2012年10月16日

2012年卒論発表会

日時:9月15日(土)
場所:教育5号館 6F DI室
 薬学実務実習教育センターの2012年度卒論発表会が行われました。卒論生(6年生)6名が、各自スライドを用いて10分のプレゼンテーションと5分の質疑応答に耐えうる卒論最後の発表を行いました。

 

論文課題

生体シミュレータを活用した薬学知識領域における新規教育手法に関する研究 
医薬品添付文書の情報重要度表示を指向したダイアグラム作成方法に関する検討 
患者向け薬剤情報提供文書の記載に関する研究 —施設間の比較— 
COX阻害剤のモルヒネ腫瘍増大効果抑制作用に関する、緩和ケアにおける薬剤師の意識調査 
ファーマコキネティクス/トキシコキネティクスに基づく医薬品の評価予測 
症例から薬剤師の服薬支援を考える 

 

hamada.png

 

 卒論プレゼンテーション:スライドとデモンストレーション
4、5年の卒論生からも活発な質疑 

 

 

 卒論発表会に先立ち、6年生は前期から論文作成を進め、発表の1ヶ月前は、卒論教室にほとんど詰めて一日の時間を費やしました。一つのテーマを、「自力でまとめる」、「発表する」そして批判的評価を受けることを実践できた、卒論活動の総仕上げとなったことでしょう。

発表の詳細や発表者の感想は,本センターの「卒論活動ブログ」にも公開されます。
  ( http://donner.ps.toyaku.ac.jp/d1c_st/ )

一覧に戻る