研究室の業績

2021年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) A family case of community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection with USA300 clone
    J Dermatol. 48(5): e210-221 (2021)
    Sugawara-Mikami, M., Kaneko, H., Nakaminami, H.

2) In vitro growth-inhibitory effects of Portulaca oleracea L. formulation on intestinal pathogens
    Access Microbiol. 3(3): 000208 (2021)
    Okuda, S., Wajima, T., Yamada, T., Nakaminami, H., Ikoshi, H., Noguchi, N.

3) Dissemination of quinolone low-susceptible Haemophilus influenzae ST422 in Tokyo, Japan
    J Infect Chemother. 27(7): 962-966 (2021)
    Tanaka, E., Wajima, T., Hirai, Y., Nakaminami, H., Noguchi, N.

4) Antimicrobial activity and additive effect of the modified Gingyo-san with antimicrobials against Helicobacter pylori
    J Infect Chemother. 27(7): 957-961 (2021)
    Nakase, K., Nakanishi-Yamasaki, M., Harada, K., Koizumi, J., Yamada, T., Ikoshi, H., Nakaminami, H., Noguchi, N.

5) Emergence of high-level quinolone resistant Haemophilus haemolyticus in a pediatric patient with no history of quinolone exposure
    Emerg Infect Dis. (2021)
    Tanaka, E.,Hirai, Y., Wajima, T., Ishida, Y., Kawamura, Y., Nakaminami, H.

6) 日齢6に発症し救命し得たPanton-Valentine leukocidin(PVL)陽性メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)による肺化膿症
  医療薬学 47(12): 667-673 (2021年)
  本田 勝亮, 柏原 道士, 長岡 翔, 堤 克成, 菊池 新, 杉浦 弘, 大木 茂, 金子 寛, 中南 秀将, 矢部 勝茂

7) Comparative genomic analysis of the human variant of methicillin-resistant Staphylococcus aureus CC398 in Japan and Korea
  Microb Drug Resist. (2021)
  Kaneko, H., Kim, ES., Yokomori, S., Moon, SM., Song, KH., Jung, J., Park, JS., Kim, HB., Nakaminami, H.

8) E. coli GyrA tower domain interacts with QnrB1 loop B and plays an important role in QnrB1 protection from quinolone inhibition
  Antimicrob Agents Chemother. 65(7): e00402-21 (2021)
  Chen, C., Wang, Y., Nakaminami, H., KIm, ES., Jacoby, GA., Hooper, DC.

9) 病院の外来患者におけるPanton-Valentine leukocidine(PVL)陽性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の流行状況
  医療薬学 47(6): 293-300 (2021)
  福田 夏稀, 中南 秀将, 赤須 友美, 尾崎 昌大, 坂本 春生, 野口 雅久

10) Comparison of the bactericidal effects of quinolones against low-susceptible Haemophilus influenzae
      J Med Microbiol. 70(6): 001376 (2021)
      Mizoi, K., Wajima, T., Tanaka, E., Nakminami, H., Noguchi, N.

11) Chinese herbal medicines and nutraceuticals inhibit Pseudomonas aeruginosa biofilm formation
      Access Microbiol. 3(8): 000254 (2021)
      Hayashi, M., Kaneko, H., Tamada, T., Ikoshi, H., Noguchi, N., Nakaminami, H.

12) Increased prevalence of doxycycline low-susceptible Cutibacterium acnes isolated from acne patients in Japan caused by antimicrobial use and diversification of tetracycline resistance factors
      J Dermatol. 48(9): 1365-71 (2021)
      Aoki, S., Nakase, K., Hayashi, N., Nakaminami, H., Noguchi, N.

13) Recurrent furunculosis by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone in Tokyo: a report of two cases
      J Dermatol. 48(10): e522-3 (2021)
      Iwabuchi, C., Hino, H., Shimada, K., Kaneko, H., Nakminami, H.

14) Molecular characterisation of carbapenem- and tigecycline-resistant Klebsiella pneumoniae strains isolated from blood and bile samples
      J. Infect. Chemother. 2021年
      Wajima, T., Sugawara, T., Umeda, Y., Hagimoto, A., Tanaka, E., Nakaminami, H.

15) Familial infections caused by nasal colonization of Panton-Valentine leucocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone 
      J. Dermatol. 2021年
      Ota, S., Oka, F., Kaneko, H., Nakaminami, H., Kawahara, Y.

16) Cutibacterium acnes phylogenetic type IC and II isolated from patients with non-acne diseases exhibit high-level biofilm formation
      Int. J. Med. Microbiol. 331(7) 151538 (2021年)
      Nakase, K., Koizumi, J., Midorikawa, R., Ysmasaki, K., Ysutsui, M., Aoki, S., Nasu, Y., Hirai, Y., Nakaminami, H., Noguchi, N.

17) Quinolone resistance is transferred horizontally via uptake signal sequence recognition in Haemophilus influenzae 
      Antimicrob. Agents Chemother.(2022年)
      Tanaka, E., Wajima, T., Uchiya, K, Nakaminami, H.

 

学会発表

国内学会

第69回日本化学療法学会総会

2021年5月 横浜(ハイブリッド開催)

USA300 cloneが検出された市中型MRSA感染症の家族例
三上 万里子、中南 秀将

マウス皮膚膿瘍モデルにおける多剤排出ポンプ遺伝子qacA/B 陽性黄色ブドウ球菌の膿瘍内増殖能
吉田 拓真、中南 秀将、野口 雅久

キノロン低感受性インフルエンザ菌ST422クローンの拡散
田中 愛海、輪島 丈明、平井 由児、中南 秀将、野口 雅久

 

第21回 Pharmaco-Hematologyシンポジウム

2021年5月 オンライン開催

感染症起因菌としての Cutibacterium avidum の分子疫学的調査
小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

日本及び韓国で分離されたヒト感染型家畜関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の起源と進化
金子 寛、Eu Suk Kim、横森 詩穂、中南 秀将

 

第130回日本皮膚科学会静岡地方会

2021年5月 オンライン開催

Panton-Valentine leukocidin(PVL) 陽性市中型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による膿痂疹の1例
大場 操、石部 純一、白濱 茂穂、金子 寛、中南 秀将

 

第120回日本皮膚科学会総会

2021年6月 横浜(ハイブリッド開催)

抗菌薬使用および耐性因子の多様化による ざ瘡患者由来ドキシサイクリン低感受性アクネ菌の増加
中瀬 恵亮、青木 沙恵、林 伸和、野口 雅久、中南 秀将

 

日本皮膚科学会第897回東京地方会

2021年7月 東京

家族内感染を繰り返したPVL陽性MRSAによる多発性毛嚢炎、せつ腫症の2例
太田 志野、野澤 優、河原 由恵、金子 寛、中南 秀将

 

第33回微生物シンポジウム

2021年9月 オンライン開催

病院で増加するSCCmecIV型MRSAの分子疫学的特徴
吉田 拓真、佐藤 麻友、中南 秀将

皮膚常在菌Cutibacterium属菌の分子疫学的特徴と薬剤耐性化メカニズムの解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、平井 由児、中南 秀将

本邦の市中におけるPVL陽性MRSAの増加とUSA300からΨUSA300へのシフト
金子 寛、金井 美樹、齊藤 拓光、柳 侑花、中南 秀将

 

第5回日本ワンヘルスサイエンス学会年次学術集会

2021年9月 愛媛

PVL産生型の皮膚ブドウ球菌感染症について
三上 万理子、中南 秀将、金子 寛、石井 則久、鈴木 幸一
 

第65回日本薬学会関東支部大会

2021年9月 オンライン開催

皮膚常在菌Cutibacterium属菌の分子疫学的調査
小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

院内型MRSA流行株の分子疫学的特徴
佐藤 麻友、川崎 日菜子、吉田 拓真、中南 秀将

健康成人における皮膚常在菌の薬剤耐性の変化
星谷 麻由、小泉 珠理、中瀬 恵亮、中南 秀将

痤瘡環境におけるアクネ菌株の表現型に関する研究
尾﨑 天杜、中瀬 恵亮、中南 秀将

痤瘡環境における外用抗菌薬の活性評価
髙橋 翔、中瀬 恵亮、中南 秀将

 

日本皮膚科学会第898回東京地方会

2021年10月 オンライン開催

若年健常人に生じたPVL産生市中獲得型MRSAによる壊死性筋膜炎の1例
新川 紗由香、宮川 明大、金子 寛、中南 秀将、西本 周平

 

