研究室の業績

2024年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

 

学会発表

国際学会

The 34th European Congress of Clinical Microbiology & Infectious Diseases (ECCMID) 
April, 2024  Spain 
Associations between types of skin and soft tissue infections and genotypes of MRSA isolated from these infections
Hiroshi Kaneko, Hana Kobayashi, Shogo Otake, Yuka Yanagi, Takumi Saito, Miki Kanai, Hidemasa Nakaminami

2023年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1)  The first case of necrotizing fasciitis caused by Panton–Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone in Japan 
  J. Dermatol. 50(4) e131-2  (2023) 
  Arakawa S, Uchikawa R, Miyagawa A, Kaneko H, Nakaminami H, Nishimoto S

2) The emerging threat of methicillin-resistant Staphylococcus aureus clone, ST22-PT, carrying both Panton-Valentine leukocidin and toxic shock syndrome toxin-1 genes 
 J. Antimicrob. Chemother. 78(4) 1023-7 (2023)
 Kaneko H, Yanagi Y, Otake S, Sato M, Saito T, Nakaminami H

3) Contribution of amino acid substitutions in ParE to quinolone resistance in Haemophilus haemolyticus revealed through a horizontal transfer assay using Haemophilus influenzae 
  J. Antimicrob. Chemother. 78(5) 1225-30  (2023)   
  Tanaka E, Wajima T, Nakaminami H, Uchiya K

4) Emergence of community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus ΨUSA300 among Japanese people with HIV, resulted from stepwise mutations in 2010s 
  Sci. Rep. 13(1) 8322 (2023)
  Shinohara K, Uehara Y, Teruya K, Sasaki T, Baba T, Nakaminami H, Kananizadeh P, Morimoto Y, Kikuchi Y, Oka S

5) Increased frequency of clindamycin-resistant Cutibacterium acnes strains isolated from Japanese patients with acne vulgaris due to the prevalence of exogenous resistance genes 
 J. Dermatol. 50(6) 793-9 (2023)
 Koyanagi S, Koizumi j, Nakase K, Hayashi N, Horiuchi Y, Watanabe K, Asai T, Yamazaki A, Nakazaki E, Nakaminami H

6) Simultaneous infection in a couple by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-susceptible Staphylococcus aureus related to the USA300 clone 
  J. Cutan. Immunol. Allergy 6(3) 110-2 (2023)
  Murakami T, Aozasa N, Suzuki Y, Togo T, Miyano K, Kaneko H, Nakaminami H, Tsunemi Y, Nakamura, K

7)  Severity and intractableness of skin infections caused by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus 
  J. Cutan. Immunol. Allergy 6(3) 94-7 (2023)
  Kawakami T, Yokoyama K, Ikeda T, Kaneko H, Watanabe Y, Nakaminami H

8)  Panton-Valentine leukocidin 産生 methicillin-resistant Staphylococcus aureusならびに borderline oxacillin-resistant Staphylococcus aureus による深在性皮膚感染症の2例 
  小児科臨床 76(3)  (2023) 
  可児 圭丞, 山田 剛, 楢林 敦, 阿久津 朱伽, 古澤 恭平, 案納 あつこ, 吉田 祐, 外山 陽子, 松尾 基視, 柴田 浩憲, 有安 大典, 新川 紗由香, 金子 寛, 中南 秀将, 土橋 隆俊

9) Emergence of Cutibacterium avidum having erm(X) on a mobile genetic element identical to Cutibacterium acnes 
  Microbiol. Resour. Ann. 12(7) e00178-23 (2023)
  Koizumi J, Nakase K, Nakaminami H

10)  Surveillance of antimicrobial prescriptions in community pharmacies located in Tokyo, Japan 
  Antibiotics 12(8) 1325 (2023)
  Hasegawa K, Mori T, Asakura T, Matsumura Y, Nakaminami H

11) Avidumicin, a novel cyclic bacteriocin, produced by Cutibacterium avidum shows anti-Cutibacterium acnes activity 
  J. Antibiot. 76 511-21 (2023)
  Koizumi J, Nakase K, Noguchi N, Nakaminami H

12) Unilateral lymphadenitis caused by community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus ST834 strain 
  Journal of Infection and Chemotherapy (2023)
  Eda H, Arakawa Y, Yoshida T, Ogasawara F, Kojima K, Nakaminami H, Yamagishi Y

13) Significant increase in the prevalence of Panton–Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus, particularly the USA300 variant ΨUSA300, in the Japanese community 
  Microbiol Spectr. 11(6), e01248-23 (2023)
  Kaneko H, Kanai M, Saito T, Yanagi Y, Kobayashi H, Kurihara R, Ikeda M, Nemoto O, Baba N, Matsuzaki Y, Sawamura D, Shimoe F, Inaba Y, Kobayashi Y, Kawasaki   S, Ueki T, Funatsu S, Shirahama S, Oba M, Hasegawa T, Furukawa H, Miyata T, Isonokami M, Fujita S, Nakaminami H

14) Editorial on the Research Topic: Microbial Interactions and Survival Mechanisms in Chronic Respiratory Infections 
  Truong-Bolduc QC, Liao CH, Nakaminami H, Strahilevitz J, Leanse LG
  Front. Microbiol. (2024)

15) Surveillance of antimicrobial awareness among patients visiting community pharmacies 
  Hasegawa K, Matsumura Y, Mori T, Asakura T, Nakaminami H
  J. Infect. Chemother. (2024)

16) Emergence of multidrug-resistant Pandoraea sputorum in Japan 
  Koizumi J, Nasu Y, Hirai Y, Nakaminami H
  Microbiol. Resour. Ann. (2024)
 

総説

1) 薬局薬剤師に期待される薬剤耐性(AMR)対策 ―薬剤耐性菌と抗菌薬の特徴を知り、市中の抗菌薬適正使用を推進する― 
 薬局薬学 15(1) 1-12 (2023)
 中南 秀将

