研究室の業績

2017年度研究室の業績

原著論文

1. Antinociceptive effect of tebanicline for various noxious stimuli-induced behaviours in mice

      Hayashi T, Katsuyama S, Orito T, Suzuki T, Sakurada S.

     Neurosci Lett.,63846-50 ,2017

2. The involvement of spinal release of histamine on nociceptive behaviors induced by intrathecally

    administeredspermine

     Mizoguchi H, Watanabe C, Hayashi T, Iwata Y, Watanabe H, Katsuyama S, Hamamura K, Sakurada T,

     Ohtsu H, Yanai K, Sakurada S.

     Eur J Pharmacol.,8009-15 , 2017

3. Stability of Ursodeoxycholic Acids Tablets in One-Dose Packages

    Shigeo Akiyama, Chieko Maida, Etsuko Miyamoto, Ryo Matsushita, Ikumi Tamai

    Japanese Journal of Generic Medicines, 11, 74-79 , 2017

4. Effect of Phosphate Binder on the Intestinal Absorption of Antihypertensive Drugs

    Kentaro Yano, Takumi Tomono, Masahiko Kanagawa, Shigeo Akiyama, Takuo Ogihara

   The Journal of Community Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 9, 239245 , 2017

5. Blood Pressure Elevation Associated with Topical Prostaglandin F2α Analogs: An Analysis of the Different

    Spontaneous Adverse Event Report Databases

    Katsuhiro Ohyama, Haruna Kawakami, and Michiko Inoue

    Biol Pharm Bull.40, 616-620 ,2017

6. The Effects of Short-term Clinical Pharmacy Learning Trips on English learning motives in 5th-year Pharmacy

    Students

    Hiroko Tobari, Yuki Nakajima, Munetoshi Sugiura, Marcus Ferrone, Michael Z. Wincor, Donald Kishi,

    Motoyoshi Nomizu

   Jpn J Tob Control,1292-98 , 2017

7. Prevalence of Smoking Cessation Training and Practices for Student Pharmacists in Hospital and Community

   Pharmacy Clerkships

    Hiroko Tobari, Masaaki Aizawa, Masato Ito, Michiko Inoue

    Jpn J Tob Control, 12, 92-98 , 2017

8. Investigation into the physicochemical quality of original and generic infusion fluid preparations (2):

    Investigation on the Maintenance Fluid (No.3)

     Sawako Takei, Hiroshi Ohara , Miho Kageyama, Hiroko Tobari, Shintaro Besshoh, Masaki Hamada,

    Takako Masuda, Katsuhiro Ohyama, Soh Katsuyama, Michiko Inoue, Keiji Kuramoto

    Japanese Society for clinical nformation on parenteral drugs, 6, 25-35, 2017

総説

1. 【基本が身につく・考え方がわかる エキスパートが教える薬物動態】 (第4章)薬効別にみた薬物動態と臨床でのポイント オピオイド鎮痛薬・非オピオイド鎮痛薬

国分秀也 月刊薬事, 59, 286-292, じほう, 2017

プロシーディング

1. 糖尿病と睡眠障害について 

    秋山滋男, くすりと糖尿病, 214-216,2017

2.  簡易懸濁法から始めるフィジカルアセスメント 

    秋山滋男, 岩手県薬剤師会誌, 3-6, 2017

3. 当院の看護師を対象とした簡易懸濁法についての実態調査

    秋山滋男 森下宙輝 吉澤洋子 清水喜美子 田中良樹 吉永輝夫, 群馬医学, 105-110, 2017

学会発表等

1. 高齢者医療における多職種連携の一貫としての製薬会社との協働を、薬剤師による処方提案に生かすための一考察 

   増田多加子,藤澤重樹,後藤珠代,我喜屋 成香,大髙千範,井上 みち子, 第26回日本医療薬学会年会

2. 薬学教育における事前実務実習へのルーブリック評価導入の報告

    増田多加子,井上みち子, 日本薬学会第137年会

3. ディスポーザブル式ペン型インスリン注入器の精度の検討

    青木智之、秋山滋男、荻原貴之、村上正巳, 第60回 日本糖尿病学会年次学術集会

4. ビルダグリプチンとメトホルミンの合剤の有用性

    荻原貴之、青木智之、小阿瀬牧子、秋山滋男, 第60回 日本糖尿病学会年次学術集会

5. 糖尿病足病変と患者の認知機能並びに服薬状況の関連についての調査

    斉藤正子、高草木友里、神宮彩子、綿貫基子、小野沢しのぶ、秋山滋男、青木智之、荻原貴之, 第60回 日本糖尿病学会年次学術集会

6. CKD重症度分類に基づいた糖尿病透析予防指導の評価

小野沢しのぶ、宮崎純一、斉木理恵、斉藤正子、園部百代、秋山滋男、青木智之、萩原貴之 ,第60回 日本糖尿病学会年次学術集会

7. シンポジウム:がん医療における体内動態を考慮した 薬剤投与設計 ~抗がん薬から症状緩和薬まで~

    「薬物動態を考慮したがん疼痛治療薬の投与量設計」

    国分秀也 ,第11回日本緩和医療薬学会年会

8. シンポジウム:がん緩和医療における副作用解析の基礎と臨床~薬物動態からデータベースの活用まで~

  「PK/PDを考慮したオピオイドの使用方法」

     国分秀也, 第11回日本緩和医療薬学会年会

9. 防已黄耆湯の末梢性抗侵害刺激作用機構における内因性オピオイドの役割

    岡村健正、小松生明、濱村賢吾、櫻田誓、高野文英、勝山壮、林貴史、窪田篤人、櫻田司, 第11回日本緩和医療薬学会年会

10. 神経障害性疼痛モデルマウス誘発性アロディニアにおけるBergamot Essential Oil (BEO) の持続皮下投与による影響

     田中あかね、濱村賢吾、勝山壮、橋本和、下川杏南、 有竹浩介、小松生明、櫻田司,

     医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファマシーシンポジウム

11. 防已黄耆湯とその有効成分シノメニンの抗侵害作用メカニズムの解明

     岡村健正、勝山壮、櫻田誓、高野文秀、窪田篤人、濱村賢吾、小川鶴洋、小松生明、櫻田司,

     第34回和漢医薬学会学術大会

12. 腎障害患者の問題点とその対応 糖尿病治療薬と腎機能との関連性

      秋山滋男, 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会

13. 高リン血症治療薬ビキサロマー及びセベラマーが降圧薬の消化管吸収に与える影響についての検討

      秋山滋男、矢野健太郎、伴野拓巳、金川 雅彦、荻原琢男, 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会

14. ラメルテオンが引き起こした傾眠症例の報告

      我喜屋成香,増田多加子,後藤珠代,田坂克己,土持薫子,秦皓平,比嘉仁,藤澤重樹,

     日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会

15. ディスポーザブル式ペン型 インスリン注射器の精度の検討

     秋山滋男、青木智之、荻原貴之、村上正巳, 第27回日本医療薬学会年会

16. JADERを用いたプロスタグランジン系点眼薬と喘息の関連性の評価:β遮断薬との比較

     大山 勝宏,杉浦 宗敏, 第27回日本医療薬学会年会

17. 薬剤師の観点から見たがん終末期患者の認知症とせん妄に関する症例報告

     比嘉仁,増田多加子,船橋英樹,杉浦宗敏, 第27回日本医療薬学会年会

18. 薬剤師委員会主催セミナー:大学における受動喫煙防止・防煙・禁煙支援教育

      戸張裕子, 第11回日本禁煙学会総会

19. 非燃焼・加熱式タバコに関する大学1年生の認識および使用実態調査   

      相澤政明、戸張裕子、橋口剛夫, 第11回日本禁煙学会総会

20. 大学生を対象とした能動・受動喫煙関連疾患の知識に関する実態調査

      久保結希、伊藤誠人、戸張裕子、相澤政明、杉浦宗敏、高橋勇二, 第11回日本禁煙学会総会

21. 医療職の国家試験における禁煙関連試験問題の出題に関する調査

     小松裕里、相澤政明、戸張裕子, 第11回日本禁煙学会総会

22. 抑肝散によるパクリタキセル誘発性末梢神経障害抑制効果の検討

     勝山壮、林貴史、小松生明、櫻田司、倉本敬二, 第24回日本未病システム学会

23. シノメニンの抗侵害作用メカニズムの解明

     岡村健正、勝山壮、櫻田誓、高野文秀、田畠健二、濱村賢吾、小川鶴洋、小松生1、櫻田司,

    第52回日本薬学会九州支部大会

24. 医療用麻薬への誤解解消のための患者教育に関する検討(第2報)