第104回日本細菌学会関東支部総会

2021年10月 オンライン開催

日本及び韓国で分離されたヒト感染型LA-MRSAの比較ゲノム解析
金子 寛、Eu Suk Kim、横森 詩穂、中南 秀将

 

第68回日本化学療法学会東日本支部総会

2021年10月 東京(ハイブリッド開催)

皮膚科領域におけるPVL陽性MRSAの急増-USA300からΨUSA300へのシフト-
金子 寛、中南 秀将

臨床分離Cutibacterium avidumの薬剤耐性と分子疫学的解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、林 伸和、平井 由児、中南 秀将

カイコを用いた無莢膜型インフルエンザ菌の新規病原因子の探索
瀨山 翔史、田中 愛海、長谷川 直樹、中南 秀将、輪島 丈明

 

第73回日本皮膚科学会西部支部学術大会

2021年10月 宮崎(ハイブリッド開催)

内科的基礎疾患のない患者における,LVFX耐性の市中型MRSA感染による皮膚膿瘍の3例
日置 千華、藤島 智慧子、佐々木 洋香、吉田 はる香、工藤 比等志、金子 寛、中南 秀将

 

第58回日本細菌学会中部支部総会

2021年11月 オンライン開催

当初Haemophilus influenzaeと同定されたキノロン高度耐性Haemophilus haemolyticusの遺伝学的解析
田中 愛海、輪島 丈明、平井 由児、石田 悠、河村 好章、打矢 惠一、中南 秀将

2020年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Arthritis caused by MRSA CC398 in patient without animal contact, Japan
  Emerg. Infect. Dis. 26(4): 795-797 (2020)
  Nakaminami, H., Hirai, Y., Nishimura, H., Takadama, S., Noguchi, N.

2) A class A β-lactamase produced by borderline oxacillin-resistant Staphylococcus aureus hydrolyzes oxacillin
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 22(September 2020): 244-247 (2020)
  Nomura, R., Nakaminami, H., Takasao, K., Muramatsu, S., Kato, Y., Wajima, T., Noguchi, N.

3) The effects of surface properties of liposomes on their activity against Pseudomonas aeruginosa PAO-1 biofilm
  J. Drug. Deliv. Sci. Tec. 57: 101754 (2020)
  Ibaraki, H., Kanazawa, T., Chien, Wan-Yi, Nakaminami, H., Aoki, M., Ozawa, K., Kaneko, H., Takashima, Y., Noguchi, N., Seta, Y.

4) Kampo medicines suppress the production of exfoliative toxins causing impetigo in Staphylococcus aureus
  J. Dermatol. 47(7): 714-719 (2020)
  Katayama, I., Nakaminami, H., Yamada, T., Ikoshi, H., Noguchi, N.

5) A risk as an infection route: nasal colonization of methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone among contact sport athletes in Japan
  J. Infect. Chemother. 26(8): 862-864 (2020)
  Moriya, M., Tsurukiri, J., Nakaminami, H., Yamanaka, H., Kobayashi, T., Tsubouchi, N., Yokomori, R., Takadama, S., Noguchi, N., Matsumoto, T., Arai, T.

6) pspK acquisition contributes to the loss of capsule in pneumococci: molecular characterisation of non-encapsulated pneumococci
  Microbes Infect. 22(9): 451-456 (2020)
  Wajima, T., Ishikawa, H., Matsuzawa, A., Yamashita, K., Suzuki, S., Osato, R., Nakaminami, H., Noguchi, N.

7) Current status of Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from patients with skin and soft tissue infections in Japan
  J. Dermatol. 47(11): 1280-1286 (2020)
  Nakaminami, H., Ozawa, K., Sasai, N., Ikeda, M., Nemoto, O., Baba, N., Matsuzaki, Y., Sawamura, D., Shimoe, F., Inaba, Y., Kobayashi, Y., Kawasaki, S., Ueki, T., Funatsu, S., Shirahama, S., Noguchi, N.

8) A novel community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus clone, USA300-LV/J, uniquely evolved in Japan
  J. Antimicrob. Chemother. 75(11): 3131-3134 (2020)
  Takadama, S., Nakaminami, H., Kaneko, H., Noguchi, N.

9) Whole-genome sequence of Haemophilus influenzae ST422 outbreak clone strain 2018-Y40 with low quinolone susceptibility isolated from a paediatric patient
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 22: 759-761 (2020)
  Tanaka, E., Wajima, T., Nakaminami, H., Noguchi, N.

10) Possible dissemination of a Panton-Valentine leukocidin–positive livestock-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus CC398 clone in Tokyo, Japan
  Jpn. J. Infect. Dis. 74(1): 82-84 (2020)
  Nakaminami, H., Kawasaki, H., Takadama, S., Kaneko, H., Suzuki, Y., Maruyama, H., Noguchi, N.

11) Detection of Panton-Valentine leukocidin-positive livestock-associated Staphylococcus aureus (LA-SA) CC398 clone in a Vietnamese patient in Japan
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 23: 759-761 (2020)
  Nakaminami, H., Miyata, T., Yokomori, S., Fusegaewa, T., Murata, S., Noguchi, N.

12) Two cases in which tosufloxacin was administered for respiratory infections that may have been caused by Haemophilus influenzae less susceptible to quinolone.
  Jpn. J. Pharm. Health Care Sci. 46 (4): 211-214 (2020)
  Hara, N., Wajima, T., Tanaka, E., Noguchi, N., Shirai, A., Shibata, M., Shiro, H.

13) Molecular epidemiological characterization in mucoid-type Streptococcus pneumoniae isolates obtained from invasive pneumococcal disease patients in Japan.
  J. Infect. Chemother. 27(2): 211-217 (2020)
  Ubukata, K., Wajima, T., Morozumi, M., Sakuma, M., Tajima, T., Matsubara, K., Itahashi, K., Iwata, S.

14) Evaluation of the antimicrobial effects of a novel visible light-driven photocatalyst in vitro and in the environment.
  YAKUGAKU ZASSHI 141(1) 135-142 (2021)
  Wajima, T., Nakaminami, H., Aoki, S., Seyama, S., Noguchi, N.

15) First Isolation of an IMP-1 Metallo-beta-Lactamase-producing Kluyvera ascorbata in Japan.
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 23: 228-231 (2020)
  Wajima, T., Hirai, Y., Otake, T., Momose, Y., Nakaminami, H., Noguchi, N.

16) Phosphatidylinositol-specific phospholipase C enhances epidermal penetration by Staphylococcus aureus.
  Sci. Rep. 10: 17845 (2020)
  Nakamura, Y., Kanemaru, K., Shoji, M., Totoki, K., Nakamura, K., Nakaminami, H., Nakase, K., Noguchi, N., Fukami, K.

17) In vitro anti-biofilm effect of anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) agents against the USA300 clone.
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 24: 63-71 (2020)
  Kaneko, K., Nakaminami, H., Ozawa, K., Wajima, T., Noguchi, N.

18) 浸透圧吸水性ドレッシング材による褥瘡の微生物由来腐敗臭に対する防臭効果.
  Prog. Med. 40(11): 1203-1207 (2020)
  中南 秀将, 鈴木 晃二郎, 小川 智輝, 樋上 直樹, 野口 雅久

19) Characterization of acne patients carrying clindamycin-resistant Cutibacterium acnes: a Japanese multicenter study
  J. Dermatol. 47(8): 863-869 (2020)
  Nakase, K, Aoki, S, Sei, S, Fukumoto, S, Horiuchi, Y, Yasuda, T, Tanioka, M, Sugai, J, Huh, W, Kakuta, M, Nomoto, M, Shimada, T, Watanabe, M, Kobayashi, M, Murakami, S, Takeo, C, Tsubouchi, R, Hayashi, N, Noguchi, N.

20) Prevalence of antimicrobial-resistant staphylococci in nares and affected sites of pet dogs with superficial pyoderma
  J Vet Med Sci, doi: 10.1292/jvms.20-0439
  Nakaminami, H, Okamura, Y, Tanaka, S, Wajima, T, Murayama, N, Noguchi, N.

