研究室の業績

2020年度 研究室業績

原著・総説および著書

原著

Hideki Nakazato, Koichi Tomita, Masashi Nakagawa, Itsuki Koganezawa, Shigeto Ochiai, Kei Yokozuka, Takahiro Gunji, Yosuke Ozawa, Kosuke Hikita, Toshimichi Kobayashi, Toru Sano, Rina Tsutsui, Satoshi Tabuchi, Naokazu Chiba, Sou Katayanagi, Hironori Takeuchi, Sakae Unezaki, Shigeyuki Kawachi
Basic Study of Novel Preoperative Health Evaluation System for Digestive Surgery in Elderly Patients
J Tokyo Med Univ, 78(3), 224232 (2020)

Masaaki Okihara, Hironori Takeuchi, Shinichi Akiyama, Reichi Yoshinaga, Sayuri Osato, Isao Akashi, Yu Kihara, Osamu Konno, Hitoshi Iwamoto, Takashi Oda, Sachiko Tanaka, Sakae Unezaki, Toshihiko Hirano
Pharmacodynamic Drug-Drug Interaction on Human Peripheral Blood Mononuclear Cells Between Everolimus and Tacrolimus at the Therapeutic Concentration Range in Renal Transplantation
Ann Transplant, 26, e928817, doi: 10.12659/AOT.928817 (2021)

Kanayuki Kitahara, Takeshi Uchikura, Yuta Nio, Satoko Katsuragi, Keinosuke Okazaki, Yoshiko Nishi, Takashi Kawaguchi, Takuhiro Yamaguchi, Tadanori Sasaki
Developing a Japanese version of the ‘scale of attitudes toward pharmacist–physician collaboration’
J Interprof Care, 17, doi: 10.1080/13561820.2020.1834369. Online ahead of print (2020)

Tempei Miyaji, Takashi Kawaguchi, Kanako Azuma, Shinya Suzuki, Yoko Sano, Moe Akatsu, Ayako Torii, Tadamasa Kamimura, Yuki Ozawa, Akihiko Tsuchida, Daisuke Eriguchi, Mizuha Hashiguchi, Makoto Nishino, Motohide Nishi, Yumi Inadome, Tsutomu Yamazaki, Takahiro Kiuchi, Takuhiro Yamaguchi
Patient-generated health data collection using a wearable activity tracker in cancer patients—a feasibility study
Support Care Cancer, 28(12), 59535961, doi: 10.1007/s00520-020-05395-z (2020)

Koji Amano, Isseki Maeda, Hiroto Ishiki, Tomofumi Miura, Yutaka Hatano, Hiroaki Tsukuura, Tomohiko Taniyama, Yoshihisa Matsumoto, Yosuke Matsuda, Hiroyuki Kohara, Tatsuya Morita, Masanori Mori, East-Asian collaborative cross-cultural Study to Elucidate the Dying process (EASED) Investigators (…Takashi Kawaguchi)
Effects of enteral nutrition and parenteral nutrition on survival in patients with advanced cancer cachexia: Analysis of a multicenter prospective cohort study
Clin Nutr, 40(3), 11681175, doi: 10.1016/j.clnu.2020.07.027 (2021)

Kazuhiro Kosugi, Yohei Nishiguchi, Tomofumi Miura, Daisuke Fujisawa, Takashi Kawaguchi, Kayo Izumi, Jun Takehana, Yuko Uehara, Yuko Usui, Tatsuto Terada, Yujiro Inoue, Maika Natsume, Midori Yuki Yajima, Yuki Sumazaki Watanabe, Ayumi Okizaki, Eisuke Matsushima, Yoshihisa Matsumoto
Association between loneliness and the frequency of using online peer support groups among cancer patients with minor children: a cross-sectional web-based study
J Pain Symptom Manage, 61(5), 955962, doi: 10.1016/j.jpainsymman.2020.09.035 (2021)

Sadamoto Zenda, Asako Ryu, Atsuo Takashima, Michiko Arai, Yusuke Takagi, Tempei Miyaji, Tomoe Mashiko, Yoichi Shimizu, Naoya Yamazaki, Chigusa Morizane, Takuhiro Yamaguchi, Takashi Kawaguchi, Akiko Hanai, Yosuke Uchitomi, Fukuko Oshiba
Hydrocolloid dressing as a prophylactic use for hand-foot skin reaction induced by multitargeted kinase inhibitors: protocol of a phase 3 randomised self-controlled study
BMJ Open, 10(10), e038276, doi: 10.1136/bmjopen-2020-038276 (2020)

Hiroko Minatogawa, Naoki Izawa, Takashi Kawaguchi, Tempei Miyaji, Kazuhiro Shimomura, Honda Kazunori, Hirotoshi Iihara, Yasushi Ohno, Yusuke Inada, Hitoshi Arioka, Hajime Morita, Naoya Hida, Mitsuhiro Sugawara, Chikatoshi Katada, Shuichi Nawata, Hiroo Ishida, Ayako Tsuboya, Takashi Tsuda, Takuhiro Yamaguchi, Takako Eguchi Nakajima
Study protocol for SPARED trial: randomised non-inferiority phase III trial comparing dexamethasone on day 1 with dexamethasone on days 1-4, combined with neurokinin-1 receptor antagonist, palonosetron and olanzapine (5 mg) in patients receiving cisplatin-based chemotherapy
BMJ Open, 10(12), e041737, doi: 10.1136/bmjopen-2020-041737 (2020)

Masanori Mori, Takashi Kawaguchi, Kengo Imai, Naosuke Yokomichi, Takashi Yamaguchi, Kozue Suzuki, Ryo Matsunuma, Hiroaki Watanabe, Isseki Maeda, Yuko Uehara, Tatsuya Morita, EASED Investigators
How Successful Is Parenteral Oxycodone for Relieving Terminal Cancer Dyspnea Compared With Morphine? A Multicenter Prospective Observational Study
J Pain Symptom Manage, 62(2), 336345, doi: 10.1016/j.jpainsymman.2020.11.037 (2021)

Hiroka Nagaoka, Kenji Momo, Jun Hamano, Tempei Miyaji, Shunsuke Oyamada, Takashi Kawaguchi, Masato Homma, Takuhiro Yamaguchi, Tatsuya Morita, Yosiyuki Kizawa
Effects of an Indomethacin Oral Spray on Pain Due to Oral Mucositis in Cancer Patients Treated With Radiotherapy and Chemotherapy: A Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial (JORTC-PAL04)
J Pain Symptom Manage, S0885-3924(21)00144-5, doi: 10.1016/j.jpainsymman.2021.01.123 (2021) Online ahead of print.

Noriko Takahashi, Tomiko Sunaga, Tatsuhiro Fujimiya, Tatsuya Kurihara, Akiko Nagatani, Motoki Yamagishi, Toru Watanabe, Haruaki Sasaki, Yoshio Ogawa, Tadanori Sasaki
Risk Associated with Severe Hematological Toxicity in Patients with Urothelial Cancer Receiving Combination Chemotherapy of Gemcitabine and Cisplatin
Chemotherapy, 65(12), 2934, doi: 10.1159/000508805 (2020)

米澤 , 藤宮 龍祥, 伊藤 真理, 田中 広紀, 原田 浩史, 渡邊
予防投与量のST合剤でSIADHによる低Na血症が疑われた1例
日本病院薬剤師会雑誌, 56(11), 13291334 (2020)

中野 恵理子, 藤宮 龍祥, 武井 華子, 中田 土起丈, 藤嶋 , 鹿間 裕介, 田中 広紀, 渡邊 , 佐々木 忠徳
オシメルチニブによる多形紅斑重症型が生じた非小細胞肺癌患者
日本臨床腫瘍薬学会雑誌, 18, 17 (2021)

 

著書

川口 崇
がん特異的なQOL
緩和ケア・がん看護 臨床評価ツール大全.宮下 光令.青梅社2020pp. 189−192

川口 崇
薬学における臨床推論の重要性
薬学臨床推論 臨床での考えかた.川口 崇,岸田 直樹.南江堂2021pp. 2−6

川口 崇
検査特性
薬学臨床推論 臨床での考えかた.川口 崇,岸田 直樹.南江堂2021pp. 89−106

川口 崇
副作用の臨床推論
薬学臨床推論 臨床での考えかた.川口 崇,岸田 直樹.南江堂2021pp. 193−198

 

編書

川口 崇,岸田 直樹
薬学臨床推論 臨床での考えかた
南江堂,2021

 

学会発表記録

国際学会

The 11th EAPC World Research Congress

2020 年 10 月 Online
K. kosugi, Y. Nishiguchi, T. Miura, D. Fujisawa, Y. Ueno, T. Kawaguchi, K. Izumi, J. Takehana, E. Matsushima, Y. Matsumoto
Association between loneliness and using an online peer support group among cancer patients having minor children: a cross-sectional web-based survey

 

国内学会

緩和・支持・心のケア合同学術大会 2020

2020 年 8 於 オンライン開催

小嶋 リベカ, 石木 寛人, 高田 博美, 川口 崇, 茂木 結菜, 木内 大佑, 清水 正樹, 里見 絵理子
18歳未満の子どもがいるがん患者・家族が求める支援のタイミングと支援内容に関する研究

今井 堅吾, 森田 達也, 森 雅紀, 横道 直佑, 川口 崇, 山内 敏宏, 十九浦 宏明, 内藤 明美, 釆野 優, 井上 聡
調節型鎮静プロトコルと持続的深い鎮静プロトコルの効果と安全性に関する前向き観察研究

松岡 弘道, 岩瀬 哲, 宮路 天平, 川口 崇, 有吉 恵介, 小山田 隼佑, 山口 拓洋, 石木 寛人, 蓮尾 英明, 松田 能宣
がん性神経障害性疼痛患者におけるデュロキセチンへの効果予測因子:ランダム化比較試験の二次解析

寺田 立人, 小杉 和博, 西口 洋平, 三浦 智史, 藤澤 大介, 松本 禎久, 上原 優子, 川口 崇, 泉 夏代, 竹鼻 淳
がん患者が18歳未満の子どもに自身のがんを伝える背景因子の検討

柳 朝子, 全田 貞幹, 平松 玉江, 山﨑 直也, 髙島 淳生, 森実 千種, 宮路 天平, 川口 崇, 益子 友恵, 高木 雄亮, 山口 拓洋, 新井 美智子, 清水 陽一, 華井 明子, 内富 庸介, 大柴 福子
マルチキナーゼ阻害薬の手足症候群に対するハイドロコロイドドレッシング使用による予防効果の検証:同一個体内ランダム化第3相比較試験 (J-SUPPORT1701: APRON study)

 

第 30 回 日本医療薬学会年会

2020 年 10 於 オンライン開催
島本 一志, 戸村 和希, 藤宮 龍祥, 松井 美月, 渡邊 徹, 中山 博文, 市川 度, 佐々木 忠徳
がん患者におけるトラマドール鎮痛効果不十分に対する要因解析

 

日本病院薬剤師会関東ブロック 第 50 回学術大会

2020 年 10 於 オンライン開催

町田 充, 後藤 孝之, 興野 克典, 西海 ちはる, 畝﨑 榮
質の高い病院実習報告事例1 脳梗塞患者への薬剤管理指導実習 〜退院に向けて〜

米澤 龍, 藤宮 龍祥, 伊藤 真理, 永尾 美智瑠, 田中 菜央, 松井 美月, 戸村 和希, 島本 一志, 田中 広紀, 原田 浩史, 渡邊 徹
予防投与量のST合剤でSIADHによる低Na血症が疑われた1例

 

第 22 回 日本肝がん分子標的治療研究会

2020 年 11 月 於 金沢(ハイブリッド開催)
柳 朝子, 全田 貞幹, 平松 玉江, 山﨑 直也, 髙島 淳生, 森実 千種, 宮路 天平, 川口 崇, 益子 友恵, 高木 雄亮, 山口 拓洋, 新井 美智子, 清水 陽一, 華井 明子, 内富 庸介, 大柴 福子
マルチキナーゼ阻害薬の手足症候群に対するハイドロコロイドドレッシングによる予防効果の検証試験の進捗紹介(J-SUPPORT1701:APRON study)

 

第 34 回 日本エイズ学会学術集会・総会

2020 年 11 於 オンライン開催
増田 純一, 川口 崇, 関根 祐介, 國本 雄介, 矢倉 裕輝, 平野 淳, 日笠 真一, 築地 茉莉子, 石原 正志, 岩崎 藍, 押賀 充則, 又村 了輔, 櫛田 宏幸, 福島 直子, 島袋 翔多, 沼田 理子, 宮路 天平, 山口 拓洋, 天野 景裕, 岡 慎一, 白坂 琢磨, 今村 淳治
抗HIV療法における意思決定とアドヒアランスに関する多施設共同研究(DEARS-J study)

 

日本臨床試験学会 第 12 回学術集会総会

2021 年 2 月 於 オンライン開催
可知 健太, 小森 駿, 仕子 優樹, 宮路 天平, 川口 崇, 山口 拓洋
がん領域における新規ePROシステムのフィージビリティ試験(ONCOLO Virtual Study)

 

第 18 回 日本臨床腫瘍学会学術集会

2021 年 2 月 於 オンライン開催
Kenta Kachi, Shun Komori, Yuki Shiko, Takashi Kawaguchi, Tempei Miyaji, Takuhiro Yamaguchi      
Siteless Study for Feasibility of electronic Patient-Reported Outcome (ePRO) Collection System in Oncology

 

その他

川口 崇, 宮路 天平, 山口 拓洋
SPIRIT-PRO
看護研究, 第53巻 第2号

宮路 天平, 川口 崇, 木村 智美, Rebecca Mercieca-Bebber, 山口 拓洋
臨床試験プロトコールに患者報告アウトカムを組み込むためのガイドライン -SPIRIT-PRO拡張版- Guidelines for Inclusion of Patient-Reported Outcomes in Clinical Trial Protocols -The SPIRIT-PRO Extension-
薬理と治療(JPT)Japanese Pharmacology & Therapeutics, vol.48 no.10, 2020年10月

川口 崇, 宮路 天平, 木村 智美, Rebecca Mercieca-Bebber, 山口 拓洋
ランダム化比較試験における患者報告アウトカムの報告 -CONSORT PRO拡張版- Reporting of Patient-Reported Outcomes in Randomized Trials -The CONSORT PRO Extension-
薬理と治療(JPT)Japanese Pharmacology & Therapeutics, vol.48 no.11, 2020年11月

 

講演会等発表記録

関西腎と薬剤研究会 20周年&第100回 記念講演会 

2020 年 8 於 オンライン開催
川口 崇 
特別講演2  病態が様々な腎領域だからこそ, やるしかない!臨床推論 ~BasicからFuture perspectiveまで~

 

未来がん医療プロフェッショナル養成 がん診療ステップアップセミナー~PRO編~

2021 年 1 於 オンライン開催
川口 崇
患者報告アウトカムの基本を学ぶ

 

令和 2 年度 第 1 回 JASDI フォーラム

2021 年 1 於 オンライン開催
川口 崇
それって副作用? 有害事象の因果関係評価

 

24th DIA Japan Annual Workshop for Clinical Data Management

2021 年 2 オンライン開催
川口 崇
Introduction to Patient-reported Outcomes and Implementation of ePRO in Clinical Research

 

2019年度 研究室業績

原著・総説および著書

原著

Hiromichi Matsuoka, Satoru Iwase, Tempei Miyaji, Takashi Kawaguchi, Keisuke Ariyoshi, Shunsuke Oyamada, Eriko Satomi, Hiroto Ishiki, Hideaki Hasuo, Hiroko Sakuma, Akihiro Tokoro, Yoshinobu Matsuda, Kazuki Tahara, Hiroyuki Otani, Yoichi Ohtake, Hiroaki Tsukuura, Yoshihisa Matsumoto, Yoshikazu Hasegawa, Yuki Kataoka, Masatomo Otsuka, Kiyohiro Sakai, Miki Nakura, Tatsuya Morita, Takuhiro Yamaguchi, Atsuko Koyama.
Predictors of duloxetine response in patients with neuropathic cancer pain: a secondary analysis of a randomized controlled trial-JORTC-PAL08 (DIRECT) study
Support Care Cancer. 2020 Jun;28(6):2931-2939.