     武井佐和子、出口生成、勝山壮、小島尚、鈴木勉、杉浦宗敏, 日本薬学会第138年会

25. 事前実務実習に導入したルーブリック評価からみた「共感」「傾聴」の到達率の低さの原因の検索

     増田多加子,比嘉仁,杉浦宗敏, 日本薬学会第138年会

26. マウス掻痒行動に対するエンドモルフィン-1および-2の作用について

      林貴史、勝山壮、小泉早希、渡辺麻里、鈴木常義、櫻田忍 ,日本薬学会第138年会

講演会等

1. 簡易懸濁法を基礎から学ぶ実技セミナー 

     2017.05.20 秋山滋男 

2. オピオイド鎮痛薬を基礎から学ぶ

    2017.05.27 国分秀也

3. アロマセラピー精油と痛み軽減への可能性

    2017.06.03 勝山壮

4. 簡易懸濁法を基礎から学ぶ実技セミナー

    2017.07.08 秋山滋男 

5. 簡易懸濁法を基礎から学ぶ実技セミナー

    2017.07.23 秋山滋男

6. 災害時医療~東日本大震災・被災者としてまた薬剤師派遣を通して~

    2017.09.03 勝山壮

7. 簡易懸濁法を基礎から学ぶ実技セミナー

   2017.09.08 秋山滋男

8. 簡易懸濁法を基礎から学ぶ実技セミナー

    2017.09.17  秋山滋男

9. 基礎から学ぶ簡易懸濁法実技セミナー

    2017.09.30  秋山滋男

10. 簡易懸濁法を基礎基礎から学ぶ実技セミナー

      2017.10.17 秋山滋男

11. 簡易懸濁法実技セミナー

    2017.11.25  秋山滋男

  

2016年度研究室の業績

原著

1.Effects of repeated administration of the antidepressants fluvoxamine, duloxetine or maprotiline on oxaliplatin-induced
 mechanical allodynia in mice  

 Soh Katsuyama, Chisato Yamada, Chie Suzuki, Takafumi Hayashi, and Keiji Kuramoto
 Japan Mibyou System Association, 22(3), 1-7 ,2016
 

2. Association between selective beta adrenergic drugs and blood pressure elevation: Data mining of the Japanese Adverse Drug
 Event Report (JADER) database

 Katsuhiro Ohyama and Michiko Inoue    
 Yakugaku Zasshi, 136, 1065-71,2016  

3.Investigation into the Physicochemical Quality of Original and Generic Infusion Fluid Preparations (1)
 Sawako Takei, Hiroshi Ohara, Miho Kageyama, Hiroko Tobari, Shintaro Besshoh, Masaki Hamada , Michiko Inoue,
    Kazuo Samizo , Keiji Kuramoto

 Journal of Drug Interaction Research, 39, 135-144,2016

4.Population pharmacokinetic analysis and dosing regimen optimization of penicillin G in patients with infective
   endocarditis
   
Toshiaki Komatsu, Takayuki Inomata, Ichiro Watanabe, Masahiro Kobayashi, Hideya Kokubun, Junya Ako,
    Koichiro Atsuda
   Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 5, 2:9 ,2016

5. Plasma Concentration of Oxycodone and Pain during Hemodialysis in a Patient with Cancer
  
Satoshi Murakami, Mizuki Herai, Satoshi Suzuki, Takayuki Fujii, Hiroaki Tanaka, Mizuki Shinozaki, Hideya Kokubun,
   Toru  Akagi, Yasuhito
   Uezono, Yuko Murakami-Ando, Seiji Shiraishi, and Motohiro Matoba
   Journal of Palliative Care & Medicine
, 6:2 ,2016

6.使用感を考慮したラタノプロスト点眼薬の先発医薬品と後発医薬品の比較検討
   
土井信幸,秋山滋男, 矢野健太郎, 高橋恵美利, 小見暁子, 井戸田陽子, 荻原琢男
   医療薬学
.42(9) .651-658,2016 

総説

1. がん疼痛とオピオイド実践で使える投与設計と患者応対のスキル】
  オピオイドの投与設計の実際 肝・腎機能障害を合併した患者への投与設計
  
国分秀也, 厚田幸一郎
  
薬局, 66(6), 1960-1966, 2015

 2.薬物の投与経路とその効果   オピオイド それぞれの特徴を押さえよう
   
国分秀也
   
LiSA23(3), 234-238, 2016

3.世界の地域薬局で実践されるPOCT,そして日本の検体測定(前編)
 大山 勝宏,溝呂木 俊介,佐藤 優子,喜来 望,土橋 朗
 調剤と情報,22,743-746,2016

4.世界の地域薬局で実践されるPOCT,そして日本の検体測定(後編)
   喜来 望,溝呂木 俊介,佐藤 優子,森並 健太郎,大山 勝宏,土橋 朗
   調剤と情報,22,859-864,2016

5.高齢者が使用する外用消炎鎮痛薬にはどの剤形が適している?
  大山勝宏
  月間薬事,58,3305-3308,2016

学会発表等

1.ゲル化粒状錠およびゲル化錠の服用性の評価
  
鈴木奈緒, 猿渡由佳, 根本礼, 倉田なおみ, 秋山滋男, 中井俊介, 殿岡真帆, 矢後あゆみ, 原田努, 中村明弘
  
2016.05日本薬剤学会31年会 

2.ゲル化粒状錠の服用性に関係する物性の評価 
  
中井俊介, 殿岡真帆, 矢後あゆみ, 原田努, 中村明弘, 鈴木奈緒, 猿渡由佳, 根本礼, 倉田なおみ, 秋山滋男
  
2016.05日本薬剤学会31年会

3.linagliptinの糖尿病腎症に対する効果の検討 
  
荻原貴之, 青木智之, 秋山滋男, 高草木由里, 斎藤正子, 園部百代, 村上正巳 
  
2016.0559回日本糖尿病学会年次学術集会

4.神経障害性モデルマウスの血清中エクソソームは低濃度ホルマリン誘発性刺激行動を増強する
  
濱村 賢吾,楠瀬 直喜,勝山 壮,小松 生明,櫻田 司
  
2016.08.19 36回 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム

5.「バイタルサインの測定」は実技試験の課題として妥当か?他の実技試験課題との難易度比較から見えたこと
   
別生伸太郎,濱田 真向,勝山 壮,大山 勝宏,戸張 裕子,武井 佐和子,影山 美穂,倉本 敬二,三溝 和男,井上 みち子
   
2016.08.27 第1回日本薬学教育学会大会

6.先発輸液から後発輸液への切り替えに,リスクはある?ない?
  