 

学会発表

 

国際学会

The 29th European Academy of Dermatology and Venereology Congress

2020年10月 Online

Characterization of acne patients carrying clindamycin-resistant Cutibacterium acnes
K. Nakase, S. Aoki, S. Sei, N. Hayashi, H. Nakaminami, and N. Noguchi

 

国内学会

第119回日本皮膚科学会総会

2020年6月 オンライン開催

ざ瘡患者由来アクネ菌における多剤耐性プラスミドの出現と伝播
青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、中南 秀将、野口 雅久

皮脂成分がアクネ菌の増殖およびリパーゼ活性に与える影響
中瀬 恵亮、百瀬 美里、野口 雅久

皮膚感染症患者における強毒型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の流行状況
中南 秀将、野口 雅久

 

第38回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

2020年9月 東京 (ハイブリッド開催)

増加する薬剤耐性アクネ菌の現状 ~抗菌薬の適正使用に向けて~
中瀬 恵亮

 

第68回日本化学療法学会総会

2020年9月 神戸 (ハイブリッド開催)

変貌し続けるMRSA:米国流行株の日本での広がり
中南 秀将

 

第32回微生物シンポジウム

2020年9月 オンライン開催

強毒型MRSA USA300 cloneのバイオフィルムに対する抗MRSA薬の効果
金子 寛、中南 秀将、小澤 昂佑、輪島 丈明、野口 雅久

キノロン低感受性インフルエンザ菌のキノロン治療抵抗性と簡易検出法
田中 愛海、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久

第67回日本化学療法学会東日本支部総会

2020年10月 オンライン開催

銀翹解毒丸による薬剤耐性ピロリ菌に対する増殖抑制効果
中瀬 恵亮、山田 哲也、中南 秀将、野口 雅久

抗菌薬使用量の変化はMRSAの流行型に影響する?
中南 秀将、野口 雅久

第894回日本皮膚科学会東京地方会

2021年1月 オンライン開催

PVL陽性のMRSAによる再発性せつの1例
岩渕 千雅子、島田 京香、日野 治子、金子 寛、中南 秀将

第94回日本細菌学会総会

2021年3月 オンライン開催

A family case of CA-MRSA infection with USA300 clone
M. Sugawara-Mikami, H. Kaneko, and H. Nakaminami

 

日本薬学会第141年会

2021年3月 オンライン開催

日本と韓国で分離されたPanton-Valentine leukocidin陽性MRSAの流行状況と分子疫学的特徴の比較
横森 詩穂、高玉 駿介、中南 秀将

Real-time PCR法を用いた尿路感染症迅速診断法の評価
川田 裕己、中南 秀将

臨床分離された多剤耐性溶血性Streptococcus属菌の多剤耐性メカニズムの解析
萩元 敦也、輪島 丈明、中南 秀将

銀翹解毒丸製剤の抗菌活性に寄与する生薬の検討
福元 茶穂、輪島 丈明、山田 哲也、中南 秀将

皮膚・軟部組織感染症由来β溶血性レンサ球菌の分子疫学的特徴
本沢 航晟、輪島 丈明、横山 翔、中南 秀将

Tannase遺伝子を利用したStreptococcus gallolyticusの特異的検出法
矢島義高、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久

浸透圧吸水性ドレッシング材による黄色ブドウ球菌の増殖抑制と防臭効果
鈴木 晃二郎、中南 秀将、野口 雅久

犬の皮膚感染症から分離されたブドウ球菌の抗菌薬感受性
齊藤 拓光、村澤 康平、中南 秀将

2019年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Clonal change of methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from patients with impetigo in Kagawa, Japan
  J. Dermatol. 46(4): 301-307 (2019)
  Sasai, N., Nakaminami, H., Iwasaki, M., Iwao, M., Misegawa, K., Hasui, M., Sato, M., Yamamoto, S., Yoshida, T., Asano, T., Senoue, M., Ikeda, M., Noguchi, N.

2) Decreased prevalence of qacA-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus in hospitalized patients in Tokyo, Japan
  Microb. Drug Resist. 25(7): 1032-1040 (2019)
  Miyajima, E., Harada, D., Nakaminami, H., Kitamura, Y., Tamura, T., Kawakubo, T., Noguchi, N.

3) Fast-acting bactericidal activity of olanexidine gluconate against qacA/B-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus
  J. Med. Microbiol. 68(6): 957-960 (2019)
  Nakaminami, H., Takadama, S., Okita, M., Sasaki, M., Noguchi, N.

4) The impact of the introduction of the 13-valent pneumococcal vaccine on pneumococcal serotypes in non-invasive isolates from 2007 to 2016 at a teaching hospital in Japan
  J. Med. Microbiol. 68 (6): 903-909 (2019)
  Suzuki, S., Osato, R., Wajima, T., Hasebe, T., Ishikawa, H., Mitsumori, H., Nakaminami, H.,Noguchi, N.

5) Relationship between quinolone usage and its resistance of Staphylococcus epidermidis in patients with acne vulgaris
  J. Dermatol.46(9): 782-786 (2019)
  Nakase, K., Yoshida, A., Saita, H., Hayashi, N., Nishijima, S., Nakaminami, H., Noguchi, N.

6) Isolation of multidrug-resistant Haemophilus influenzae multiple exogenous genes from a patient diagnosed with acute sinusitis
  J. Infect. Chemother. 25(5): 385-387 (2019)
  Hara, N., Wajima, T., Seyama, S., Tanaka, E., Shirai, A., Shibata, M., Natsume, Y., Shiro, H., Noguchi, N.

7) Emergence of Haemophilus influenzae with low susceptibility to quinolones and persistance in tosufloxacin treatment
  J. Glob. Antimicrob. Resist. 18: 104-108 (2019)
  Tanaka, E., Hara, N., Wajima, T., Ochiai, S., Seyama, S.,  Shirai, A., Shibata, M., Shiro, H., Natsume, Y., Noguchi, N.

8) Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase of Mycoplasma pneumoniae induces infection-related glomerulonephritis
  Clin. Nephrol. 92(5): 263-272 (2019)
  Hirano, D., Oda, T., Ito, A., Yamada, A., Kakegawa, D., Miwa, S., Umeda, C., Chiba, K., Takemasa, Y., Wajima, T., Nakaminami, H., Noguchi, N., Ida, H.

9) An outbreak of severe infectious diseases caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone among hospitalized patients and nursing staff in a tertiary care university hospital
  J. Infect. Chemother. 26(1): 76-81 (2020)
  Kobayashi, T., Nakaminami, H., Ohtani, H., Yamada, K., Nasu, Y., Takadama, S., Noguchi, N., Fujii, T., Matsumoto, T.

10) Earlier generation quinolones can be useful in identifying Hameophilus influenzae strains with low susceptibility to quinolone isolated from paediatric patients
  J. Med. Microbiol. 68(8): 1227-1232 (2019)
  Tanaka, E.,  Wajima, T., Noguchi, N.

11) First report of fatal infection caused by community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone in a collegiate athlete
  JMA Journal. 3 (1): 78-82 (2020)
  Yokomori, R., Tsurukiri, J., Moriya, M., Yamanaka, H., Kobayashi, T., Nakaminami, H., Takadama, S., Noguchi, N., Matsumoto, T., Arai, T.

12) Combination effects of modified Gingyo-san extract and antimicrobial agents
  Eur. J. Integr. Med. 33: 101016 (2020)
  Yamada, T., Wajima, T., Nakaminami, H., Ikoshi, H., Noguchi, N.

13) Transferable multidrug resistance plasmid carrying a novel macrolides-clindamycin resistance gene erm(50) in Cutibacterium acnes
  Antimicrob. Agents Chemother. 21; 64 (3) e01810-19 (2020)
  Aoki, S., Nakase, K., Nakaminami, H., Wajima, T., Hayashi, N., Noguchi, N.

14) 微生物学的見地から考える、移植組織保存液に加えるべき抗菌薬
  Organ Biology. 7 (1): 7-19 (2020)
  中南 秀将, 野口 雅久

15) First outbreak of Haemophilus influenzae clone ST422 with low susceptibility to quinolones in paediatric patients in Japan
  J. Med. Microbiol. 69(2): 239-243 (2020)
  Tanaka, E.,  Wajima, T., Hara, N., Shirai, A., Shibata, M., Shiro, H., Noguchi, N.

16) β-Lactamase-non-producing ampicillin-resistant Haemophilus influenzae is acquiring multidrug resistance
  J Infect Public Health. in press (2020)
  Yamada, S., Seyama, S., Wajima, T., Yuzawa, Y., Saito, M., Tanaka, E., Noguchi, N.

