菌学会総会

2015 年3 月 於 岐阜
無脊椎動物の自然免疫受容体は真菌β-グルカン糖鎖の微細構造を識別する
安達禎之、石橋健一、大野尚仁

- 平成25年度(2013)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成24年度(2012)研究室の実績はこちら

原著

1)
Activation of Myeloid Dendritic Cells by Deoxynucleic Acids from Cordyceps sinensis via a Toll-like Receptor 9-dependent Pathway
Cell. Immunol. , 263, 241-50(2010)
Gang Xiao, Akiko Miyazato, Yuzuru Abe, Tiantuo Zhang, Kiwamu Nakamura, Ken Inden, Misuzu Tanaka, Daiki Tanno, Tomomitsu Miyasaka, Keiko Ishii, Kiyoshi Takeda*3, Shizuo Akira*3, Shinobu Saijo*4, Yoichiro Iwakura*4, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Natsuo Yamamoto, Hiroyuki Kunishima, Yoichi Hirakata, Mitsuo Kaku, and Kazuyoshi Kawakami
*¹ Tohoku University Graduate School of Medicine, *²The 3rd Affiliated Hospital of Sun Yat-sen University,*3Osaka University*4University of Tokyo
 
2)
Characterization of Blood (β-1,3-glucan and Anti-(β-glucan Antibody in Hemodialysis Patients Using Culinary-Medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. (Agaricomycetideae)
Int. J. Med. Mushrooms. 13, 101-107(2011)
Ken-ichi Ishibashi, Masaharu Yoshida , Iwao Nakabayashi , Noriko Yoshikawa , Noriko N. Miura , Yoshiyuki Adachi , and Naohito Ohno
*¹ Hachiouji Medical Center of Tokyo Medical University
 
3)
Synthesis of Rabdokunmin C Analogues and Their Inhibitory Effect on NF-κB Activation
Bioorg. Med. Chem. ,19, 2450-2457(2011)
Yutaka Aoyagi, Yoshiyuki Adachi, Kei Ozawa, Chihiro Yokomizo, Ming-Yu Gui*¹, Yong-Ri Jin*¹, Xu-Wen Li*¹, Naohito Ohno, and Koichi Takeya
*¹ JiLin University
 
4)
A Model of Left Ventricular Dysfunction Complicated by CAWS Arteritis in DBA/2 Mice
Int J Vasc Med, . 2012;2012:570297. doi: 10.1155/2012/570297. Epub 2012 Jul 8.
Naoto Hirata*¹, Ken-ichi Ishibashi, Tatsuya Usui, Jiro Yoshioka, Satoru Hata, Yoshiyuki Adachi, Noriko N. Miura, Shin Ohta, and Naohito Ohno
*¹Nagano Red Cross Hospital
 
5)
Role of neutrophil-derived reactive oxygen species in host defense and inflammation
好中球機能異常による感染防御能の低下と炎症の誘発
Aratani Y, Miura N, Ohno N, Suzuki K.
Med Mycol J. , 53, 123-128(2012)
 
6)
Synthesis of β(1,3) Oligoglucans Exhibiting a Dectin-1 Binding Affinity and Their Biological Evaluation
Bioorg. Med. Chem. , 20, 3898-3914(2012)
Hiroshi Tanaka, Tetsuya Kawai, Yoshiyuki Adachi, Shinya Hanashima, Yoshiki Yamaguchi, Naohito Ohno, and Takashi Takahashi
*¹Tokyo Institute of Technology, *²RIKEN Advanced Research Institute
 
7)
Safety Study of Culinary-Medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. KA21 (Higher Basidiomycetes) Assessed by Prokaryotic as well as Eukaryotic Systems
Int. J. Med. Mushrooms. , 14, 135–148(2012)
Masuro Motoi, Naohito Ohno
 
8)
Etanercept Suppresses Arteritis in a Murine Model of
Kawasaki Disease: A Comparative Study Involving Different Biological
International Journal of Vascular Medicine,2013, Article ID 543141, 10 pages(2013)
Ryuji Ohashi*¹, Ryuji Fukazawa*¹, MakotoWatanabe*¹, Hanako Tajima*¹,Noriko Nagi-Miura, Naohito Ohno, Shinichi Tsuchiya*¹, Yuh Fukuda*¹,  Shunichi Ogawa*¹, and Yasuhiko Itoh*¹
*¹Nippon Medical School
  
9)
The role of TNF-α in a murine model of Kawasaki disease arteritis induced with a Candida albicans cell wall polysaccharide
Mod Rheumatol. , 24, 120-128(2014)
Toshiaki Oharaseki, Yuki Yokouchi, Hitomi Yamada, Hiroshi Mamada, Satoshi Muto, Kiyomi Sadamoto, Noriko Miura, Naohito Ohno, Tsutomu Saji, Shiro Naoe, and Kei Takahashi
*¹ Toho University
 
10)
食用酵母Candida utilisからの細胞壁β-グルカンの調整と性状の解析
医学と生物学, 157, 1147-1154(2013)
大野尚仁, 柳井千穂, 杉正人
*¹ 日生バイオ株式会社
 
11)
医療人教育における教育目標のタキソノミーに関する考察
コミュニケーション教育学研究, 2, 10-18(2013)
大野尚仁
 
12)
Modulation of interferon-γ synthesis by the effects of lignin-like enzymatically polymerized polyphenols on antigen-presenting cell activation and the subsequent cell-to-cell interactions
Food Chemistry , 141, 4073-4080(2013)
Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura,Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
13)
β-mannosyl linkages inhibit CAWS arteritis by negatively regulating dectin-2-dependent signaling in spleen and dendritic cells
Immunopharmacol Immunotoxicol , 35, 594–604(2013)
Naoto Hirata, Ken-ichi Ishibashi, Wataru Sato, Noriko Nagi-Miura, Yoshiyuki Adachi,  Shin Ohta, and Naohito Ohno
*¹ Nagano Red Cross Hospital
 
14)
Myeloperoxidase deficiency in mice exacerbates lung inflammation induced by nonviable Candida albicans
Inflammation Research , 62, 981–990 (2013)
Mizuki Homme, Nao Tateno, Noriko Miura, Naohito Ohno, and Yasuaki Aratani
*¹ Yokohama City University
 
15)
Chimeric SV40 virus-like particles induce specific cytotoxicity and protective immunity against influenza A virus without the need of adjuvants
Virology, 448, 159–167 (2014)
Masaaki Kawano, Katsuma Morikawa, Tatsuya Suda*1, Naohito Ohno, Sho Matsushita, Toshitaka Akatsuka*1, Hiroshi Handa*3, and Masanori Matsui*1
*1Saitama Medical University, *²Tokyo Institute of Technology,*3Tokyo Institute of Technology
 
16)
Important role of CCR2 in a murine model of coronary vasculitis
BMC Immunol., 13, 2012 Oct 17;13:56. doi: 10.1186/1471-2172-13-56.
Hernan G Martinez*¹*3, Marlon P Quinones*¹, Fabio Jimenez*¹, Carlos Estrada*¹, ssandra M Clark*¹, Kazuo Suzuki*², Noriko Miura, Naohito Ohno, Sunil K Ahuja*3 and Seema S Ahuja
*¹ University of Texas Health Science Center ,*²Chiba University Graduate School of Medicine*3South Texas Veterans Health Care System
 
17)
Analysis of the titer and reactivity of antibody/ies against fungal cell wall β-glucans in human sera
Int J Med Mushrooms. , 15, 115-126(2013)
Ken-Ichi Ishibashi , Mayu Morita, Masuro Motoi, Ying Liu, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
*¹ The University of Tokyo
 
18)
Royal Sun Medicinal Mushroom, Agaricus brasiliensis Ka21 (Higher Basidiomycetes), as a Functional Food in Humans
Int J Med Mushrooms. , 15, 335-343(2013)
Daisuke Yamanaka, Ying Liu*1, Masuro Motoi, and Naohito Ohno
*1 The University of Tokyo
 
19)
CAWS administration increases the expression of interferon gamma and complement factors that lead to severe vasculitis in DBA/2 mice
BMC Immunol., 14, (2013)
Noriko Nagi-Miura, Daisuke Okuzaki*1, Kosuke Torigata*1, Minami A Sakurai*1, Akihiko Ito*², Naohito Ohno, and Hiroshi Nojima*1
*1 Osaka University, *²Kinki University
 
20)
Oral Administration of Soluble β-Glucan Preparation from the Cauliflower Mushroom, Sparassis crispa (Higher Basidiomycetes) Modulated Cytokine Production in Mice
Int J Med Mushrooms. , 15, 525-538(2013)
Toshie H. Hida, Hiromi Kawaminami, Ken-Ichi Ishibashi, Noriko N. Miura,  Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 

総説

1)
The role of C-type lectin receptors in immune homeostasis
International ImmunopharmacologyVolume 16, Issue 3, July 2013, Pages 353–357
Huimin Yan*¹*², Naohito Ohno, and Noriko M. Tsuji*¹
*¹ National Institute for Advanced Industrial Science and Technology (AIST),*²The Fifth Hospital of Shijiazhuang
 