Takuhiro Yamaguchi, Takashi Kawaguchi, Tempei Miyaji
Patient Reported Outcome (PRO) in Oncology
Gan To Kagaku Ryoho, 46, 1345−1356(2019)

Hiromichi Matsuoka, Satoru Iwase, Tempei Miyaji, Takashi Kawaguchi, Keisuke Ariyoshi, Shunsuke Oyamada, Eriko Satomi, Hiroto Ishiki, Hideaki Hasuo, Hiroko Sakuma, Akihiro Tokoro, Toshiaki Shinomiya, Hiroyuki Otani, Yoichi Ohtake, Hiroaki Tsukuura, Yoshihisa Matsumoto, Yoshikazu Hasegawa, Yuki Kataoka, Masatomo Otsuka, Kiyohiro Sakai, Yoshinobu Matsuda, Tatsuya Morita, Atsuko Koyama, Takuhiro Yamaguchi
Additive Duloxetine for Cancer-Related Neuropathic Pain Nonresponsive or Intolerant to Opioid-Pregabalin Therapy: A Randomized Controlled Trial (JORTC-PAL08)
J Pain Symptom Manage . 2019 Oct;58(4):645-653.

Keita Tagami, Takashi Kawaguchi, Tomofumi Miura, Takuhiro Yamaguchi, Yoshihisa Matsumoto, Yuki Sumazaki Watanabe, Yuko Uehara4, Ayumi Okizaki, Akira Inoue, Tatsuya Morita, Hiroya Kinoshita
The association between health-related quality of life and achievement of personalized symptom goal
Support Care Cancer. 2020 Jan 22. doi: 10.1007/s00520-020-05316-0. Online ahead of print.

 

総説

竹内 裕紀
添付文書の腎機能表記のピットフォール
月刊薬事,61,じほう,57−66( 2019)

浦田 元樹,竹内 裕紀,古久保 拓,平田 純生
腎機能別薬剤投与法一覧 2018 ~ 2019−No.3. 838 ~ 1166 2019 年1 月31 日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,8,33−125( 2019)

浦田 元樹,竹内 裕紀,古久保 拓,平田 純生
腎機能別薬剤投与法一覧 2018 ~ 2019−No.4. 1167 ~ 1457 2019 年 5 月31 日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,8,195−294( 2019)

浦田 元樹,竹内 裕紀,古久保 拓,平田 純生
腎機能別薬剤投与法一覧 2018 ~ 2019−No.5. 1458 ~ 1740 2019 年 5 月31 日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,8,351−432( 2019)

浦田 元樹,竹内 裕紀,古久保 拓,平田 純生
腎機能別薬剤投与法一覧 No.1 ~ 1740 2019 年 12月31日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,特別号改訂版Ver. 3,1−501( 2019)

 

著書

畝崎       榮,松岡 陽子,平山 武司
脳血管障
病気と薬物療法   精神疾患     筋疾崎       榮山    内    武司.厚田幸一郎監.改2 ,オーム2019pp. 116−130

畝崎       榮,松岡 陽子,平山 武司
パーキンソン病
病気と薬物療法   精神疾患     筋疾崎       榮山    内    武司.厚田幸一郎監.改2 ,オーム2019pp. 131−146

畝崎       榮,松岡 陽子,平山 武司
認知症
病気と薬物療法   精神疾患     筋疾崎       榮山    内    武司.厚田幸一郎監.改2 ,オーム2019pp. 147−161

畝崎       榮,松岡 陽子,平山 武司
頭痛
病気と薬物療法   精神疾患     筋疾崎       榮山    内    武司.厚田幸一郎監.改2 ,オーム2019pp. 162−174

畝崎       榮,松岡 陽子,平山 武司
てんかん
病気と薬物療法   精神疾患     筋疾崎       榮山    内    武司.厚田幸一郎監.改2 ,オーム2019pp. 175−188

竹内 裕紀
尿酸降下薬一覧表
高尿酸血症痛風の治療ガイドライン第 3 版ダイジェストポケット版.市田 公美編.市田 公美,大田原 顕,荻野  和秀,浜田  紀宏,久留  一郎, 嶺尾 郁夫監修.第 3 版,診断と治療社,2019pp. 86−89

竹内 裕紀
腎移植症例の免疫抑制療法 拒絶反応予防のためのカルシニン阻害薬のAUTL/ AUC 基づく投与設計
腎臓病薬物療法トレーニングブック2 版.日本腎臓病薬物療法学会学術教育委員会編.平田 純生監修.第 2 版,じほう2019pp. 250−263

竹内 裕紀
他の免疫アレルギ 免疫疾
visual core pharma 薬物治療尾      隆鍋島  俊隆渡辺  泰裕早勢  信正賀川  義之大井  一弥丸山 徹篠原 悦子佐々木英田 本屋 尾   村 野貢司 編.改訂 9 版,南山堂2019

竹内 裕紀
臓器移 造血幹細胞移 
visual core pharma 薬物治療尾      隆鍋島  俊隆渡辺  泰裕早勢  信正賀川  義之大井  一弥丸山 徹篠原 悦子佐々木英田 本屋 尾   村 野貢司 編.改訂 9 版,南山堂2019

竹内 裕紀
全身麻酔
visual core pharma 薬物治療尾      隆鍋島  俊隆渡辺  泰裕早勢  信正賀川  義之大井  一弥丸山 徹篠原 悦子佐々木英田 本屋 尾   村 野貢司 編.改訂 9 版,南山堂2019

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右,岡田 寛征,川口 崇,三溝 学,添石 遼平,椋澤慎太郎, 和久田光宣
服薬指導の基礎知識(薬物の体内動態,薬物の吸収・ 分布,薬物の代謝・ 排泄,食事・嗜好品・ 生活習慣と薬物動態,薬物間相互作用)
図解入門メディカルワークシリーズよくわかる服薬指導の基本と要点第3 版.畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右編.第3 版, 秀和システム,2019,pp. 12−23

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右,岡田 寛征,川口 崇,三溝 学,添石 遼平,椋澤慎太郎, 和久田光宣
ケーススタディから見る服薬指導(高齢者への服薬指導,妊婦への服薬指導,小児への服薬指導)
図解入門メディカルワークシリーズよくわかる服薬指導の基本と要点第3 版.畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右編.第3 版, 秀和システム,2019,pp. 46−52

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右,岡田 寛征,川口 崇,三溝 学,添石 遼平,椋澤慎太郎, 和久田光宣
精神用薬
図解入門メディカルワークシリーズよくわかる服薬指導の基本と要点第3 版.畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右編.第3 版, 秀和システム,2019,pp. 53−79

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右,岡田 寛征,川口 崇,三溝 学,添石 遼平,椋澤慎太郎, 和久田光宣
免疫作用薬
図解入門メディカルワークシリーズよくわかる服薬指導の基本と要点第3 版.畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右編.第3 版, 秀和システム,2019,pp. 320−325

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右,岡田 寛征,川口 崇,三溝 学,添石 遼平,椋澤慎太郎, 和久田光宣
腎不全用製剤
図解入門メディカルワークシリーズよくわかる服薬指導の基本と要点第3 版.畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右編.第3 版, 秀和システム,2019,pp. 327−334

竹内 裕紀(日本腎臓病薬物療法学会学術教育委員会)
腎臓病薬物療法トレーニングブック第 2 版
平田 純生監修.第 2 版,じほう,2019

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右
図解入門メディカルワークシリーズ よくわかる服薬指導の基本と要点 第 3 版.
秀和システム,2019

 

編書

畝崎  榮,黒山 政一,竹内 裕紀,平山 武司
病気と薬物療法  精神疾患  筋疾
厚田幸一郎監.改 2 ,オーム社,

畝崎 榮,竹内 裕紀,松本 有右
図解入門メディカルワークシリーズ よくわかる服薬指導の基本と要点 第 3 版.
秀和システム,2019

 

学会発表記録

国際学会

2019 IEEE Eurasia Conference on Biomedical EngineeringHealthcare and SustainabilityECBIOS

2019 6 月   OkinawaJapan
Y. Matsumoto, S. Tanaka, and H. Takeuchi
Survey of general practitioners and community pharmacists in the Tama area, Tokyo, Japan, to assess appropriate renal function evaluation in patients with decreased renal function

The Multinational Association of Supportive Care in CancerMASCC/ The International Society of Oral OncologyISOOAnnual Meeting 2019

2019 6 San Francisco, USA
H. Minatogawa, N. Izawa, T. Kawaguchi, T. Miyaji, A. Yokomizo, Y. Horie, K. Shimomura, K. Honda, H. Morita, N. Hida, A. Tsuboya, T. Tsuda, I. Hirotoshi, Y. Ohno, T. Yamaguchi, and T. Nakajima
Phase III study of comparing dexamethasone on day 1 with day 1−4 with combined neurokinin−1 receptor antagonist, palonosetron and olanzapine in cisplatin−based chemotherapy: spared trial

2019 Supportive Care in Oncology Symposium

2019 年 10 San Francisco, USA
T. Terada, K. Kosugi, Y. Nishiguchi, T. Miura, D. Fujisawa, Y. Uehara, T. Kawaguchi, K. Izumi, J. Takehana, Y. Matsumoto
Determinants of cancer patients revealing their own cancers to minor children: A cross-sectional web-based survey in an online cancer community.

ESMO ASIA CONGRESS 2019

2019 年 12 月 Singapore
Matsumoto Y, Usui, K.Kosugi, Y.Nishiguchi, T.Miura, D.Fujisawa, Y.Uehara, T.Kawaguchi, K.Izumi, J.Takehana, Y.Matsumoto
Parenting experiences of cancer patients with minor children and their conversations about the possibility of death: A cross-sectional web-based survey for the online cancer community

M Yuki, K.Kosugi, Y.Nishiguchi, T.Miura, D.Fujisawa, Y.Uehara, T.Kawaguchi, K.Izumi, J.Takehana, Y.Matsumoto
Factors associated with economic burden among cancer patients with minor children: A cross-sectional web-based survey of an online cancer community

 

国内学会

24 回 日本緩和医療学会学術大会

2019 6 月 於 横 浜
田   博美木   寛人口   結菜内  大佑水  正樹里見絵理
がん患家族によ18 歳未満の子どもへの病病状告知の状況に関する研秀演題

8 回 医薬工 3 大学 包括連携シンポジウム

2019 8 月 於 東 京
陸哉正章原 野 口 茂行本 崎 榮
PK/PD 解析における免疫抑制薬の多剤併用療法の臨床効力比の推定

4 回 日本がんサポーティブケア学会学術集会

2019 9 月 於 青 森
Takuro Mizukami, Tenpei Miyaji, Takashi Kawaguchi, Hiroki Hara, Takashi Tsuda, Takuhiro Yamaguchi, kei Muro, and Takako Eguchi−Nakajima
An observational cohort study on the nutrition status of patients with advanced gastric cancer who receive combination chemotherapy with ramucirumab and a taxane: BALAST study

川口 
合同ワークショップ 1 JASCC J−SUPPORT    患者報告アウトカム入門「臨床試験にPRO 評価」

 

ARO 協議会  第 7 回学術集会

2019 9 月 於 仙
川口 
electronic Patientreported outcomeePROへの期待

 

55 回    日本移植学会

2019 10 月 於 広 島
竹内 裕紀,瀬沼 和己,前原 陸哉,沖原 正章,横山 卓剛,赤司 勲,木原 優,今野 理,中村  有紀,虎石 竜典,平野 俊彦,畝崎 榮,河地 茂行,尾田 高志,岩本 整          
PK/PD 解析に基づく腎移植初期から維持期における併用療法免疫抑制力の推移

虎石 竜典,大山 勝宏,竹内 裕紀,平川 圭史,堀 祐輔,沖原 正章,赤司 勲,木原 優,今野 理,河地 茂行,尾田 高志,岩本 整          
日米の医薬品副作用データベースを用いたエベロリムスの蛋白尿発現時期の検討

 

第 52 回    日本薬剤師会学術大会

2019 年 10 月 於 山 口
小林 祐希,増子 由紀,山田 弘志,添石 遼平,松本 有右,茂木 徹,橘    隆二,川口 崇, 竹内 裕紀,平田 純生         
レセプトデータを用いた八王子市の保険薬局における腎機能低下時に注意が必要な薬剤の 処方状況の調査

