医薬品開発を志向した生物活性物質の探索と有機合成
- 平成20年度研究室の業績 -

原著・総説および著書

原著

Practical Synthesis of a Key Intermediate for Lactacystin from (R)-4-Hydroxymethyl-2-phenyl-4,5-dihydrooxazol-4-ylmethyl Acetate
Hiroaki Miyaoka, Makoto Yamanishi, Ayako Hoshino, Hidemichi Mitome, and Etsuko Kawashima
Chem. Pharm. Bull., 56, 738-741 (2008)

学会発表記録

国際学会

Joint Symposium of 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and 35th Symposium on Nucleic Acids Chemistry

2008 年9 月 於 Kyoto, Japan
Synthesis of oligonucleotide conjugated pyrrolepolyamide- and pyrrole-imidazole polyamide- 2′-deoxyguanosine hybrids as novel gene expression control compounds
  E.Kawashima, Y.Ohba, and ○K.Kamaike

国内学会

日本薬学会 第129年会

2009 年3 月 於 京都
海産ノルジテルペノイドchabrolol Cの合成研究
  ○太田 浩一朗,荻原 望,川島 悦子,宮岡 宏明
ロジウム触媒を用いた分子内[4+2]環化付加―retro Diels-Alderの連続反応―
  ○金原 淳,川島 悦子,宮岡 宏明
抗結核菌作用を有する核酸系抗生物質caprazamycinの合成研究
  ○和田 純平,荒川 航人,川島 悦子,宮岡 宏明
ピロール-イミダゾールポリアミドで修飾されたオリゴヌクレオチドの合成(2)
  ○釜池 和大,平塚 愛加,佐野 睦美,川島 悦子

第34回 反応と合成の進歩シンポジウム

2008 年11 月 於 京都
海産ポリケチドascospiroketal AおよびBの合成研究
  宮岡 宏明,○本多 達也,川島 悦子

第52回 香料・テルペン及び精油化学に関する討論会

2008 年10 月 於 群馬
海産ノルジテルペノイドXestenoneの合成研究
  ○太田 浩一朗,黒川 隆夫,川島 悦子,宮岡 宏明

第50回 天然有機化合物討論会

2008 年10 月 於 福岡
抗マラリア活性を有する海産ジテルペノイド7,20-diisocyanoadocianeの合成
  ○大久保 裕介,室井 麻紀子,見留 英路,宮岡 宏明