武井 佐和子,影山 美穂,戸張 裕子,別生 伸太郎,濱田 真向,大山 勝宏,勝山 壮,井上 みち子,倉本 敬二
  
2016.09.03 19回日本注射薬臨床情報学会

7. JADERを用いた選択的βアドレナリン受容体作動薬と血圧上昇の関連性の解析
   
大山 勝宏,井上 みち子
   
2016.09.19 26回日本医療薬学会年会

8. インスリン自己注射実習を通じたインスリン製剤に関する薬学部学生の意識の変化
   
影山美穂 
   
2016.10.295回日本くすりと糖尿病学会学術集会

9. 敷地内全面禁煙実施前後における大学生の受動喫煙に関する調査
   
戸張 裕子,山岸 和匡,井上 みち子
   
2016.10.26 75回日本公衆衛生学会総会

10.薬学生による身近な喫煙者への禁煙勧奨に関する実態調査
    小松 裕里,戸張 裕子,相澤 政明,井上 みち子
    
2016.10.29 10回日本禁煙学会学術総会

11.オキサリプラチンによる末梢神経障害に対する抗うつ薬の予防投与効果
    
勝山 壮,山田 千里,鈴木 智恵,林 貴史,倉本 敬二
    
2016.11.05 23回日本未病システム学会12

12. 医療麻薬への誤解解消のための患者教育に関する検討(第1報)
    
武井 佐和子,上利 伊和里,勝山 壮,倉本 敬二,井上 みち子
    
2017.03.24 日本薬学会第137年会

13. 日米の有害事象自発報告データベースを用いたプロスタグランジン系点眼薬の血圧上昇に関する解析
     
川上 春奈,大山 勝宏,倉本 敬二,井上 みち子
     
2017.03.24 日本薬学会第137年会

プロシーディングス

1. ラベンダーオイルの末梢局所皮下投与によるパクリタキセル誘発性末梢神経障害性疼痛抑制効果の検討
    勝山 壮, 音羽 亮, 武井 佐和子, 櫻田 忍, 倉本 敬二
    本未病システム学会雑誌, 22(1), 47-53, 2016

著書

1. .糖尿病と認知症リスクおよび糖尿病治療薬の認知機能改善への有用性について(解説)
 秋山滋男
 
くすりと糖尿病 (2187-6967)42 Page224-225 ,2015.

 

講演会等発表記録

1. 薬剤師がかかわる輸液管理のポイント
   
倉本 敬二
   
2016.09.03 19回日本注射薬臨床情報学会:大会長講演

2. ベルガモット精油ならびにラベンダー精油の行動薬理学的研究
   
勝山 壮
   
2016.09.11 一般社団法人国際アロマセラピー科学研究所講演会

3. ベータカリオフィレンの行動薬理学的研究
  
勝山 壮
  
2016.11.03 一般社団法人国際アロマセラピー科学研究所講演会

 

2015年度研究室の業績

原著

1. Intrathecal morphine-3-glucuronide-induced nociceptive behavior 
    via Delta-2 opioid receptors in the spinal cord

    Takaaki Komatsu, Soh Katsuyama, Hiroshi Nagase, Hirokazu Mizoguchi, 
    Chikai Sakurada, Minoru Tsuzuki, Shinobu Sakurada, 
    Tsukasa  Sakurada
    Pharmacol Biochem Behav, 140, 68-74 (2016)

2. Enhancement of morphine-induced anti-allodynia
    by intraplantar injection of beta-caryophyllene
    in the neuropathic pain model

    Soh Katsuyama, Takaaki Komatsu, Sawako Takei,Tsukasa Sakurada,  
    Keiji Kuramoto
    Aroma Res, 65, 64-67 (2016)
  フレグランスジャーナル社主催AROMA RESEARCH誌論文賞受賞

3. A Study of Tendency for Topical Adverse Effects on each Dermatological Formulation of Diclofenac
   
Katsuhiro Ohyama, Shinji Takahashi,and Katsushi FukuokaJpn
    J Pharm Health Care Sci 41, 360-366 (2015)

総説

1. 感染対策のために知っておきたい薬剤の配合変化・不活性化:注射剤の配合変化
  倉本敬二
  INFECTION CONTROL,Vol.24,572-577,メディカ出版,2015
2.プラスαの輸液力を磨こう!
  倉本敬二
  月刊薬事,Vol.57,1423,(株)じほう,2015
3.総投与熱量と3大栄養素:脂質
  倉本敬二
  月刊薬事,Vol.57,1445-1449,(株)じほう,2015
 4.キット製剤の功罪
  勝山壮
  月刊薬事,Vol.57,1477-1482,(株)じほう,2015

学会発表等

1. 神経障害性疼痛モデルマウスに対するBergamot Essential Oil の
  抗アロディニア機構における内因性オピオイドの関与
  力久 諒派,小松 生明,勝山 壮,瀬野 浦央,大久保 拓馬,椎木 ありさ,
  國吉 佳央梨,吉井 亜紀,櫻田 司
  2015.07.04,医療薬学フォーラム2015 第23回クリニカルファマシーシンポジウム
 (名古屋市)
2.Lavender oilの末梢性抗侵害刺激作用機構における
  内因性オピオイド受容体の関与
  力武 桃菜,小松 生明,勝山 壮,高丘 俊秀,太枝 時男,中村 真子,
  土肥 麻耶子,中野 礼美,前島 瑛子,川崎 隆,真井 健吾,櫻田 司
  2015.07.04,医療薬学フォーラム2015 第23回クリニカルファマシーシンポジウム
 (名古屋市)
3.精神科病棟におけるファーマシューティカルケアの実践について
  村田 篤信,善本 正樹,荒明 哲也 ,勝山 壮,倉本 敬二,
  五十嵐 中,鈴木 敏夫
  2015.07.10,秋田県臨床薬学研究会(秋田県)
4.喫煙習慣の無い大学・大学院生を対象とした非喫煙理由に関する調査
  戸張 裕子,小松 裕里,駒澤 絢子,岩田 奏子,石川 郁暁,
  向山 朋秀,百瀬 亮介,三溝 和男,山岸 和匡,井上 みち子
  2015.07.24,第34回日本社会薬学会年会(熊本市)
5.新規PPN製剤パレプラス輸液の物理化学的性質に関する検討
  鈴木 孝司,大原 宏司,山内 昂,倉本 敬二
  2015.09.05,第18回日本注射薬臨床情報学会(三重県)
6. 難治性掻痒症治療薬nalfurafineの末梢性抗掻痒作用
  音羽 亮,小笠原 蓉子,新井田 隆広,溝口 広一,
  渡辺 千寿子,勝山 壮,長瀬 博,櫻田 忍
  2015.09.18,第66回日本薬理学会北部会(富山県)
7. 諸外国とわが国の薬局におけるPoint of Care Testing(POCT)の現状
  溝呂木 俊介,大山 勝宏,喜来 望,佐藤 優子,水野 芳宏,
  森並 健二郎,村松 宗,竹内 大悟,中西 憲幸,土橋 朗
  2015.9.26,第9回日本薬局学会学術総会(横浜市) 
8.当院における入院患者を対象としたアロマトリートメント(精油成分)による
  疼痛緩和作用の検討(第一報)
  真井 健吾,椎崎 正秀,前間邦夫,楠 直子,池松 いづみ,
  桑波田 日香里,勝山 壮,小松 生明,櫻田 司,櫻田 忍
  2015.10.02,第9回日本緩和医療薬学会年会(横浜市)
9.ホスピスにおけるせん妄誘発因子の探索
  慶 元箕、田村 有梨、増田 多加子、永井 純子、野澤(石井) 玲子、
  植沢芳広、加賀谷肇
  2015.10.02,第9回日本緩和医療薬学会年会(横浜市)
10.医薬品副作用データベースに基づくせん妄に起因する医薬品の解析
  田村 有梨、慶 元箕、増田 多加子、永井 純子、野澤(石井) 玲子、
  植沢 芳広、加賀谷 肇
  2015.10.02,第9回日本緩和医療薬学会年会(横浜市)
11.大学における多職種協働によるPBLを用いた緩和医療卒前教育方法の検討
  武井 佐和子、増田 多加子、西村 和江、古口 めぐみ、石田 千穂、
  波多江 崇、田上 正、杉浦 宗敏
  2015.10.02,第9回日本緩和医療薬学会年会 (横浜市)
12.ラベンダーオイルの末梢局所皮下投与による
  パクリタキセル誘発性末梢神経障害性疼痛抑制効果の検討
  勝山 壮,音羽 亮,倉本 敬二,櫻田 忍
  2015.10.11,第22回日本未病システム学会(札幌市)
13.喫煙習慣の無い大学・大学院生を対象とした非喫煙または禁煙意思に関する調査
  戸張 裕子,山岸 和匡,井上 みち子
  2015.11.04,第74回日本公衆衛生学会総会(長崎県)
14.注射シリンンジ由来の不溶性微粒子に関する研究(第2報)
  菅原 拓也,荒井 浩一,倉本 敬二,東海林 徹,白石 正
  2015.11.21,第25回日本医療薬学会年会(横浜市)
15.聴覚障がいを持つ学生に対する実務実習事前学習での介添人導入の有用性
  真島 崇,大原 宏司,倉本 敬二,伊藤 鍛,早坂 正孝
  2015.11.21,第25回日本医療薬学会年会 (横浜市)
16. 緩和ケア病棟における終末期患者のメサドン経口困難による
  オピオイドスイッチングに関する症例報告
  増田 多加子、藤澤 重樹、後藤 珠代、文元 佑、我喜屋 成香、竹井 清純
  2015.11.21,第25回日本医療薬学会年会(横浜市)  
17.剤形の異なる局所皮膚適用製剤における副作用の発現傾向に関する検討
  ~ジクロフェナク局所皮膚適用製剤を例に~
  大山 勝宏,高橋 真二,井上 みち子
  2015.11.21,第25回日本医療薬学会年会(横浜市)
18.成分栄養剤用フレーバーの下痢リスクへの影響 (第2報)
  武井 佐和子,影山 美穂,戸張 裕子,別生 伸太郎,濱田 真向,
  大山 勝宏,勝山 壮,井上 みち子,倉本 敬二
  2015.11.21,第25回日本医療薬学会年会(横浜市)
19.大学生を対象とした電子タバコの使用状況と意識調査
  戸張 裕子,岩田 奏子,百瀬 亮介,相澤 政明,井上 みち子
  2015.11.22,第9回日本禁煙学会学術総会(熊本市)
20.IPE(医学・薬学・看護学共同での教育)実践紹介
  別生 伸太郎,泉 美貴,阿部 幸恵
  2016.03.03,日本医療教授システム学会(東京都)