2)
β-グルカンと免疫応答調節
Functional Food, 7, 36-41, メディカル出版, 2013
大野 尚仁
 
3)
β-グルカンの物性解析におけるβ-グルカン結合性タンパク質の応用
日本応用糖質科学会紙, 3,253-255, 2013
安達 禎之
 
4)
真菌に対する自然免疫ならびに獲得免疫応答
Progress in Medicine, 33,2731-2740, 2013
大野 尚仁

著書

1)
機能性食品素材のためのヒト評価, アガリクス
シーエムシー出版, 193-199
山中大輔,元井益郎

学会発表記録

国際学会

The 7th International Medicinal Mushroom Conference

2013 年8 月 於 Beijing, China
Fungal Beta-Glucans Modulate Innate as well as Acquired Immunity 
Daisuke Yamanaka
 
Diversity of human PBMC response to fungal β-glucan
K Ishibashi, Y Furumi, M Motoi, N Ohno
 
Specificity of antibody in sera to beta-glucan from culinary-medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. KA21.
M Motoi, W Sato, K Ishibashi, N Ohno
 
Characterization of Systemic Response of Mice to Fungal Beta-Glucan, SCG, Assessed by Gene Expression in Liver
N.Ohno, S.Ohmura, K.Ishibashi, NN. Miura, and Y.Adachi

The 53th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy

2013 年9 月 於 Denver, USA
Cell-Based Reporter Assay Using Innate/Acquired Immune Receptors for Detecting Beta-Glucans
Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Miura, N. Ohno

6th Advances Against Aspergillosis

2013 年9 月 於 Madrid, Spain
The influence of β-glucan on the growth and cell wall architecture of Aspergillus spp.
K Ishibashi, S Utsugi, T Toyoshima, N Miura, Y Adachi, N Ohno

国内学会

第34回関東医真菌懇話会学術集会

2013 年6 月 於 東京都
Candida albicansの細胞壁糖鎖に対するマクロファージのdectin反応性の解析
宮坂英梨、安達禎之、日下悠介、上月由梨、池田 太、鉄井絢子、石橋健一、三浦典子、大野尚仁
  
川崎病患児の抗β -glucan 抗体の特徴
石橋 健一、深澤隆治、三浦 典子、安達 禎之、小川 俊一、大野 尚仁

第11回日本予防医学会学術総会

2013 年6 月 於 東京都
ヒト抗β-グルカン抗体のアイソタイプ別反応性と茸食品服用者における力価の変化
石橋健一,元井益郎,三浦典子,安達禎之,大野尚仁

第24回日本生体防御学会学術総会

2013 年7 月 於 熊本県
Cryptococcus neoformans と C-type lectin receptor との相互作用
松村香菜、中村優里、山本秀輝、佐藤光、石井恵子、山崎晶、原博満、安達禎之、大野尚仁、館正弘、川上和義

第45回日本医学教育学会大会

2013 年7 月 於 千葉県
薬学部における少人数選択科目「ゼミナール」の実施例:患者目線で病気を考えてみよう
中島由紀、杉浦宗敏、田野中浩一、山田純司、大野尚仁
 
薬学部における課題研究の導入としてのラボワークショップの試み
大野尚仁、石橋健一、三浦典子、安達禎之
 
長期実務実習を終えた薬学生が身につけた基本的資質
内手昇、稲葉二郎、大野尚仁

第8回遺伝子栄養学研究会学術集会

2013 年8 月 於 北海道
酵母菌体成分に対する自然免疫系受容体の分子解析
安達禎之

第32回日本糖鎖学会年会

2013 年8 月 於 大阪府
NMRを用いた短鎖β1,3-glucanの構造とDectin-1との相互作用解析
花島慎弥, 池田明美, 田中浩士, 安達禎之, 大野尚仁, 高橋孝志, 山口芳樹

第46回日本薬剤師会学術大会

2013 年9 月 於 大阪府
八王子薬剤師会、東京薬科大学の連携による効果的なライフスキル教育としての喫煙防止・薬物乱用防止教育
山田 純一,高橋 たつ子,川島 悦子,宮岡 陽子, 宮本 法子,稲葉 二朗,大野 尚仁

第57回日本医真菌学会総会学術集会

2013 年9 月 於 東京都
Aspergillus fumigatus細胞壁α-1,3-glucanの物性とマクロファージ活性化作用
大野尚仁、石橋健一、三浦典子、安達禎之
 
カンジダ細胞壁β-グルカンと自然免疫受容体との相互作用と細胞応答の特異性
安達禎之
 
β-glucan刺激マクロファージによる活性酸素産生に対する抗β-glucan抗体の影響
石橋健一、三浦典子、安達禎之、大野尚仁
 
病原性真菌Candida albicans由来菌体外多糖CAWSの投与経路と血管炎ならびに初期生体防御応答の関連性の解析
三浦典子、石橋健一、安達禎之、大野尚仁
 
真菌由来のPAMPsによるサイトカイン産生に対するSasa抽出物の影響
佐藤亘、大野尚仁、石橋健一、三浦典子、安達禎之
 
β-glucan添加培養A. fumigatusに対する抗真菌薬感受性の検討
豊嶋隆志、石橋健一、三浦典子、安達禎之、大野尚仁
 
真菌由来のPAMPsによるサイトカイン産生に対するSasa抽出物の影響
小林友明、石橋健一、三浦典子、安達禎之、大野尚仁
 
自然免疫系βグルカン結合タンパクを用いた血中β-グルカン検出の試み
鉄井絢子、安達禎之、石橋健一、三浦典子、大野尚仁

日本食品免疫学会 第9回学術大会

2013 年10 月 於 東京
リグニン様酵素重合ポリフェノールの経口投与による抗腫瘍効果
山中 大輔,安達 禎之,大野 尚仁

第19回MPO研究会

2013 年10 月 於 東京
DBA/2マウスにおける病原性真菌Candida albicans由来菌体外多糖CAWSの投与経路と初期生体応答ならびに血管炎の解析
三浦典子、石橋健一、安達禎之、大野尚仁
 
CAWS誘導マウス動脈炎に対するエタネルセプト投与時期の差異による血管炎抑制効果の検討
Histological study about inhibitory effect on CAWS-induced vasculitis by difference of administration schedule of anti TNF-α drug.
大原関利章、横内 幸、勝碕譲児、山田仁美、伊原文恵、三浦典子、大野尚仁、佐地 勉、鈴木和男、直江史郎、高橋啓

第57回日本薬学会関東支部大会

2013 年10 月 於 東京都
文献調査によるDSS腸炎モデルの研究動向に関する考察
坂田祥子,安達禎之,石橋健一,三浦典子,大野尚仁
 
C型レクチンの可溶性タンパク発現における遺伝子増幅効果の検討
松本裕美子,安達禎之,田村まり子,石橋健一,三浦典子,大野尚仁

第42回日本免疫学会学術集会

2013 年12 月 於 千葉
Effect of anti-β -glucan antibody on ROS production of macrophages against fungi
K.Ishibashi, N.Miura, Y.Adachi, and N.Ohno
 
Detection of fungal polysaccharides by cell-based reporter assay expressing chimeric antigen receptors
 Y.Adachi, K.Ishibashi, N.Miura, and N.Ohno
 
Silencing CD40 gene to induce specific regulatory dendritic cells resulting in permanent acceptance of mouse cardiac allograft using a novel siRNA delivery system
CAI Songjie, N.Ichimaru, S.Higuchi, M.Kobayashi, A.Uno, H.Ando, Y.Adachi, N.Ohono, and Li Xiaokang
 
Development of a CTL-based vaccine carrier with self-adjuvant properties using simian virus 40 virus-like particles
M.Kawano, K.Morikawa, T.Suda, N.Ohno, S.Matsushita, T.Akatsuka, H.Handa, and M.Matsui

平成25年度コミュニケーション教育学会

2014 年1 月 於 東京都
卒論生のチーム力醸成のためのラボワークショップの試み
大野尚仁,安達禎之,三浦典子,石橋健一

第17回東京小児医学研究会

2014 年2 月 於 東京都
川崎病血管炎におけるHMGB1(High-mobility group box 1)の果たす役割の解析(川崎病モデルマウスを用いて)
平田 陽一郎, 林 泰佑, 進藤 考洋, 犬塚 亮, 清水 信隆, 張田 豊, 岡 明, 金 基成, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
Candida 由来のPAMPs, Pathogen associated molecular patterns, によって惹起されるCAWS血管炎マウスモデルの特徴と治療法開発への応用
大野 尚仁

第87回日本細菌学会総会

2014 年3 月 於 東京都
出芽酵母のoch1変異株の生体内における抗原性の解析
岩崎 美緒、安達 禎之、石橋 健一、三浦 典子、大野 尚仁
 
Candida albicans の細胞壁糖鎖に対するMyeloid cellsのdectin反応性の解析
上月由梨、安達禎之、石橋健一、三浦典子、大野尚仁
 
活性酸素種によるCandida albicans 菌体の細胞壁糖鎖変化とdectin反応性の解析
菅野峻史、安達禎之、石橋健一、三浦典子、大野尚仁
 
真菌細胞壁β-glucanの可溶化法と物性
石渡みお,石橋健一,三浦典子,安達禎之,大野尚仁
 
β-glucan添加培養Aspergillus菌体のマクロファージ活性化作用の検討
宇津木 静香, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
リグニン様酵素重合ポリフェノールによるマクロファージの大腸菌貪食促進効果
田島 克哉,山中 大輔,石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
DBA/2マウスを用いたCandida熱水抽出物経口摂取によるサイトカイン産生能の変化
原田 孟, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
病原性真菌Candida albicans由来菌体外多糖CAWSの投与経路の違いによる初期生体応答ならびに血管炎の解析
伊藤 瞭子, 三浦 典子, 安達 禎之, 石橋 健一, 大野 尚仁
 