17) Changes in epidemiologic characteristics and antimicrobial resistance of Streptococcus pyogenes isolated over 10 years from Japanese children with pharyngotonsillitis
  J Med Microbiol. in press (2020)
  Ubukata, K., Wajima, T., Morozumi, M., Sakuma, M., Tajima, T., Matsubara, K., Itahashi, K., Iwata, S.

 

学会発表

国際学会

FEMS2019

2019年7月 Glasgow, Scotland

Cutibacterium acnes phylogenetic type IB and II isolated from patients with non-acne diseases exhibit high-level biofilm formation
Nakase, K., Midorikawa, R., Yamasaki, K., Aoki, S., Noguchi N.

31st ICC - 4th GCCMID 2019

2019年11月 Dubai, UAE

Dissemination of diverse Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan
Nakaminami, H., Takadama, S., Wajima, T., Noguchi N.

 

国内学会

第92回日本細菌学会総会

2019年4月 札幌

本邦で分離されたPVL陽性MRSAの遺伝子型とその特徴
髙玉 駿介、中南 秀将、野口 雅久

Transconjugation of Tn5432 containing erm(X) among Cutibacterium acnes strains
青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久

第67回日本化学療法学会総会

2019年5月 東京

キノロン低感受性インフルエンザ菌の出現と抗菌薬治療への影響
原 直己、輪島 丈明、城 裕之、野口 雅久

Borderline oxacillin-resistant Staphylococcus aureus (BORSA) のoxacillin低感受性化機構
中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久

第10回女性健康科学研究会

2019年6月 大阪

全国の皮膚科クリニックを受診したニキビ患者由来アクネ菌の疫学調査~薬剤耐性アクネ菌の保菌とニキビ重症度との関連性~
中瀬 恵亮

第118回日本皮膚科学会総会

2019年6月 名古屋

ざ瘡患者における抗菌薬使用と薬剤耐性アクネ菌出現の関連性
青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久

ざ瘡治療における漢方薬の抗アクネ菌作用の検討
中瀬 恵亮、田代 絢香、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
 

MRSAフォーラム2019

2019年7月 東京

USA300 cloneのbiofilmに対する抗MRSA薬の効果(優秀ポスター賞)
金子 寛、中南 秀将、小澤 昂佑、輪島 丈明、野口 雅久

 

第31回微生物シンポジウム

2019年8月 京都

Cutibacterium acnesにおける外来性clindamycin耐性遺伝子の獲得機構
青木 沙恵、中瀬 恵亮、野口 雅久

A群レンサ球菌のM3タンパクとコラーゲンの結合はバイオフィルム形成を亢進させる
輪島 丈明、Helena Bergsten、Ulrich Schwarz-Linek、Mattias Svensson、野口 雅久、Anna Norrby-Teglund

PVL陽性MRSAの流行と院内型MRSAの変化
髙玉 駿介、中南 秀将、野口 雅久

皮膚常在菌によるCutibacterium acnesの増殖抑制作用
小泉 珠理、中瀬 恵亮、野口 雅久

第8回医薬工シンポジウム

2019年8月 東京

高病原性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) のバイオフィルムに対する抗MRSA薬の効果
中南 秀将、金子 寛、小澤 昂佑、輪島 丈明、野口 雅久

 

第66回日本化学療法学会東日本支部総会

2018年10月 仙台

市中におけるUSA300 cloneの流行状況
中南 秀将、野口 雅久

オールドキノロン系薬ディスクを用いたキノロン低感受性H. influenzaeの簡易検出法
輪島 丈明、田中 愛海、野口 雅久

第93回日本細菌学会総会

2020年2月 名古屋

Cutibacterium acnes IB and II isolated from non-acne patients exhibit high-level biofilm formation
K Nakase, R Midorikawa, K Yamasaki, N Noguchi

本邦で分離されるMRSAの変遷
中南 秀将、高玉 駿介、野口 雅久
 

日本薬学会第140年会

2020年3月 京都

病院で分離されるMRSAの流行型と抗菌薬感受性の推移
川崎 日菜子、中南 秀将、高玉 駿介、福田 夏稀、野口 雅久

ざ瘡治療における過酸化ベンゾイルの殺菌メカニズム解析
大羽 崚太、中瀬 恵亮、野口 雅久

歯周病原因菌に対する生薬製剤の増殖抑制作用およびバイオフィルム形成抑制作用
臼井 さくら、中瀬 恵亮、野口 雅久

Enterococcus faecalisは皮膚感染症の起因菌となりうるか
横山 翔、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久

多剤排出ポンプ遺伝子qacA/B陽性黄色ブドウ球菌の膿瘍内増殖
吉田 拓真、中南 秀将、野口 雅久

市中における強毒型MRSAの特徴と流行状況
金井 美樹、中南 秀将、小澤 和也、野口 雅久

キノロン低感受性Haemophilus influenzae株に対する各種抗菌薬の殺菌効果
溝井 幸生、輪島 丈明、田中 愛海、原 直己、野口 雅久

細菌芽胞に対する各種消毒薬の効果
佐藤 智見、中南 秀将、高玉 駿介、野口 雅久

肺炎球菌における成人および小児由来株のワクチン導入による莢膜型の変遷
山下 香奈枝、輪島 丈明、松澤 茜、野口 雅久

抗菌薬の選択圧によるMRSA流行株の変化
村澤 康平、中南 秀将、宮嶋 英里、野口 雅久

感染症原因菌として分離されたアクネ菌の遺伝子型とバイオフィルム形成能
筒井 美帆、中瀬 恵亮、野口 雅久

当帰飲子による黄色ブドウ球菌の病原性減弱効果
内野 加奈子、中南 秀将、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久

生薬製剤がもつ抗菌活性の新規スクリーニング法の開発
百瀬 由以、輪島 丈明、野口 雅久

ざ瘡の抗菌薬治療による皮膚細菌の薬剤耐性化への影響
福元 彩菜、中瀬 恵亮、青木 沙恵、野口 雅久

インフルエンザ菌はキノロン低感受性化傾向である
齋藤 麻純、輪島  丈明、田中 愛海、野口  雅久

臨床分離Cutibacterium avidumの特徴と型別の解析
小泉 珠理、中瀬 恵亮、野口 雅久

2018年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Propionibacterium acnes Has Low Susceptibility to Chlorhexidine Digluconate
  Surg. Infect. 19(3):298-302 (2018)
  Nakase K, Fukushima H, Yukawa T, Nakaminami H, Fujii T, Noguchi N

2) Dissemination of Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone in multiple hospitals in Tokyo, Japan
  Clin. Microb. Infect. 24(11): 1211.e1-1211 (2018)
  Takadama, S., Nakaminami, H., Sato, A., Shoshi, M., Fujii, T., Noguchi, N.

3) Change in genotype of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) affects the antibiogram of hospital-acquired MRSA
  J. Infect. Chemother. 24(7): 563-569 (2018)
  Harada, D., Nakaminami, H., Miyajima, E., Sasai, N., Kitamura, Y., Tamura, T., Kawakubo, T., Noguchi, N.

4) Characterization of SCCmec type IV methicillin-resistant Staphylococcus aureus clones increased in Japanese hospitals
  J. Med. Microbiol. 67(6): 769-774 (2018)
  Nakaminami, H., Takadama, S., Ito, A., Hasegawa, M., Jono, C., Noguchi, M., Shoshi, M., Wajima, T., Fujii, T., Maruyama, H., Sakamoto, H., Ito, Y., Okamoto, S., Masaki, Y., Tsuchiya, K., Nishinarita, S., Noguchi, N.

5) Effects of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Genotypic Penicillin Resistance and Serotype Changes, Japan, 2010-2017
  Emerg Infect Dis. 24 (11): 2010-2020 (2018)
  Ubukata K, Takata M, Morozumi M, Chiba N, Wajima T, Hanada S, Shouji M, Sakuma M, Iwata S, Invasive Pneumococcal Diseases Surveillance Study Group

6) Development of effective antimicrobial cocktails to prevent bacterial contamination of allograft tissues under low temperature conditions
  Interact Cardiovasc Thorac Surg. 28 (1): 128-136 (2019)
  Nakaminami, H., Tajima, M., Koishikawa, K., Shiratori, Y., Shioura, M., Sasatsu, M., Noguchi, N.

7) A case of acute septic arthritis of the hip joint caused by Panton-Valentine leukocidin-positive ST772 community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus
  J. Infect. Chemother. 25 (3): 212-214 (2019)
  Takadama, S., Yamagishi, Y., Nakaminami, H., Morishima, T., Deie, M., Mikamo, H., Noguchi, N.