大瀧   翔,藪下健太郎,三溝   学,添石  遼平,茂木 徹,川口 崇,竹内  裕紀,松本  有右       
透析患者の処方監査業務に効果があったヒヤリ・    ハット対策の一例~疑義照会件数からの調査~

 

第 29 回    日本医療薬学会年会

2019 年 11 月 於 福 岡
川口 崇        
シンポジウム:新しい時代を担う薬剤師の副作用マネジメントを考える~抗がん治療において患者を視るスキル~「薬剤師による副作用の判断~副作用か否かどのように考えるか~」

竹内  裕紀,大山  勝宏,岩本 整       
日米の医薬品副作用データベースを用いたエベロリムスの蛋白尿発現時期の検討

竹内  裕紀        
シンポジウム:疾患を超えて薬学的観点から多剤併用療法の理論を考える 腎移植を参考に免疫学的腎疾患における免疫抑制薬の多剤併用療法について考える

 

第 13 回 日本腎臓病薬物療法学会学術集会

2019 年 11 月 於 熊 本

Round Table Discussion:薬剤師として知っておくべき腎炎・ 腎移植の免疫抑制療法

 

第 2 回    関東・甲信越支部学術大会

2019 年 11 月 於 東 京
井上裕次郎,小杉 和博,西口 洋平,三浦 智史,藤沢 大介,上原 優子,川口  崇,泉    夏代,竹鼻  淳,松本 禎久
18 歳未満の子どもをもつがん患者を対象とした,子供に関する相談相手の現状と追加で相談したい相手に関するウェブ調査

 

日本臨床試験学会 第 11 回学術集会総会

2020 年 2 月 於 東 京
川口 崇,宮路 天平,湊川 紘子,横溝  綾子,中島 貴子,伊澤 直樹,下村 一景,飯原 大稔, 立石 朝子,森田 一,縄田 修一,山口 拓洋
eConsent 導入までの経緯と対策

川口 崇,関根 祐介,國本 雄介,増田 純一,矢倉 裕輝,平野  淳,日笠 真一,築地茉莉子, 石原 正志,沼田 理子,宮路 天平,山口 拓洋,天野 景裕
「HIV 感染症患者における抗レトロウイルス療法に関する意思決定とアドヒアランスに関する研究(DEARS−J)」における ePRO の実施方法と欠測状況に関する検討

 

日本臨床腫瘍薬学会学術大会 2020

2020 年 3 月 於 福 岡
川口  崇
シンポジウム:簡単ではない!?新時代の有害事象へのアプローチ―病院・  薬局薬剤師に共通で必須の「考え方」―「がん治療における有害事象評価の基本」

講演会等発表記録

36 回 日本 TDMTherapeutic Drug Monitoring)学会学術大会

2019 5 月 於 東 京
竹 内 裕 紀
腎移植の免疫抑制薬併用療法におけるエベロリムの適正使用

 

3 回 兵庫県薬剤師会・兵庫県病院薬剤師会共催講演会

2019 6 月 於 神
川口        崇
臨床推論,はじめの一歩

 

日本薬局協励会 東京北支部グループ会(第 1 回)

2019 6 月 於 東 京
竹 内 裕 紀
腎機能と薬についての基礎知識から臨床へ

 

日本薬局協励会 東京北支部グループ会(第 2 回)

2019 年 7 月 於 東 京
竹 内 裕 紀
慢性腎臓病CKD

ファーマストリーム座談会

2019 年 6 月 於 東 京
川口 崇,川上  純一,北原加奈之,溝神  文,岸田直樹
臨床推論の意義と実践

 

4 回    感染と腎障害研究会

2019 7 月 於 東 京
竹 内 裕 紀
ミコフェノール酸モフェチルのTDM を考える

 

北多摩薬剤師研修会

2019 9 月 於 東
川口 崇
それって本当に副作用ですか?副作用を臨床推論でどう考えるか

平成 31 年度 関東消化器内視鏡医学講習会

2019 9 月 於 東
畝﨑  榮
内視鏡検査に必要な薬理生理学

 

神奈川県病院薬剤師会 医薬品情報研修会

2019 10 月 於 横
川口 崇
はじめて学ぶ「臨床推論の基本」

 

JASPO(日本臨床腫瘍薬学会)    臨床研究セミナー

2019 10 月 於 東
川口 崇
患者報告アウトカムを活用するときのポイント

 

神奈川県病院薬剤師会 DI ワークショップ

2019 10 月 於 横
川口 崇
臨床推論で考える「副作用」へのアプローチ

DIA Japan    ランチョンセミナー

2019 11 月 於 東
川口 崇
eConsent 導入の試み

 

29 回 日本医療薬学会年会

2019 11 月 於 福 岡
竹 内 裕 紀 
シンポジウム:こんなときどする?専門薬剤師が考える血糖コントロールオーガナザー) 

竹 内 裕 紀 
シンポジウム:疾患を超えて薬学的観点から多剤併用療法の理論を考えるオーガナイザー

 

Web連載

オンコロジーファーマシストのためのマンガで学ぶ臨床推論トレーニング実践編 中外製薬株式会社 会員制がん領域薬剤師サイト(Oncology Pharmacist Web

2019 年 1 月
川口  崇
その 19. 感度・ 特異度 1

2019 年 2 月
川口  崇
その 20. 感度・ 特異度 2

2019 年 7 月
川口  崇
その 21. 少ない情報でも学びを見つける
その 22. やみくもに想起しない
その 23.復習はニガテですか?
その 24. 伝わらない想い

2019 年 10 月
川口  崇
その 25. 症例相談に求められるもの

 

マンガで学ぶ症例相談研究所 中外製薬株式会社 会員制がん領域薬剤師サイト(Oncology Pharmacist Web

2019 年 10 月
川口  崇
Case 1. 先輩が噴火した日

2018年度 研究室業績

原著・総説および著書

原著

Ikumi Ito, Akihiko Ito, Sakae Unezaki
Preparation and evaluation of water-absorbing swollen granules aimed at improving ingestion
J Drug Deliv Sci Technol, 50 ,201-207(2019) 

Osamu Konno, Takayoshi Yokoyama, Yu Kihara, Yuki Nakamura, Takuya Ueno, Hironori Takeuchi, Hitoshi Iwamoto
Early Outcomes of Living-Donor Kidney Transplantation with Immunosuppression Therapy Induction With Tacrolimus Extended-Release: A Comparison With Cyclosporine
Transplant Proc., 50 ,2457-2460 (2018) 

Yoshinobu Matsuda, Tatsuya Morita, Tempei Miyaji, Tomoko Ogawa, Kuniko Kato, Takashi Kawaguchi, Akihiro Tokoro, Satoru Iwase, Takuhiro Yamaguchi, Yoshikazu Inoue
Morphine for Refractory Dyspnea in Interstitial Lung Disease: A Phase I Study (JORTC-PAL 05)
J Palliat Med., 2018 Aug 21. [Epub ahead of print] 

Tomofumi Miura, Yoshihisa Matsumoto, Takashi Kawaguchi, Yuto Masuda,Ayumi Okizaki, Hiroko Koga, Keita Tagami, Yuki Sumazaki Watanabe, Yuko Uehara, Takuhiro Yamaguchi, Tatsuya Morita
Low Phase Angle Is Correlated With Worse General Condition in Patients with Advanced Cancer
Nutrition and Cancer. , 2019. [Epub ahead of print] 

 

総説

竹内裕紀
免疫抑制薬TDM標準化ガイドラインを活用するための薬物体内動態パラメータ
Organ Biology 25(2) 163-168.2018

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 2018~2019-No.1. 1~412 2018年4月8日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,7(1),39-136,2018

浦田元木,竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 2018~2019-No.2. 413~837 2018年  10月31日版
日本腎臓病薬物療法学会誌,7(3),253-356,2018

竹内裕紀
特集:高血圧治療における減塩指導・支援のあり方  塩分(Na)が関係する高血圧症に対する利尿薬および減塩の効果
糖尿病療養指導士のためのDM Ensemble 7(3). 19-23.2018

川口崇
薬学領域における臨床推論
薬局薬学、2018;10:1-6

 

著書

竹内裕紀 (吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「その他の免疫アレルギー・免疫疾患」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2018

竹内裕紀 (吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「臓器移植・造血幹細胞移植・輸血」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2018

竹内裕紀 (吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「全身麻酔」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2018

竹内裕紀 (日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会)
「尿酸降下薬一覧表」高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版
診断と治療社, 2018

平田純生、竹内裕紀、古久保拓 (日本腎臓病薬物療法学会腎機能低下時の薬剤投与量一覧表作成委員:平田純生、竹内裕紀、古久保拓、監修:秋澤忠男 平田純生)
腎機能別薬剤投与量 POCKET BOOK第2版
じほう, 2018

川口崇、岸田直樹、その他(編集:川口崇、岸田直樹)
3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた
じほう, 2018

 

学会発表記録

国際学会

EAPC 2018

2018 年5月 於 Bern, Switzerland
T Miura, Y Matsumoto, T Kawaguchi, K Tagami, Y Watanabe, Y Uehara, A Okizaki, H Koga, T Yamaguchi, T Morita  
Low Phase Angle Is Correlated with Poor General Condition in Advanced Cancer Patients

MASCC/ISOO ANNUAL MEETING 2018

2018 年6月 於 Vienna, Austria
T Tagami, T Miura, T Kawaguchi, Y Matsumoto, Y Watanabe, Y Uehara, A Okizaki, Y Masuda, H Koga, T Yamaguchi, T Morita  
Correlation of health-related quality of life with quality of symptom management: based on personalized symptom goals in outpatient palliative care setting

ASCO Annual Meeting 2018

2018 年6月 於 Chicago, USA
E Satomi, H Matsuoka, S Iwase, T Miyaji, T Kawaguchi, K Ariyoshi, S Oyamada, H Hasuo, A Tokoro, T Shinomiya, H Tsukuura, Y Otake, M Otsuka, Y Hasegawa, Y Matsumoto, Y Kataoka, H Otani, Y Kidera, M Aoyama, T Yamaguchi  
A multi-center, randomized, double-blinded, placebo-controlled trial of additive effect of duloxetine for neuropathic cancer pain refractory to opioids and gabapentinoids: JORTC- PAL08 (DIRECT study)

ISOQOL 25th Annual Conference

2018 年10月 於 Dublin, Ireland
T Miyaji, T Kawaguchi, K Azuma, S Suzuki, Y Sano, M Manabe, A Torii, T Kamimura, Y Ozawa, T Yamaguchi  
Exploring the association between Patient-reported outcomes (PRO) and Patient-generated health data (PGHD) from a wearable device in cancer patients

 

国内学会

第35回日本TDM学会・学術大会

2018 年5月 於 福岡

竹内裕紀(オーガナイザー)
シンポジウム 血液浄化法と薬物の除去について徹底討論する

医療薬学フォーラム

2018 年6月 於 東京

川口崇(オーガナイザー、ディレクション)
ワークショップ はじめての臨床推論 -臨床推論を体験しよう-

日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会

2018 年8月 於 宇都宮

川口崇(オーガナイザー・座長)
多職種の視点で考える臨床推論 ―より質の高い病棟業務・チーム医療を実践するために―

第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会

2018 年8月 於 福岡

川口崇
パネルディスカッション Patient reported outcome(PRO)「臨床研究における患者報告アウトカム」

山本里江、三浦智史 、松本禎久、沖崎歩、川口崇、田上恵太、森田達也
Personalized pain goal達成と症状やQuality of Life、抑うつとの関連について

第51回日本薬剤師学術大会

2018 年9月 於 金沢

竹内裕紀
オーガナイザー 保険薬局でできる高齢者の腎臓病対策

第54回日本移植学会

2018 年10月 於 東京

瀬沼和己、竹内裕紀、外谷龍一、畝崎榮、横山卓剛、木原優、今野理、中村有紀、岩本整、尾田高志 池田千絵、河地茂行、虎石竜典、平野俊彦
CellTiter-Glo法を用いた PBMC増殖抑制試験による 免疫抑制薬の薬力学的評価に関する基礎的検討

竹内裕紀、外谷龍一、瀬沼和己、畝崎榮、横山卓剛、木原優、今野理、中村有紀、岩本整 尾田高志 池田千絵、河地茂行、虎石竜典、平野俊彦
PK/PD解析における免疫抑制薬の 多剤併用療法の臨床効力比の比較 ー併用療法変更時の至適投与量設定への利用ー

第24回日本薬剤疫学会学術総会

2018 年10月 於 仙台

川口崇(ファシリテータ・講師)
患者報告アウトカム入門 ~がん支持療法領域を例に~

東加奈子、川口崇、宮路天平、徳田芳稀、佐野元彦、金素案、河原陽介、山口拓洋
PRO-CTCAEの集計方法による有害事象評価の差異に関する研究

関根祐介、川口崇、岩崎藍、國本雄介、増田純一、冨島公介、平野淳、日笠真一、築地茉莉子、石原正志、宮路天平、山口拓洋、天野景裕
抗レトロウイルス療法のアドヒアランスに関する研究におけるBring your own deviceを用いたePROによるデータ収集(Trial in progress)

宮路天平、川口崇、東加奈子、眞鍋萌、鈴木信也、武谷倫太郎、西基秀、山口拓洋
mHealthを用いた臨床研究におけるPatient Generated Health Dataの効率的なデータ収集、管理方法の検討

第12回日本腎臓病薬物療法学会学術集会

2018 年10月 於 浜松

竹内裕紀 岩本整
シンポジウム くすりと糖尿病学会合同企画 糖尿病腎症患者の薬物療法を考える 経口薬の消化管吸収における糖尿病性胃腸症の影響 糖尿病性腎臓病の腎移植患者における体内動態から考える