抗β-glucan抗体のβ-glucan誘導性の急性炎症反応におよぼす影響
渡邉 麻希,石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

日本薬学会 第134年会

2014 年3 月 於 熊本
栽培法の違いが薬用茸アガリクスの抗酸化活性ならびに肝保護効果に与える影響
山中 大輔,元井 益郎,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
 
クマザサエキスによる刺激時間と免疫調節の関係について
佐藤亘, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 坪井 正道, 金森 政人, 竹下 一夫, 大野 尚仁
 
Agaricus brasiliensis由来laccaseのクローニング No.2
松本明子、赤沼哲史、元井益郎、大野尚仁

日本農芸化学会2014年度大会

2014 年3 月 於 東京都
酵素合成グリコーゲンの生体防御機能活性化作用
角谷亮、安逹禎之、梶浦英樹、古屋敷隆、高田洋樹、栗木隆、大野尚仁

- 平成24年度(2012)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成23年度(2011)研究室の実績はこちら

原著

1)
Effect of Agaricus brasiliensis-derived cold water extract on Toll-like receptor 2-dependent cytokine production in vitro
Immunopharmacol Immunotoxicol.,34, 561-570(2012)
Daisuke Yamanaka, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
  
2)
Disruption of Actin Cytoskeleton Enhanced Cytokine Synthesis of Splenocytes Stimulated with Beta-Glucan from the Cauliflower Medicinal Mushroom, Sparassis crispa Wulf.:Fr. (Higher Basidiomycetes) in Vitro
Int J Med Mushrooms. , 14, 257-269(2012)
Asami Shibata, Toshie H. Hida, Ken-Ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
3)
薬学分野における多職種連携コミュニケーション教育の現状と展望
コミュニケーション教育学研究, 2, 40-49(2012)
大野尚仁
 
4)
Synthesis of a β-glucan polysaccharide analogue by an iterative copper-catalyzed azide–acetylene coupling reaction
Tetrahedron letters, 53, 4104-4107(2012)
Hiroshi Tanaka, Hiroaki Tago, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, and Takashi Takahashi
*¹Tokyo Institute of Technology
 
5)
Suppression of PAMPs, Pathogen-Associated Microbial Patterns, Induced Cytokine Synthesis of PBMC, Human Blood Mononuclear Cells, by Immunoglobulin Preparation
The Open Allergy Journal, 5, 53-61(2012)
Ayumi Yamamoto, Noriko N. Miura, Toshiaki Oharaseki, Kei Takahashi, Shiro Naoe, KazuoSuzuki*2, and Naohito Ohno
*¹Toho University Ohashi Medhcal Center, *2Chiba University Graduate School of Medicine
  
6)
Agaricus brasiliensis-derived β-glucans exert immunoenhancing effects via a dectin-1-dependent pathway
Int. Immunopharmacol. , 14, 311–319(2012)
Daisuke Yamanaka, Rui Tada, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Masuro Motoi,Yoichiro Iwakura, and Naohito Ohno
*¹ Tokyo University of Science
 
7)
A Concise Method Using Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy to Determine the Source of the β-Glucan Extracted from Various Mushrooms
Int. J. Med. Mushrooms, 14, 339–345 (2012)
Rui Tada, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
8)
Effect of Sasa veitchii Extract on Immunostimulating Activity of β-glucan (SCG) from Culinary-Medicinal Mushroom Sparassis crispa Wulf.:Fr. (Higher Basidiomycetes)
Int. J. Med. Mushrooms, 14, 537–547 (2012)
Mia Yoshida*1, Toshie H. Hida, Kazuo Takeshita*1, Masamichi Tsuboi*1, Masato Kanamori*1, Natsuko Akachi*1, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
*1Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd.
 
9)
Chemical and Immunochemical Characterization of Polysaccharides of Sasa Veitchii Leaves
The Open Plant Science Journal, 7, 1-9(2013)
Masamichi Tsuboi*1*2, Kazuo Takeshita*1, Masato Kanamori*1,Kazuyuki Umemura*3,Kazutoshi Ogawa*3, Natsuko Akachia*1, Mia Yoshida*¹,and Naohito Ohno
*¹ Hoshi Pharmaceutical Co., Ltd, *²University of Tokyo
 
10)
病原性真菌Candida albicans由来の血管炎惹起性多糖、CAWSのレクチン親和性の解析
医学と生物学, 157, 123-133(2013)
平田尚人*¹, 太田伸, 大野尚仁
*¹長野赤十字病院薬剤部
 
11)
Comparative Analysis of Hepatic CD14 Expressionbetween Two Different Endotoxin Shock Model Mice:Relation between Hepatic Injury and CD14 Expression
PLoS ONE, 8, e53692 (2013)
Hiroyasu Hozumi, Rui Tada, Taisuke Murakami, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
12)
Am80, a retinoic acid receptor agonist, ameliorates murine vasculitis through the suppression of neutrophil migration and activation
ARTHRITIS & RHEUMATISM, 65, 503-512(2013)
Chie Miyabe*1*2, Yoshishige Miyabe*1, Noriko N. Miura, Kei Takahashi*3, Yuya Terashima*4, Etsuko Toda*4, Fumiko Honda*1, Tomohiro Morio*1, Naoko Yamagata*5, Naohito Ohno, Koichi Shudo*5, Jun-ichi Suzuki*4, Mitsuaki Isobe*1, Kouji Matsushima*4, Ryoji Tsuboi*2, Nobuyuki Miyasaka*1, and Toshihiro Nanki*1
*1Tokyo Medical and Dental University, *2Tokyo Medical University,*3Toho University Ohashi Medical Center, *4University of Tokyo
  
13)
The effect of enzymatically polymerised polyphenols on CD4 binding and cytokine production in murine splenocytes
PLoS One, 7, e36025(2012)
Daisuke Yamanaka, Yumi Tamiya, Masuro Motoi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko N. Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
 
14)
A Model of Left Ventricular Dysfunction Complicated by CAWS Arteritis in DBA/2 Mice
International Journal of Vascular Medicine,2013, Article ID 543141, 10 pages(2013)
Naoto Hirata*¹, Ken-ichi Ishibashi, Tatsuya Usui, Jiro Yoshioka, Satoru Hata, Yoshiyuki Adachi, Noriko Nagi-Miura, Shin Ohta, and Naohito Ohno
*¹Nagano Red Cross Hospital
 
15)
好中球機能異常による感染防御能の低下と炎症の誘発
Med Mycol J. 53, 123-128(2012)
荒谷 康昭, 三浦 典子, 大野尚仁, 鈴木 和男
*¹横浜市立大学 *²帝京大学医学部附属病院
 

16)
Synthesis of β(1,3) oligoglucans exhibiting a Dectin-1 binding affinity and their biological evaluation
Bioorganic & Medicinal Chemistry , 20, 3898-3914(2012)
Tetsuya Kawai, Yoshiyuki Adachi, Shinya Hanashima, Yoshiki Yamaguchi, Naohito Ohno, and Takashi Takahashi
*¹Tokyo Institute of Technology, *²RIKEN Advanced Research Institute
 

17)
Safety Study of Culinary-Medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. KA21 (Higher Basidiomycetes) Assessed by Prokaryotic as well as Eukaryotic Systems
International Journal of Medicinal Mushrooms , 14, 135–148(2012)
Masuro Motoi, Naohito Ohno

総説

1)
免疫機構
化学療法の領域, 3, 381-391, 医療ジャーナル社, 2012
石橋 健一, 大野 尚仁
 
2)
アレルギー炎症に関わる真菌多糖と自然免疫受容体
アレルギー・免疫Allergology&Immunology, 19, 20-28, 医薬ジャーナル社, 2012
平田 尚人, 大野 尚仁
 
3)
カンジダと免疫・アレルギー
アレルギーの臨床 The Allergy in Practice, 32, 22-27, 北隆館, 2012
石橋 健一, 大野 尚仁
 
4)
ヒト多検体間における抗βグルカン抗体力価と反応性
アレルギーの臨床 The Allergy in Practice, 32, 51-55, 北隆館, 2012
元井 益郎, 石橋 健一, 大野 尚仁
 
5)
アディポカインと脂肪組織のリモデリング
都薬雑誌 The Journal of The Toyaku, 34, 40-43, , 2012
大野 尚仁
 
6)
好中球機能異常による感染防御能の低下と炎症の誘発
Med. Mycol. J., 53, 123-128, , 2012
荒谷 康昭, 三浦 典子, 大野 尚仁, 鈴木 和男
 

著書

1)
大野尚仁,他180名,
薬学用語辞典 (原博編),
東京化学同人, (2012)
 
2)
大野尚仁,他57名,
β-グルカン,高齢者用食品の開発と展望 (和多田史郎, 廣澤文編),
シーエムシー出版,79-86 (2012)

学会発表記録

国際学会

The Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop 2012

2012 年3 月 於 東京都
Am80 Ameliorates Murine Model of Vasculitis via Suppression of Neutrophil and Endothelial Cell Activation
C.Miyabe, Y.Miyabe, N.N. Miura, K.Takahashi, Y.Terashima, T.Morio, N.Yamagata, N. Ohno, K.Matsushima, K. Shudo, K.Suzuki, J. Suzuki, R.Tsuboi, N. Miyasaka, and T.Nanki 
 