8) Comparative analysis of methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from outpatients of dermatology unit in hospitals and clinics
  J. Infect. Chemother. 25 (3): 233-237 (2019)
  Nakaminami, H., Sugiyama, T., Okamura, Y., Hanawa, M., Abou, M., Sawada, K., Chiba, Y., Kobayashi, Y., Kawasaki, S., Ueki, T., Funatsu, S., Nagatani, T., Noguchi, N.

9) Transconjugation of erm(X) Conferring High-Level Resistance of Clindamycin for Cutibacterium acnes
  J Med Microbiol. 68 (1):26-30 (2019)
  Aoki S, Nakase K, Hayashi N, Noguchi N

10) Identification and detection of USA300 methicillin-resistant Staphylococcus aureus clones with a partial deletion in the ccrB2 gene on the type IV SCCmec element
  Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 94 (1): 86-87 (2019)
  Takadama, S., Nakaminami, H., Takii, T., Noguchi, N.

11) Evaluation of in vitro bactericidal activity of 1.5% olanexidine gluconate, a novel biguanide antiseptic agent
  Biol. Pharm. Bull. 42 (3): 512-515 (2019)
  Seyama, S., Nishioka, H., Nakaminami, H., Nakase, K., Wajima, T., Hagi, A., Noguchi, N.

12) Tokiinshi, a traditional Japanese medicine (Kampo), suppresses Panton-Valentine leukocidin production in the methicillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone
  PLoS One. 14 (3): e0214470 (2019)
  Maezawa, Y., Nakaminami, H., Takadama, S., Hayashi, M., Wajima, T., Nakase, K., Yamada, T., Ikoshi, H., Noguchi, N.

13) Panax notoginseng extract possesses significant antimicrobial activity against pathogenic streptococci
  Pharmacology. 103 (5-6): 221-227 (2019)
  Wajima, T., Kinugawa R., Yamada, T., Ikoshi, H., Noguchi, N.

 

学会発表

国際学会

IDweek 2018

October, 2018 San Francisco
T Wajima, H Ishikawa, S Suzuki, AI Matsuzawa, H Nakaminami, N Noguchi
  Non-encapsulation of Pneumococci as a Potential Evasion Mechanism from Vaccines

 

国内学会

第66回日本化学療法学会総会

2018年5月 岡山
中南 秀将、高玉 駿介、藤井 毅、野口 雅久
病院内で増加するSCCmec type IVのMRSA:市中とは異なるクローンの流行

髙玉 駿介、中南 秀将、 藤井 毅、野口 雅久
入院患者で急増するPVL陽性MRSA

第116回日本皮膚科学会総会

2018年5月 広島
中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久
ざ瘡治療由来アクネ菌のBPO製剤導入による薬剤耐性の変化

青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久
全国のクリニックを対象としたざ瘡患者由来アクネ菌の薬剤耐性調査

第9回MRSAフォーラム

2018年7月 東京
高玉 駿介、中南 秀将、瀧井 猛将、野口 雅久
SCCmec type Iと分類されたUSA300 cloneの分離と同定

第30回微生物シンポジウム

2018年8月 東京
中南 秀将 、高玉 駿介、野口 雅久
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の変化 -病院内で急増する市中型MRSA-

輪島 丈明、石川 春奈、鈴木 詩織、中南 秀将、野口 雅久
13価肺炎球菌結合型ワクチン導入以後に顕在化した無莢膜型肺炎球菌の特徴

第65回日本化学療法学会東日本支部大会

2018年10月 東京
中南 秀将、輪島 丈明、中瀬 恵亮、山田 哲也、野口 雅久
漢方薬「当帰飲子」は黄色ブドウ球菌のPVL産生を抑制する

第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会

2018年10月 東京
輪島 丈明、野口 雅久
pspK領域獲得は肺炎球菌の無莢膜化を引き起こす

第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会

2019年2月 東京
根岸 健太、角田 玲奈、中南 秀将、野口 雅久、鈴木 憲康
血液培養からGranulicatella adiacensを検出した感染性心内膜炎の1例

角田 玲奈、根岸 健太、中南 秀将、野口 雅久、鈴木 憲康
Corynebacterium striatumによる化膿性関節炎から敗血症を呈した1例

日本薬学会第139年会

2019年3月 千葉
金子 寛、中南 秀将、小澤 昂佑、輪島 丈明、野口 雅久
強毒型MRSA USA300 cloneのバイオフィルムに対する抗MRSA薬の効果

小澤 和也、中南 秀将、笹井 菜央、宮嶋 英里、野口 雅久
日本の市中におけるPVL陽性MRSAの流行状況

松澤 茜、輪島 丈明、鈴木 詩織、野口 雅久
PspK保有無莢膜型肺炎球菌は定着しうるか-莢膜保持株との比較解析-

中西 真優、中瀬 恵亮、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
ピロリ菌に対する中成薬 銀翹解毒丸の抗菌活性及び抗菌薬との併用効果(優秀発表賞受賞)

田中 愛海、輪島 丈明、瀨山 翔史、原 直己、落合 祥子、野口 雅久
キノロン低感受性Haemophilus influenzae株の出現 ‐治療薬抵抗性と検出法‐

藤井 仁美、輪島 丈明、安齋 唯、野口 雅久
Oleanolic AcidとUrsolic Acidはインフルエンザ菌のバイオフィルム形成を阻害する

百瀬 美里、中瀬 恵亮、野口 雅久
脂肪酸及び皮脂存在下におけるアクネ菌の増殖とリパーゼ活性の変化

福田 夏稀、中南 秀将、高玉 駿介、赤須 友美、野口 雅久
大学病院の外来患者で増加する強毒型MRSA USA300 clone

片山 衣舞、中南 秀将、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
漢方薬の黄色ブドウ球菌に対する抗病原性効果

名田 璃沙子、中瀬 恵亮、野口 雅久
MRSAに有効な新規抗菌性物質産生細菌の探索(優秀発表賞受賞)

赤須 友美、中南 秀将、高玉 駿介、佐藤 朝美、野口 雅久
入院患者における強毒型MRSA USA300 cloneの増加

林 美波、中南 秀将、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
生薬製剤および健康食品による細菌のバイオフィルム形成阻害効果

2017年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Propionibacterium acnes is developing gradual increase in resistance to oral tetracyclines
  J. Med. Microbiol. 66, 8-12 (2017)
  Nakase, K., Nakaminami, H., Takenaka, Y., Hayashi, N., Kawashima, M., Noguchi, N.
 
2) Determination of mutant prevention concentration and mutant selection window of topical antimicrobial agents against Propionibacterium acnes
  Chemotherapy. 62, 94-99 (2017)
  Nakase, K., Nakaminami, H., Toda, Y., Ikeda, M., Noguchi, N.
 
3) Rise in Haemophilus influenzae with reduced quinolone susceptibility and development of a simple screening method
  Pediatr. Infect. Dis. J., 36, 263-266 (2017)
  Seyama, S., Wajima, T., Yanagisawa, Y., Nakaminami, H., Ushio, M., Fujii, T., Noguchi, N.

4) Emergence and molecular characterization of Haemophilus influenzae harbouring mef(A)
  J. Antimicrob. Chemother. 72, 948-949 (2017)
  Seyama, S., Wajima, T., Suzuki, M., Ushio, M., Fujii, T., Noguchi, N.

5) Efflux transporter of siderophore staphyloferrin A in Staphylococcus aureus contributes to bacterial fitness in abscesses and epithelial cells
  Infect. Immun., 85, e00358-17 (2017)
  Nakaminami, H., Chen, C., Truong-Bolduc, Q., Kim, ES., Wang, Y., Hooper, DC.
 
6) An antibiotic that inhibits the ATPase activity of an ABC transporter by binding to a remote extracellular site
  J. Am. Chem. Soc., 139, 10597-10600 (2017)
  Matano, L., Morris, H., Hesser, A., Martin, S., Lee, W., Owens, T., Laney, E., Nakaminami, H., Hooper, D., Meredith, T., Walker, S. 

7) First report of sasX-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan
  FEMS Microbiol. Lett., 364, fnx171 (2017)
  Nakaminami, N., Ito, T., Han, X., Ito, A., Matsuo, M., Uehara, Y., Baba, T., Hiramatsu, K., Noguchi, N.
 