藪下 健太郎 添石遼平 松本有右 竹内裕紀 古久保拓 平田純生
全薬価収載医薬品に対して腎機能低下時に必要な注意情報を付加したデータベースの作成

竹内裕紀(オーガナイザー)
シンポジウム くすりと糖尿病学会合同企画 糖尿病腎症患者の薬物療法を考える

第12回日本禁煙学会学術総会

2018 年11月 於 香川

関根和晃,平山陽示,原田芳巳,畝崎榮
禁煙外来を受診する生活保護受給者の「心理的依存」と「身体的依存」

第28回日本医療薬学会年会

2018 年11月 於 神戸

川口崇(オーガナイザー・演者)
実践!薬学臨床推論ケースカンファレンス「臨床推論のケースカンファレンス 狙いとお願い」

川口崇
シンポジウム 臨床業務での「薬剤師力」の発揮 ~できる薬剤師育成のストラテジー~ 「できる薬剤師の患者を診る力」

竹内裕紀(オーガナイザー)
シンポジウム 腎臓の声を聴け~理論と経験から行動指針を探る~

竹内裕紀
シンポジウム 糖尿病合併症に対する薬物療法の治療戦略と今後への展望   糖尿病性腎臓病(DKD)における薬物療法の実践 ―腎症・心血管疾患の発症・進展の抑制をめざしてー

 

講演会等発表記録

第1回多摩エリア腎移植勉強会

2018 年4月 於 東京
竹内裕紀
TDM管理に必要な薬剤のup-to-date

東京ベイ・浦安市川医療センター 薬剤師勉強会

2018 年4月 於 千葉
川口崇
薬剤師のための臨床推論

平成30年度 第1回がん薬物療法研修会

2018 年4月 於 静岡
川口崇
『がん領域の臨床推論 ~臨床推論で考える有害事象~』

第3回TDM-CQ研究会

2018 年8月 於 東京
竹内裕紀
ランチョンセミナー ミコフェノール酸の体内動態を考える

第26回八王子薬剤師会 スキルアップセミナー

2018 年8月 於 東京
竹内裕紀
患者腎機能と腎機能に応じた投与量チェックの考え方

第1回東京薬科大学附属薬局CKDセミナー

2018 年8月 於 東京
竹内裕紀
患者腎機能の確認と腎機能低下時の投与量監査の考え方

平成30年度 臨床研究方法論セミナー

2018 年9月 於 東京
川口 崇
PRO概論、COA選定

平成30年度関東消化器内視鏡医学講習会

2018 年9月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

第27回八王子薬剤師会 スキルアップセミナー 

2018 年9月 於 東京
竹内裕紀
腎機能に応じた投与量チェックの考え方2  ー腎排泄以外の体内動態変化および透析患者の投与量設定の考え方ー

第2回東京薬科大学附属薬局CKDセミナー

2018 年11月 於 東京
竹内裕紀
腎機能に応じた投与量チェックの考え方2  ー腎排泄以外の体内動態変化および透析患者の投与量設定の考え方ー

日本臨床腫瘍薬学会 臨床研究セミナー2018

2018 年12月 於 東京
川口崇
患者報告型アウトカムの基本をゆるく・わかりやすく学ぶ

第3回東京薬科大学附属薬局CKDセミナー

2019 年2月 於 東京
竹内裕紀
CKDと治療薬

第4回広島県医薬品安全性研究会

2019 年3月 於 広島
竹内裕紀
腎機能低下患者に関わる 添付文書の記載内容を考える

東京都病院薬剤師会診療所委員会

2019 年3月 於 東京
川口崇
『医薬品の介入試験を読むために必要な基礎知識』

糖尿病領域薬剤師養成研究会

2019 年3月 於 東京
竹内裕紀
糖尿病性腎臓病(DKD)における薬学的管理の実践をめざして

平成30年度第5回北多摩薬剤師会研修会

2019 年3月 於 東京
川口崇
検査特性を学ぶ!臨床推論 これってインフルエンザ?

Web連載

オンコロジーファーマシストのためのマンガで学ぶ臨床推論トレーニング実践編(会員制)

川口崇
その1.患者さんから丁寧に話を聞こう

その2.ちょっと危険な思い込み

その3.再現VTRを作れるか

その4.オンセット

その5.痛みの性状・質

その6.痛みの程度

その7.OPQRSTの呪縛

その8.既往歴①

その9.既往歴②

その10.アレルギー歴

その11.それも副作用?

その12.よくある訴え 風邪①

その13.よくある訴え 風邪②

その14.よくある訴え 頭痛

その15.血圧と脈拍

その16.血圧

その17.鑑別診断

その18.偽陰性

その19.感度・特異度①

その20.感度・特異度②

 

2017年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Ikumi Ito, Akihiko Ito, Sakae Unezaki
Investigation of Oral Preparation That Is Expected to Improve Medication Administration: Preparation and Evaluation of Oral Gelling Tablet Using Sodium Alginate
YAKUGAKU ZASSHI, 137 ,969―977 (2017) 

Hiromichi Matsuoka, Hiroto Ishiki, Satoru Iwase, Atsuko Koyama, Takashi Kawaguchi, Yoshiyuki Kizawa, Tatsuya Morita, Yoshinobu Matsuda, Tempei Miyaji, Keisuke Ariyoshi, Takuhiro Yamaguchi
Study protocol for a multi-institutional, randomised, double-blinded, placebo-controlled phase III trial investigating additive efficacy of duloxetine for neuropathic cancer pain refractory to opioids and gabapentinoids: the DIRECT study
BMJ Open 7:e017280.(2017)

Kengo Imai*, Tatsuya Morita*, Naosuke Yokomichi*, Masanori Mori*, Akemi Shirado Naito*, Hiroaki Tsukuura*, Toshihiro Yamauchi*, Takashi Kawaguchi, Kaori Fukuta*, Satoshi Inoue*
Efficacy of two types of palliative sedation therapy defined using intervention protocols: proportional vs. deep sedationSupport Care Cancer. 2017 Dec 14.  [Epub ahead of print]

Hiroyuki Uchida, Hironori Takeuchi, Makoto Kohno, Atsushi Yao, Mari Nakamura, Susumu Uda, Hiroyuki Sugaya, Takashi Kawaguchi, Sakae Unezaki, Yoshiyuki Ishii, Shigeo Asai
Pharmacokinetic evaluation of the necessity of supplemental pregabalin administration after hemodialysis
Jpn J Nephrol Pharmacother, 6, 189-192 (2017)

Tempei Miyaji, Yukiko Iioka, Yujiro Kuroda, Daigo Yamamoto, Satoru Iwase, Yasushi Goto, Masahiro Tsuboi, Hiroki Odagiri, Yu Tsubota, Takashi Kawaguchi, Naoko Sakata, Ethan Basch, Takuhiro Yamaguchi
Japanese translation and linguistic validation of the US National Cancer Institute’s Patient-Reported Outcomes version of the Common Terminology Criteria for Adverse Events (PRO-CTCAE)
Journal of Patient-Reported Outcomes 1:8 (2017)

Takashi Kawaguchi, Kanako Azuma, Motohiko Sano, Soan Kim, Yosuke Kawahara, Yoko Sano, Tomohide Shimodaira, Keiichiro Ishibashi, Tempei Miyaji, Ethan Basch, Takuhiro Yamaguchi
The Japanese version of the National Cancer Institute’s patient-reported outcomes version of the common terminology criteria for adverse events (PRO-CTCAE): psychometric validation and discordance between clinician and patient assessments of adverse events
Journal of Patient-Reported Outcomes 2:2 (2018)

Hironori Takeuchi, Kimiyoshi Icida, Tatsunori Toraishi, Hitoshi Iwamoto, Yuki Nakamura, Osamu Konno, Yu Kihara, Takayoshi Yokoyama, Chie Ikeda, Kiyoshi Okuyama, Takashi Kawaguchi, Shigeyuki Kawachi, Takashi Oda, Toshihiko Hirano, Sakae Unezaki
Contraindications of Concomitant Use of Azathioprine and Allopurinol on Drug Package Inserts: Case Study and Comparison of New and Existing Issues of Novel Xanthine Oxidase Inhibitor
Gout and Nuclcic Acid Metabolism, 41, 191-1982017)

Saki Sato, Kazunori Nanri, Nobuyuki Tanaka, Misaki Okuma, Hiroo Terashi, Yuki Ueta, Kodai Kanemari, Hironori Takeuchi, Sakae Unezaki, Hitoshi Aizawa
Clinical investigation of seven patients with headache accompanied by platelet hyperaggregability in which oral administration of antiplatelet agent was effective
The Journal of Tokyo Medical University., 75, 456-462 (2017)

総説

竹内裕紀
臓器摘出・切除の晩期合併症 腎摘出術後の薬物動態学的注意点
薬局68(9), 79-86,2017

竹内裕紀
TDMを理解するための薬物体内動態の基礎
東京都臨床検査技師会誌

竹内裕紀, 市田公美
アザチオプリンとアロプリノールの併用は禁忌とすべきではないか 古くて新しい課題-新規尿酸合成阻害薬の比較および自験例から考える-
痛風と核酸代謝 41(1) 116-117,2017

花木真美子, 竹内裕紀
薬剤師の男女共同参画および透析医療における薬剤師の参画に関する現状調査
日本透析医学会雑誌51(1)69-70、2018

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2016~2017-No.3、820~1164 2017.5.1版
日本腎臓病薬物療法学会誌,6(1),31-129,2017

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2016~2017-No4、1165~1510. 2017.10.19版
日本腎臓病薬物療法学会誌,6(3),205-309,2017

竹内裕紀
Topics:慢性腎不全(CKD)患者への腎排泄性薬の投与量調節のための腎機能評価
Organ Biology

プロシーディングス

岩本整、今野 理、木原優、横山卓剛、中村有紀、池田千絵、佐野秀史、弦切純也、竹内裕紀、桜井悦夫、河地茂行
経皮的心肺補助(PCPS)装置心停止ドナーから長期間保存した献腎移植の一例
Organ Biology 24(2)、45-48, 2017

著書

畝崎 榮
「パーキンソン病治療薬が変更された患者」日経DIクイズ 精神・神経疾患篇
日経BP社, 2017

畝崎 榮, 宮川政昭, 近澤洋平
「MRが医療の一翼を担う為に」MRテキスト2018 MR総論
南山堂, 2017

竹内裕紀
「その他の免疫アレルギー・免疫疾患」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2017

竹内裕紀
「臓器移植・造血幹細胞移植・輸血」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2017

竹内裕紀
「全身麻酔」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2017

竹内裕紀
「特殊な病態における糖尿病薬物療法 腎障害」糖尿病の薬学管理必携 糖尿病薬物療法認定薬剤師ガイドブック
じほう, 2017

竹内裕紀
「特殊な病態における糖尿病薬物療法 肝障害」糖尿病の薬学管理必携 糖尿病薬物療法認定薬剤師ガイドブック
じほう, 2017

学会発表記録

国際学会

15th World Congress of the European Association for Palliative Care

2017 年5月 於 Madrid, Spain.
Miura T., Okizaki A., Tagami K. , Watanabe Y.,Uehara Y., Matsumoto Y., Kawaguchi T., Morita T.i 
Personalized Symptom Goals in Comprehensive Cancer Center in Japan

ISOQOL 24th Annual Conference

2017 年10月 於 Philadelphia, USA
Azuma K., Kawaguchi K., Miyaji T., Sano M., Kim S., Kawahara Y., Torii A., Yamada Y., Hirata T., Ishibashi K., Okubo A., Basch E., Yamaguchi T.
Psychometric validity of the Japanese version of Patient-Reported Outcomes Version of the Common Terminology Criteria for Adverse Events (PRO-CTCAE)

2017 年10月 於 Philadelphia, USA
Sano M., Kawaguchi T., Miyaji., Azuma K., Kim S., Kawaraha Y., Sano Y., Shimodaira., Seki T., Ishibashi K., KwiSeon M., Basch E., Yamaguchi T.
Discordance of adverse event assessment between clinicians and patients using the CTCAE and PRO-CTCAE questionnaires in Japan

国内学会

第62回日本透析医学会学術集会

2017 年6月 於 横浜
花木真美子 竹内裕紀
薬剤師における男女共同参画

第12回日本薬局管理学会年会

2017 年6月 於 東京
川口崇
在宅医療現場に必要な臨床推論の知識

第6回日本くすりと糖尿病学会学術集会

2017 年9月 於 東京
川口崇
研究実施に向けてやるべきこと、任せてよいかと -研究実施支援の立場からー

第53回日本移植学会総会

2017 年9月 於 旭川
虎石竜典 竹内裕紀 横山卓剛 木原優 今野理 中村有紀 岩本整 奥山清 畝崎榮 平野俊彦 尾田高志 河地茂行
吸収遅延によるシクロスポリンのトラフ異常高値症例

第53回日本移植学会総会

2017 年9月 於 旭川
平野俊彦 杉山健太郎 恩田健ニ 田中祥子 許 文成 松野直徒  竹内裕紀 山田陽城
ヒト末梢血リンパ球のマイトゲン応答性増殖に対するテトランドリンとグルココルチコイドの併用効果

第34回日本TDM学会学術大会

2017 年9月 於 京都
竹内裕紀
シンポジウム:免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン:ver 2の報告腎・膵移植(カルシニューリン阻害薬、エベロリムス)

第50回日本薬剤師会学術大会

2017 年10月 於 東京
竹内裕紀
基調講演:CKD患者に対して保険薬局薬剤師のできること・やるべきこと

第55回日本癌治療学会学術集会

2017年10月 於 横浜
河原陽介, 川口崇,宮路天平, 東加奈子, 佐野元彦,金素安, 鳥居綾子, 山田裕里,鮎原秀明, 石橋敬一郎,大久保淳史, 山口拓洋
日本版PRO-CTCAEの信頼性・妥当性に関する研究

第55回日本癌治療学会学術集会

2017年10月 於 横浜
金素安, 川口崇, 宮路天平, 東加奈子, 佐野元彦, 河原陽介, 佐野陽子, 関貴之, 石橋敬一郎, 閔貴善, 山口拓洋
PRO-CTCAEおよびCTCAEを用いた医療者と患者における有害事象評価の不一致に関する研究

第27回日本医療薬学会年会 

2017 年11月 於 千葉
竹内裕紀
シンポジウム:免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン version2の策定と今後 カルシニューリン阻害薬:腎移植

第27回日本医療薬学会年会

2017 年11月 於 千葉
片原優斗、高橋信洋、藤田健二、串田一樹、川口崇、竹内裕紀、畝崎榮
在宅医療における薬剤師の介入効果に関する文献レビュー
第27回日本医療薬学会年会 