Pivotal Role of the Complement System in the Pathogenesis of Vasculitis
D.Okuzaki, N.Miura, S.Kobayashi, A.Okamoto, K.Torigata, M.Sakurai, K. Naoi, T.Saji, N.Ohno, and Hiroshi Nojima
 
Effect of Anti TNF-α Drug on the Process of Vasculitis Development in Animal Model of Kawasaki Disease
T.Oharaseki, Y.Yokouchi, K.Sadamoto, N.Ohno, T.Saji, K.Suzuki, and K.Takahashi

 18th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology

2012 年6 月 於 Berlin, Germany
Reactivity and biological activity of monoclonal antibody to fungal cell wall beta-glucan
K.Ishibashi, A.Sugimoto, N.Miura, Y.Adachi, and N.Ohno
 
Disruption of actin cytoskeleton enhanced cytokine synthesis of splenocytes stimulated with beta-glucan in vitro
N.Ohno, A.Shibata, K.Ishibashi, N.Miura, and Y.Adachi

IEIIS2012

 2012 年10 月 於 東京都
Characterization of mannan structure required for CAWS-vasculitis
N.Ohno, N.Hirata, W.Sato, K.Ishibashi, N.N.Miura, and Y.Adachi

2012 Society for Leukocyte Biology Annual Meeting

2012 年10 月 於 Hawaii, USA
 Inflammatory response of macrophages to Saccharomyces cerevisiae mutant bearing human compatible glycoproteins
Y. Adachi, N. Maruishi, H. Abe, K. Nakayama, Y. Chiba, Y. Jigami, S. Saijo, Y. Iwakura, and N. Ohno

国内学会

第33回関東医真菌懇話会学術集会

2012 年5 月 於 東京都
真菌細胞壁β-グルカン生物活性に対する抗β- グルカン抗体の影響
石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第57回(社)日本透析医学会学術集会・総会

2012 年6 月 於 札幌市
透析患者におけるβ-グルカン抗原に対する抗体価~深在性真菌症感染の新しいバイオマーカー~
石橋 健一,山中 大輔,大野 尚仁, 吉田 雅治,吉川 憲子,中林 巌,杉崎 健太郎

第48回日本小児循環器学会総会・学術集会

2012 年7 月 於 京都市
川崎病血管炎におけるハプトグロビンの関与 動物モデルを用いた解析(会議録)
中村 明宏, 沖垣 光彦, 亀谷 富由樹, 三浦 典子, 大野 尚仁, 濱岡 建城
 
川崎病モデルマウス遺伝子解析による川崎病発症機構の解明(会議録)
深澤 隆治, 大野 尚仁, 三浦 典子, 渡邉 誠, 阿部 正徳, 林 美雪, 池上 英, 橋本 康司, 小川 俊一

第23回日本生体防御学会学術総会

2012 年7 月 於 東京都
ミエロペルオキシダーゼ欠損マウスにおけるカンジダ死菌誘発性肺炎の解析
本目 みずき, 舘野 奈央, 三浦 典子, 大野 尚仁, 荒谷 康昭
 
CAWS血管炎に関わるマンナン構造の検討
平田 尚人, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第44回日本医学教育学会大会

2012 年7 月 於 横浜市
カリキュラム立案を題材とした学部間合同ワークショップの試み
大野 尚仁, 新槇 幸彦, 稲葉 二郎, 内出 昇, 成井 浩二, 別生 伸太郎, 三浦 典子, 宮岡 宏明, 柳田 顕郎, 横山 晴子

第24回微生物シンポジウム

2012 年9 月 於 大阪府
CAWS血管炎の発症とマンナン構造の関連性に関する検討
佐藤 亘, 平田 尚人,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

第1回 応用糖質フレッシュシンポジウム

2012 年9 月 於 東京都
酵素合成グリコーゲンの免疫賦活作用とそのメカニズム
角谷 亮,安達 禎之,梶浦 英樹,古屋敷 隆,高田 洋樹,大野 尚仁,栗木 隆

第45回日本薬剤師会学術大会

2012 年10 月 於 静岡県
薬学生の医薬品流通に関するキャリア教育と意識
武田 典子, 大野 尚仁

第56回 日本薬学会関東支部大会

2012 年10 月 於 東京都
ヒトdectin-1 アイソフォームのタンパク発現に関する研究
岩井 麻里亜, 安達 禎之, 加藤 雄也, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
Candida β-glucan,OX-CA によるマクロファージ活性化における自然免疫系受容体の関与
矢吹 千香, 安達 禎之, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁

日本食品免疫学会 第8回学術大会

2012 年10 月 於 東京都
酵素重合ポリフェノールによる自然免疫調整作用の検討
山中 大輔, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
身近な素材の応用:酵素合成グリコーゲンの生体防御機能活性化作用
角谷 亮, 安達 禎之, 梶浦 英樹,古屋敷 隆,高田 洋樹,栗木 隆,大野 尚仁

第64回日本生物工学会大会

2012 年10 月 於 神戸市
Agaricus brasiliensis 由来polyphenoloxidase (PPO) 類の探索とタンパク質発
松本 明子, 赤沼 哲史, 元井 益郎, 大野 尚仁

第56回日本医真菌学会総会学術集会

2012 年11 月 於 東京都
カンジダマンナンによる血管炎モデルにおける構造要求性について
佐藤 亘, 大野 尚仁,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之
 
カンジダ感染患者における抗β-グルカン抗体価のアイソタイプ別の検討
石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
 
自然免疫系βグルカン結合タンパクのグルカン構造特異性
安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
 
CAWS血管炎のA/Jマウスを用いた解析
石本 由維菜, 三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
病原性真菌Candida albicans由来多糖CAWSの静脈内投与により惹起される血管炎の解析
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 

第18回MPO研究会

2012 年11 月 於 京都府
病原性真菌Candida albicans由来CAWSによって惹起される血管炎モデルの補体系からの解析
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

第41回日本免疫学会

2012 年12 月 於 神戸市
Characterization of mannan structure required for CAWS-vasculitis analyzed by lectin array
N.Hirata, W.Sato, K.Ishibashi, N.N.Miura, Y. Adachi, and N.Ohno
 
Innate immune response of macrophages to Saccharomyces cerevisiae mutant.
Y.Adachi, K.Ishibashi, N.N.Miura, S.Saijo, Y.Iwakura, and N.Ohno
 
Leukocyte activation by Aspergillus cell wall glucan fractions
K.Ishibashi, N.Miura, Y.Adachi, and N.Ohno
 
Oral administration of particulate beta-glucan induces IL-10-producing regulatory CD4+ T cells and protects mice from experimental colitis.
Y.HuiminYan, N.Ohno, Y.Iwakura, T.Saito, Z.Guo, A.Takeuchi, J.Carreras, and N.M.Tsuji

第85回日本生化学学会大会

2012 年12 月 於 福岡市
自然免疫受容体Toll-like receptor2はグリコーゲン認識に関与する
角谷 亮, 安達 禎之, 古屋敷 隆, 高田 洋樹, 栗木 隆, 大野 尚仁

第35回日本分子生物学会年会

2012 年12 月 於 福岡市
Agaricus brasiliensis 新規laccase類のクローニング
松本 明子, 赤沼 哲史, 元井 益郎, 大野 尚仁

 

第86回日本細菌学会総会

2013 年3 月 於 千葉市
Cell-based reporter assay using innate/acquired immune receptors for detecting fungal product
Y.Adachi, K.Ishibashi, N.Miura, and N.Ohno

日本薬学会第133年会

2013 年3 月 於 横浜市
自然免疫/獲得免疫融合型受容体発現による真菌成分の検出細胞の作製
小林 美穂, 安達 禎之, 石井 雅樹, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
アスペルギルス細胞壁α-1,3-グルカンの調製と生物活性
中岡 真里,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  
N型糖鎖変異酵母のサイトカイン産生誘導活性に関する研究
神取 佳子, 安達 禎之, 丸石 成海, 岩崎 美緒, 石橋 健
 
抗β-グルカン抗体のβ-グルカンの生物活性に対する影響
杉本 愛子,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
 
薬用茸Agaricus brasiliensis由来β-glucanのdectin-1を介した自然免疫活性化作用
Agaricus brasiliensis-derived β-glucans exert immunoenhancing effects via a dectin-1-dependent pathway
山中 大輔, 多田 塁, 安達 禎之, 元井 益郎, 石橋 健一, 三浦 典子, 岩倉 洋一郎, 大野 尚仁
 
Agaricus brasiliensis子実体由来可溶性高分子多糖画分の精製
Further purification and characterization of high-molecular-weight soluble polysaccharide from fruiting body of Agaricus brasiliensis
小岩井 厚志, 山中 大輔, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 元井 益郎, 大野 尚仁
 

GM-CSFのCAWS血管炎に与える影響についての解析
内田 悠, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
血管炎誘発物質CAWS投与によるマウス脾臓細胞からのIL-6,IL-17A産生変化
飯山 智史, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
cyclophosphamideを用いたCAWS血管炎誘発への白血球の関与の影響
新井 友紀, 太原 舞衣, 三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
補体C5欠損マウスDBA/2を用いたCAWSの静脈内投与による血管炎惹起の解析
三浦 典子, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
Candidaβグルカンによるマウス好中球の活性化と自然免疫受容体の影響
日下 悠介, 安達 禎之, 矢吹 千香, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
クマザサエキスによるdectin-2を介した自然免疫応答の調節について
佐藤 亘, 石橋 健一, 坪井 正道, 金森 政人, 赤地 奈津子, 三浦 典子, 安達 禎之, 竹下 一夫, 大野 尚仁
 