8) Specific clones of Staphylococcus lugdunensis are associated with colon carcinoma
  J. Infect. Public Health, 11, 39-42 (2018)
  Noguchi, N., Fukuzawa, M., Wajima, T., Yokose, K., Suzuki, M., Nakaminami, H., Kawai, T., Moriyasu, F., Sasatsu, M.
 
9) Prevalence of skin infections caused by Panton-Valentine leukocidin-positive methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan, particularly in Ishigaki, Okinawa
  J. Infect. Chemother., 23, 800-803 (2017)
  Takadama, S., Nakaminami, H., Aoki, S., Wajima, T., Ikeda, M., Mochida, A., Shimoe, F., Kimura, K., Matsuzaki, Y., Sawamura, D., Inaba, Y., Oishi, T., Nemoto, O., Baba, N., Noguchi, N.
 
10) Genetic diversity of pvl-positive community-onset methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated at a university hospital in Japan
  J. Infect. Chemother., 23, 856-858 (2017)
  Nakaminami, H., Ito, A., Sakanashi, D., Suematsu, H., Yamagishi, Y., Mikamo, H., Noguchi, N.  

11) Evaluation of in vitro anti-amoebic activity of antimicrobial agents against clinical Acanthamoeba isolates
  J. Ocular Pharmacol. Ther., 33, 620-628 (2017)
  Nakaminami, H., Tanuma, K., Enomoto, K., Yoshimura, Y., Onuki, T., Nihonyanagi, S., Hamada, Y., Noguchi, N.
 
12) Amino acid substitution in the major multi-drug efflux transporter protein AcrB contributes to azithromycin low-susceptibility in Haemophilus influenzae
  Antimicrob. Agents Chemother., 61, e01337-17 (2017)
  Seyama, S., Wajima, T., Nakaminami, H., Noguchi, N.

13) Antimicrobial susceptibility and phylogenetic analysis of Propionibacterium acnes isolated from acne patients in Japan between 2013 and 2015
  J. Dermatol. 44(11):1248-1254 (2017)
  Nakase K., Hayashi N., Akiyama Y., Aoki S., Noguchi N.

14) Involvement of adenosine triphosphate-binding cassette subfamily B member 1 in the augmentation of triacylglycerol excretion by Propionibacterium acnes in differentiated hamster sebocytes
  J. Dermatol. 44(12):1404-1407 (2017)
  Mizuno K., Akimoto N., Kawamura M., Nakase K., Noguchi N., Sato T.

15) Long-term administration of oral macrolides for acne treatment increases macrolide-resistant Propionibacterium acnes
  J. Dermatol. 45(3): 340-343 (2018)
  Nakase K., Okamoto Y., Aoki S., Noguchi N.

学会発表

国際学会

ASM Microb 2017

June, 2017 New Orleans
Hidemasa Nakaminami, Ayumu Ito, Shunsuke Takadama, Takeaki Wajima, Takeshi Fujii, Norihisa Noguchi
  Emergence of Novel ST5 Clones Contributes to Dynamic Clonal Change of Healthcare-Associated Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA) in Japan

July, 2017 Valencia
Shoji Seyama, Takeaki Wajima, Hidemasa Nakaminami, Norihisa Noguchi
  Amino acid substitution of AcrB contributes to azithromycin resistance in Haemophilus influenzae

Keisuke Nakase, Nobukazu Hayashi, Norihisa Noguchi
  Antimicrobial susceptibility and phylogenetic analysis of Propionibacterium acnes isolated from acne patients in a Japanese hospital

 

国内学会

第65回日本化学療法学会総会

2017年4月 東京
中南 秀将、高玉 駿介、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
病院内におけるpvl 陽性MRSAの動向と分子疫学的特徴

中瀬 恵亮、輪島 丈明、中南 秀将、藤井 毅、野口 雅久
アクネ菌臨床分離株のバイオフィルム形成能と薬剤感受性

瀬山 翔史、輪島 丈明、野口 雅久
Macrolide低濃度曝露によるclarithromycin耐性Haemophilus influenzaeの高頻度出現

高玉 駿介、中南 秀将、輪島 丈明、池田 政身、野口 雅久
日本各地の皮膚科クリニックから分離されたpvl陽性市中感染型MRSAの分子疫学的解析

湯川 智子、中瀬 恵亮、野口 雅久
臨床分離アクネ菌の消毒薬感受性
 

第116回日本皮膚科学会総会

2017年6月 仙台
中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久
ざ瘡治療における抗菌薬使用のアクネ菌耐性化への影響
 

第29回微生物シンポジウム

2017年8月 広島
瀬山 翔史、輪島 丈明、柳澤 友希、落合 祥子、中南 秀将、野口 雅久
小児科領域におけるHaemophilus influenzaeのキノロン低感受性化 ー分子疫学的解析と検出法ー

青木 沙恵、中瀬 恵亮、林 伸和、野口 雅久
薬剤耐性Propionibacterium acnesの増加と抗菌薬使用の相関性

 

第61回薬学会関東支部大会

2017年9月 東京
簡 婉伊、金沢 貴憲、中南 秀将、茨木 ひさ子、青木 雅和、小澤 昂佑、舟見 百代、金子 寛、高島 由季、野口 雅久、瀬田 康生
異なる表面物性のリポソームによ緑膿菌バイオフィル滞留おび障害評価

 

第64回日本化学療法学会東日本支部大会

2017年10月 東京
山田 哲也、中南 秀将、輪島 丈明、中瀬 恵亮、野口 雅久
中成薬「銀翹解毒丸」と「白花蛇舌草」の抗感染症作用(学術奨励賞受賞)

小林 勇仁、藤井 毅、山田 加奈子、那須 豊、野口 雅久
PVL産生CA-MRSA (USA300クローン) による難治性多発皮下膿瘍の一例と同一菌株による院内アウトブレイク事例

 

日本医療薬学会第27回年会

2017年11月 千葉
原田 大、中南 秀将、北村 好申、川久保 孝、野口 雅久
大学病院におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌および抗菌薬使用量の動向調査

 

第33回日本環境感染学会総会

2018年2月 東京
中南 秀将、野口 雅久
多剤排出ポンプ遺伝子陽性MRSAに対する消毒薬の殺菌効果

 

日本薬学会第138年会

2018年3月 金沢
奥田 紗瑛、中南 秀将、輪島 丈明、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
腸管感染症起因菌に対する中成薬「五行草茶®」の抗菌効果

沖田 美樹、中南 秀将、高玉 駿介、佐々木 摩利、野口 雅久
消毒薬排出ポンプをコードするqacA/B遺伝子陽性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する各種消毒薬の殺菌効果

河村 佳奈、中瀬 恵亮、野口 雅久
色素産生アクネ菌株の検出と色素の性状解析

宮嶋 英里、中南 秀将、原田 大、杉山 拓、笹井 菜央、北村 好申、川久保 孝、野口 雅久
病院内のMRSAにおける市中型菌株の増加に伴う抗菌薬感受性の変化(優秀発表賞受賞)

宮澤 裕介、中瀬 恵亮、野口 雅久
アクネ菌のバイオフィルム形成メカニズムの解明

笹井 菜央、中南 秀将、杉山 拓、宮嶋 英里、野口 雅久
Clonal complex 8の市中感染型MRSAの増加

山﨑 絹人、中瀬 恵亮、野口 雅久
入院患者由来アクネ菌のバイオフィルム形成能と薬剤感受性

山田  翔伍、瀬山  翔史、輪島  丈明、中南  秀将、野口  雅久
臨床分離Haemophilus influenzaeにおける薬剤感受性の変化

小澤 昂佑、中南 秀将、青木 雅和、野口 雅久
緑膿菌のバイオフィルムに対する抗菌薬の透過性

青木 沙恵、中瀬 恵亮、野口 雅久
皮膚常在細菌におけるマクロライド耐性遺伝子erm(X) の拡散

赤須 友美、中南 秀将、高玉 駿介、佐藤 朝美、野口 雅久
入院患者における強毒型MRSA USA300 cloneの増加

前澤 優圭、中南 秀将、輪島 丈明、中瀬 恵亮、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
黄色ブドウ球菌に対する当帰飲子の抗感染症効果

野村 涼、中南 秀将、野口 雅久
クラスA β-ラクタマーゼの産生による黄色ブドウ球菌のオキサシリン低感受性化機構の解析

落合 祥子、瀬山 翔史、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
キノロン系薬の低濃度曝露による低感受性インフルエンザ菌の出現