2) 横浜市内の皮膚感染症患者を対象とした強毒型MRSAのサーベイランス 
 日本臨床皮膚科医会雑誌 40(3) 469 (2023)
 三上 万理子, 増田 智栄子, 高橋 泰英, 畑 康樹, 金子 寛, 中南 秀将

学会発表

国際学会

FEMS2023
July, 2023  Germany
An emerging MRSA clone, ST22-PT, positive for both Panton-Valentine leukocidin and toxic shock syndrome toxin-1 genes in Japan
Hiroshi Kaneko, Yuka Yanagi, Shogo Otake, Mayu Sato, Takumi Saito, Hidemasa Nakaminami

Alternative quinolone-resistance pathway caused by horizontal gene transfer in Haemophilus influenzae
Emi Tanaka, Takeaki Wajima, Hidemasa Nakaminami, Kei-ichi Uchiya

 

国内学会

第71回日本化学療法学会学会
2023年4月 横浜
大学病院におけるAST活動の軌跡を振りカエル (KAERU)
瀨山 翔史、池谷 修、上蓑 義典、宇野 俊介、内田 翔、南宮 湖、木村 元範、福田 正悟、荒 美幸、尾原 秀明、新庄 正宜、高野 八百子、長谷川 直樹

複数遺伝子の同時水平伝播によるHaemophilus influenzaeのキノロン低感受性化
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、打矢 惠一

第122回日本皮膚科学会総会
2023年6月 横浜
化膿性汗腺炎患者から分離された細菌の分子疫学的調査
中南 秀将、宮﨑 裕司、小泉 珠理、中瀬 恵亮、佐々木 優、林 伸和

皮膚科領域におけるPanton-Valentine leukocidin陽性
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の流行状況
金子 寛、金井 美樹、齊藤 拓光、柳 侑花、小林 華、中南 秀将

第39回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会
2023年6月 札幌(ハイブリッド開催) 
横浜市内の皮膚感染症患者を対象とした強毒型MRSAのサーベイランス
三上 万理子、高橋 泰英、畑 康樹、増田 智栄子、金子 寛、中南 秀将

第40回和漢医薬学会学術大会
2023年8月 富山
トリプシン阻害活性を示す漢方エキス製剤のスクリーニング (4)
菊地 美静,松尾 侑希子,川原 有菜,赤岩 玲奈,柳岡 美紅,吉田 拓真,稲葉 二朗,井口 巴樹,中南 秀将,三巻 祥浩

第35回微生物シンポジウム
2023年9月 岡山
MRSAの遺伝子型と皮膚・軟部組織感染症の疾患特異性
金子 寛、小林 華、大竹 省吾、柳 侑花、齊藤 拓光、金井 美樹、中南 秀将

第7回 日本ワンヘルスサイエンス学会年次学術集会
2023年9月 東京
抗菌薬タイムアウト「KAERUプロジェクト」の取り組みによる適正使用推進の効果
瀨山 翔史、福田 正悟、池谷 修、木村 元範、上蓑 義典、宇野 俊介、南宮 湖、 吉藤 歩、 内田 翔、荒 美幸、尾原 秀明、新庄 正宜、高野 八百子、長谷川 直樹

第67回日本ブドウ球菌研究会
2023年9月 仙台
病院で分離されたSCCmec IV型MRSAの分子疫学的解析
吉田 拓真、佐原 里佳、増田 英敏、金子 寛、中南 秀将

第17回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム
2023年9月 長野
セフメタゾールに関連する国際標準比(INR)上昇のリスク因子特定と予測モデルの構築
並木 孝哉、横山 雄太、木村 元範、福田 正悟、瀬山 翔史、池谷 修、佐村 優、石川 春樹、地引 綾、河添 仁、大谷 壽一、長谷川 直樹、松元 一明、枦 秀、鈴木 小夜、中村 智徳

第17回日本薬局学会学術総会
2023年10月 名古屋
保険薬局利用患者の抗菌薬適正使用に関する意識調査
長谷川 洸介、松村 有里子、森 智子、朝倉 敏夫、中南 秀将

第70回日本化学療法学会東日本支部総会
2023年10月 東京
抗アクネ菌活性を有する新規環状バクテリオシンAvidumicinの発見
中南 秀将、小泉 珠理

網羅的に取り組むAST活動 ~ピンチをチャンスにカエル~
瀨山 翔史、福田 正悟、池谷 修、木村 元範、上蓑 義典、宇野 俊介、南宮 湖、吉藤 歩、 内田 翔、荒 美幸、尾原 秀明、新庄 正宜、高野 八百子、長谷川 直樹

病院内で増加するCA-MRSAの分子疫学的特徴
吉田 拓真、山岸 由佳、三鴨 廣繁、中南 秀将

第35回日本臨床微生物学会総会・学術集会 
2024年2月 横浜
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のクローンタイプによる薬剤感受性の特徴 
中南 秀将

日本薬学会第144年会
2024年3月 横浜
Cutibaciterium avidumの各種薬剤感受性と新規マクロライド耐性因子の解析
大竹 涼介、小泉 珠理、瀨山 翔史、林 伸和、中南 秀将

ざ瘡患者由来アクネ菌における分子疫学的動向とその特徴の解析
坂口 夏美、瀨山 翔史、小泉 珠理、林 伸和、中南 秀将

Panton-Valentine leukocidin陽性黄色ブドウ球菌から誘発されるバクテリオファージ
築根 慎一、金子 寛、中南 秀将

アクネ菌のヒアルロニダーゼ遺伝子の保有とバイオフィルム形成能の関連性
阿部 桃佳、瀨山 翔史、小泉 珠理、平井 由児、中南 秀将

本邦の皮膚感染症患者から分離された黄色ブドウ球菌におけるmecAの有無と抗菌薬感受性の関連性
平岡 春花、金子 寛、中南 秀将

院内型MRSA ST764 cloneの特徴と流行状況
沼舘 達哉、吉田 拓真、名取 大雅、大関 壮実、渡辺 里香、中南 秀将

2022年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Identification of transferable linear plasmid carrying macrolides–clindamycin resistance gene erm(X) in Cutibacterium acnes isolated from a patient with acne vulgaris in Japan 
 Microbiol. Resour. Ann. 11(5) e00094-22 (2022)
 Koizumi J, Nakase K, Nakaminami H