著書

1. ”コンパス医薬品情報学 – 理論と演習-  ”
  日常よく利用する医薬品情報源
  小林道也,中村仁,後藤伸之,倉本敬二,大濱修,村井ユリ子,他11名
  南江堂(2015)
2. ”Aromatherapy: Basic Mechanisms and Evidence Based Clinical Use”
  Pain relief by local peripheral injection of beta-caryophyllene through
  cannabinoid 2 receptor2
  S. Katsuyama, T. Komatsu, G. Bagetta, S. Sakurada and T. Sakurada
  CRC Press(2015)

講演会等発表記録

1.精油ならびに精油成分の薬学的基礎研究
  勝山 壮
  2015.06.20,国際アロマセラピスト連盟30周年記念カンファレンス(東京都)
2. ベルガモット精油ならびに精油成分の行動薬理学的研究
  勝山 壮
  2016.01.23,一般社団法人国際アロマセラピー科学研究所記念講演会(大阪市)
3.ベルガモット精油ならびに精油成分の行動薬理学的研究
  勝山 壮
  2016.06.27,一般社団法人国際アロマセラピー科学研究所記念講演会(東京都)

2014年度研究室の業績

原著

1.Evaluation of Realities of Particle  Between Fat Emulsions 
   Yutaka Hasegawa,Kennosuke Yorifuji, Takahi Hatae,Keiji Kuramoto,
   Tsuneo Hamaguchi,Yasutake Hirano
   J Drug Interact Rre,38,100-105,2014
2.Spinal ERK2 activation through δ2 – opioid receptors contributes to 
  nociceptive behavior induced by intrathecal injection of 
  Leucine-enkephalin.
  Komatsu T, Katsuyama S, Mizoguchi H, Sakurada C, Tsuzuki M, 
  Sakurada S, Sakurada T
  Peptides,54 ,131-139(2014)
3.Antinociceptive effects of the serotonin and noradrenaline reuptake 
   inhibitors milnacipran and duloxetine on vincristine-induced neuropathic 
   pain model in mice
   Soh Katsuyama , Hiromu Aso , Akira Otowa , Tomomi Yagi1, 
   Yukinaga Kishikawa, Takaaki Komatsu, Tsukasa Sakurada, 
   Hitoshi Nakamura
   ISRN Pain,vol. 2014, Article ID 915464, 7 pages, 
   2014. doi:10.1155/2014/915464.
4.慢性不眠症に対するラメルテオンとゾルピデムの有効性・安全性に関するメタアナリシス
   岸川幸生、田村彩、八木朋美、勝山壮、中村仁
   医薬品相互作用研究,37(3) 9-16(2014)
5.A survey of adverse effects and risk factors for topical application 
   of diclofenac
   K. Ohyama, M. Shimizu, H. Yamazaki
   Jpn. J. Pharm. Health Care Sci, Vol. 40(5), 310-316, 2014

総説

1.大学発アロマテラピーの今; 大学におけるアロマテラピーの取り組みとその現状 
   勝山壮、小松生明、中村仁、櫻田司
   aromatopia,123 ,52-53(2014)
2.ベータカリオフィレンのマウス後肢足蹠内皮下投与による
   カプサイシン誘発性侵害刺激および神経障害性疼痛に対する抑制効果 
   勝山壮、小松生明、中村仁、櫻田司
   AROMA RESEARCH,15(2) 133-139(2014)