2017 年11月 於 千葉
竹内裕紀,  岩本整
シンポジウム:腎疾患における免疫抑制薬の使い方 腎移植における免疫抑制療法 -免疫学的腎疾患治療の先駆的役割を担う-

第180回東京医科大学医学会総会

2017 年11月 於 東京
内藤大樹,畝崎 榮, 征矢良子,髙橋恒輔,和田貴宏,粕谷和彦,太田嘉洋,渡辺隆文,立花慎吾,永川裕一,勝又健次,土田明彦
CRISPR/cas9を用いたゲノム編集とshRNA発現ウイルスベクターを用いた遺伝子発現抑制効果の比較

日本臨床試験学会 第9回学術集会総会

2018 年3月 於 仙台
徳田芳稀、宮路天平、西佳子 、市川和瑛、百賢二、川口崇 、山口拓洋、内富庸介
がん疼痛の臨床試験における ClinicalOutcome Assessments(COAs)に関するレビュー

日本臨床試験学会 第9回学術集会総会

2018 年3月 於 仙台
川口崇
シンポジウム 臨床試験で用いる臨床アウトカム評価(COAs)「臨床アウトカム評価の選択・研究デザインの悩みどころ」

日本臨床腫瘍薬学会 学術大会2018

2018 年3月 於 横浜
川口崇
シンポジウム 薬剤師こそ臨床・研究で活用すべき!?PRO-CTCAEによる有害事象評価 「PRO-CTCAEの概要について」

講演会等発表記録

第31回精神科薬物療法研修会

2017 年4月 於 埼玉
竹内裕紀
腎機能低下時における向精神薬の使い方

東京薬科大学卒後教育講座

2017 年5月 於 東京
川口崇
臨床推論と副作用へのアプローチ

東京医科大学八王子医療センター腎臓内科研修会

2017 年5月 於 東京
竹内裕紀
腎移植患者における免疫抑制薬の使い方

第260回東京薬科大学卒後教育講座

2017 年6月 於 東京
竹内裕紀
CKD患者への薬物療法

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年6月 於 福岡
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

QOL/PRO研究会 第9回研究セミナー

2017 年6月 於 仙台
川口崇
PRO-CTCAEについて

臨床推論勉強会

2017 年6月 於 東京
川口崇
それって本当に副作用?推論なしに語れない副作用のお話

 

臨床推論勉強会

2017 年7月 於 東京
川口崇
実際になぞってやってみよう、推論の考え方

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年7月 於 広島
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年7月 於 仙台
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年9月 於 札幌
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

平成29年度関東消化器内視鏡医学講習会

2017 年9月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

臨床推論勉強会

2017 年9月 於 東京
川口崇
「聴く」に自信を持つために学ぶこと

東京都臨床検査技師会学術部 免疫血清検査研究会

2017 年10月 於 東京
竹内裕紀
TDMを理解するための薬物体内動態の基礎

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年10月 於 東京
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

東京都病院薬剤師会 初心者のための医薬情報講習会

2017 年10月 於 東京
竹内裕紀
TDMを理解するための薬物体内動態の基礎

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年10月 於 名古屋
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

第44回日本臓器保存生物医学会 サテライト教育セミナー 移植学会認定医教育セミナー

2017 年11月 於 大阪
竹内裕紀
移植医療における薬物療法 (TDMとは ガイドライン概説)

平成 29 年度病院診療所薬剤師研修会

2017 年11月 於 大阪
川口崇
薬学臨床推論~副作用へのアプローチと検査特性を中心に~ 

東京都病院薬剤師会 文献を読むんための基礎知識講座

2018 年2月 於 東京
川口崇
医薬品の介入試験を読むために必要な基本的知識(統計やデザインなど)

北海道医薬品情報研究会

2018 年3月 於 札幌
川口崇
副作用の推論と医薬品情報

Decisional Conflict Scaleについて

Decisional Conflict Scaleは、Ottawa Hospital Research Institute(OHRI)が開発した、患者さんの意思決定の葛藤を測定する尺度です。
本尺度の使用にあたっては、その許諾の必要はありません。ただし、本尺度を用いた研究を発表する際には下記論文を出典として引用をしてください。

Kawaguchi T, Azuma K, Yamaguchi T, Soeda H, Sekine Y, Koinuma M, Takeuchi H, Akashi T, Unezaki S. Development and validation of the Japanese version of the Decisional Conflict Scale to investigate the value of pharmacists’ information: a before and after study.BMC Med Inform Decis Mak. 2013 Apr 17;13(1):50.

O’Connor AM. Validation of a decisional conflict scale. Med Decis Making. 1995 Jan-Mar;15(1):25-30.

Legare F, Kearing S, Clay K, Gagnon S, D’Amours D, Rousseau M, O’Connor AM.Are you SURE? Assessing patient decisional conflict with a 4-item screening test.Can Fam Physician. 2010 Aug;56(8):e308-14.

Linder SK, Swank PR, Vernon SW, Mullen PD, Morgan RO, Volk RJ. Validity of a low literacy version of the Decisional Conflict Scale. Patient Educ Couns. 2011 Dec;85(3):521-4. doi:10.1016/j.pec.2010.12.012. Epub 2011 Feb 5.

Legare F, Leblanc A, Robitaille H, Turcotte S. The decisional conflict scale: moving from the individual to the dyad level. Z Evid Fortbild Qual Gesundhwes. 2012;106(4):247-52. Epub 2012 Mar 28.

 

また可能であれば、論文の電子ファイルもしくは別刷、発表抄録を
tkawaアットマークtoyaku.ac.jp  (アットマークを変換してください)
まで送付してください。

尺度は、こちら(PDF)からダウンロードして使用してください。

使用方法はOHRIのホームページにて、ユーザーマニュアルが公開されていますので、こちらを参照してください。

DCSのスコアはまず、とてもそう思う = 0、そう思う = 1、どちらでもない = 2、そう思わない = 3、全くそう思わない = 4、として数値に変換します。

Total Scoreはこれら16項目全てを合計し、16で除したのち、25をかけてスコアを算出します。スコアは0(葛藤がない)から100(極めて高い葛藤状態)の値で示されます。 その他、下位尺度の計算等はユーザーマニュアルを参照してください。

2016年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Kazunori Nanri, Misaki Okuma, Saki Sato, Makoto Yoneda, Takeshi Taguchi, Hiroshi Mitoma, Junji Yamada, Sakae Unezaki, Tetsuo Nagatani, Shiho Otsubo, Mayumi Sugawara, Nobuyuki Tanaka, Hidehiro Mizusawa
Prevalence of Autoantibodies and the Efficacy of Immunotherapy for Autoimmune Cerebellar Ataxia.
Intern Med. 2016;55(5):449-54.

Ito Ikumi, Ito Akihiko, Unezaki Sakaei
Preparation of an oral acetaminophen film that is expected to improve medication administration: Effect of polyvinylpyrrolidone on physical properties of the film.
Drug Discov Ther. 2016;10(3):156-62

Nobuyuki Tanaka, Saki Sato, Kazunori Nanri, Misaki Ookuma, Yuki Ueta, Takeshi Taguchi, Yuki Takeuchi, Sakae Unezaki, Junji Yamada, Kenji Sato
Utility of preventive treatment of cerevral infraction with anti-platelet drugs under monitoring of platelet aggregation
J Tokyo Med Univ, 74, 36-43 (2016)

Kenji Sato, Shiho Otsubo, Kiyoshi Kanaya, Mayumi Sugawara, Sakae Unezaki, Junji Yamada, Yuki Ueta, Aya Inoue, Nobuyuki Tanaka, Tomoko Ishiko, Kazunori Nanri
Serum vitamin D concentrations in patients with Alzheimer`s  disease and dementia with Lewy bodies
Geriatr Med, 54, 811-815 (2016)

Ito Ikumi, Ito Akihiko, Unezaki Sakaei
Fundamental Discussion on Preparation of an Oral Acetaminophen Film that is Expected to Improve Medication Administration: Effects of Plasticizer and Polymer on an Oral Film
Jpn J Pharm Health Care Sci, 42, 237-245 (2016)

Hitoshi Iwamoto, Osamu Konno, Yu Kihara, Takayoshi Yokoyama, Yusuke Ozawa, Yuki Nakamura, Shigeyuki Kawachi, Hironori Takeuchi
The efficacy of prophylactic therapy with valganciclovir in cytomegalovirus donor-positive/Recipient-negative ABO-incompatible kidney transplantation using anti-CD 20 antibody
Organ Biol, 23, 145^149 (2016)

Yuki Nakamura, Hironori Takeuchi, Hitoshi Iwamoto, Tatsunori Toraishi, Osamu Konno, Yu Kihara Takayoshi Yokoyama, Toshihiko Hirano, Kiyoshi Okuyama, Hiroaki Katayama, Takashi Kawaguchi, Sakae Unezaki, Shigeyuki Kawachi
Factorial Analysis on Individual Variability of Tacrolimus Extended- Release Formulation Pharmacokinetics in the Early Period after Renal Transplantation-Factors for AUTL/AUC Decrease
J Kidney 2: 112. (2016)

総説

竹内裕紀
書評:免疫抑制薬TDM 標準化ガイドライン2014[臓器移植編]
Organ Biology 23(1): 72-73, 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第1回「慢性腎臓病(CKD)患者に薬剤師が関与すべきこと」
都薬雑誌 38(3) 30-33 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第2回「腎機能低下患者への適正な用量・用法を提案しよう(1)」
都薬雑誌 38(5) 51-55 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第3回「腎機能低下患者への適正な用量・用法を提案しよう(2)」
都薬雑誌 38(6) 36-41 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第4回「腎障害性薬剤に注意しよう ~薬剤性腎障害の基礎知識を身につけましょう~(1)」
都薬雑誌 38(3) 53-57 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第5回「腎障害性薬剤に注意しよう ~薬剤性腎障害の基礎知識を身につけましょう~(2)」
都薬雑誌  38(8) 42-45 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第6回「ネフローゼ症候群・腎炎患者のステロイドを中心とした服薬指導」
都薬雑誌   38(9) 44-482016

竹内裕紀, 高坂聡
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第9回「透析患者の処方薬を理解する」
都薬雑誌  39(1) 35-39 2016

竹内裕紀
腎腎疾患(腎移植と免疫学的腎疾患)に対する免疫抑制療法
B.P.up-to-date 17(1)9-10

竹内裕紀
薬剤師コラム 慢性腎臓病の薬物療法:降圧薬
B.P.up-to-date 17(1)9-10

竹内裕紀
腎腎疾患(腎移植と免疫学的腎疾患)に対する免疫抑制療法
腎援隊 https://jinentai.com/ckd/columns/29

竹内裕紀
薬剤師コラム慢性腎臓病の薬物療法:利尿薬
腎援隊 https://jinentai.com/ckd/columns/40

竹内裕紀, 古久保拓, 平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2016~2017-No.1、1~412 2016.5.23版
日本腎臓病薬物療法学会誌,5(1),29-128,2016

竹内裕紀, 古久保拓, 平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2016~2017-No2、413~807. 2016.9.28版
日本腎臓病薬物療法学会誌,5(1),29-118,2016

竹内裕紀,岩本整,中村有紀,虎石竜典
TDMを活かすTips教えます シクロスポリン
月刊薬事,59(1), 57-66,じほう, 2016

著書

竹内裕紀,(日吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「その他の免疫アレルギー・免疫疾患」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2016

竹内裕紀,(日吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「臓器移植・造血幹細胞移植・輸血」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2016

竹内裕紀,(編集:日吉尾隆、鍋島俊隆、渡辺泰裕、早勢信正、賀川義之、大井一弥、丸山徹、篠原悦子、渡辺朋子、佐々木英久、野田幸裕、本屋敏郎、松尾和廣、高村徳人、唯野貢司)
「全身麻酔」visual core pharma薬物治療学
南山堂, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、黒山政一(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「統合失調症」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「うつ病(大うつ病性障害)」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「双極性障害」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、黒山政一(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「睡眠障害」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「神経症性障害」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

竹内裕紀、飛田夕紀、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「心身症」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

畝崎榮、 松岡陽子、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「脳血管障害」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

畝崎榮,、平山武司、黒山政一(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「パーキンソン病」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

畝崎榮、川野千尋、黒山政一(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「認知症」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

畝崎榮、 松岡陽子、平山武司(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「頭痛」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

畝崎榮、川野千尋、黒山政一(編集:厚田幸一郎、畝崎榮,黒山政一、竹内裕紀、平山武司)
「てんかん」病気と薬物療法 精神疾患 神経•筋疾患 
オーム社, 2016

平田純生、竹内裕紀、古久保拓
腎機能別薬剤投与量 POCKET BOOK
じほう, 2016

中山政志、竹内裕紀、門脇大介 (監修:向山政志、平田純生)
腎機能に応じた投与戦略
医学書院, 2016

畝崎榮,黒山政一,竹内裕紀,平山武司 
病気と薬物療法 精神疾患 神経・禁疾患
オーム社, 2016

日本腎臓病薬物療法学会腎機能低下時の薬剤投与量一覧表作成委員(平田純生、竹内裕紀、古久保拓)
腎機能別薬剤投与量 POCKET BOOK
じほう, 2016

学会発表記録

国際学会

The 26th International Congress of The Transplantation 

2016 年8月 於 Hong-Kong, China.
Hironori Takeuchi, Yuki Nakamura, Hitoshi Iwamoto, Osamu Konno, Yu Kihara, Takayoshi Yokoyama, Thoru Nagaishi, Sayuri Ohsato, Daich Nakayama, Miyuki Komazaki, Tatsunori Toraishi, Kiyoshi Okuyama, Chie Ikeda,Takashi Kawaguchi, Toshihiko Hirano, Sakae Unezaki, Shigeyuki Kawachi 
Optimal Initial Everolimus Dose In Renal Transplant Recipents Receiving Tacrolimus

ISOQOL 23rd Annual Conference

2016 年10月 於 Copenhagen, Denmark.
Tempei Miyaji, Yukiko Iioka, Satoru Iwase, Yasushi Goto, Masahiro Tsuboi, Daigo Yamamoto, Hiroki Odagiri, Yu Tsubota, Takashi Kawaguchi, Natsumi Anzai, Sandra Mitchell, Ethan Basch, Takuhiro Yamaguchi
Linguistic validation of the Japanese version of the US National Cancer Institute’s Patient-Reported Outcomes version of the Common Terminology Criteria for Adverse Events (PRO-CTCAE)