2) Identification and characterization of a novel multidrug-resistant streptococcus, Streptococcus toyakuensis sp. nov., from a blood sample 
 J. Glob. Antimicrob. Resist. 29 316-22 (2022)
 Wajima T, Hagimoto A, Tanaka E, Kawamura Y, Nakaminami H

3) Increased prevalence of minocycline-resistant Staphylococcus epidermidis with tet(M) by tetracycline use for acne treatment
 Microb. Drug Resist. 28(8) 861-6 (2022)
 Nakase K, Koizumi J, Fukumoto S, Hayashi N, Noguchi N, Nakaminami H

4) Clinical features and antimicrobial treatment of skin infections caused by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus 
 J. Dermatol. 49(12) 1338-42 (2022)
 Sugawara-Mikami M, Kaneko H, Sasaki H, Sagawa N, Kambara T, Nakaminami H

5) Development of skin sebum medium and inhibition of lipase activity in Cutibacterium acnes by oleic acid 
  Access Microbiol. 4(10) acmi000397 (2022)
  Nakase K, Momose M, Yukawa T, Nakaminami H

6) Alternate quinolone resistant pathway caused by simultaneous horizontal gene transfer in Haemophilus influenzae 
  J. Antimicrob. Chemother. 77(12) 3270-3274 (2022)
  Tanaka E, Wajima T, Nakaminami H, Uchiya K

7) Prosthetic valve endocarditis due to highly beta-lactam-resistant Streptococcus oralis: A case report 
  Tanaka I, Morioka S, Honda A, Miyazaki R, Wajima T, Nakaminami H, Kato T
  Access Microbiol.4(11):acmi000437 (2022)

8) A case of Shewanella algae-induced bacteremia in Japan: case report and literature review 
 J. Infect. Chemother. 28(10) 1430-2 (2022)
 Ainoda Y, Tanaka E, Wajima T, Nakaminami H, Hirota Y, Matsushita T, Hirai Y

9) Three Severe Skin Infections Caused by Panton-Valentine Leukocidin-positive Methicillin-resistant Staphylococcus aureus in the Middle-aged and Elderly Patients in Hyogo, Japan 
 Skin Research 21(4) 333-7 (2022)
 Hioki C, Fujishima C, Sasaki H, Yoshida H, Kaneko H, Nakaminami H, Kudo H

10)  Multi-drug resistance plasmid pTZC1 could be pooled among Cutibacterium strains on the skin surface 
 Microbiol. Spectr. 11(2) e03628-22 (2023)
 Koizumi J, Nakase K, Hayashi N, Takeo C, Nakaminami H

11)   Prevalence of antimicrobial-resistant Cutibacterium isolates and development of multiplex PCR method for Cutibacterium species identification 
 J. Infect. Chemother. 29(2) 198-204 (2023)  
 Koizumi J, Nakase K, Hayashi N, Nasu Y, Hirai Y, Nakaminami H

総説

1) 市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)感染症 
 日臨皮会誌 39(1) 37-41 (2022)
 河野 真純, 中南 秀将, 石井 則久

2) 本邦におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の流行型の変化
 日本環境感染学会誌 37(5) 164-173 (2022)
 中南 秀将

3) 皮膚科領域における薬剤耐性菌の問題(MRSAを中心に) 
 皮膚科の臨床 64(12) 1905-1912 (2022)
 中南 秀将

4) 薬剤耐性アクネ菌の最新情報ー薬剤耐性菌の現状とその対策ー 
 日本美容皮膚科学会雑誌 33(1) 27-34 (2023)
 中南 秀将

 

学会発表

国際学会

FEMS2022
June, 2022 Online
Increased prevalence of doxycycline low-susceptible Cutibacterium acnes isolated from acne patients in Japan
Keisuke Nakase, Sae Aoki, Nobukazu Hayashi, Hidemasa Nakaminami

Antimicrobial resistance and transmission of a multidrug-resistant plasmid in Cutibacterium species
Juri Koizumi, Keisuke Nakase, Nobukazu Hayashi, Yuji Hirai, Hidemasa Nakaminami

Comparative analysis of PVL-positive MRSA isolated in community and hospital settings in Japan
Hiroshi Kaneko, Hidemasa Nakaminami

International Congress on Infectious Diseases
November, 2022  Malaysia
A culture negative endocarditis caused by hypervirulent Klebsiella pneumoniae (ST23) diagnosed from PCR of vegetation. 
Matakazu Sekiya, Takeaki Wajima, Hidemasa Nakaminami, Yuji Hirai

 

国内学会

第96回日本感染症学会総会
2022年4月 オンライン開催
イヌの膿皮症から分離されたブドウ球菌の薬剤感受性と流行型 
中南 秀将

インフルエンザ菌のキノロン耐性はuptake signal認識を介した相同組み換えで伝播する 
田中 愛海、輪島 丈明、打矢 惠一、中南 秀将

第70回日本化学療法学会総会
2022年6月 岐阜
本邦の市中と院内から分離されたPVL陽性MRSAの比較解析
金子 寛、中南 秀将

第121回日本皮膚科学会総会
2022年6月 京都
痤瘡環境における痤瘡患者由来アクネ菌に対する外用抗菌薬の活性評価
中瀬 恵亮、髙橋 翔、林 伸和、中南 秀将

病院および皮膚科クリニックを受診した痤瘡患者由来アクネ菌の薬剤耐性
小泉 珠理、小柳 紗彩、中瀬 恵亮、林 伸和、渡辺 薫、堀内 祐紀、浅井 俊弥、山﨑 明子、中崎 恵美、中南 秀将