GMK-2 cell lineを用いたScopadulciolの細胞死誘導作用の解析
Induction of cell death by Scopadulcion in GMK-2 cell line
森本 紀子, 林 京子, 安達 禎之, 三浦 典子, 石橋 健一, 林 利光, 大野 尚仁

講演会発表記録, その他

第6回多糖の未来フォーラム

2012 年11 月 於 横浜市
免疫賦活性真菌多糖βグルカンの構造と免疫認識機構
安達 禎之

三多摩腎疾患治療医会

2012 年11 月 於 東京都
透析患者におけるβ-グルカン抗原に対する抗体価及び反応性~深在真菌感染症における診断の有用
性~
石橋 健一,吉田 雅治,吉川 憲子,富安 朋宏,須藤 泰代,小島 糾,廣瀬 剛,杉崎 健太郎,大野 尚仁

- 平成23年度(2011)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成22年度(2010)研究室の実績はこちら

原著

1)
Vasculitis and anaphylactoid shock in mice induced by the polysaccharide fraction secreted into culture supernatants by the fungus Candida metapsilosis
Microbiol. Immunol. , 55, 357–365(2011)

Rui Tada, Yusuke Takano, Hisashi Murakami, Ken-ichi Ishibashi, Noriko Nagi-Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
  
2)
Partial Purification and Characterization of Polyphenoloxidase from Culinary-Medicinal Royal Sun Mushroom (the Himematsutake), Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. (Agaricomycetideae)
Int. J. Med. Mushrooms, 13, 73-82(2011)
Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi, and Naohito Ohno
*¹Toei Pharmaceutical Co. Ltd.
  
3)
The route of immunization with adenoviral vaccine influences the recruitment of cytotoxic T lymphocytes in the lung that provide potent protection from influenza A virus
Antiviral Research, 91, 252–258(2011)
Tatsuya Suda , Masaaki Kawano, Yasuhisa Nogi, Naohito Ohno, Toshitaka Akatsuka, and Masanori Matsui
*¹Saitama Medical University
  
4)
The effect of orally administered glycogen on anti-tumor activity and natural killer cell activity in mice
Int. Immunopharmacol. , 12, 80–87(2011)
Ryo Kakutan*1, Yoshiyuki Adachi, Hideki Kajiura*1*2, Hiroki Takata*1, Takashi Kuriki*1, and Naohito Ohno
*1Institute of Health Sciences, Ezaki Glico Co., Ltd.,*2Food Material Department, Glico Foods Co., Ltd.
    
5)
Kjellmaniella crassifolia Miyabe (Gagome) Extract Modulates Intestinal and Systemic Immune Responses
Biosci. Biotechnol. Biochem. , 75, 2178-2183(2011)
Huimin Yan*1, Shigeru Kakuta*2, Masao Nishihara*3, Masahito Sugi*3, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Yoichiro Iwakura*2, and Noriko M. Tsuji*1
*1 Biomedical Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST )  *2 The University of Tokyo  *3 Nissei Bio Co., Ltd. 
 
6)
Mizoribine provides effective treatment of sequential histological change of arteritis and reduction of inflammatory cytokines and chemokines in an animal model of Kawasaki disease
Pediatr Rheumatol Online J., 9, 30 (2011)
Kei Takahashi*1, Toshiaki Oharaseki*1, Tomokazu Nagao2, Yuki Yokouchi*1, Hitomi Yamada*1, Noriko N. Miura, Naohito Ohno, Tsutomu Saji3, Tomio Okazaki4 and Kazuo Suzuki2
*1Toho University Ohashi Medical Center 2Chiba University Graduate School of Medicine 3Toho University Omori Medical Center 4 Kure Kyosai Hospital
   
7)
Essential role of Toll-like receptor 2 in macrophage activation by glycogen
Glycobiology, 22, 146-159(2011)
Ryo Kakutani*1, Yoshiyuki Adachi, Hiroki Takata*1, Takashi Kuriki*1 , and Naohito Ohno
*1Institute of Health Sciences, Ezaki Glico Co.
  
8)
Structural insights into recognition of triple-helical beta-glucans by an insect fungal receptor
J Biol Chem. , 286, :29158-29165(2011)
Mayumi Kanagawa,  Tadashi Satoh,  Akemi Ikeda,  Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno and Yoshiki Yamaguchi
 
9)
Characterization of blood beta-1,3-glucan and anti-beta-glucan antibody in hemodialysis patients using culinary-medicinal Royal Sun Agaricus, Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. (Agaricomycetideae)
Int J Med Mushrooms. 2011;13(2):101-7.
Ishibashi K, Yoshida M, Nakabayashi I, Yoshikawa N, Miura NN, Adachi Y, Ohno N.
 
10)
Synthesis of rabdokunmin C analogues and their inhibitory effect on NF-κB activation
Bioorg Med Chem. ,19, 2450-7(2011)
Yutaka Aoyagi, Yoshiyuki Adachi, Kei Ozawa, Chihiro Yokomizo, Ming-Yu Gui*¹, Yong-Ri Jin*¹, Xu-Wen Li*¹, Naohito Ohno, and Koichi Takeya
*¹ JiLin University

総説

1)
Detrimental Effects of β(1-3),(1-6)-D-Glucans

Biology and Chemistry of Beta Glucan, 01, 68-81,,2011
Naohito Ohno

著書

1)
食品免疫・アレルギーの事典 イソフラボン
朝倉書店,2011,pp.376-382
大野尚仁,他126名 

学会発表記録

国際学会

15th International Vasculitis & ANCA Workshop

2011 年5 月 於 North Carolina, USA
Anti-TNF-α therapy for murine systemic vasculitis induced by Candida albicans water-soluble fraction:an animal model of KD
Toshiaki Oharaseki,Yuki Yokouchi, Kiyomi Sadamoto,Naohito Ohno,Tsutomu Saji,Kazuo Suzuki, and Kei Takahashi

9th Carbohydrate Bioengineering Meeting

2011 年5 月 於 Lisboa, Portugal
Enzymatically synthesized glycogen: a new oral adjuvant for immune system
Ryo Kakutani, Yoshiyuki Adachi, Hideki Kajiura, Hiroki Takata, Naohito Ohno, Takashi Kuriki

The 79th Japanese Society of Interferon and Cytokine Research
The 19th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages 2011

2011 年5 月 於 osaka, Japan
Macrophages activation with Saccharomyces cerevisiae mutant bearing human compatible glycoproteins
Narumi Maruishi, Yoshiyuki Adachi, Tetsuo Saito, Maria Iwai, Hiroko Abe, Ken-ichi Nakayama, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Shinobu Saijo, Yoichiro Iwakura, and Naohito Ohno

IUMS(International Union of Microbiological Societies)2011

2011 年9 月 於 札幌
Growth and biochemical properties of aspergillus fumigatus cultured in β-Glcan added medium
Takashi Toyoshima, Ken-Ichi Ishibashi, Noriko N Miura, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
 
Involvement of GM-CSF in acute lethal shock induced by Candida albicans water-soluble fraction
 (CAWS) in mice
Noriko Nagi-Miura1,  Hisashi Murakami, Haruo Hanawa, Yoshifusa Aizawa, Yoshiyuki Adachi, Kazuo Suzuki, and Naohito Ohno
 
Augmentation of cytokine synthesis of splenocytes stimulated with soluble β-Glucan in vitro by inhibiting actin polymerization
Naohito Ohno, Asami Shibata, Toshie H Hida, Ken-Ichi Ishibashi, Noriko N Miura, and Yoshiyuki Adachi
 
Macrophage activation by a yeast bearing human compatible glycoproteins
Yoshiyuki Adachi1, Narumi Maruishi, Tetsuo Saito, Maria Iwai, Hiroko Abe, Ken-Ichi Nakayama,Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Shinobu Saijo, Yoichiro Iwakura, and Naohito Ohno
 
Characterization of the partially purified polyphenoloxidase from Agaricus brasiliensis
Akiko Matsumoto-Akanuma1, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, and Naohito Ohno

The 10th International Kawasaki Disease Symposium

2012 年2 月 於 京都府
Interleukin-10 inhibit CAWS-vasculitis induced by extracellular mannoprotein-β-glucan complex of Candida albicans
Noriko Nagi-Miura, Yusuke Takano, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Haruo Hanawa, Yoshihusa Aizawa, Kazuo
 
Possible Involvement of Natural Immune Systems in the Pathogenesis of Kawasaki Disease
Akihiro Nakamura, Mitsuhiko Okigaki, Fuyuki Kametani, Noriko Miura, Naohito Ohno, and Kenji Hamaoka

Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop 2012

2012 年3 月 於 京都府 
The effect of Interleukin-10 to CAWS-vasculitis induced by extracellular mannoprotein-β-glucan complex of Candida albicans
Noriko Nagi-Miura, Yusuke Takano, Ryo Okuda, Yuki Arai, Yuina Ishimoto, Satoshi Iiyama, Haruka Uchida, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Haruo Hanawa, Yoshihusa Aizawa, Kazuo Suzuki, and Naohito Ohno
 