国内学会

第61回日本透析医学会学術集会

2016 年6月 於 大阪
竹内裕紀、鎌田直博、木村健、和泉智、平田純生
委員会企画「男女共同参画推進小委員会:透析に関わる多職種の男女共同参画の現況と問題点」薬剤師の男女共同参画の現状と透析医療における薬剤師の参画への課題 

第26回日本医療薬学会年会

2016 年10月 於 京都
竹内裕紀 虎石竜典 横山卓剛 中村有紀 岩本整
シンポジウム「薬剤性腎障害を考える」免疫抑制薬による薬剤性腎障害」

川口崇
シンポジウム「薬剤師による前向き試験の実施支援(大学教員の立場から)」 

高木彰子, 百賢二, 小林統, 川口崇, 中村 均, 濃沼政美
有害事象データベースを利用したスタチン製剤服用患者における横紋筋融解症発症までの日数に及ぼす要因の探索

田中大樹、矢嶋宣幸、川口崇、山口拓洋、高橋良、豊島洋一、竹内裕紀、畝崎榮
関節リウマチ患者におけるメトトレキサートのアドヒアランスに影響を与える決定因子に関する研究

今井徹、川口崇、東加奈子、岩井大、臼井浩明、小久江伸介、北原加奈之、小暮宗介、添田博、平井浩二、高橋良、岸田直樹、柴田喜幸、徳田安春、源川奈穂、明石貴雄
薬学的臨床推論研修プログラム構築の取り組み(第2報) ~研修内容のブラッシュアップ!2014年度と2015年度を比較して~

第10回日本腎臓病薬物療法学会学術集会

2016 年10月 於 横浜
竹内裕紀
シンポジウム「各腎疾患における免疫抑制薬の使い方を比較する-より適正な免疫抑制療法をめざしてー」腎移植における免疫抑制療法

第26回日本生体防御学会学術総会(シンポジウム)

2015 年7月 於 東京
竹内裕紀、岩本 整、中村 有紀、虎石竜典、奥山清、平野俊彦、畝崎 榮、河地茂行
「生体防御学のチーム医療への貢献」 」腎代替療法における薬剤師の役割

第51回日本移植学会総会

2015 年10月 於 熊本
虎石竜典、竹内裕紀、中村有紀、高野公徳、横山卓剛、今野理、木原優、千葉斉一、岩本整、畝崎榮、奥山清、河内茂行
スボレキサントによるタクロリムスの血中濃度上昇の相互作用が疑われた生体腎移植の1症例

第53回日本癌治療学会学術集会

2016 年10月 於 横浜
東加奈子、川口崇、山口拓洋、金子亜希子、北野安紀、宮松洋信、茂木小百合、鮎原秀明、田中奈央、岩瀬晢、山田公人、松永忠東、竹内裕紀、畝崎榮、明石貴雄
乳がん患者の服薬カウンセリングに対する選好傾向

茂木 小百合、川口崇、山口拓洋、東加奈子、鮎原秀明、岩瀬哲、エリックスカイヤー、恩田健二、山田公人、海瀬博史、松永忠東、竹内裕紀、石川孝、畝崎榮、明石貴雄
乳がん患者におけるInformation needsに関する研究

第6回日本くすりと糖尿病学会学術集会

2016 年10月 於 神戸
川口崇
推論で副作用を考えよう(シンポジウム)

第178回東京医科大学医学会総会

2016 年11月 於 東京
中村玲子,岩原由紀子,畝崎 榮,征矢良子,粕谷和彦,土田明彦
高肝転移大腸癌細胞株を用いたDNAメチル化に関する研究 –特にindoleamine 2,3-dioxygenase 1 活性についての検討–

第10回日本腎臓病薬物療法学会学術集会(シンポジウム)

2016 年11月 於 横浜
竹内裕紀
腎移植の薬物療法 ─ 末期腎不全の根治治療をめざして ─」 腎移植の免疫抑制療法(カルシニューリン阻害薬 ステロイド、バシリキシマブ) 

川口崇
臨床推論で考える副作用 

第43回 日本臓器保存生物医学会学術集会

2016 年11月 於 東京
竹内 裕紀,秋山 晋一,吉永 玲智,大里 紗由利,田中 祥子,恩田 健二,横山 卓剛,木原 優、今野  理、中村 有紀、岩本整,池田 千絵、虎石 竜典,奥山 清,河地 茂行,畝崎榮,平野俊彦
治療域の血中濃度においてエベロリムスとタクロリムスの薬力学的拮抗作用は起こらない

岩本整,今野  理、木原 優、横山 卓剛,中村 有紀、竹内 裕紀,河地 茂行
PCPS装置心停止ドナーから長時間保存した献腎移植の一例

第50回日本臨床腎移植学会

2017 年2月 於 神戸
池田千絵、河地 茂行,岩本整,中村 有紀、今野  理、木原 優、横山 卓剛,竹内 裕紀
腎移植患者の免疫抑制剤によるスキントラブルへの関わり

第50回日本痛風・核酸代謝学会総会

2017 年2月 於 東京
竹内裕紀、市田公美、 虎石竜典、池田千絵、岩本整、中村有紀、今野理、木原優、横山卓剛、奥山清、駒崎三祐貴、川口崇、河地茂行、畝崎榮
アザチオプリンとアロプリノールの併用は禁忌とすべきではないか. 古くて新しい課題-新規尿酸合成阻害薬の比較および自験例から考える- 

講演会等発表記録

医薬品安全管理教育セミナー2016春季

2016 年5月 於 東京
竹内裕紀
腎機能低下患者に対して保険薬局薬剤師のできること・やるべきこと

平成28年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修

2016 年5月 於 東京
川口 崇
薬学的臨床推論~薬剤師にとっての有用性~

第8回愛媛腎と薬剤研究会

2016 年6月 於 松山
竹内裕紀
よくわかる腎移植の免疫抑制療法

兵庫県立病院 薬剤師研修

2016 年6月 於 神戸
川口 崇
薬学的臨床推論とその取り組み

平成28年度第2回北多摩薬剤師会研修会

2016 年6月 於 東京
川口 崇
薬学的臨床推論

関西腎と薬剤研究会 兵庫セミナー

2016 年7月 於 神戸
竹内裕紀
腎移植患者における適切な免疫抑制薬の使い方

第26回日本医療薬学会年会(オーガナイザー) 

2016 年9月 於 京都
竹内裕紀
シンポジウム:薬剤性腎障害を考える

川口 崇
シンポジウム:有害事象と医薬品の因果関係をどのように推論するのか -薬学的臨床推論を用いた副作用の考え方-

平成28年度関東消化器内視鏡医学講習会

2016 年 9月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

平成28年度県立病院薬剤師部会研修会

2016 年10月 於 新潟
川口 崇
薬学推論

札幌病院薬剤師会 学術研修会

2016 年10月 於 札幌
川口 崇
薬学推論で考える「それって本当に副作用ですか?」

第5回日本くすりと糖尿病学会学術集会(オーガナイザー)

2016 年10月 於 神戸
竹内裕紀
合同セッション:糖尿病性腎症予防のために必要な腎薬物療法の知識

第43回日本小児臨床薬理学会学術集会

2016 年11月 於 横浜
竹内裕紀
免疫抑制薬の体内動態の特徴とその使い方

第10回日本腎臓病薬物療法学会学術集会(オーガナイザー)

2016 年11月 於 横浜
竹内裕紀
シンポジウム:薬剤性腎障害を深く学ぶ

竹内裕紀
シンポジウム:各腎疾患における免疫抑制薬の使い方を比較する-より適正な免疫抑制療法をめざして-

川口 崇
シンポジウム:推論で学びなおす「副作用」―腎領域での活用いろいろ―

第43回 日本臓器保存生物医学会学術集会レシピエントコーディネーター教育セミナー

2016 年11月 於 東京
竹内裕紀
移植後管理におけるTDMの役割について

薬剤師スキルアップ講座「臨床推論」

2016 年11月 於 札幌
川口 崇
副作用をどのように推論するか

2015年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Daigo Yamamoto, Satoru Iwase, Yu Tsubota, Keisuke Ariyoshi, Takashi Kawaguchi, Tempei Miyaji, Noriko Sueoka, Chizuko Yamamoto, Seiichi Teramoto, Hiroki Odagiri, Kaoru Kitamura, Yoshinori Nagumo, Takuhiro Yamaguchi.
Randomized study of orally administered fluorinated pyrimidines (capecitabine versus S-1) in women with metastatic or recurrent breast cancer: Japan Breast Cancer Research Network 05 Trial.
Cancer Chemother Pharmacol, 75, 1183-9 (2015)

Satoru Iwase, Takashi Kawaguchi, Daisuke Yotsumoto, Takako Doi,Kyuichiro Miyara, Hiroki Odagiri, Kaoru Kitamura, Keisuke Ariyoshi, Tempei Miyaji, Hiroto Ishiki, Kenichi Inoue, Chizuko Tsutsumi, Yoshiaki Sagara, Takuhiro Yamaguchi
Efficacy and safety of an amino acid jelly containing coenzyme Q10 and L-carnitine in controlling fatigue in breast cancer patients receiving chemotherapy: a multi-institutional, randomized, exploratory trial (JORTC-CAM01)
Support Care Cancer, 24, 637-46 (2015)

Satoru Iwase, Takashi Kawaguchi, Akihiro Tokoro, Kimito Yamada, Yoshiaki Kanai, Yoshinobu Matsuda, Yuko Kashiwaya, Kae Okuma, Shuji Inada, Keisuke Ariyoshi, Tempei Miyaji, Kanako Azuma, Hiroto Ishiki, Sakae Unezaki, Takuhiro Yamaguchi
Assessment of Cancer-Related Fatigue, Pain, and Quality of Life in Cancer Patients at Palliative Care Team Referral: A Multicenter Observational Study (JORTC PAL-09).
PLoS One, 10, e0134022 (2015)

Ikumi Ito, Akihiko Ito, Sakae Unezaki
Preparation and Evaluation of Gelling Granules to Improve Oral Administration
Drug Discov Ther , 9, 213-220(2015)

Hironori Takeuchi, Hitoshi Iwamoto, Yuki Nakamura, Shigeyuki Kawachi, Motohide Shimazu, Sakae Unezaki, Toshihiko Hirano
Optimal Immunosuppressive Therapy of Oral Steroids in Renal Transplantation
Organ Biol, 22, 7-22 (2015)

Hironori Takeuchi, Yoshiyuki Ohno, Satoshi Izumi, Naohiro Kamada, Akio Tanaka, Isao Hasagawa, Takefumi Miyake, Masahiro Okuda
Shortcomings in Descriptions of Drug Package Inserts Regarding Drug Administration for Patients with Decreased Renal Function
Jpn J Pharm Health Car Sci, 42, 160-(2016)

総説

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2014-15-No.3、752-1135~ 2015.4.7版
日本腎臓病薬物療法学会誌,4(1),27-138,2015

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2014-15-No.4、1136-1448~ 2015.9.24版
日本腎臓病薬物療法学会誌,4(3),39-141,2015

竹内裕紀
書評:免疫抑制薬TDM 標準化ガイドライン2014[臓器移植編]
Organ Biology23(1):, 2016

竹内裕紀
慢性腎臓病(CKD)患者の適正な薬物療法と服薬・生活指導の実践 第1回「慢性腎臓病(CKD)患者に薬剤師が関与すべきこと」
都薬雑誌 38(3) 2016

著書

日本腎臓病薬物療法学会学術委員会(田中章郎,大野能之,竹内裕紀,川添和義, 和泉 智,大野 能之,木村 健, 小林 道也,平田 純生,古久保 拓)
腎臓病薬物療法トレーニングブック
じほう, 2015

学会発表記録

国際学会

the 14th Congress of the Asian Society of Transplantation (CAST) 

2015 年8月 於 Singapore.
Hironori Takeuchi, Yuki Nakamura, Hitoshi Iwamoto, Osamu Konno, Yu Kihara, Takayoshi Yokoyama, Akiko Furumiya, Eichi Yoshinaga, Thoru Nagaishi, Sayuri Ohsato, Tatsunori Toraishi, Kiyoshi Okuyama, Chie Ikeda, Takashi Kawaguchi, Toshihiko Hirano, Sakae Unezaki, Shigeyuki Kawachi 
Suitable Initial Everolimus Dose in Renal Transplant Recipients Receiving Tacrolimus

International Pharmaceutical Federation World Congress

2015 年9月 於 Ducceldorf, Germany.
Takashi Kawaguchi, Kanako Azuma, Hiroshi Soeda, Toru Imai, Hiroaki Usui, Masaru Iwai, Ryo Takahashi, Naoki Kishida, Yoshiyuki Shibata, Sosuke Kogure, Kanayuki Kanayuki, Shinsuke Ogue, Yasuharu Tokuda, Naho Minagawa, Takao Akashia
The Development of “Pharmaceutical” Clinical Reasoning Workshop for Hospital Pharmacist

国内学会

第32回日本TDM学会学術大会(シンポジウム)

2015 年5月 於 松本
竹内裕紀
「免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン:改訂版に向けたUp To Date」:総括

第175回東京医科大学医学会総会

2015 年6月 於 東京
石田恵美、川口崇、竹内裕紀、畝崎榮、関根祐介、東加奈子、添田博、明石貴雄、山口拓洋、天野景裕、福武勝幸
HIV感染症患者における意思決定の葛藤と患者背景との関連に関する研究

第1回日本医薬品安全性学会学術大会(シンポジウム)

2015 年7月 於 広島
川口崇
副作用かどうか考えよう(薬学的臨床推論と東京都病院薬剤師会の取り組み)

第26回日本生体防御学会学術総会(シンポジウム)

2015 年7月 於 東京
竹内裕紀、岩本 整、中村 有紀、虎石竜典、奥山清、平野俊彦、畝崎 榮、河地茂行
「生体防御学のチーム医療への貢献」 」腎代替療法における薬剤師の役割