MRSAフォーラム2022
2022年7月 長崎
ST834型CA-MRSAによる片側多発リンパ節炎の一例
荒川 悠、江田 仁海、吉田 拓真、小笠原 史也、小島 研介、中南 秀将、山岸 由佳

本邦で急増するSCCmec IV型MRSAの流行型
吉田 拓真、佐原 里佳、増田 英敏、金子 寛、中南 秀将

第34回微生物シンポジウム
2022年8月 オンライン開催
Cutibacterium avidumによる抗アクネ菌活性の解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

第59回日本細菌学会中部支部総会
2022年9月 オンライン開催
キノロン高度耐性Haemophilus haemolyticusのキノロン耐性化におけるParEの関与
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、打矢 惠一

第69回日本化学療法学会東日本支部総会
2022年10月 札幌
日和見感染に関連するアクネ菌の菌株特異性と病原因子の解明
中瀬 恵亮、小泉 珠理、平井 由児、中南 秀将

SARS-CoV-2に対する各種消毒薬の有効性
吉田 拓真、中南 秀将

日本と韓国で分離された強毒型MRSAの比較解析
金子 寛、中南 秀将

薬剤耐性緑膿菌の分子疫学的解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、平井 由児、中南 秀将

第66回日本ブドウ球菌研究会
2022年10月 オンライン開催
本邦におけるPVL陽性MRSAの流行状況
金子 寛、中南 秀将

第70回日本化学療法学会西日本支部総会
2022年11月 長崎
キノロン高度耐性Haemophilus haemolyticusのキノロン耐性はH. influenzaeに水平伝播する
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、打矢 惠一

第16回日本薬局学会学術総会
2022年11月 福岡
市中における薬剤耐性 (AMR) 対策アクションプランの検証
―保険薬局における抗菌薬処方データの解析―
長谷川 洸介、松村 有里子、森 智子、朝倉 敏夫、中南 秀将

第86回日本皮膚科学会東京支部学術大会
2022年11月 東京(ハイブリッド開催)
カップルに同時期発症したPanton-Valentine Leukocidin(PVL)陽性MSSAによる皮膚軟部組織感染症
東郷 朋佳、村上 拓生、青笹 尚彦、金子 寛、中南 秀将、常深 祐一郎、中村 晃一郎

日本薬学会第143年会
2023年3月 札幌
大学大学病院で分離された薬剤耐性緑膿菌のサーベイランス
小泉 珠理、中瀬 恵亮、平井 由児、中南 秀将

3次元ヒト肺組織モデルを用いた肺炎球菌病態評価モデルの構築
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、打矢 惠一

保険薬局における抗菌薬の処方量を活用した薬剤耐性 (AMR) 対策アクションプランの検証
長谷川 洸介、松村 有里子、森 智子、朝倉 敏夫、中南 秀将

インドネシアと日本で分離されたStaphylococcus属菌の分子疫学的特徴と抗菌薬感受性の比較
外口 愛子、金子 寛、横森 詩穂、宮田 聡子、藤村 響男、中南 秀将

一般用医薬品に含有されている殺菌剤のアクネ菌に対する有効性
吉原 昂洋、小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

化膿性汗腺炎患者から分離された細菌の分子疫学的調査
宮﨑 裕司、小泉 珠理、中瀬 恵亮、佐々木 優、林 伸和、中南 秀将

Panton-Valentine leukocidin陽性メチシリン感受性黄色ブドウ球菌の分子疫学的特徴
栗原 陸斗、金子 寛、中南 秀将

住環境における強毒型MRSAの生存能
高梨 ひかり、金子 寛、中南 秀将

MRSAの遺伝子型と皮膚感染症の関連性
小林 華、金子 寛、外口 愛子、柳 侑花、大竹 省吾、中南 秀将

Clostridioides difficiele感染症患者の糞便から分離されたディフィシル菌の分子疫学解析
石川 桜、中瀬 恵亮、小泉 珠理、平井 由児、中南 秀将

院内型MRSAの流行株は短期間で大きく変化している
大関 壮実、吉田 拓真、山岸 由佳、名取 大雅、渡辺 里香、三鴨 廣繁、中南 秀将

新型コロナウイルスに対する各種消毒薬の有効性
渡辺 里香、吉田 拓真、中南 秀将

病院で分離されたSCCmecⅡ型MRSAの分子疫学的特徴
名取 大雅、吉田 拓真、大関 壮実、渡辺 里香、増田 英敏、佐原 里佳、中南 秀将

生体因子に対するアクネ菌の感受性は遺伝子型によって異なる
鈴木 塔子、宮崎 裕司、小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

外来遺伝子獲得型マクロライド耐性インフルエンザ菌のゲノム構造 
平野 園惠、輪島 丈明、田中 愛海、瀬山 翔史、打矢 惠一

2021年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) A family case of community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection with USA300 clone
  J Dermatol. 48(5): e210-221 (2021)
  Sugawara-Mikami M, Kaneko H, Nakaminami H

2) Comparison of the bactericidal effects of quinolones against low-susceptible Haemophilus influenzae
  J Med Microbiol. 70(6): 001376 (2021)
  Mizoi K, Wajima T, Tanaka E, Nakminami H, Noguchi N

3) Dissemination of quinolone low-susceptible Haemophilus influenzae ST422 in Tokyo, Japan
  J Infect Chemother. 27(7): 962-6 (2021)
  Tanaka E, Wajima T, Hirai Y, Nakaminami H, Noguchi, N

4) Antimicrobial activity and additive effect of the modified Gingyo-san with antimicrobials against Helicobacter pylori 
  J. Infect. Chemother. 27(7) 957-961 (2021)
  Nakase K, Nakanishi-Yamasaki M, Harada K, Koizumi J, Yamada T, Ikoshi H, Nakaminami H, Noguchi N

5) E. coli GyrA tower domain interacts with QnrB1 loop B and plays an important role in QnrB1 protection from quinolone inhibition
  Antimicrob Agents Chemother. 65(7): e00402-21 (2021)
  Chen C, Wang Y, Nakaminami H, KIm ES, Jacoby GA, Hooper DC