Characterization of systemic response of mice to Candida mannoprotein CAWS assessed by gene expression in liver
Ohmura Takashi, Miura N. Noriko, Ishibashi Ken-ichi, Adachi Yoshiyuki, Suzuki Kazuo, and Ohno Naohito
 
Severe vasculitis induced by Candida albicans water-soluble fraction, CAWS, in complement C5-deficient mice
Yuina Ishimoto, Haruka Isaka, Noriko Nagi-Miura, Ryo Okuda, Yuki Arai, Satoshi Iiyama, Haruka Uchida, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, and Naohito Ohno

国内学会

日本ケミカルバイオロジー学会第六回年会

2011 年5 月 於 東京
βグルカン関連糖鎖の合成とその機能評価
河合 徹也,田中 浩士,安達 禎之,花島 慎弥,山口 芳樹,大野 尚仁,高橋 孝志

第32回炎症・再生医学会

2011 年6 月 於 京都
Am80によるC. albicans water soluble fraction誘導血管炎 の抑制効果の検討
宮部 千恵, 宮部 斉重, 三浦 典子, 高橋 啓, 寺島 裕也, 大野 尚仁, 鈴木 淳一, 松島 綱治, 宮坂 信之, 南木 敏宏

第43回日本医学教育学会大会

2011 年7 月 於 広島
薬学部5年次の実務実習を補完する小人数教育プログラム
大野 尚仁,成井 浩二、小谷 明,長谷川 弘,西山 貴仁,内手 昇,川口 崇,青柳 裕,三浦 典子,下枝 貞彦,柳田 顕郎,佐藤 弘人,横須賀 章人,加藤 哲太,杉浦 宗敏,平野 俊彦,渋澤 庸一,平野 和也
 
医療連携を志向した合同ワークショップ開催報告
大野 尚仁,平塚 明,笹津 備規,古田 隆,平野 俊彦,新槇 幸彦,青柳 裕,森川 勉,岡田 みどり,戸部 敞,中村 明弘,入江 徹美,戸田 潤,阿部 芳廣,小佐野 博史,大滝 純司,中島 宏昭

第23 回 微生物シンポジウム

2011 年9 月 於 千葉
Candida albicans 由来の菌体外多糖画分CAWS 投与によるマウス血管炎モデルの早期炎症応答における系統差
大村 崇,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁

日本菌学会第55回大会

2011 年9 月 於 札幌
Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase (PPO)類のクローニングとタンパク質発現
松本 明子, 赤沼 哲史, 元井 益郎, 大野 尚仁

第31回日本川崎病学会・学術集会

2011 年9 月 於 横浜
カンジダ誘発川崎病様血管炎におけるIgM型自己抗体に関する免疫生化学的研究
中村 明宏,垣 光彦,亀谷 冨由樹,三浦 典子,濵岡 建城

第94回日本細菌学会関東支部総会

2011 年10 月 於 東京
自然免疫系βグルカン認識タンパクの結合活性における構造特異性
石井 雅樹,安達 禎之,金川 真由美,石橋 健一,三浦 典子,山口 芳樹,大野 尚仁

第55 回 日本薬学会関東支部大会

2011 年10 月 於 東京
CAWS応答性におけるIL-6の関与の解析
奥田 遼, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
Candida utilis細胞壁ベータグルカンの調整と性状の解析
柳井 千穂,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,杉 正人,大野 尚仁
 
笹抽出物によるマウス脾細胞からのIFNの産生抑制作用
吉田 美亜,金森 政人,坪井 正道,三浦 典子,安達 禎之,竹下 一夫,大野 尚仁

第71回 岡崎コンファレンス

2011 年10 月 於 愛知
A novel binding mode of beta-GRP/GNBP3 N-terminal domain with laminarihexaose – structural insight into recognition of triple-helical beta-glucan
Mayumi Kanagawa, Tadashi Satoh, Akemi Ikeda, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, and Yoshiki Yamaguchi 

第9回セルフメディケーション学会

2011 年10 月 於 東京
ベニクスノキタケ(Antrodia camphorate)グルカンの調製と生物活性
小林 千紘, 石橋 健一, 杉 正人, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第55 回 日本医真菌学会学術総会

2011 年10 月 於 東京
Candida albicans 可溶性多糖画分CAWS 投与マウス肝臓における遺伝子発現の網羅的解析
大野 尚仁,大村 崇,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之
 
無脊椎動物β-グルカン認識タンパク質の結合活性におけるグルカン構造特異性の解析
安達 禎之,三浦 典子,石橋 健一,大野 尚仁
 
補体C5 欠損マウスを用いたCAWS 血管炎の検討
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
ヒト白血球におけるβ-グルカン応答性因子の検討
石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

第17 回MPO 研究会

2011 年10 月 於 熊本
補体C5 欠損マウスを用いたCAWS 血管炎発症の比較
三浦 典子,伊坂 春香,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
 
川崎病類似マウス血管炎モデルを用いたヒトmonovalent-hScFv1 の病理組織学的評価
高橋 啓,大原関 利章,横内 幸,山田 仁美,直江 史郎,亀岡 洋祐,大野 尚仁,鈴木 和男
 
ミエロペルオキシダーゼ欠損マウスのカンジダ死菌による肺炎の重篤化
荒谷 康昭,本目 みずき,三浦 典子,大野 尚仁

第40回日本免疫学会

2011 年11 月 於 千葉
Candida albicans可溶性多糖画分CAWSによる肝遺伝子発現変化
大野 尚仁, 大村 崇, 三浦 典子,石橋 健一, 安達 禎之, 鈴木 和男
 
無脊椎動物の自然免疫系糖鎖認識タンパクはβグルカンの微細構造変化を識別する 
安達 禎之, 石橋 健一, 三浦 典子, 大野 尚仁
 
Preparation and immunopharmacological activity of Antrodia cinnamomea glucan
石橋 健一, 杉 正人, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁

第34回日本分子生物学会年会

2011 年12 月 於 神奈川
Binding specificity of beta-glucan recognition proteins to triple- helical beta-glucans
Yoshiyuki Adachi, Masaki Ishii, Ken-ichi Ishibashi, Noriko Miura, Mayumi Kanagawa, Yoshiki Yamaguchi, Akihiro Miyanoshita, Taro Imamura, and Naohito Ohno
 
Trial experiments of human C-type lectins binding to pathogenic fungi
Mariko Tamura,Yoshiyuki Adachi,Ken-ichi Ishibashi,Noriko Miura,and Naohito Ohno

真菌症フォーラム 第13回学術集会

2012 年2 月 於 東京
Aspergillus属真菌のβ-グルカン添加培養での細胞壁構造変化と薬剤感受性
石橋 健一,豊嶋 隆志,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

第85回 日本細菌学会

2012 年3 月 於 長崎
Candida beta-glucan–induced dermal allergic reaction is mediated by dectin-1 pathway
Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko Miura, and Naohito Ohno
 
Binding specificity of recombinant beta-1,3-glucan recognition proteins from insect larvae
Masaki Ishii, Yoshiyuki Adachi, Ken-ichi Ishibashi, Noriko Miura, and Naohito Ohno

日本薬学会 第132 年会

2012 年3 月 於 札幌
カンジタ感染患者における抗β-グルカン抗体価
石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,Daniel Poulain, 大野 尚仁
 
薬用茸アガリクスがヒト血中抗β-グルカン抗体価に与える影響
山中 大輔,元井 益郎,石橋 健一,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

講演会発表記録, その他

第6回核酸・核タンパク機能性研究会 学術集会

2011 年8 月 於 北海道
大会会長として出席
大野尚仁

β-1,3グルカンとdectin-1の化学生物医学の基礎と応用に関する研究会

2011 年10 月 於 北九州
β-グルカンの免疫認識における多様性
安達禎之

情報文化学会 第8回 関東支部研究会

2011 年10 月 於 東京
多職種連携を志向した合同ワークショップ
大野 尚仁

東京医科大学・東京薬科大学・免疫アレルギー研究会

2011 年11 月 於 東京
ヒト抗・βグルカン抗体価及び反応特異性の比較
石橋 健一,吉田 雅治,佐々木 まりこ,元井 益郎,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁

- 平成22年度(2010)研究室の業績 -

原著・総説および著書
             平成22年度(2010)研究室の実績はこちら

原著

1)
Anti-fungal Cell Wall Beta-glucan Antibody in Animal Sera
Jpn. J. Med. Mycol., 51, 99− 107( 2010)
Ken-ichi Ishibashi, Chikaku Dogasaki*¹, Masuro Motoi*², Noriko Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno
*¹ Azabu University, *²Sunprize co.,ltd
  
2)
Cell wall α1-3glucans induce the aggregation of germinating conidia ofAspergillus fumigates
Fungal Genetics and Biology, 47,707-712 (2010)
Thierry Fontaine*¹, Anne Beauvais*¹, Celine Loussert*¹, Benoit Thevenard*¹, Claus. C. Fulgsang*², Naohito Ohno, Cecile Clavaud*¹, Marie-Christine Prevost*¹, Jean-Paul Latge*¹
*¹ Institut Pasteur, France,   *² Novozymes, Denmark
  
3)
Granulocyte macrophage colony–stimulating factor is required for cytokine induction by a highly 6-branched 1,3-β-d-glucan from Aureobasidium pullulans in mouse-derived splenocytes
Jpn. J. Med. Mycol., 51, 99− 107( 2010)
Rui Tada, Masashi Yoshikawa, Takao Kuge, Asuka Tanioka, Ken-ichi Ishibashi, Yoshiyuki Adachi, Kazufumi Tsubaki and Naohito Ohno
*¹ ADEKA Corp.
   