学会発表等

1.宮城県病院薬剤師会における生涯研修への取組み
  山田千里,勝山壮,鈴木智恵,八木朋美,岸川幸生,中村仁
  2014.5.31-6.01,日本病院薬剤師会 東北ブロック 第4回学術大会(仙台)
2.抗うつ薬によるオキサリプラチン誘発性末梢神経障害抑制効果の検討
  山田千里,勝山壮,鈴木智恵,八木朋美,岸川幸生,中村仁
  2014.6.28-29,医療薬学フォーラム2014 
  第22回クリニカルファマシーシンポジウム(東京)
3.アロマテラピー精油局所投与によるパクリタキセル誘発性
  末梢神経障害性疼痛抑制効果の検討
  音羽亮,勝山壮,八木朋美,岸川幸生,小松生明,櫻田司,中村仁
  2014.6.28-29,医療薬学フォーラム2014 
  第22回クリニカルファマシーシンポジウム(東京)
4.Lavenderl oil局所投与による抗侵害作用の検討
   鈴木智恵,勝山壮,音羽亮,八木朋美,岸川幸生,小松生明,櫻田司,中村仁
   2014.6.28-29,医療薬学フォーラム2014 
   第22回クリニカルファマシーシンポジウム(東京)
5.セチプチリンの抗侵害刺激作用におけるNO-cGMP 経路とATP 感受性K+ チャネルの役割
   浅澤大樹,小松生明,勝山壮,中村仁,櫻田司
   2014.6.28-29,医療薬学フォーラム2014 
   第22回クリニカルファマシーシンポジウム(東京)
6.セチプチリンの末梢性抗侵害刺激作用機構の解明
   千田祥子,小松生明,勝山壮,中村仁,櫻田司
   2014.6.28-29,医療薬学フォーラム2014 
   第22回クリニカルファマシーシンポジウム(東京)
7.β-カリオフィレンのマウス後肢足蹠内投与によるカプサイシン誘発性侵害刺激に対する
   抑制作用の行動薬理学的検討
   勝山壮,小松生明,中村仁,櫻田忍,櫻田司
   2014.9.26-27,第65回日本薬理学会北部会(福島)
8.薬局の大規模データを用いたジクロフェナク局所皮膚適用製剤の副作用発現のリスク因子に
   関する検討
   大山勝宏、高橋真二、福岡勝志、清水万紀子、山崎浩史
   2014.9.27,第24回 日本医療薬学会年会(名古屋市)
9.脂肪乳剤におけるミセル粒子径と粒子数の製剤学的評価
   長谷川豊、佐藤健之介、波多江崇、倉本敬二、濱口常男、平野泰健
   2014.9.27,第24回 日本医療薬学会年会(名古屋市)
10.輸液製剤にオレンジブックは必要ないのか?(第1報)
   武井佐和子,影山美穂,別生伸太郎,濱田真向,戸張裕子,井上みち子,三溝和男,倉本敬二
   2014.9.27,第24回 日本医療薬学会年会(名古屋市)
11.大学生の喫煙状況と小・中・高等学校・大学における喫煙防止教育の受講経験に関する
   学部間の比較
   戸張裕子,小松裕里,駒澤絢子,岩田奏子, 石川郁暁, 向山朋秀, 三溝和男
   2014.11.15,第8回 日本禁煙学会学術総会(沖縄県)
12.SGLT2 阻害薬の有効性・安全性の統計学的検討
   岸川 幸生,木村新伍,八木朋美,勝山壮,中村仁
   2015.3.8,第145 回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会 (仙台)
13.神経障害性疼痛下におけるオピオイドデルタ2受容体拮抗薬によるモルヒネ鎮痛増強
   小松生明,勝山壮,櫻田誓,櫻田忍,櫻田司
   2015.3.18-20,第88回日本薬理学会年会(名古屋)
14.情報技術(IT)/音声映像(AV)機器を活用したPEODS
  (Personalized education on-demand system)による医療薬学教育の個別化と
   セルフレビュー
   水間 俊、本多静子、武井佐和子、影山美穂、戸張裕子、別生伸太郎、濱田真向、
   井上みち子、三溝和男
   2015.3.21,日本オミックス医療学会 春季講演会(東京)
15.一般用医薬品の情報提供に関する薬剤師・登録販売者へのアンケート調査
    八木朋美 ,熊谷未来,勝山壮,岸川幸生 ,中村仁
    2015.3.25-28,第135回日本薬学会年会(神戸)
16.地域医療をテーマとした薬学生対象フィールドワークの実施
    別生伸太郎,松本洋介,濱田真向,倉本敬二,三溝和男,安島力
    2015.3.25-28,第135回日本薬学会年会(神戸)
17.オピオイドナイーブ患者に対するフェンタニル貼付剤によるオピオイド導入に関する
    薬剤師の意識調査
    佐藤弘,武井佐和子,影山美穂,別生伸太郎,濱田真向,戸張裕子,倉本敬二,井上みち子,
   三溝和男
      2015.3.25-28,第135回日本薬学会年会(神戸)
18.薬局薬剤師による在宅患者の薬剤管理に関する調査
    安田栄志,中野仁,武井佐和子,別生伸太郎,濱田眞向,影山美穂,戸張裕子,倉本敬二,
    三溝和男.井上みち子
    2015.3.25-28,第135回日本薬学会年会(神戸)

著書

1.“ シミュレーションコースの実際 35. 薬剤師:卒前教育.”実践シミュレーション教育.
  武田聡.万代弘,池山貴,別生伸太郎也,志賀隆監修
  メディカル・サイエンス・インターナショナル(2014)

講演会等発表記録

1.Pharmacy education in Japan
   High-end International Forum on Clinical Pharmacy Education and 
   Practice & The 20th Salon of Hospital Pharmacists in North China
   S. Besshoh
   2014.11.14,Shenyang, China
2.『効果的』で『楽しい』シミュレーション教育にするための10個の工夫
    Laerdal Education Day at NIPRO iMEP 薬学領域における
    効果的なシミュレーション教育導入に向けて
    別生伸太郎
    2015.3.29(滋賀)

2013年度研究室の業績

原著

1. A Toxicity Risk Index, An Index for Warning Idiosyncratic Drug
   Morimoto M, Samizo K.Ohta S, Mizuma T
   Journal of Pharmaceutical Sciences, 102(9), 3447-3450(2013)
2. 奥羽大学薬学部における小・中学生対象の薬剤師体験講座の試み
   波多江崇,倉本敬二,金子俊幸,東海林徹 他 
   Clinical Pharmacist, 28(4), 94-97(2013)
3. 事前実務実習における学生の理解度の関連要因に関する検討
   戸張裕子,三溝和男
   東京薬科大学研究紀要, 17,25-30 (2013)
4. 輸液製剤の後発品切替時のリスクマネジメント-Fischer液を例に-
   倉本敬二,鈴木貴子,波多江崇,東海林徹
   医薬品相互作用研究,36, 174-178(2013)
5.Peripherally injected linalool and bergamot essential oil  attenuate 
   mechanical allodynia via inhibiting spinal ERK phosphorylation
   Hikari Kuwahata, Takaaki Komatsu, Soh Katsuyama,Maria,
   TizianaCorasaniti, Giacinto Bagetta, Shinobu Sakurada, 
   Tsukasa Sakurada, 
   Kazuo Takahama
   Pharmacol Biochem Behav,103 ,735-741(2013)
6.Effects of repeated milnacipran and fluvoxamine treatment on 
   mechanical allodynia in a mouse paclitaxel-induced neuropathic 
   pain model
   Katsuyama S, Sato K, Yagi T, Kishikawa Y, Nakamura H
   Biomed Res,34 ,105-111(2013)
7.Involvement of peripheral cannabinoid and opioid receptors in 
   β-caryophyllene-induced antinociception 
   Soh Katsuyama, Hirokazu Mizoguchi, Hikari Kuwahata,Takaaki Komatsu, 
   Kohshi Nagaoka, Hitoshi Nakamura,Giacinto Bagetta, 
   Tsukasa Sakurada, Shinobu Sakurada
   Eur J Pain,17 ,664-675(2013)
8.救急医療と薬学教育に関するアンケート調査の解析
   八木朋美、畠山史朗、勝山壮、岸川幸生、中村仁
   日本病院薬剤師会雑誌,49, 1197-1201(2013)
9.Drug interactions of diclofenac and its oxidative metabolite with human 
   liver microsomal cytochrome P450 1A2-dependent drug oxidation.
   K. Ohyama, N. Murayama, M. Shimizu, H. Yamazaki 
   Xenobiotica, Vol. 44(1), 10-16(2014)