6) Chinese herbal medicines and nutraceuticals inhibit Pseudomonas aeruginosa biofilm formation
  Access Microbiol. 3(8): 000254 (2021)
  Hayashi M, Kaneko H, Tamada T, Ikoshi H, Noguchi N, Nakaminami H

7)  Increased prevalence of doxycycline low-susceptible Cutibacterium acnes isolated from acne patients in Japan caused by antimicrobial use and diversification of tetracycline resistance factors
  J Dermatol. 48(9): 1365-71 (2021)
  Aoki S, Nakase K, Hayashi N, Nakaminami H, Noguchi N

8) Recurrent furunculosis by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone in Tokyo: a report of two cases
  J Dermatol. 48(10): e522-3 (2021)
  Iwabuchi C, Hino H, Shimada K, Kaneko H, Nakminami H

9) Cutibacterium acnes phylogenetic type IC and II isolated from patients with non-acne diseases exhibit high-level biofilm formation
  Int. J. Med. Microbiol. 331(7) 151538 (2021)
  Nakase K, Koizumi J, Midorikawa R, Ysmasaki K, Ysutsui M, Aoki S, Nasu Y, Hirai Y, Nakaminami H, Noguchi N

10) 日齢6に発症し救命し得たPanton-Valentine leukocidin(PVL)陽性メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)による肺化膿症
  医療薬学 47(12): 667-673 (2021)
​​​​​​​  本田 勝亮, 柏原 道志, 長岡 翔, 堤 克成, 菊池 新, 杉浦 弘, 大木 茂, 金子 寛, 中南 秀将, 矢部 勝茂

11) High-level quinolone-resistant Haemophilus haemolyticus in pediatric patient with no history of quinolone exposure
​​​​​​​  Emerg. Infect. Dis. 28(1) 104-10 (2022)
​​​​​​​  Tanaka E, Hirai Y, Wajima T, Ishida Y, Kawamura Y, Nakaminami H

12) Familial infections caused by nasal colonization of Panton-Valentine leucocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone 
​​​​​​​  J. Dermatol.  49(2) e71-2 (2022)
​​​​​​​  Ota S, Oka F, Kaneko H, Nakaminami H, Kawahara Y

13) Quinolone resistance is transferred horizontally via uptake signal sequence recognition in Haemophilus influenzae 
  Antimicrob. Agents Chemother. 66(2) e01967-21 (2022)
  Tanaka E, Wajima T, Uchiya K, Nakaminami H

14) Multidrug-resistant Cutibacterium avidum isolated from patients with acne vulgaris and other infections 
​​​​​​​  J. Glob. Antimicrob. Resist. 28(2020) 151-7 (2022)
  Koizumi J, Nakase K, Hayashi N, Nasu Y, Hirai Y, Nakaminami H

15) Comparative genomic analysis of the human variant of methicillin-resistant Staphylococcus aureus CC398 in Japan and Korea 
​​​​​​​  Microb. Drug Resist. 28(3) 330-7 (2022)
  Kaneko H, Kim ES, Yokomori S, Moon SM, Song KH, Jung J, Park JS, Kim HB, Nakaminami H

16) Clinical efficacy and safety of arbekacin against pneumonia in febrile neutropenia: A retrospective study in patients with hematologic malignancies 
​​​​​​​  Infect Chemother. Mar;54(1):80-90 (2022)
​​​​​​​  Ohashi T, Fujita Y, Irisawa H, Nakaminami H, Arai T, Takahashi M, Momiyama E, Murata N, Murayama K, Saito T

​​​​​​​総説

1)  東京薬科大学PCR検査センターについて 
  都薬雑誌 43(5) 4-7 (2021)
  中南 秀将

2) 病院の外来患者におけるPanton-Valentine leukocidine(PVL)陽性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の流行状況
  医療薬学 47(6): 293-300 (2021)
  福田 夏稀, 中南 秀将, 赤須 友美, 尾崎 昌大, 坂本 春生, 野口 雅久

3) 生物の特徴と感染症対策ー消毒薬を中心にー 
​​​​​​​  医薬品情報 2021(3) 6-14 (2021)
​​​​​​​  中南 秀将

4) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の現状 
​​​​​​​  医薬品情報 2021(4) 9-17 (2022)
  中南 秀将

 

学会発表

国際学会

The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy
February, 2022 Online
​​​​​​​
Molecular characterisation of high-level quinolone resistant Haemophilus haemolyticus isolated from a paediatric patient with no history of quinolone exposure.
Emi Tanaka, Takeaki Wajima, Kei-ichi Uchiya, Hidemasa Nakaminami

 

国内学会

第69回日本化学療法学会総会
2021年5月 横浜(ハイブリッド開催)
USA300 cloneが検出された市中型MRSA感染症の家族例
三上 万里子、中南 秀将

マウス皮膚膿瘍モデルにおける多剤排出ポンプ遺伝子qacA/B 陽性黄色ブドウ球菌の膿瘍内増殖能
吉田 拓真、中南 秀将、野口 雅久

キノロン低感受性インフルエンザ菌ST422クローンの拡散
田中 愛海、輪島 丈明、平井 由児、中南 秀将、野口 雅久

第21回 Pharmaco-Hematologyシンポジウム
2021年5月 オンライン開催
感染症起因菌としての Cutibacterium avidum の分子疫学的調査
小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

日本及び韓国で分離されたヒト感染型家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の起源と進化
金子 寛、Eu Suk Kim、横森 詩穂、中南 秀将

第130回日本皮膚科学会静岡地方会
2021年5月 オンライン開催
Panton-Valentine leukocidin(PVL) 陽性市中型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による膿痂疹の1例
大場 操、石部 純一、白濱 茂穂、金子 寛、中南 秀将

120回日本皮膚科学会総会
2021年6月 横浜(ハイブリッド開催)
抗菌薬使用および耐性因子の多様化による ざ瘡患者由来ドキシサイクリン低感受性アクネ菌の増加
中瀬 恵亮、青木 沙恵、林 伸和、野口 雅久、中南 秀将