第51回日本移植学会総会

2015 年10月 於 熊本
虎石竜典、竹内裕紀、中村有紀、高野公徳、横山卓剛、今野理、木原優、千葉斉一、岩本整、畝崎榮、奥山清、河内茂行
スボレキサントによるタクロリムスの血中濃度上昇の相互作用が疑われた生体腎移植の1症例

第9回日本腎臓病薬物療法学会学術集会(シンポジウム)

2015 年10月 於 仙台
竹内裕紀
腎移植の薬物療法 ─ 末期腎不全の根治治療をめざして ─」 腎移植の免疫抑制療法(カルシニューリン阻害薬 ステロイド、バシリキシマブ) 

第53回日本癌治療学会学術集会

2015 年10月 於 京都
東加奈子、川口崇、山口拓洋、金子亜希子、北野安紀、宮松洋信、茂木小百合、鮎原秀明、田中奈央、岩瀬晢、山田公人、松永忠東、竹内裕紀、畝崎榮、明石貴雄
乳がん患者の服薬カウンセリングに対する選好傾向

第176回東京医科大学医学会総会

2015 年11月 於 東京
内田会美, 岩原由紀子, 征矢良子,粕谷和彦,勝又健次,土田明彦
高転移ヒト大腸癌株KM12SMを用いた肝転移モデルの作成と抗癌剤TS-1および抗VEGF抗体による転移抑制効果の検討

第176回東京医科大学医学会総会

2015 年11月 於 東京
岩原由紀子, 内田会美,  征矢良子,粕谷和彦,勝又健次,土田明彦
大腸癌肝転移成立の機序 – 特に遺伝子配列の変異に起因しないエピジェネティックな変化として、遺伝子プロモーター領域のメチル化に焦点を当てる-

第30回日本薬物体内動態学会

2015 年11月 於 東京
河野誠, 杉崎章, 望月英典, 内田裕之, 竹内裕紀, 畝崎榮
血液透析クリアランスを予測するためのin vitro評価系の検証

第25回日本医療薬学会年会(シンポジウム)

2015 年11月 於 横浜
オーガナイザー:竹内裕紀 井上岳
糖尿病腎症の進展防止をめざした糖尿病治療薬による血糖管理

第25回日本医療薬学会年会

2015 年11月 於 横浜
川口崇、東加奈子、今井徹、岩井大、臼井浩明、小久江伸介、北原加奈之、小暮宗介、添田博、平井浩二、高橋良、岸田直樹、柴田喜幸、徳田安春、源川奈穂、明石貴雄
薬学的臨床推論研修への取り組み

第25回日本医療薬学会年会(シンポジウム)

2015 年11月 於 横浜
竹内裕紀
「免疫抑制薬TDMガイドラインの策定:ライセンスを活用するための重要ツール」カルシニューリン阻害薬:腎移植領域

第19回日本病態栄養学会

2014 年6月 於 神戸
大坪志穂, 菅原麻弓, 南里和紀, 田口丈士, 畝崎榮, 竹内裕紀, 山田純司, 金谷潔史
認知症患者におけるビタミンDと認知機能の関連

第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会(シンポジウム)

2016 年1月 於 神戸
川口崇
薬学的臨床推論の「今」

日本薬学会136年会(シンポジウム)

2016 年3月 於 横浜
竹内裕紀
「糖尿病合併症の進展防止における薬学的介入の実例と可能性~糖尿病腎症における血糖管理~」糖尿病性腎症における薬物体内動態の注意点 

講演会等発表記録

第32回日本TDM学会学術大会(ランチョンセミナー)

2015 年5月 於 松本
竹内裕紀
腎移植におけるPKおよびPDに基づく至適免疫抑制療法

平成27年度第3回 千葉大学 薬剤師卒後教育研修講座

2015 年6月 於 千葉
川口 崇
「考え方を学ぶ」薬学的臨床推論の取り組み

第17回北六甲抗菌化学療法実践セミナー

2015 年8月 於 神戸
川口 崇
「考え方を学ぶ」薬学的臨床推論

第18回藤沢・茅ヶ崎・寒川病院薬局長セミナー

2015 年9月 於 神奈川
川口 崇
「考え方を学ぶ」薬学的臨床推論の取り組み

第14回透析患者の合併症を考える会

2015 年9月 於 埼玉
竹内裕紀
CKD患者および血液透析患者の薬物投与設計の基本

平成27年度関東消化器内視鏡医学講習会

2015 年11月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

平成27年度全国自治体病院協議会 薬剤管理研修会

2015 年11月 於 東京
川口 崇
薬剤師の臨床推論 現在の取り組みと今後

第8回 群馬腎と薬剤研究会

2015 11月 於 前橋
竹内裕紀
末期腎不全の根治治療をめざして -よくわかる腎移植の免疫抑制療法-

兵庫県保険医協会 薬科部研究会

2015 年12月 於 神戸
川口 崇
薬学的臨床推論とその取り組み

平成27年度 第2回薬剤師の専門・認定領域を知る講習会

2015 年12月 於 千葉
竹内裕紀
腎臓病薬物療法専門・認定剤師が実践すべきこと

薬剤師スキルアップセミナー

2016 年1月 於 川崎
川口 崇
「見る」「聴く」「考える」ための技術 〜薬学的臨床推論で取り組んでいること〜

関信地区国立病院薬剤師会 平成27年度第5回臨床研究推進研修会

2016 年1月 於 東京
川口 崇
薬剤師視点による臨床研究の企画・立案 −実例を通して−

千葉県病院薬剤師会南部支部研修会「南房総臨床薬学セミナー」

2016 年2月 於 千葉
川口 崇
薬学的臨床推論とその取り組み

日本医療マネジメント学会長野支部薬剤師分科会講演会

2016 年3月 於 長野
川口 崇
薬学的臨床推論、これまでの取り組みと今後

2014年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Hironori Takeuchi, Hitoshi Iwamoto, Yuki Nakamura, Osamu Konno, Yu kihara, Naokazu Chiba, Takayoshi Yokoyama, Kiminori Takano, Tatsunori Toraishi, Kiyoshi Okuyama, Chie Ikeda, Sachiko Tanaka, Kenji Onda, Akiko Soga, Yukiko Kikuchi, Takashi Kawaguchi, Shigeyuki Kawachi, Sakae Unezaki, Motohide Shimazu
Synergistic Effects of Calcineurin Inhibitors and Steroids on Steroid Sensitivity of Peripheral Blood Mononuclear Cells 
Cell Medicine, Volume 7, Number 2, 2015, pp. 51-57

Takashi Kawaguchi, Kanako Azuma, Takuhiro Yamaguchi, Satoru Iwase, Tadaharu Matsunaga, Kimito Yamada, Hironobu Miyamatsu, Hironori Takeuchi, Norio Kohno, Takao Akashi, Sakae Unezaki
Preferences for pharmacist counselling in patients with breast cancer: a discrete choice experiment
Biol Pharm Bull, 37, 1795-1802, (2014)

Gulimire Muhetaer, Hironori Takeuchi, Sakae Unezaki, Shigeyuki Kawachi, Hitoshi Iwamoto, Yuki Nakamura, Motohide Shimazu, Kentaro Sugiyama, Toshihiko Hirano 
Clinical significance of peripheral blood lymphocyte sensitivity to glucocorticoids for the differentiation of high-risk patients with decreased allograft function after glucocorticoid withdrawal in renal transplantation
Clin Ther. 2014 Aug 1;36(8):1264-72.doi: 10.1016/j.clinthera.2014.06.019. Epub 2014 Jul 16.

Hiroto Ishiki, Satoru Iwase, Yasuyuki Gyoda, Yoshiaki Kanai, Keisuke Ariyoshi, Tempei Miyaji, Yukiko Tahara, Takashi Kawaguchi, Mieko Chinzei, Takuhiro Yamaguchi 
Oral nutritional support can shorten the duration of parenteral hydration in end-of-life cancer patients: a randomized controlled trial
Nutr Cancer. 2015;67(1):105-11.doi: 10.1080/01635581.2015.976312. Epub 2014 Dec 1. 

総説

増田智先,佐藤滋,谷川原祐介湯沢賢治,高原史郎,日本TDM 学会免疫抑制薬TDM 標準化ガイドライン策定委員会委員(竹内裕紀他),日本移植学会免疫抑制薬TDM 標準化ガイドライン策定委員会委員
免疫抑制剤TDM 標準化ガイドライン2014の策定
移植 49(6),384-392

竹内裕紀
薬物投与における内臓機能への影響
ドクターサロン 58(9),  662-666, 2014

平田純生,木村健,竹内裕紀
透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育現状と課題: 各論/薬剤師 腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師認定制度
臨床透析30(6),665-672,2014

平田純生,木村健,竹内裕紀
日本腎臓病薬物療法学会 -専門・認定薬剤師について-
日本透析医学界誌29(1),401-46,2014

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2014-No.1、1-396~
日本腎臓病薬物療法学会誌,3(1),27-112,2014

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧 ~2014-No2、405-788~
日本腎臓病薬物療法学会誌,3(3),33-126,2014

川口崇,梅田恵
意志決定
がん看護、第19巻第7号、640-2、南江堂、2014

川口崇
薬剤師の臨床推論お勉強コラム
月刊薬事2014 3月号 3, じほう、2014

川口崇
薬剤師の臨床推論お勉強コラム
月刊薬事2014 6月号 3, じほう、2014

川口崇, 岸田直樹
病院薬剤師が取り組み始めた「臨床推論」の考え方
都薬雑誌Vol36 No.5 , 9-11、2014

著書

日本TDM学会・日本移植学会編:谷川原祐介,増田智先,本間真人,竹内裕紀,葛谷孝文,内藤隆文,村木雄一,岡田賢二,湯沢賢治,佐藤茂,原田浩,渡井至彦,鳴海俊治,三浦昌朋,新岡丈典
免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン{臓器移植編}2014
金原出版, 2014

竹内裕紀,和泉 智,大野能之,柴田 佳菜子,下石和樹,田中章郎,三宅健文
腎機能低下患者における薬剤業務マニュアル―CKD患者の薬物療法適正化のポイントと実例―
じほう, 一般社団法人日本病院薬剤師会(監修), 2014 

 

学会発表記録

国際学会

2014 ASCO Annual meeting

2014 年5月 於 Chicago, U.S.A.
D. Yamamoto, S. Iwase, T. Yamaguchi, Y. Tsubota, T. Kawaguchi, H. Odagiri, K. Ariyoshi, K. Kitamura
Patient preference trial comparing capecitabine and S-1 in metastatic breast cancer patients.

 

国内学会

第19回日本緩和医療学会学術大会

2014 年6月 於 神戸
岩瀬哲,川口崇,金井良晃,所昭宏,山田公人,松田能宣,大熊加恵,稲田修士,柏谷優子,畝崎榮,山口拓洋
がん患者の倦怠感と疼痛、QOLに関する観察研究

第57回日本腎臓学会学術総会

2014 年7月 於 横浜
竹内裕紀, 畝崎榮, 田村英樹
実測クレアチニンクリアランスの結果表記の問題点

第50回日本移植学会

2014 年9月 於 東京
竹内裕紀,秋山晋一,岩本整,中村有紀,今野理,木原優,千葉斉一,横山卓剛,高野公徳,虎石竜典,平野俊彦,畝崎榮,河地茂行,島津元秀
シンポジウム「mTOR 阻害薬の現状と課題」:エベロリムスとタクロリムスの薬力学的相互作用の検討  -臨床的濃度において拮抗作用は認められるか-

虎石竜典,竹内裕紀,岩本整,中村有紀,今野理,木原優,千葉斉一,横山卓剛,高野公徳,畝崎榮,奥山清,河地茂行,島津元秀
糖尿病腎症腎移植患者におけるシクロスポリンの体内動態

第24回日本医療薬学会

2014年10月 於 名古屋
竹内裕紀
シンポジウム「薬剤師の力で腎機能低下の防止に貢献しよう」:自己免疫性腎疾患・腎移植患者に対する適切な免疫抑制療法による腎機能低下の防止

第8回 日本腎臓病薬物療法学会学術集会

2014 年10月 於 大阪
松本有右, 渡邉清司,竹内裕紀,和久田光宣,岡田寛征,茂木徹,田中里枝, 三澤翔,川口崇,畝崎榮
腎機能低下時減量を必要する薬剤の薬価基準収載医薬品内服薬に占める割合と保険薬局における処方割合の調査

田村英樹, 竹内裕紀, 川口崇, 畝崎榮
実測クレアチニンクリアランスの結果表記の問題点 第2報

竹内裕紀
シンポジウム「腎移植の薬物療法 -末期腎不全の根治治療をめざして-」:腎移植の免疫抑制療法(カルシニューリン阻害薬 ステロイド、バシリキシマブ)

岩本整,中村有紀,木原優,今野理,横山卓剛,竹内裕紀,河地茂行
シンポジウム「腎移植の薬物療法 -末期腎不全の根治治療をめざして-」:腎移植後急性拒絶反応治療における薬学的管理

第174回東京医科大学医学会総会

2014 年11月 於 東京
木村美貴,田村幹子,畝崎 榮,征矢良子,粕谷和彦,勝又健次,土田明彦
高転移ヒト大腸癌株KM12SMを用いた肝転移モデルの作成と血管関連因子阻害による転移抑制の検討

田村幹子,木村美貴,畝崎 榮,林 豊,征矢良子,粕谷和彦,土田明彦
小児固形悪性腫瘍に対する光線力学的治療の有用性の検討

第32回日本神経治療学会総会

2014年11月 於 東京
田中伸幸,佐藤沙紀,大熊美咲,上田優樹,田口丈士,南里和紀
少量アスピリン内服が有効であった血小板凝集能亢進を伴う頭痛の6例 

日本薬学会第135年会

2015 年3月 於 神戸
伊東育巳,伊東明彦,畝崎 榮
アルギン酸を用いたゲル化錠剤の調製〜溶出速度の改善〜

講演会等発表記録

ラジオ日経 ドクターサロン

2014年4月 於 東京
竹内 裕紀
薬物投与における内臓機能への影響

第2回あきた腎疾患トータルマネージメントセミナー

2014年5月 於 秋田
竹内 裕紀
特別講演:腎機能低下患者の薬剤投与設計

第53回処方と薬の情報研究会

2014年5月 於 東京
川口 崇
臨床推論と服薬指導のエビデンス

第16回アストラゼネカ薬剤師セミナー

2014年5月 於 大阪
川口 崇
薬剤師にも役立つ臨床推論の考え方

平成26年度病院診療所薬剤師研修会

2014年6月 於 福岡
2014年7月 於 広島
2014年7月 於 仙台
2014年9月 於 札幌
2014年10月 於 名古屋
2014年10月 於 東京
2014年11月 於 大阪

川口 崇(仙台のみ講演、他は共同演者として)、北原加奈之、東佳奈子、添田博
薬剤師のための臨床推論

千葉大学医学部附属病院薬剤部セミナー

2014年7月 於 千葉
竹内 裕紀
腎機能低下患者の投与設計

第31回熊本腎と薬剤研究会

2014年7月 於 熊本
竹内 裕紀
特別講演:腎炎その他の腎疾患から学ぶ免疫抑制薬の正しい使い方

平成26年度八王子学園都市大学 いちょう塾

2014年9月 於 東京
畝崎 榮
知っておきたい認知賞医療 予防から最新治療、生活習慣病との関連について

腎移植免疫抑制剤講演会

2014年11月 於 神奈川
竹内 裕紀
腎移植における免疫抑制療法のPK/PD-至適免疫抑制療法を考える-

平成26年度関東消化器内視鏡医学講習会

2014年11月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理・生理学

第2回がん薬物療法研修会

2014年11月 於 静岡
川口 崇
がん領域でも役立つ!「薬剤師の臨床推論」ってなに?