鈴木 詩織、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
ワクチン導入前後における肺炎球菌の莢膜型と薬剤感受性の変化

鈴木 珠理、中瀬 恵亮、野口 雅久
皮膚常在菌によるアクネ菌の増殖阻害作用

髙玉 駿介、中南 秀将、 野口 雅久
病院内メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の変化

大竹 貴行、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久
メタロβ‐ラクタマーゼ産生腸内細菌科細菌におけるプラスミド性キノロン耐性因子の分布

瀬山 翔史、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
AcrB変異Haemophilus influenzaeのAzithromycin低感受性化の解析とカイコ感染モデルによる病原性の評価

吉田 葵、青木 沙恵、中瀬 恵亮、野口 雅久
ざ瘡患者由来マクロライド耐性アクネ菌の増加と新規耐性菌の出現

2016年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) マイクロスキャン®Pos Combo 3.1Jパネルを用いたプロンプト法でMIC 1 μg/mLおよび2 μg/mLを示すmethicillin-resistant Staphylococcus aureus株に対するvancomycinの有効性
  日化療会誌, 64, 530-538 (2016)
  田杭 直哉, 鈴木 美子, 近藤 匡慶, 長野 槙彦, 吉田 真人, 菅谷 量俊, 丸山 弘, 中南 秀将, 野口 雅久, 村田 和也
 
2) Functional Role of N- and C-Terminal Amino Acids in the Structural Subunits of Colonization Factor CS6 Expressed by Enterotoxigenic Escherichia coli
  J Bacteriol. 14, 1429-41 (2016)
  Anusuya Debnath, Subrata Sabui, Takeaki Wajima, Takashi Hamabata, Rajat Banerjee, Nabendu Sekhar Chatterjee
 
3) Clarithromycin Resistance Mechanisms of Epidemic β-Lactamase-Nonproducing Ampicillin-Resistant Haemophilus influenzae Strains in Japan
  Antimicrob Agents Chemother, 60, 3207-10 (2016)
  Shoji Seyama, Takeaki Wajima, Hidemasa Nakaminami, Norihisa Noguchi
 
4) Impact of calcium concentration in Muller-Hinton medium on the antimicrobial activity of daptomycin
  J Glob Antimicrob Resist, 4, 76-7 (2016)
  Ayumu Ito, Hidemasa Nakaminami, Takeaki Wajima, Norihisa Noguchi
 
5) Prevalence of macrolide-non-susceptible isolates among β-Lactamase-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae in a tertiary care hospital in Japan
  J Glob Antimicrob Resist, 6, 22-6 (2016)
  Takeaki Wajima, Shoji Seyama, Yuka Nakamura, Chihiro Kashima, Hidemasa Nakaminami, Masanobu Ushio, Takeshi Fujii, Norihisa Noguchi 

6) Molecular Characteristics of Group B Streptococci Isolated from Adults with Invasive Infections in Japan
   J Clin Microbiol, 54, 2695-2700 (2016)
   Miyuki Morozumi, Takeaki Wajima, Misako Takata, Satoshi Iwata, Kimiko Ubukata
 
7) A novel 23S rRNA mutation in Propionibacterium acnes confers resistance to 14-membered macrolides
  J Glob Antimicrob Resist, 6, 160-1 (2016)
  Keisuke Nakase, Hidemasa Nakaminami, Yuko Takenaka, Nobukazu Hayashi, Makoto Kawashima, Norihisa Noguchi
 
8) Determination of the Mutant Prevention Concentration and the Mutant Selection Window of Topical Antimicrobial Agents against Propionibacterium acnes
  Chemotherapy, 62, 94-99 (2016)
  Keisuke Nakase, Hidemasa Nakaminami, Yuta Toda, Norihisa Noguchi
 
9) Emergence of fluoroquinolone-resistant Propionibacterium acnes caused by amino acid substitutions of DNA gyrase but not DNA topoisomerase IV
  Anaerobe, 42, 166-171 (2016)
  Keisuke Nakase, Yui Sakuma, Hidemasa Nakaminami, Norihisa Noguchi  

10) Methicillin-Resistant Staphylococcus epidermidis Is Part of the Skin Flora on the Hands of Both Healthy Individuals and Hospital Workers
  Biol Pharm Bull, 39, 1868-1875 (2016)
  Kiyoshi Watanabe, Hidemasa Nakaminami, Chihiro Azuma, Ippei Tanaka, Keisuke Nakase, Norifumi Matsunaga, Kiyoshi Okuyama, Kanako Yamada, Kenta Utsumi, Takeshi Fujii, Norihisa Noguchi
 
11) The modified Gingyo-san, a Chinese herbal medicine, has direct antibacterial effects against respiratory pathogens
  BMC Complement Altern Med, 16, 463 (2016)
  Tetsuya Yamada, Takeaki Wajima, Hidemasa Nakaminami, Kaho Kobayashi, Hideaki Ikoshi, Norihisa Noguchi
 
12) Oldenlandia diffusa Extract Inhibits Biofilm Formation by Haemophilus influenzae Clinical Isolates
  PLoS One, doi: 10.1371/journal.pone.0167335 (2016)
  Takeaki Wajima, Yui Anzai, Tetsuya Yamada, Hideaki Ikoshi, Norihisa Noguchi

 

学会発表

国際学会

ASM Microb 2016

June, 2016 Boston
H. Nakaminami, Q.C. Truong-Bolduc, C. Chen, Y. Wang, D.C. Hooper
  Efflux Pump of Siderophore Staphyloferrin A in Staphylococcus aureus Contributes to Bacterial Fitness in Abscesses and Epithelial Cells

 

国内学会

第115回皮膚科学会総会

2016年6月 於 京都
中瀬 恵亮、秋山 裕衣、林 伸和、野口 雅久
本邦における尋常性痤瘡患者由来Propionibacterium acnesの薬剤耐性化の現状

第64回日本化学療法学会総会

2016年6月 於 神戸
瀬山 翔史、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
小児科由来Haemophilus influenzaeのキノロン低感受性株の増加とgyrA変異の簡易検出法

第59回日本腎臓学会学術総会

2016年6月 於 横浜
尾田 高志、輪島 丈明、須藤 泰代、小島 糾、冨安 朋宏、吉川 憲子、山田 宗治、野口 雅久、吉澤 信行、吉田 雅治
NAPlr, plasmin活性は非溶連菌性の感染関連糸球体腎炎(IRGN)においても陽性である

MRSAフォーラム2016

2016年7月 於 岐阜
中南 秀将、伊藤 歩、輪島 丈明、坂梨 大輔、末松 寛之、山岸 由佳、三鴨 廣繁、野口 雅久
2009年から2014年に分離されたpvl陽性CA-MRSAの分子疫学的解析(優秀発表賞受賞)

第28回微生物シンポジウム

2016年9月 於 名古屋
中南 秀将、伊藤 輝代、韓 笑、伊藤 歩、松尾 美記、上原 由紀、平松 啓一、野口 雅久
sasXを保有する黄色ブドウ球菌の新規ゲノムアイラインドの解析(ベストアブストラクト賞受賞)

山田 哲也、輪島 丈明、中瀬 恵亮、中南 秀将、猪越 英明、野口 雅久
感染症治療における生薬製剤の抗菌活性の検討

高玉 駿介、中南 秀将、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
MRSAにおける消毒薬排出ポンプ遺伝子qacA/Bの分布と薬剤感受性の関連性

第60回日本薬学会関東支部大会

2016年9月 於 東京
鬼怒川 玲奈、輪島 丈明、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
田七人参エキス末は抗化膿レンサ球菌活性を有する

青木 雅和、中南 秀将、白川 直人、中川 裕介、輪島 丈明、野口 雅久
細菌を利用したリードスルー活性評価方法の開発

第63回日本化学療法学会東日本支部総会

2016年10月 於 新潟
瀬山 翔史、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
mefAを保有するインフルエンザ菌の出現とその遺伝学的特徴

高玉 駿介、中南 秀将、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
MRSAにおける消毒薬低感受性遺伝子qacA/Bの分布と薬剤感受性の関連性

第43回 日本臓器保存生物医学会学術集会

2016年11月 於 東京
中南 秀将、小石川 航史、白鳥 勇磨、塩浦 真菜、田島 美沙、野口 雅久
移植組織の細菌汚染を防止する新規抗菌薬カクテルの開発

第90回日本細菌学会総会

2017年3月 於 仙台
H. Nakaminami, Q.C. Truong-Bolduc, C. Chen, Y. Wang, D.C. Hooper
Efflux Transporter of Siderophore in Staphylococcus aureus Contributes to Bacterial Fitness