日本皮膚科学会第897回東京地方会
2021年7月 東京
家族内感染を繰り返したPVL陽性MRSAによる多発性毛嚢炎、せつ腫症の2例
太田 志野、野澤 優、河原 由恵、金子 寛、中南 秀将

第33回微生物シンポジウム
2021年9月 オンライン開催
病院で増加するSCCmecIV型MRSAの分子疫学的特徴
吉田 拓真、佐藤 麻友、中南 秀将

皮膚常在菌Cutibacterium属菌の分子疫学的特徴と薬剤耐性化メカニズムの解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、平井 由児、中南 秀将

本邦の市中におけるPVL陽性MRSAの増加とUSA300からΨUSA300へのシフト
金子 寛、金井 美樹、齊藤 拓光、柳 侑花、中南 秀将

第5回日本ワンヘルスサイエンス学会年次学術集会
2021年9月 愛媛
PVL産生型の皮膚ブドウ球菌感染症について
三上 万理子、中南 秀将、金子 寛、石井 則久、鈴木 幸一

第65回日本薬学会関東支部大会
2021年9月 オンライン開催
皮膚常在菌Cutibacterium属菌の分子疫学的調査
小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

院内型MRSA流行株の分子疫学的特徴
佐藤 麻友、川崎 日菜子、吉田 拓真、中南 秀将

健康成人における皮膚常在菌の薬剤耐性の変化
星谷 麻由、小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

痤瘡環境におけるアクネ菌株の表現型に関する研究
尾﨑 天杜、中瀬 恵亮、中南 秀将

痤瘡環境における外用抗菌薬の活性評価
髙橋 翔、中瀬 恵亮、中南 秀将

日本皮膚科学会第898回東京地方会
2021年10月 オンライン開催
若年健常人に生じたPVL産生市中獲得型MRSAによる壊死性筋膜炎の1例
新川 紗由香、宮川 明大、金子 寛、中南 秀将、西本 周平

第104回日本細菌学会関東支部総会
2021年10月 オンライン開催
日本及び韓国で分離されたヒト感染型LA-MRSAの比較ゲノム解析
金子 寛、Eu Suk Kim、横森 詩穂、中南 秀将

第68回日本化学療法学会東日本支部総会
2021年10月 東京(ハイブリッド開催)
皮膚科領域におけるPVL陽性MRSAの急増-USA300からΨUSA300へのシフト-
金子 寛、中南 秀将

臨床分離Cutibacterium avidumの薬剤耐性と分子疫学的解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、平井 由児、中南 秀将

カイコを用いた無莢膜型インフルエンザ菌の新規病原因子の探索
瀨山 翔史、田中 愛海、長谷川 直樹、中村 茂樹、中南 秀将、輪島 丈明

第73回日本皮膚科学会西部支部学術大会
2021年10月 宮崎(ハイブリッド開催)
内科的基礎疾患のない患者における,LVFX耐性の市中型MRSA感染による皮膚膿瘍の3例
日置 千華、藤島 智慧子、佐々木 洋香、吉田 はる香、工藤 比等志、金子 寛、中南 秀将

第58回日本細菌学会中部支部総会
2021年11月 オンライン開催
当初Haemophilus influenzaeと同定されたキノロン高度耐性Haemophilus haemolyticusの遺伝学的解析
田中 愛海、輪島 丈明、平井 由児、石田 悠、河村 好章、打矢 惠一、中南 秀将

日本皮膚科学会第900回東京地方会
2022年2月 オンライン開催
PVL陽性MRSAによる重症化したせつ腫症(第2報)
島田 京香、岩渕 千雅子、日野 治子、金子 寛、中南 秀将

日本皮膚科学会第405回新潟地方会
2022年3月 オンライン開催
Panton-Valentine leukocidin-positive CA-MRSA (USA300 clone) による幼児せつの1例
藤田 繁、中南 秀将、金子 寛

​​​​​​​日本薬学会第142年会
2022年3月 オンライン開催
​​​​​​​
大学病院の新生児集中治療室で発生したMRSAのアウトブレイク
吉田 拓真、山岸 由佳、髙玉 駿介、三鴨 廣繁、中南 秀将

本邦におけるPVL陽性かつTSST-1陽性の新規MRSAクローン流行の前兆
金子 寛、柳 侑花、中南 秀将

ざ瘡患者におけるCutibacterium属菌の薬剤耐性と多剤耐性プラスミドの伝播
小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、中南 秀将

東京薬科大学における新型コロナウイルスPCR検査センターの取り組み
中瀬 恵亮、吉田 拓真、輪島 丈明、中南 秀将

首都圏でアウトブレイクしたキノロン低感受性インフルエンザ菌ST422クローンの特徴と抗菌薬治療効果の解析
田中 愛海、輪島 丈明、打矢 惠一、中南 秀将

病院内で流行している市中型MRSAの分子疫学的解析
佐原 里佳、吉田 拓真、増田 英敏、佐藤 麻友、金子 寛、平井 由児、中南 秀将

強毒型MRSAが有する部位特異的リコンビナーゼCcrB2の機能評価用プラスミドの構築
小泉 陽菜、金子 寛、川田 裕己、高梨 ひかり、中南 秀将

病院外来および皮膚科クリニックを受診したざ瘡患者由来アクネ菌の薬剤耐性
小柳 紗彩、小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、中南 秀将