4)
Dectin-2 Recognition of α-Mannans and Induction of Th17 Cell Differentiation Is Essential for Host Defense against Candida albicans
Immunity, 32, 681-691(2010)
Shinobu Saijo*¹, Satoshi Ikeda*¹, Keiko Yamabe*¹, Shigeru Kakuta*¹, Harumichi Ishigame*¹, Aoi Akitsu*¹, Noriyuki Fujikado*¹, Toshimasa Kusaka*¹, Sachiko Kubo*¹, Soo-hyun Chung*¹, Ryohei Komatsu*¹, Noriko Miura, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Kazutoshi Shibuya*², Natsuo Yamamoto*³, Kazuyoshi Kawakami*⁴, Sho Yamasaki*⁵*⁸, Takashi Saito*⁵*⁶, Shizuo Akira*⁶ and Yoichiro Iwakura*¹*⁷
University of Tokyo, Toho University, Tohoku University Graduate School of Medicine,*⁴Tohoku University, *⁵RIKEN Research Center for Allergy and Immunology (RCAI),*⁶Osaka University, *⁷Core Research for Evolutional Science and Technology (CREST), Japan Science and Technology Agency, *⁸Kyushu University
    
5)
Induction of IFN-γ by a highly branched 1,3-β-D-glucan from Aureobasidium pullulans in mouse-derived splenocytes via dectin-1-independent pathways
Biochemical and Biophysical Research Communications , 51, 99− 107( 2011)
Rui Tada, Masashi Yoshikawa, Futoshi Ikeda, Yoshiyuki Adachi, Yuya Kato, Takao Kuge, Asuka Tanioka, Ken-ichi Ishibashi, Kazufumi Tsubaki, Naohito Ohno
*¹ ADEKA Corp.
  
6)
The influence of β-glucan on the growth and cell wall architecture of Aspergillus spp
Microbiology and Immunology, 54(11), 666-72(2010)
Ken-ichi Ishibashi, Yuichiro Kurone, Masuro Motoi, Noriko N. Miura, Yoshiuki Adachi, Yoshiharu Shirasu, Naohito Ohno
*¹Research and Development Division, Kirin Food-Tech
   
7)
β(1,3) Branched heptadeca- and linear hexadeca-saccharides possessing an aminoalkyl group as a strong ligand to dectin-1
Chem. Commun., 46(43), 8249-51
Hiroshi Tanaka, Tetsuya Kawai, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno,  Takashi Takahashi
*¹Department of Applied Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
  
8)
Enhanced Cytokine Secretion from Primary Macrophages due to Dectin-1 Mediated Uptake of CpG DNA/β-1,3-Glucan Complex
Bioconjugate Chem., 22(1), 9-15(2011)
Jusaku Minari, Shinichi Mochizuki, Tsubasa Matsuzaki, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Kazuo Sakurai*¹*²
*¹Department of Chemistry and Biochemistry, The University of Kitakyushu,*²Core Research for Evolutional Science and Technology (CREST), Japan Science and Technology Agency
  
9)
Administration of human immunoglobulin suppresses development of murine systemic vasculitis induced with Candida albicans water-soluble fraction: an animal model of Kawasaki disease
Modern Rheumatology, 20(2), 160-7(2010)
Kei Takahashi , Toshiaki Oharaseki, Yuki Yokouchi, Noriko N. Miura, Naohito Ohno,  Akiko I. Okawara, Hisao Murata, Shiro Naoe, Kazuo Suzuki*³*4
*¹ Toho University Ohashi Medical Center, *²National Institute of Infectious Diseases, *³National Institute of Infectious Diseases, *4Chiba University
 
10)
Partial purification and characterization of polyphenoloxidase from Agaricus brasiliensis
International Journal of Medicinal Mushroom, 13, 73-82(2011)
Akiko Matsumoto-Akanuma, Satoshi Akanuma, Masuro Motoi, Akihiko Yamagishi, Naohito Ohno
*¹Toei Pharmaceutical Co. Ltd.
 
11)
マウス脾細胞におけるbeta-glucan応答性遺伝子の網羅的解析
日本医真菌学会雑誌, 51-4, 199-206 (2010)
飛田 敏江, 川南 裕美, 石橋 健一, 三浦 典子, 安達 禎之, 大野 尚仁
 
12)
Activation of myeloid dendritic cells by deoxynucleic acids from Cordyceps sinensis via a Toll-like receptor 9-dependent pathway
Cell Immunol. , 263, 241-50(2010)
Gang Xiao, Akiko Miyazato, Yuzuru Abe, Tiantuo Zhang, Kiwamu Nakamura, Ken Inden, Misuzu Tanaka, Daiki Tanno, Tomomitsu Miyasaka, Keiko Ishii, Kiyoshi Takeda*3, Shizuo Akira*3, Shinobu Saijo*4, Yoichiro Iwakura*4, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Natsuo Yamamoto, Hiroyuki Kunishima, Yoichi Hirakata, Mitsuo Kaku, and Kazuyoshi Kawakami
*¹ Tohoku University Graduate School of Medicine, *²The 3rd Affiliated Hospital of Sun Yat-sen University,*3Osaka University*4University of Tokyo

総説

1)
カンジダβ -グルカンに対するdectin による反応とマクロファージの活性化
臨床免疫・アレルギー科,55,14-21(2011)
安達 禎之

プロシーディング(学会講演論文)

1)
Comparison of anti-beta-glucan antibody titer in human volunteer and patients
International Conference on Early Disease Detection and Prevention EDDP,27-32
ISBN 987-88-7587-579-4
lshibashi K, Yoshida M, Sasaki Mt, Motoi M, Miura N N, Adachl Y, Ohno N
*¹Hachiouji Medical Center of Tokyo Medical University
 
2)
A Murine Model of Coronary Arteritis Induced by Fungal PAMPs, CAWS, for Drug Development
International Conference on Early Disease Detection and Prevention EDDP,33-36
ISBN 987-88-7587-579-4
Ohno N, Miura NN, lshibashi K, Hida TH, Adachl Y, Hirata N
 
3)
PAMPs に対するヒト末梢血単核球応答性の個人差の検討
エンドキシン研究, 13, 57-60(2010)
古見 嘉之, 石橋 健一, 安達 禎之, 大野 尚仁

著書

立川 英一,田村 和広,高木 教夫,大野 尚仁,吉江 幹浩,田野中浩一,別生伸太郎,野口 雅久,宮岡 宏明 編著
  最新 薬の効き方.愛智出版,2010,522 pp.
 
大野 尚仁,安達 禎之,三浦 典子,石橋 健一
  免疫学概説.宿前利朗,大野尚仁編.第3 版,廣川書店,2010,250 pp.
 
大野 尚仁
  “β グルカンの構造と免疫賦活機構の解析.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010, pp. 3-12
 
安達 禎之
  “β グルカンの結合タンパク質.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 13-23
 
石橋 健一
  “抗β グルカン抗体について.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 33-40
 
飛田 敏江
  “βグルカンの免疫賦活活性.” βグルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 24-32
 
山中 大輔,元井 益郎
  “アガリクス.” β グルカンの基礎と応用―感染,抗がん,ならびに機能性食品へのβグルカンの関与―.大野尚仁監.シーエムシー出版,2010,pp. 239-248
 
Naohito Ohno
  “Detrimental Effects of β-Glucans.” β Glucans-Mechanisms of Action. Biology and Chemistry of β Glucan. V. Vetvicka ed. Bentham Science Publishers, 2011, pp. 68-81

学会発表記録

国際学会

IMC9: The Biology of Fungi

2010 年8 月 於 Edinburgh, UK
Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Recognition of Candida cell wall polysaccharides by dectin molecules on macrophages and the role for immune response
 
D. Yamanaka, K. Ishibashi, M. Motoi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Effect of Agaricus brasiliensis on toll-like receptor dependent cytokine production of splenocytes in mice

25th International Carbohydrate Symposium; ICS2010

2010 年8 月 於 Chiba, Japan
M. Kanagawa, A. Ikeda, T. Satoh, Y. Adachi, N. Ohno, and Y. Yamaguchi
  Crystalstructure of β-GRP/GNBP3N-terminaldomainincomplex with laminarihexaose-implication for the recognition of triple-helical β-glucan

14th International Congress of Immunology

2010 年8 月 於 Kobe, Japan
S. Yokochi, K. Kobayashi, K. Ishibashi, M. Sugi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Preparation and immunopharmacological acivity of Phellinus linteus mycelial glucan
 
T. Harada-Hida, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Gene expression of splenocytes induced by β -glucan SCG in DBA/2 mice
 
N. Nagi-Miura, Y. Adachi, K. Ishibashi, H. Hanawa, Y. Aizawa, K. Suzuki, and N. Ohno
  Interleukin-10 is a negative regulatory factor of vasculitis induced by fungal PAMPs, CAWS
 
D. Yamanaka, K. Ishibasi, M. Motoi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Regulation of interferon-γ production of splenocytes by Agaricus brasiliensis in vitro
 
H. Murakami, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, K. Ishibashi, H. Hanawa, Y. Aizawa, K. Suzuki, and N. Ohno
  GM-CSF is a key molecule for the regulation of cytokine synthesisin splenocytes culture in vitro in response to fungal PAMPs, CAWS
 