学会発表等

1.輸液フィルターの異物除去能とその限界
   上山小百合,倉本敬二,菅原拓也,戸上紘平,東海林徹
   2013.5.25-26,医薬品相互作用研究会第68回シンポジウム(山形市)
2.含糖酸化鉄注射液(フェジン静注)のpH変化と電解質溶液との配合変化について
   八巻智也,倉本敬二,大原宏司,高橋将喜,東海林徹
   2013.5.25-26,医薬品相互作用研究会第68回シンポジウム(山形市)
3.重炭酸Na加リンゲル液のアルカリ化能は大丈夫か?
   鈴木孝司,菊池紘,福舛萌真,倉本敬二
   第23回日本医療薬学会(仙台市)
4.成分栄養剤用フレーバーの下痢リスクへの影響
   倉本敬二,三原法子,長谷川豊,東海林徹
   2014.2.27-28,第29回日本静脈経腸栄養学会(横浜市)
5.異物除去に輸液フィルターは有用か?
   浅倉聖岳,倉本敬二,東海林徹
   第29回日本静脈経腸栄養学会(横浜市)
6.看護師免許を持つ薬剤師による薬学生に対する看護教育の有用性
   真島崇,大原宏司,倉本敬二
   2014.3.30,日本薬学会第134年会(熊本市)
7.脂肪乳剤製剤の製剤間における粒子実態の評価
   長谷川豊,波多江崇,倉本敬二,濱口常男
   2014.3.30,日本薬学会第134年会(熊本市)
8.生体シミュレータを活用した薬学的推理力を養う能動的薬学教育の取り組み
   別生 伸太郎
   2013.9.21第23回 日本医療薬学会年会(仙台市)
9.事前実務実習における学生の理解度の関連要因に関する検討
   戸張裕子,三溝和男
   2013.10.13,日本社会薬学会 第32年会(東京都)
10.病院薬剤部におけるインシデントの調査と対策に関する研究
   小西桃子,井上みち子,本多靜子,影山美穂,武井佐和子,戸張裕子,浜田真向,別生伸太郎,
   三溝和男
   2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
11.医療用医薬品添付文書の情報構造の分析とそれに対応する学習マップの作成
   平間 さゆり,濱田 真向,三溝 和男,別生 伸太郎,影山 美穂,本多 静子,戸張 裕子,
   武井 佐和子,井上 みち子
   2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
12.生体シミュレータへの循環器系薬物投与におけるヒトとの反応性の比較
   ~シミュレーション教育の実用性に関する検討~
   松本彩,別生伸太郎,水間俊,濱田真向,影山美穂,戸張裕子,武井佐和子,本多靜子,
   井上みち子,三溝和男
   2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
13.震災をテーマとした薬学生対象フィールドワークの実施
   別生伸太郎,松本洋介,三溝和男,川口基一郎,村田亮,山﨑 勝弘,安島力
   2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
14.米国臨床薬学研修の効果に関する検討
    戸張裕子,中島由紀,杉浦宗敏,林良雄,野水基義,笹津備規
    2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
16.セチプチリン足蹠内投与による抗侵害刺激作用
    原田真一,塩瀬真央,勝山壮,中村仁,小松生明,櫻田司
    2013.7.20-21,医療薬学フォーラム2013  第21回クリニカルファマシーシンポジウム
    (金沢)
17.ミルナシプランおよびフルボキサミンによるビンクリスチン誘発性末梢神経障害抑制
    効果の検討
    麻生陽,勝山壮,音羽亮,八木朋美,岸川幸生,中村仁
    2013.7.20-21,医療薬学フォーラム2013  第21回クリニカルファマシーシンポジウム
     (金沢)
18.Bergamot essential oil及び含有成分Linalool局所投与によるモルヒネの抗侵害併用
    効果について
    音羽亮,勝山壮,麻生陽,八木朋美,岸川幸生,小松生明,櫻田司,中村仁
    2013.7.20-21,医療薬学フォーラム2013  第21回クリニカルファマシーシンポジウム
    (金沢)
19.ミルナシプランおよびフルボキサミンによるパクリタキセル誘発性末梢神経障害抑制
    効果の検討
    勝山壮,佐藤一真,八木朋美,岸川幸生,中村仁
    2013.7.20-21,医療薬学フォーラム2013  第21回クリニカルファマシーシンポジウム
    (金沢)
20.腎障害患者におけるアムホテリシンBリポソーム製剤の使用に関する研究
    和知徹, 岸川幸生, 千葉貴志, 阿部清彦, 八木朋美, 勝山壮, 中村仁
    2013.9.21-22,第23回日本医療薬学会年会 ( 仙台)
21.カルバペネム系抗菌薬の使用量と緑膿菌耐性率との関連に関する調査
    草野春香,金子卓也,青木良悦,菅原真理子,紫桃君子,岸川幸生,勝山壮,八木朋美,中村仁
    2013.9.21-22,第23回日本医療薬学会年会 ( 仙台)
22.CB1 受容体拮抗薬AM251 はERK の活性化を介して疼痛関連行動を起こす
    長岡高史,勝山壮,溝口広一,小松生明,渡辺千寿子,米澤章彦,櫻田司,櫻田忍
    2013.9.21-22,第23回日本医療薬学会年会 ( 仙台)
23.薬学生を対象にした専門薬剤師・認定薬剤師に関する調査
    八木朋美 ,勝山壮,岸川幸生 ,中村仁
    2013.9.21-22,第23回日本医療薬学会年会 ( 仙台)
24.腎疾患患者におけるリフィーディング症候群のリスク因子の分析
    川村和宏, 岸川幸生, 千葉貴志, 阿部清彦, 八木朋美, 勝山壮, 中村仁
    2013.10.5-6,第7回日本腎臓病薬物療法学会(広島)
25.抗がん剤調製における閉鎖式接続器具の有用性に関する教育の取り組み
    武井佐和子,本多静子,濱田真向,別生伸太郎,影山美穂,戸張裕子,井上みち子,三溝和男
    2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
26.女子中高生の理系進路選択支援プログラム「未来の医療を支えるのはあなた」における
    薬学部での参加体験型実習の実施
    井上みち子,本多静子,武井佐和子, 影山美穂,大野尚仁,深見希代子,岡田みどり
   2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市)
27.医薬品の臨床検査妨害に関する研究―尿試験紙法に及ぼす医薬品の影響
    中村仁,鈴木彩夏,二瓶瑠美,八木朋美,勝山壮,岸川幸生,土屋節夫
    2014.3.27,日本薬学会 第134年会(熊本市) 
28.緩和病棟において多職種で関わる「終末期せん妄」の症例報告
    増田 多加子、藤澤 重樹、有馬 裕紀子、文 元佑、堀内 珠代、
    桐山 徹、古口 めぐみ、黒川 純 
    2013.9.14‐16,第7回日本緩和医療薬学会年会(幕張)
29.特別養護老人ホームへ薬剤師が介入するための現状調査と
    処方支援システム構築に関する報告
    増田 多加子、有馬 裕紀子、堀内 珠代、文 元佑、藤澤 重樹
    2013.9.21‐22,第23回日本医療薬学会年会(仙台)

講演会

1. 薬を飲む前に,知っておきたいこと 〜ちょっと待ってその薬!!〜
   井上 みち子
   八王子市民講座・いちょう塾,2013.1.5(東京都)
2. 生体シミュレータを活用した薬学シミュレーション教育の実践
   別生 伸太郎
   帝京平成大学 薬学部セミナー,2013.1.22(東京)
3. 医薬品適正使用に関する情報提供(過量服用や医薬品乱用の問題点を臨床知見から)
   井上 みち子
   平成25年度薬物乱用防止啓発活動スタートアップ検討会,2013.1.26(東京)

著書

1. 実践力を育てる!看護のためのシミュレーション教育
   阿部幸恵, 板橋綾香, 臼井いづみ, 志賀隆, 髙橋聖子, 別生伸太郎
   医学書院(2013)
2. 理論調剤学
   山田安彦,三溝和男,杉浦宗敏,高柳理早,横山晴子
   京都廣川書店(2013)