ざ瘡治療における薬剤耐性アクネ菌の出現に関する解析
正木 匠、中瀬 恵亮、中南 秀将

日和見病原体として分離されたアクネ菌の分子疫学的解析
川﨑 遥香、小泉 珠理、中瀬 恵亮、平井 由児、中南 秀将

病院内で分離されたPanton-Valentine leukocidin陽性MRSAの動向
増田 英敏、吉田 拓真、佐原 里佳、佐藤 麻友、金子 寛、中南 秀将

コレラ毒素の産生を抑制する生薬製剤の探索
多田 朱里、輪島 丈明、山田 哲也、中南 秀将

高周波治療器を用いたアクネ菌に対する殺菌効果の検討
太田 早希、中瀬 恵亮、中南 秀将

伝染性膿痂疹(トビヒ)患者から分離されたMRSAにおける遺伝子型の変化
大竹 省吾、金子 寛、柳 侑花、中南 秀将

オラネキシジングルコン酸塩に対するSerratia marcescensの耐性メカニズム
大田 凌、金子 寛、中南 秀将

インドネシアでヒト鼻腔から分離されたカルバペネマーゼ産生Lysobacter属菌の遺伝学的解析
中村 優大、輪島 丈明、田中 愛海、宮田 聡子、藤村 響男、中南 秀将

臨床分離インフルエンザ菌におけるキノロン耐性関連遺伝子の水平伝播
豊福 夕花、田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将

本邦の市中における強毒型MRSAの分子疫学的特徴と抗菌薬感受性の推移
柳 侑花、金子 寛、齊藤 拓光、横森 詩穂、中南 秀将

病院内で急増するSCCmec IV型MRSAの抗菌薬感受性と耐性遺伝子の分布
廣木 信哉、金子 寛、佐原 里佳、増田 英敏、中南 秀将

2020年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1)  Two cases in which tosufloxacin was administered for respiratory infections that may have been caused by Haemophilus influenzae less susceptible to quinolone.
  Jpn. J. Pharm. Health Care Sci. 46 (4): 211-214 (2020)
  Hara N, Wajima T, Tanaka E, Noguchi N, Shirai A, Shibata M, Shiro H

2)  Whole-genome sequence of Haemophilus influenzae ST422 outbreak clone strain 2018-Y40 with low quinolone susceptibility isolated from a paediatric patient
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 22: 759-761 (2020)
  Tanaka E, Wajima T, Nakaminami H, Noguchi N

3)  Detection of Panton-Valentine leukocidin-positive livestock-associated Staphylococcus aureus (LA-SA) CC398 clone in a Vietnamese patient in Japan
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 23: 759-761 (2020)
  Nakaminami H, Miyata T, Yokomori S, Fusegaewa T, Murata S, Noguchi N

4)  浸透圧吸水性ドレッシング材による褥瘡の微生物由来腐敗臭に対する防臭効果.
  Prog. Med. 40(11): 1203-1207 (2020)
  中南 秀将, 鈴木 晃二郎, 小川 智輝, 樋上 直樹, 野口 雅久

5)  In vitro anti-biofilm effect of anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) agents against the USA300 clone.
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 24: 63-71 (2020)
  Kaneko K, Nakaminami H, Ozawa K, Wajima T, Noguchi N

6)  A class A β-lactamase produced by borderline oxacillin-resistant Staphylococcus aureus hydrolyzes oxacillin
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 22(September 2020): 244-247 (2020)
  Nomura R, Nakaminami H, Takasao K, Muramatsu S, Kato Y, Wajima T, Noguchi N

7)  Arthritis caused by MRSA CC398 in patient without animal contact, Japan
  Emerg. Infect. Dis. 26(4): 795-797 (2020)
  Nakaminami H, Hirai Y, Nishimura H, Takadama S, Noguchi N

8)  pspK acquisition contributes to the loss of capsule in pneumococci: molecular characterisation of non-encapsulated pneumococci
  Microbes Infect. 22(9): 451-456 (2020)
  Wajima T, Ishikawa H, Matsuzawa A, Yamashita K, Suzuki S, Osato R, Nakaminami H, Noguchi N

9)  The effects of surface properties of liposomes on their activity against Pseudomonas aeruginosa PAO-1 biofilm
  J. Drug. Deliv. Sci. Tec. 57: 101754 (2020)
  Ibaraki H, Kanazawa T, Chien Wan-Yi, Nakaminami H, Aoki M, Ozawa K, Kaneko H, Takashima Y, Noguchi N, Seta Y

10) Current status of Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from patients with skin and soft tissue infections in Japan
  J. Dermatol. 47(11): 1280-1286 (2020)
  Nakaminami H, Ozawa K, Sasai N, Ikeda M, Nemoto O, Baba N, Matsuzaki Y, Sawamura D, Shimoe F, Inaba Y, Kobayashi Y, Kawasaki S, Ueki T, Funatsu S, Shirahama S, Noguchi N

11) A novel community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus clone, USA300-LV/J, uniquely evolved in Japan
  J. Antimicrob. Chemother. 75(11): 3131-4 (2020)
  Takadama S, Nakaminami H, Kaneko H, Noguchi N

12) Kampo medicines suppress the production of exfoliative toxins causing impetigo in Staphylococcus aureus
  J. Dermatol. 47(7): 714-719 (2020)
  Katayama I, Nakaminami H, Yamada T, Ikoshi H, Noguchi N

13) A risk as an infection route: nasal colonization of methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone among contact sport athletes in Japan
  J. Infect. Chemother. 26(8): 862-864 (2020)
  Moriya M, Tsurukiri J, Nakaminami H, Yamanaka H, Kobayashi T, Tsubouchi N, Yokomori R, Takadama S, Noguchi N, Matsumoto T, Arai T

14) Characterization of acne patients carrying clindamycin-resistant Cutibacterium acnes: a Japanese multicenter study
  J. Dermatol. 47(8): 863-869 (2020)
  Nakase K, Aoki S, Sei S, Fukumoto S, Horiuchi Y, Yasuda T, Tanioka M, Sugai J, Huh W, Kakuta M, Nomoto M, Shimada T, Watanabe M, Kobayashi M, Murakami S, Takeo C, Tsubouchi R, Hayashi N, Noguchi N.