中瀬 恵亮、岡本 悠平、野口 雅久
Propionibacterium acnesのmacrolide耐性化は低濃度曝露によって助長される

瀬山 翔史、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
Haemophilus influenzaeのAcrBの327番目のアミノ酸置換はAzithromycinの感受性に関与する

高玉 駿介、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久
日本各地の皮膚科クリニックから分離されたpvl陽性市中感染型MRSAの分子疫学的解析

日本薬学会第137年会

2017年3月 於 仙台
安齋 唯、輪島 丈明、山田 哲也、猪越 英明、野口 雅久
白花蛇舌草抽出物によるインフルエンザ菌のバイオフィルム形成阻害作用

佐々木 摩利、中南 秀将、高玉 駿介、輪島 丈明、野口 雅久
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌における多剤排出遺伝子qacA/Bのサブタイプと消毒薬感受性の関連性

佐藤 朝美、中南 秀将、高玉 駿介、輪島 丈明、野口 雅久
病院内で分離された強毒型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の分子疫学的解析(優秀発表賞受賞)

佐伯 成美、輪島 丈明、瀬山 翔史、中南 秀将、野口 雅久
臨床分離されたβ溶血性レンサ球菌の分子疫学的特徴と薬剤耐性伝播

三森 ひかり、輪島 丈明、野口 雅久
口腔内レンサ球菌から肺炎球菌へのキノロン耐性の伝播

杉山 拓、中南 秀将、岡村 優、輪島 丈明、野口 雅久
病院とクリニックの皮膚感染症外来患者から分離された黄色ブドウ球菌の分子疫学的解析

石川 春奈、輪島 丈明、野口 雅久
相同性組換えによる肺炎球菌の無莢膜化メカニズム

湯澤 優奈、輪島 丈明、瀬山 翔史、中南 秀将、野口 雅久
臨床分離インフルエンザ菌の薬剤感受性とA549細胞に対する付着性(優秀発表賞受賞)

2015年度研究室の業績

原著・総説および著書

原著

1) Increase in SCCmec Type IV Strains Affects Trends in Antibiograms of Meticillin-resistant Staphylococcus aureus at a Tertiary-care Hospital
  J Med Microbiol, 64, 745-751 (2015)
  Ayumu Ito, Hidemasa Nakaminami, Takeshi Fujii, Kenta Utsumi, Norihisa Noguchi
 
2) Two Specific Amino Acid Variations in Colonization Factor CS6 Subtypes of Enterotoxigenic Escherichia coli Results in Differential Binding and Pathogenicity
  Microbiology, 161, 865-875 (2015)
  Anusuya Debnath, Takeaki Wajima, Subrata Sabui, Takashi Hamabata, Thandavarayan Ramamurthy and Nabendu Sekhar Chatterjee
 
3) Serotype Changes and Drug Resistance in Invasive Pneumococcal Diseases in Adults after Vaccinations in Children, Japan, 2010-2013
  Emerg Infect Dis, 21, 1956-1965 (2015)
  Kimiko Ubukata, Naoko Chiba, Shigeo Hanada, Miyuki Morozumi, Takeaki Wajima, Michi Shouji, Satoshi Iwata
 
4) Characterization of Unstable pEntYN10 from Enterotoxigenic Escherichia coli (ETEC) O169:H41
  Virulence, 6, 735-744 (2015)
  Erika Ban, Yuka Yoshida, Mitsuko Wakushima, Takeaki Wajima, Takashi Hamabata, Naoki Ichikawa, Hiroyuki Abe, Yasuhiko Horiguchi, Yukiko Hara-Kudo, Eriko Kage-Nakadai, Taro Yamamoto, Takayuki Wada, Yoshikazu Nishikawa
 
5) Molecular Characterization of Invasive Streptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis, Japan
  Emerg Infect Dis, 22, 247-254 (2016)
  Takeaki Wajima, Miyuki Morozumi, Shigeo Hanada, Katsuhiko Sunaoshi,  Naoko Chiba, Satoshi Iwata, Kimiko Ubukata  

6) Host Factors and Biomarkers Associated with Poor Outcomes in Adults with Invasive Pneumococcal Disease
  PLoS one, doi: 10.1371/journal.pone.0147877 (2016)
  Shigeo Hanada, Satoshi Iwata, Kazuma Kishi, Miyuki Morozumi, Naoko Chiba, Takeaki Wajima, Masako Takata, Kimiko Ubukata, The Invasive Pneumococcal Diseases Surveillance Study Group
 
7) Characterization of Oligomeric Assembly of Colonization Factor CS6 from Enterotoxigenic Escherichia coli
  Microbiology, 162, 72-83 (2016)
  Subrata Sabui, Anusuya Debnath, Abhisek Ghosal, Takeaki Wajima, Takashi Hamabata, Thandavarayan Ramamurthy, A. N. Ghosh, Soumen Basak, Nabendu Sekhar Chatterjee

 

学会発表

 

国内学会

第63回 日本化学療法学会総会

2015年6月 於 東京
伊藤 歩、中南 秀将、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
病院内における市中類似メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の拡大

中瀬 恵亮、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
健常者皮膚細菌の薬剤感受性及び遺伝的解析

MRSAフォーラム2015

2015年7月 於 東京
高玉 駿介、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久、藤井 毅
MRSAにおける消毒薬低感受性遺伝子qacA/Bの分布および薬剤感受性の関係

第27回 微生物シンポジウム

2015年9月 於 岡山
伊藤 歩、中南 秀将 、輪島 丈明、藤井 毅、野口 雅久
薬剤に多剤耐性または感受性を示す市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の遺伝的特徴

瀬山 翔史、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
クラリスロマイシン耐性BLNAR株の出現と耐性化メカニズムの解析

第48回 日本薬剤師会学術大会

2015年11月 於 鹿児島
山田 哲也、輪島 丈明、中瀬 恵亮、中南 秀将、猪越 英明、野口 雅久
感染症治療に用いられる生薬製剤の抗菌活性の検討

第89回 日本細菌学会総会

2016年3月 於 大阪
輪島 丈明、野口 雅久
肺炎球菌ワクチン導入以降に分離された無莢膜型肺炎球菌の遺伝学的特徴

瀬山 翔史、輪島 丈明、中南 秀将、野口 雅久
クラリスロマイシン耐性β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌 (BLNAR) の出現と耐性化メカニズムの解析

日本薬学会 第136年会

2016年3月 於 横浜
中瀬 恵亮、野口 雅久
ニキビ患者由来表皮ブドウ球菌におけるキノロン耐性化の分布

青木 沙恵、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久
pvl陽性市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の遺伝学的特徴

岡村 優、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久
イヌの皮膚から分離されたブドウ球菌の分子疫学的研究

大里 隆二、輪島 丈明、野口 雅久
肺炎球菌結合型ワクチン市販後における莢膜型の変化と新たに出現した無莢膜型株の特徴

大房 海人、輪島 丈明、野口 雅久
基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生Proteus mirabilisの動向と遺伝学的特徴

小澤 紘子、中瀬 恵亮、野口 雅久
ニキビ治療薬 過酸化ベンゾイルの抗菌活性測定法の検討

小林 香穂、輪島 丈明、山田 哲也、中瀬 恵亮、猪越 英明、野口 雅久
荊芥連翹湯およびその類似処方の抗感染症作用の検討

島田 有梨、中南 秀将、野口 雅久
実務実習前後における薬学生の鼻腔内表皮ブドウ球菌の変化

鈴木 雅恵、輪島 丈明、野口 雅久
Streptococcus agalactiae が分離された診療科と分離菌の特徴 (優秀発表賞受賞)

佐伯成美、輪島丈明、瀬山翔史、中南秀将、野口雅久
臨床分離されたβ溶血性レンサ球菌の分子疫学的特徴と薬剤耐性伝播

松本 司、中南 秀将、輪島 丈明、野口 雅久
臨床検体を用いたReal-time PCR法による尿路感染症迅速診断法の評価

翠川 廉、中瀬 恵亮、野口 雅久
アクネ菌臨床分離株のバイオフィルム形成能評価

山田 哲也、小林 香穂、輪島 丈明、猪越 英明、野口 雅久
感染症治療に用いられる生薬製剤の抗菌活性の検討