6月20日の日経産業新聞に、「薬物送達学教室 根岸洋一教授と広島大学大学院統合生命科学研究科 山本 卓教授らのグループは、これまで開発を進めてきた超音波応答性ナノDDS製剤により、筋ジストロフィーモデルマウス体内の狙った筋肉へとゲノム編集用のRNAを送り込む手法を考案し、異常遺伝子を修復させる実験に成功した」という関連記事が掲載されました。