15) Molecular epidemiological characterization in mucoid-type Streptococcus pneumoniae isolates obtained from invasive pneumococcal disease patients in Japan.
  J. Infect. Chemother. 27(2): 211-217 (2020)
  Ubukata K, Wajima T, Morozumi M, Sakuma M, Tajima T, Matsubara K, Itahashi K, Iwata S

16) 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)の現状 
  とうやく 419(Sep) 3-6 (2020)
  中南 秀将

17) First Isolation of an IMP-1 Metallo-beta-Lactamase-producing Kluyvera ascorbata in Japan.
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 23: 228-231 (2020)
  Wajima T, Hirai Y, Otake T, Momose Y, Nakaminami H, Noguchi N

18) Phosphatidylinositol-specific phospholipase C enhances epidermal penetration by Staphylococcus aureus.
  Sci. Rep. 10: 17845 (2020)
  Nakamura Y, Kanemaru K, Shoji M, Totoki K, Nakamura K, Nakaminami H, Nakase K, Noguchi N, Fukami K

19) Arthritis Caused by MRSA CC398 in Patient without Animal Contact, Japan 
  Emerg. Infect. Dis. 26(12) 3105 (2020)
  Nakaminami H

20) Possible dissemination of a Panton-Valentine leukocidin–positive livestock-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus CC398 clone in Tokyo, Japan
  Jpn. J. Infect. Dis. 74(1): 82-84 (2020)
  Nakaminami H, Kawasaki H, Takadama S, Kaneko H, Suzuki Y, Maruyama H, Noguchi N

21) Prevalence of antimicrobial-resistant staphylococci in nares and affected sites of pet dogs with superficial pyoderma
  J. Vet. Med. Sci. 83(2) 214-219 (2021)
  Nakaminami H, Okamura Y, Tanaka S, Wajima T, Murayama N, Noguchi N.

22) Evaluation of the antimicrobial effects of a novel visible light-driven photocatalyst in vitro and in the environment.
  YAKUGAKU ZASSHI 141(1) 135-142 (2021)
  Wajima T, Nakaminami H, Aoki S, Seyama S, Noguchi N

23) Molecular characterisation of carbapenem- and tigecycline-resistant Klebsiella pneumoniae strains isolated from blood and bile samples
  J. Infect. Chemother. 28(2) 187-91 (2021)
  Wajima T, Sugawara T, Umeda Y, Hagimoto A, Tanaka E, Nakaminami H

24) In vitro growth-inhibitory effects of Portulaca oleracea L. formulation on intestinal pathogens
  Access Microbiol. 3(3): 000208 (2021)
  Okuda S, Wajima T, Yamada T, Nakaminami H, Ikoshi H, Noguchi, N

 

学会発表

 

国際学会

The 29th European Academy of Dermatology and Venereology Congress
October, 2020 Online
Characterization of acne patients carrying clindamycin-resistant Cutibacterium acnes
K. Nakase, S. Aoki, S. Sei, N. Hayashi, H. Nakaminami, and N. Noguchi

 

国内学会

第119回日本皮膚科学会総会
2020年6月 オンライン開催
ざ瘡患者由来アクネ菌における多剤耐性プラスミドの出現と伝播
青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、中南 秀将、野口 雅久

皮脂成分がアクネ菌の増殖およびリパーゼ活性に与える影響
中瀬 恵亮、百瀬 美里、野口 雅久

皮膚感染症患者における強毒型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の流行状況
中南 秀将、野口 雅久

第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会
2020年9月 東京 (ハイブリッド開催)
増加する薬剤耐性アクネ菌の現状 ~抗菌薬の適正使用に向けて~
中瀬 恵亮

第68回日本化学療法学会総会
2020年9月 神戸 (ハイブリッド開催)
変貌し続けるMRSA:米国流行株の日本での広がり
中南 秀将

第32回微生物シンポジウム
2020年9月 オンライン開催
強毒型MRSA USA300 cloneのバイオフィルムに対する抗MRSA薬の効果
金子 寛、中南 秀将、小澤 昂佑、輪島 丈明、野口 雅久

キノロン低感受性インフルエンザ菌のキノロン治療抵抗性と簡易検出法
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久

第67回日本化学療法学会東日本支部総会
2020年10月 オンライン開催
銀翹解毒丸による薬剤耐性ピロリ菌に対する増殖抑制効果
中瀬 恵亮、山田 哲也、中南 秀将、野口 雅久

抗菌薬使用量の変化はMRSAの流行型に影響する?
中南 秀将、野口 雅久

第894回日本皮膚科学会東京地方会
2021年1月 オンライン開催
PVL陽性のMRSAによる再発性せつの1例
岩渕 千雅子、島田 京香、日野 治子、金子 寛、中南 秀将

第94回日本細菌学会総会
2021年3月 オンライン開催
A family case of CA-MRSA infection with USA300 clone
M. Sugawara-Mikami, H. Kaneko, and H. Nakaminami

日本薬学会第141年会
2021年3月 オンライン開催
日本と韓国で分離されたPanton-Valentine leukocidin陽性MRSAの流行状況と分子疫学的特徴の比較
横森 詩穂、高玉 駿介、中南 秀将

Real-time PCR法を用いた尿路感染症迅速診断法の評価
川田 裕己、中南 秀将

臨床分離された多剤耐性溶血性Streptococcus属菌の多剤耐性メカニズムの解析
萩元 敦也、輪島 丈明、中南 秀将

銀翹解毒丸製剤の抗菌活性に寄与する生薬の検討
福元 茶穂、輪島 丈明、山田 哲也、中南 秀将

皮膚・軟部組織感染症由来β溶血性レンサ球菌の分子疫学的特徴
本沢 航晟、輪島 丈明、横山 翔、中南 秀将

Tannase遺伝子を利用したStreptococcus gallolyticusの特異的検出法
矢島義高、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久

浸透圧吸水性ドレッシング材による黄色ブドウ球菌の増殖抑制と防臭効果
鈴木 晃二郎、中南 秀将、野口 雅久

犬の皮膚感染症から分離されたブドウ球菌の抗菌薬感受性
齊藤 拓光、村澤 康平、中南 秀将