2012年度研究室の業績

原著

1. Tissue Distribution of Intravenously Administered Insoluble 
   Microparticles:Report Ⅱ
   Takuya Sugahara, Masaharu Kotani, Keiji Kuramoto, Kouichi Arai, 
   Tadashi Shiraishi and Tohru Shoji
   Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences,
   38(9), 559-567(2012)
2. 医薬品の臨床検査値妨害に関する情報の調査
   中村仁,田代麻美,佐藤弘美,高橋功,八木朋美,勝山壮,岸川幸生,由良温宣,
   土屋節夫,
   Jpn. J. Drug Inform,13 ,199-204(2012)
3. Intraplantar injection of linalool reduces paclitaxel-induced 
    acute pain in mice
    Katsuyama S, Kuwahata H, Yagi T, Kishikawa Y, Komatsu T, Sakurada T, 
    Nakamura H,
    Biomed Res, 33 ,175-181(2012)
4. Local Peripheral Effects of β-Caryophyllene through CB2 Receptors in 
    Neuropathic Pain in Mice ,
    Hikari Kuwahata, Soh Katsuyama, Takaaki Komatsu, Hitoshi Nakamura,,
    Maria Tiziana Corasaniti, Giacinto Bagetta, 
    Shinobu Sakurada, Tsukasa Sakurada, Kazuo Takahama,
    Pharmacology & Pharmacy,3 ,397-403(2012)

総説

1. 電解質と電解質輸液製剤
   倉本敬二
   薬局,63(7),40-50,(2012)

学会発表等

1. 輸液後発品への切替時何を考えるべきか?
   倉本敬二,鈴木貴子,波多江崇,東海林徹
   2012.10.27-28,第22回第21回日本医療薬学会(新潟市)
2. 注射薬静脈内投与における不溶性微粒子のリスクの検討
   菅原拓也,倉本敬二,白石正,東海林徹
   2012.10,27-28,第22回第21回日本医療薬学会(新潟市)
3. カリキュラム立案を題材とした学部問合同ワークショップの試み
   大野尚仁,新槇幸彦,稲葉二郎,内手昇,成井浩二, 別生伸太郎,三浦典子,宮岡宏明,柳田顕郎,
   横山晴子
   2012.7,第44回に本医学教育学会大会(横浜)
4. 医師‐薬剤師協働による高血圧管理プログラムの有効性に関する研究 
   戸張裕子
   2012年,ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社BIファーマシストアワード
   2012優秀賞
5. 高血圧症者を対象とした医師-薬剤師協働による血圧管理における健康関連QOLの評価
   戸張裕子
   2013.1,第23回日本疫学会学術総会(大阪)
6. 薬剤情報提供文書の記載に関するアンケート調査-病院と薬局の比較-
   大熊彩加,三溝和男,戸張裕子,本多静子,武井佐和子,濱田真向,別生伸太郎,井上みち子,
   水間俊,太田伸
   2013.3,日本薬学会第133年会(横浜)
7. 薬剤師による花粉症患者への服薬支援に関する調査
   矢口久美子,井上みち子,濱田真向,別生伸太郎,戸張裕子,本多静子,武井佐和子,水間俊,
   三溝和男,太田伸
   2013.3,日本薬学会第133年会(横浜)
 8. 生体シミュレータを活用した薬学知識領域における新規教育手法に関する研究
   安斎優実,別生伸太郎,井上みち子,濱田真向,戸張裕子,武井佐和子,本多静子,水間俊,
   三溝和男,太田伸
   2013.3,日本薬学会第133年会(横浜)
9. 米国臨床薬学研修の活動内容と教育システム
   別生伸太郎,成井浩二,杉浦宗敏,林良雄,野水基義,笹津備規
   2013.3,日本薬学会第133年会(横浜)
10.アロマテラピー精油含有成分Linalool局所投与による抗侵害作用
    佐藤一真,勝山壮,八木朋美 ,岸川幸生,小松生明 ,櫻田司 ,中村仁
    2012.7.14-15,医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファマシーシンポジウム
 (福岡)
11.Bergamot essential oil 局所投与による抗侵害作用
    神尾咲留未,勝山壮,八木朋美 ,岸川幸生,桑波田日香里 ,櫻田司 ,中村仁
    2012.7.14-15,医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファマシーシンポジウム
 (福岡)
12.腎疾患患者の経中心静脈栄養法における糖負荷リスクの検討
    高松謙, 岸川幸生, 千葉貴志, 阿部清彦, 八木朋美, 勝山壮, 中村仁
    2012.9.15-16,第6回日本腎臓病薬物療法学会(札幌)
13.救急医療と薬学教育に関するアンケート調査
    畠山史朗, 八木朋美, 勝山壮, 岸川幸生, 中村仁
    2012.10-27-28,第22回日本医療薬学会年会 (新潟)
14.MRSA肺炎患者におけるリネゾリドとバンコマイシンの有効性と安全性に関する
    統計学的検討
    栗林歩, 岸川幸生, 八木朋美, 勝山壮, 中村仁
    2012.10-27-28,第22回日本医療薬学会年会  (新潟)
15.Effect of peripherally administered of bergamot essential oil and 
     linalool on the formalin-induced nociceptive behavior in mice
     Soh Katsuyama, Takaaki Komatsu, Tsukasa Sakurada, Hitoshi Nakamura
    2013.11.9-13,International Symposium for Neurosciences 2013  
    (San Diego,California)
 16.神経障害性疼痛に対するモルヒネ抵抗性機構における内因性ダイノルフィンの関与
     小松生明,勝山壮,櫻田誓,櫻田忍,櫻田司
     2013.3.21-23,第86回日本薬理学会年会(福岡)
17.モルヒネ鎮痛耐性機構における脊髄内オピオイドδ2受容体の関与
     小松生明,勝山壮,櫻田誓,櫻田司
     2013.27-30,第133回日本薬学会年会 (横浜)
18.P450を介するジクロフェナクとその主代謝物が関与する新たな相互作用の可能性の検討
    大山勝宏、村山典恵、山崎浩史
    2013.27-30,第133回日本薬学会年会 (横浜)

著書

1. 図表でわかる栄養療法-基礎から学ぶ臨床-
   東海林徹編,倉本敬二共著
   じほう(2012)
2.標準薬剤学改訂第3版
   水柿道直、中村仁、岸川幸生、勝山壮
   南江堂,410-421(2012)