T. Saito, D. Sakuraba, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, H. Tamura, and N. Ohno
  The role of human dectin-2 in innate response to Candida albicans
 
S. Ueno, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, and N. Ohno
  Anti-β -glucan antibodies bind to pathogenic fungal cell wall β -glucan and modulate biological activity of it

国内学会

第79 回 日本寄生虫学会総会

2010 年5 月 於 北海道
渡辺 直煕, 安達 禎之,西城  忍,岩倉洋一郎,古田 隆久
  マスト細胞の Dectin-1 を介したマラリア原虫の感染防御機構

日本食品免疫学会 第6 回学術大会

2010 年6 月 於 東京
角谷  亮,安達 禎之,梶浦 英樹,高田 洋樹,栗木  隆,大野 尚仁
  酵素合成グリコーゲンの免疫賦活効果とその機能発現メカニズムの検討

第10 回 日本蛋白質科学会年会

2010 年6 月 於 札幌
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)リコンビナント蛋白質の活性発現への工夫

第21 回 生体防御学会学術総会

2010 年7 月 於 仙台
飛田 敏江,柴田亜咲美,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  6 分岐1,3-β-グルカンによるDBA/2 マウス脾細胞からのサイトカイン産生誘導に関する研究
 
安達 禎之
  真菌細胞壁多糖の生体防御因子結合性と自然免疫活性化作用の解析

第10 回 日本臨床中医薬学会学術大会

2010 年9 月 於 富山
飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  クマ笹エキス成分のマウス脾細胞のサイトカイン産生に及ぼす影響

第10 回 あわじしま感染症フォーラム

2010 年9 月 於 兵庫
S. Saijo, S. Ikeda, N. Nagi-Miura, Y. Adachi, N. Ohno, and Y. Iwakura
  The roles of C-type lectins in the host defense against fungal infection

日本応用糖質科学会 平成22 年度大会

2010 年9 月 於 静岡
角谷  亮,安達 禎之,梶浦 英樹,高田 洋樹,大野 尚仁,栗木  隆
  経口投与によるグリコーゲンの免疫賦活効果とその効果発現メカニズムの解析

第54 回 日本薬学会関東支部大会

2010 年10 月 於 東京
斎藤 哲生,安達 禎之,桜庭 大樹,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  Candida マンナンの認識におけるヒトdectin-2 の役割に関する検討
 
安達 禎之,池田  太,多田  塁,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  Candida albicans 菌体に対するdectin-1-/- マクロファージの免疫応答
 
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)類の研究
 
三浦 典子,太原 舞衣,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  白血球減少症マウスにおけるCandida 由来PAMPs に対する応答性の検討
 
村上  央,三浦 典子,安達 禎之,石橋 健一,塙  晴雄,相澤 義房,鈴木 和男,大野 尚仁
  CAWS に対するGM-CSF 遺伝子導入マウスの応答性
 
大野 尚仁,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,平田 尚人
  真菌由来の血管炎惹起物質CAWS 糖鎖のプロファイリング
 
柴田亜咲実,飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  cytochalasin D による真菌由来β -glucan SCG の細胞応答性の検討
 
山中 大輔,田宮 優美,石橋 健一,元井 益郎,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  薬用茸Agaricus brasiliensis によるCytokine 産生へのToll 様受容体の関与

第54 回 日本医真菌学会総会

2010 年10 月 於 東京
安達 禎之,三浦 典子,石橋 健一,大野 尚仁
  免疫疾患に関わる真菌多糖と自然免疫受容体
 
三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  シクロフォスファミド投与白血球減少症モデルマウスにおけるCandida 由来PAMPs への応答性の検討
 
山中 大輔,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  真菌症患者血清における抗β -グルカン抗体のβ -1,3/β -1,6 構造に対する反応性の比較

第33 回 日本分子生物学会年会・第83 回 日本生化学会大会 合同大会

2010 年12 月 於 神戸
M. Ishii, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, A. Miyanoshita, T. Imamura, H. Tamura, and N. Ohno
  Innate immune receptors from invertebrate distinguish fine structural difference of β-glucans
 
H. Nagaura, E. Inoue, C. Yabuki, Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Deteriorating effect of Candida β -glucan on the IgE-mediated dermal allergic reaction
 
Y. Adachi, K. Ishibashi, N. Nagi-Miura, and N. Ohno
  Dectin-1 and dectin-2 cooperate to recognize yeast form of Candida albicans in human monocytes
 
松本 明子,赤沼 哲史,元井 益郎,山岸 明彦,大野 尚仁
  Agaricus brasiliensis 由来Polyphenoloxidase(PPO)類の活性発現の検討

第14 回 日本ワクチン学会学術集会

2010 年12 月 於 東京
須田 達也,高山 俊輔,種市麻衣子,大野 尚仁,赤塚 俊隆,内田 哲也,松井 正則
  エボラウイルス由来HLA-A0201*, 拘束性CTL エピトープの同定と,そのペプチドを結合したリポソームによる細胞傷害性T 細胞の誘導

MPO 研究会

2011 年1 月 於 仙台
村上  央,三浦 典子,安達 禎之,石橋 健一,塙  晴雄,相澤 義房,鈴木 和男,大野 尚仁
  GM-CSF 遺伝子導入マウスのCAWS 急性致死毒性
 
亀岡 洋祐,小浦美奈子,内田 敬子,竹内喜久子,松田潤一郎,長尾 朋和,宇野賀津子,大野 尚仁,鈴木 和男
  ヒトmonovalent-hScFv の評価検討
 
高橋  啓,大原関利章,長尾 朋和,富澤 一夫,横内  幸,山田 仁美,大野 尚仁,佐地  勉,岡崎 富男,鈴木 和男
  川崎病類似マウス血管炎モデルにおけるMizoribin の有効性

日本農芸化学会 2011 年度大会

2011 年3 月 於 京都
角谷  亮,安達 禎之,高田 洋樹,栗木  隆,大野 尚仁
  酵素合成グリコーゲンの細胞刺激性への自然免疫受容体の検討

日本薬学会 第131 年会

2011 年3 月 於 静岡
田宮 優美,山中 大輔,石橋 健一,安達 禎之,三浦 典子,大野 尚仁
  リグニン様合成ポリフェノール重合体の免疫調節作用に関する検討
 
山中 大輔,田宮 優美,石橋 健一,元井 益郎,三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  薬用茸Agaricus brasiliensis 冷水抽出画分による樹状細胞活性化作用の検討
 
豊嶋 隆志,石橋 健一,安達 禎之,三浦 典子,大野 尚仁
  β -グルカン添加培養におけるAspergillus fumigatus の増殖及び抗真菌薬感受性への影響
 
柴田亜咲実,飛田 敏江,石橋 健一, 三浦 典子,安達 禎之,大野 尚仁
  可溶性β-glucan,SCG による脾臓細胞からのサイトカイン産生機構に対する阻害剤を用いた解析
 
太原 舞衣,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  マウス白血球減少症モデルのCandida 由来PAMPs に対する応答性
 
伊坂 春香,村上 央,三浦 典子,石橋 健一,安達 禎之,大野 尚仁
  CAWS 血管炎と補体成分の関連性の検討
 
大村  崇,大野 尚仁,安達 禎之,石橋 健一, 三浦 典子,村上  央
  CAWS 投与早期における肝臓の遺伝子発現のマウス系統差による比較

講演会等発表記録

自然免疫とその周辺

2010 年6 月 於 東京
大野 尚仁
  真菌由来のPAMPs による自然免疫の修飾

第23 回 理研ケミカルバイオロジー領域勉強会

2010 年7 月 於 埼玉
安達 禎之
  真菌PAMPs β -グルカンの構造多様性と自然免疫活性化作用

第84 回 東京医科大学・東京薬科大学・免疫アレルギー研究会

2010 年11 月 於 東京
井上 恵里,長浦 宏之,丸石 成海,安達 禎之,石橋 健一, 三浦 典子,大野 尚仁
  病原性真菌βグルカンのアジュバント活性に関する検討

Glyco TOKYO 2010

2010 年11 月 於 東京
金川真由美,池田 明美,佐藤 匡史,安達 禎之,大野 尚仁,山口 芳樹
  β -グルカン認識タンパク質β -GRP とモデル多糖の結晶構造解析
 
花島 慎弥,池田 明美,金川真由美,山口 芳樹,田中 浩士,河合 徹也,高橋 孝志,安達 禎之,大野 尚仁,加藤 晃一
  溶液NMR を用いたβ -(1,3)glucan の構造解析とDectin-1 との結合実験

インターラボセミナー「Kingdom を超えて~細菌・真菌・宿主を研究対象とする若手研究者交流~」

2010 年12 月 於 千葉
石井 雅樹,安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  無脊椎動物由来の真菌多糖認識タンパクの反応特異性
 
斎藤 哲生,安達 禎之,桜庭 大樹,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  ヒトdectin-2 の真菌反応性に関する検討
 
長浦 宏之,井上 恵里,矢吹 千香,安達 禎之,石橋 健一,三浦 典子,大野 尚仁
  Ⅰ型皮膚アレルギー反応における真菌β -グルカンの影響

第74 回 日本皮膚科学会東京支部学術大会

2011 年2 月 於 東京
大野 尚仁
  病原性真菌に対する生体防御機能