2011年度研究室の業績

原著

1. 実務実習事前学習におけるロールプレイ実習に対する薬学生の満足度とその要因
   波多江崇,倉本敬二,渡辺由香,深谷朋美,金子俊幸,早坂正孝,多田均,東海林徹 
   日本病院薬剤師会雑誌,47(8),1033-1037,(2011)
2. クワッドバッグTPN製剤適用時のリスクマネジメント
   深谷朋美,倉本敬二,鈴木孝司,波多江崇,渡辺由香,東海林徹
   医薬品相互作用研究,35(1),17-22,(2011)
3. 実務実習事前学習における改善策の導入と顧客満足度分析を用いた評価
   波多江崇,倉本敬二,渡辺由香,深谷朋美,金子俊幸,早坂正孝,多田均,東海林徹
   日本病院薬剤師会雑誌,47(9),1189-1193,(2011)
4. 職域従業員を対象とした産業医-薬剤師協働による啓発文書の配布及び広報による
   高血圧管理活動
   戸張裕子, 山岸良匡, 磯博康
   日本衛生学誌 (3), 608 ~ 615, (2011)
5. Intraplantar injection of bergamot essential oil induces
  peripheral antinociception mediated by opioid mechanism
   Sakurada T, Mizoguchi H, Kuwahata H, Katsuyama S, Komatsu T, 
  Morrone LA, Corasaniti MT, Bagetta G, Sakurada S.
   Pharmacol Biochem Behav,97 ,436-443,(2011)
6. Involvement of glial cells in the nociceptive behaviors 
  induced by a high-dose of histamine administered intrathecally 
   Mizoguchi H, Komatsu T, Iwata Y, Watanabe C, Watanabe H, Orito T,
  Katsuyama S, Yonezawa A, Onodera K,Sakurada T, Sakurada S.
    Eur J Pharmacol,653, 21-25,(2011)
7. がん化学療法に伴う末梢神経障害に関する実態調査
    勝山壮、佐々木美織、八木朋美、岸川幸生、中村仁 
    日本病院薬剤師会雑誌,47(2), 207-210,(2011)
8. Partial involvement of NMDA receptors and glial cells
    in the nociceptive behaviors induced by intrathecally-administered 
    histamine
    Mizoguchi H, Komatsu T, Iwata Y, Watanabe C, Watanabe H, Orito T, 
    Katsuyama S, Yonezawa A, Onodera K,Sakurada T, Sakurada S.
    Neurosci Lett ,495 ,83-87,(2011)
9. Antinociceptive effects of spinally administered nociceptin/orphanin FQ 
    and its N-terminal fragments on capsaicin-induced nociception
    Katsuyama S, Mizoguchi H, Komatsu T, Sakurada C, Tsuzuki M, 
    Sakurada S,Sakurada T
    Peptides,32 ,1530-1535,(2011)
10.Comparative Clinical Evaluation of the Efficacy and Safety between 
    the Original Drug and Generic Products (II)
    Yukinaga Kishikawa, Tomomi Iwasaki, Megumi Ito, Kazuki Ishikura,  
    Kaoko Ikedaa, Keigo Sato, Yumiko Kon-no, Tomomi Yagi, 
    Soh Katsuyama, Masaaki Shindo, Daichi Minakawa,   
    Tetsuo Togoa, Hitoshi Nakamura, and Michinao Mizugaki
    Jpn. J. Drug Inform,13, 189-197,(2011)

総説

1. 図書館と薬剤師教育
   倉本敬二
   学図書館,56(1),9-14,(2011)
2. 会員施設紹介 薬剤部・薬局をたずねて 奥羽大学歯学部附属病院薬剤部
   倉本敬二,遠藤初恵
   福島県病院薬剤師会 病診薬だより,83-86,(2011)
3. 輸液処方設計の基礎知識
   倉本敬二
   静脈経腸栄養 ,26( 4),3-7,(2011)

学会発表等

1. ビカネイト輸液はビカーボン輸液の後発品なのか?
   倉本敬二,波多江崇,金子俊幸,東海林徹
   2011.10.1-2,第21回日本医療薬学会(神戸市)
2. シミュレータ活用による知識・技能・態度の統合を目指した薬学教育の提案
   薬剤師だからできること,薬剤師だからすべきこと
   別生伸太郎
   薬学教育におけるシミュレーション教育ワークショップ(東京)
3. シミュレータ活用による知識・技能・態度の統合を目指した薬学教育の提案
   薬剤師だからできること,薬剤師だからすべきこと
   別生伸太郎,薬学教育におけるシミュレーション教育ワークショップ(京都 )
4. 東日本大震災後の東北薬科大学実務実習生の状況調査
   八木朋美 、勝山壮、岸川幸生 、中村仁 、鈴木常義
    2011.7.9-10 ,医療薬学フォーラム2011 第19回クリニカルファマシーシンポジウム
  (旭川)
5.Intraplantar injection of beta-caryophyllene into the mouse hindpaw : 
   effects on capsaicin-induced nociceptive behaviors
   Soh Katsuyama, Takaaki Komatsu, Koshi Nagaoka, Hikari Kuwahata, 
   Hitoshi Nakamura, Shinobu Sakurada, Tsukasa Sakurada
   2011.9.1,Italian-Japanese International Seminar for Neurosciences 
  (Sendai)
6.Bergamot essential oil and linalool exhibit anti-allodynic properties 
   in a mouse model of neuropathic pain
   Takaaki Komatsu, Hikari Kuwahata,  Soh Katsuyama,  Maria Tiziana 
   Corasanit, Giacinto Bagetta, Shinobu Sakurada, Tsukasa Sakurada
   2011.9.1,Italian-Japanese International Seminar for Neurosciences 
  (Sendai)
7.塩釜地区における注射用抗菌薬の使用状況と薬剤耐性率との関連に関する調査
   小田嶋廣美、青木良悦、菅原真理子、紫桃君子、大野正和、伏谷学、岸川幸生、
   勝山壮、八木朋美、中村仁
   2011.10.30,第50回日本薬学会東北支部大会(仙台)
8.健康食品のエビデンスレベルに関する調査
    横山隼人、黄川田尚史、岸川幸生、勝山壮、八木朋美、中村仁
    2011.10.30,第50回日本薬学会東北支部大会(仙台)
9.慢性原発性不眠に対するラメルテオンとゾルピデムの有効性・安全性の統計学的検討
    田村彩、岸川幸生、八木朋美、勝山壮、中村仁
    2011.11.26-27,第1回日本病院薬剤会東北ブロック学術大会(弘前)
10.透析患者における炭酸ランタンと炭酸カルシウムの有効性・安全性の統計学的検討
    神未来、岸川幸生、八木朋美、勝山壮、中村仁
    2011.11.26-27,第1回日本病院薬剤会東北ブロック学術大会(弘前)
11血液がんにおける発熱性好中球減少症発症予測スコア評価表の作成とその評価
    加藤大輔,金澤和貴子,野澤寿吉,佐藤昌子,野村順,石澤文章,八木朋美,勝山壮,岸川幸生,
    中村仁
    2012.3.28-3.31,第132回日本薬学会年会(札幌)
12.神経因性疼痛モデルマウスに対するbeta-caryophyllene局所投与による
    抗アロディニア効果
    勝山壮 ,小松生明 ,長岡高史,中村仁,櫻田忍,櫻田司
    2012.3.28-3.31,第132回日本薬学会年会(札幌)
13.当院におけるトラマドール塩酸塩カプセルの使用状況
   増田 多加子、船越 雅代、関  茂樹
   2011.9.24‐9.25,第5回日本緩和医療薬学会年会(幕張)
14.患者の生活支援を目指した薬剤科実習生とリハビリテーション科実習生の
  合同実務実習の取り組み(第2報)
  増田 多加子、水上 信智、三原 潔
  2012.3.28‐31,日本薬学会第132年会(札幌)

著書

1. よくわかるハイリスク薬の服薬指導第2版
   三溝和男,畝崎榮,竹内裕紀,川口崇,岡田寛征,和久田光宣,渡邉清司,山田弘志,加納公子,
   佐伯孝秀,坂口眞弓,塚原敏夫,渡辺環 
   秀和システム,  (2011)
2. よくわかるOTC薬の服薬指導第2版
   三溝和男,渡辺謹三,成井浩二,石垣栄一,大木一正,小林千文,坂口眞弓,塚原敏夫,横溝広和
   秀和システム,(2011)
3. 老年薬学プラクティス
   福島紀子編,倉本敬二共著
   南江堂,(2011)
4. 処方設計にチャレンジ
   これでわかる静脈栄養法
   倉本敬二編,共著
   じほう,(2011) 
5. HERBAL MEDICINES  Development and Validation of Plant-Derived 
    Medicines for Human Health Chapter 3 
    Enthopharmacology Approaches Used to Identify Medicinial Plants
    Sakurada T, Mizoguchi H, Katsuyama S, Komatsu T, Kuwahata H,  
    Rombola L, Bagetta G, Corasaniti MT, Sakurada S.
    CRC Press,27-49,(2011)