都立病院関連薬剤師会 第3回学術講演会

2015年1月 於 東京
川口 崇
薬剤師のための臨床推論

第43回東京都病院薬剤師会薬事研修会

2015年1月 於 東京
川口 崇
薬剤師の臨床推論とは

平成25年度全国済生会病院薬剤師会研修会

2015年1月 於 東京
竹内 裕紀
特別講演:免疫学的腎疾患・腎移植の免疫抑制薬の使い方

平成26年度第3回JASDIフォーラム

2015年2月 於 東京
川口 崇
特別講演:DIを実務で患者のために活かすには(臨床推論と臨床研究)

近畿国立病院薬剤師会教育研修員会主催講演会

2015年3月 於 大阪
川口 崇
薬剤師が臨床推論から学べること

2013年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Takashi Kawaguchi, Kanako Azuma, Takuhiro Yamaguchi, Hiroshi Soeda, Yusuke Sekine, Masayoshi Koinuma, Hironori Takeuchi, Takao Akashi, Sakae Unezaki
Development and validation of the Japanese version of the Decisional Conflict Scale to investigate the value of pharmacists’ information: a before and after study
BMC Med Inform Decis Mak. 13(1), 50(2013)

Sho Hangai, Satoru Iwase, Takashi Kawaguchi, Yasunori Kogure, Tempei Miyaji, Tadaharu Matsunaga, Yoshinori Nagumo, Takuhiro Yamaguchi
Effect of active hexose-correlated compound in women receiving adjuvant chemotherapy for breast cancer: a retrospective study
J Altern Complement Med, 19, 905-10(2013)

Takashi Kawaguchi, Yusuke Sekine, Kanako Azuma, Takuhiro Yamaguchi, Hiroshi Soeda, Hironori Takeuchi, Kagehiro Amano, Katsuyuki Fukutake, Takao Akashi, Sakae Unezaki 
Quantitative assessment of the effect of pharmacist counseling on decisional conflict - Analysis in the patients infected with human immunodeficiency virus -
Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 39,689-699(2013)

総説

森田雅之, 源川奈穂, 丹下悦子, 岡田和江, 遠藤元彦, 神山朝光, 久良京子, 渡辺康二, 清水孝子, 川口崇
平成24年度「診療所薬剤部門の現状調査」集計結果報告
日本病院薬剤師会雑誌,49, 919-922,2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[4]
月刊薬事 55(4): 534, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[5]
月刊薬事 55(5): 715, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[6]
月刊薬事 55(6): 910, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[7]
月刊薬事 55(7): 1086, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[8]
月刊薬事 55(8): 1271, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[9]
月刊薬事 55(9): 1475, じほう, 2013

井出直仁, 川口崇, 岸田直樹
胃がん化学療法中, 口が閉じなくなった34歳女性
月刊薬事 55(9): 1630-1631, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[10]
月刊薬事 55(10): 1939, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[11]
月刊薬事 55(11): 2139, じほう, 2013

井出直仁, 川口崇, 岸田直樹
発熱が続いた肺炎の80歳女性
月刊薬事 55(11): 2274-2275, じほう, 2013

川口崇, 岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[12]
月刊薬事 55(12): 2295, じほう, 2013

竹内裕紀
編集後記
Organ Biology 20(2),251,2013

竹内裕紀,古久保拓,田中章郎,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧No.3
日本腎臓病薬物療法学会誌,2(1),25-106,2013

竹内裕紀,古久保拓,田中章郎,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧No.4
日本腎臓病薬物療法学会誌,2(3),37-120,2013

竹内裕紀
巻頭言:CKD患者の薬物療法の適正化に向けての本学会の取り組みと今後の活動
日本腎臓病薬物療法学会誌,2(3),1-2,2013

竹内裕紀,和泉 智,大野能之,鎌田直博, 田中章郎 ,長谷川 功,三宅健文
「慢性腎臓病(CKD) 患者への適正な薬物療法に関する調査・研究」~腎機能低下患者への投与に関係する添付文書記載の問題点の調査~
日本病院薬剤師会雑誌49(8),789-791,2013

竹内裕紀,虎石竜典,岩本整,中村有紀,島津元秀
ケーススタディで学ぶ腎臓病薬物療法 腎移植症例の免疫抑制療法 -拒絶反応予防のためのカルシニューリン阻害薬のAUTL/AUCに基づく投与設計-
月刊薬事,55(2), 298-304,じほう, 2013

プロシーディングス

Takuhiro Yamaguchi, Satoru Iwase, Yasushi Goto, Masahiro Tsuboi, Daigo Yamamoto, Hiroki Odagiri, Yu Tsubota, Yukiko Iioka, Takashi Kawaguchi, Natsumi Anzai, Tempei Miyaji, Tetsuya Hamaguchi, Yuto Takatsu, Yasuhiro Shimada, Sandra Mitchell, Ethan Basch
Development Program for the Japanese Version of the PRO-CTCAE
JAPANESE PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS. Vol. 41 supplement, S79-82, 2013

著書

畝崎榮, 石井佳也子, 今泉真知子, 笠原英樹, 黒米博子, 後藤洋仁, 澤田康文, 清水雅子, 高橋利幸, 原弘士, 藤田幸, 前彰, 松村正史, 松本浩之, 横山多喜子, 渡邊茂和
味覚障害に胃潰瘍治療薬が処方された理由
日経DIクイズ ベストセレクションBASIC篇, 日経ドラッグインフォメーション, 笹島勝(監修), 日経BP社, P185-186

入江聡五郎, 川口崇, 岸田直樹, 北原加奈之, 添田博, 高橋良
ここから始める!薬剤師のための臨床推論
じほう, 川口崇・岸田直樹(編著), 2013

田中章郎, 嶋村弘史, 柴田佳菜子, 門脇大介, 山室蕗子, 柴田啓智, 下石和樹, 志内敏郎, 高山慎太郎, 平田純生, 原田清子, 三宅健文, 川口崇, 高坂聡, 北岡建樹, 八重徹司, 辻本雅之, 下石和樹, 中本 雅彦/大野晃子, 入江利行, 鎌田直博, 川西秀樹, 水内恵子, 竹内裕紀, 喜多岡洋樹, 植松和子, 大野能之, 大塚尚, 古久保拓, 柴崎 敏昭, 木村利美, 宮村重幸, 小林道也, 木村健, 今村知世, 三輪髙市, 末丸克矢, 山田成樹, 六車幸則, 井上岳, 市田公美, 倉田洋子, 町田聖治, 長谷川功, 川添和義, 佐藤みのり, 池田郁子
腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師テキスト
じほう, 平田純生・木村健・竹内裕紀(監修), 2013

学会発表記録

国際学会

The European Cancer Congress 2013

2013 年9 月 於 Amsterdam, Netherlands
H. Ishiki, S. Iwase, Y. Gyoda, Y. Kanai, K. Ariyoshi, T. Miyaji, Y. Tahara, T. Kawaguchi, T. Yamaguchi
Oral nutritional support can shorten the duration of parenteral hydration in end-of-life cancer patients: A randomized exploratory trial

The 13 th Congress of Asian Society of Transplantation

2013 年9 月 於 Kyoto, Japan
Hironori Takeuchi, Hitoshi Iwamoto, Yuki Nakamura, Osamu Konno, Yu Kihara, Naokazu Chiba, Takayoshi Yokoyama, Kiminori Takano, Tatsunori Toraishi, Kiyoshi Okuyama, Sakae Unezaki, Toshihiko Hirano, Shigeyuki Kawachi, Motohide Shimazu
Synergistic Effect of Steroid Sensitivity to Peripheral Blood Mononuclear Cells on Calcineurin Inhibitors

国内学会

第30回日本TDM学会・学術大会(シンポジウム)

2013 年5 月 於 熊本
竹内裕紀
腎疾患における免疫抑制薬のTDM

第58回日本透析医学会学術集会(シンポジウム)

2013 年6 月 於 福岡
竹内裕紀
疑問だらけの添付文書の投与設計に関わる問題点

第18回日本緩和医療学会学術大会(シンポジウム)

2013 年6 月 於 横浜
川口崇
治療の意思決定を支える薬剤師の情報提供

第21回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2013

2013 年7 月 於 神奈川
源川奈穂, 川口崇, 阿部往好, 遠藤元彦, 岡田和江, 神山朝光, 久良京子, 清水孝子, 丹下悦子, 渡辺康二, 森田雅之
有床診療所における病棟業務への取り組み ~平成24年度日本病院薬剤師会診療所薬剤部門の現状調査から~

鈴木礼子, 葛西亜希子, 川口崇, 源川奈穂
有床診療所における病棟業務の実施とその重要性

第49回日本移植学会

2013 年9 月 於 京都
竹内裕紀 菊池祐紀子 岩本整, 中村有紀, 今野理, 木原優, 千葉 斉一 横山卓剛, 高野 公徳,虎石竜典, 奥山清, 河地茂行, 平野俊彦,畝崎榮, 島津元秀
腎移植患者の末梢血単核細胞のステロイド感受性とステロイド短期減量・離脱成績との関係

病院薬局協議会/学術フォーラム

2013 年9 月 於 仙台
竹内裕紀, 和泉智, 大野能之, 柴田佳菜子, 下石和樹, 田中章郎, 三宅健文
「慢性腎臓病(CKD) 患者への適正な薬物療法に関する調査・研究」 「腎機能低下患者における薬剤業務マニュアル ~CKD患者の薬物療法適正化のポイントと実例~」の書籍化

第23回日本医療薬学会年会

2013 年9 月 於 仙台
川口崇
「これからの病棟薬剤師業務 ~患者のために, 臨床推論でできること~」薬剤師における臨床推論の可能性(シンポジウム)

東加奈子, 川口崇
「若手が拓く薬剤師の未来 ―私たちの想い―」がん患者さんに薬剤師ができること~臨床研究を中心に~(シンポジウム)

鮎原秀明, 東加奈子, 中原紀子, 川口崇, 佐野陽子, 遠藤かおり, 江田理子, 斉藤裕美子, 早部紘子, 竹内裕紀, 畝崎榮, 明石貴雄
薬剤師による服薬説明実施項目と患者の理解度の関係性 —服薬説明の個別化に向けて—

秋山晋一, 竹内裕紀, 田中祥子, 平野俊彦, 虎石竜典, 岩本整, 中村有紀, 今野理, 木原優, 千葉斉一, 横山卓剛, 高野公徳, 川口崇, 奥山清, 河地茂行, 島津元秀, 畝崎榮
エベロリムスの末梢血単核球細胞(PBMC)抑制効果におけるカルシニューリン阻害薬の薬力学的相互作用の検討

第7回日本腎臓病薬物療法学会

2013年10 月 於 広島
竹内裕紀
「腎臓病代替えにおける薬剤師の役割」:腎移植における薬剤師の役割(シンポジウム)

渡邉清司, 松本有右, 竹内裕紀, 和久田光宣, 岡田寛征, 茂木徹, 太田雅俊, 石川奨, 箭内智大, 田中里枝, 三澤翔, 川口崇, 畝崎榮
医師と薬局薬剤師に対する腎機能低下患者への適正な腎機能評価のためのアンケート調査

第51回日本癌治療学会学術集会

2013 年10 月 於 京都
高津優人, 橋本浩伸, 矢内貴子, 久保晶子, 岩佐悟, 本間義崇, 高島淳生, 加藤健, 濱口哲弥, 山田康秀, 林憲一, 安西奈津美, 川口崇, 山口拓洋, 島田安博
患者自己評価式有害事象評価(PRO-CTCAE)日本語版の予備的調査

第172回東京医科大学医学会総会

2013 年11 月 於 東京
竹内裕紀, 岩本整, 中村有紀, 今野理, 木原優, 横山卓剛, 千葉 斉一 高野 公徳,虎石竜典, 奥山清, 菊池祐紀子, 川口崇, 河地茂行, 平野俊彦, 畝崎榮, 島津元秀
腎移植の短期ステロイド減量・離脱における末梢血単核細胞のステロイド感受性の有用性

第40回臓器保存生物医学会学術集会(シンポジウム)

2013 年11 月 於 東京
竹内裕紀 平野俊彦 岩本整 中村有紀 河地茂行 畝崎榮 島津元秀
末梢血単核球感受性に基づくステロイド薬のテーラーメイド医療の可能性

第27回日本エイズ学会学術集会・総会

2013 年11 月 於 熊本
関根祐介、東加奈子、添田 博、川口 崇、中原紀子、山口拓洋、竹内裕紀、畝崎 榮、天野景裕、福武勝幸、明石貴雄
ART開始患者の葛藤に対する服薬説明の有用性~「意思決定の葛藤尺度(Decisional Conflict Scale)日本語版」を用いた解析~

第3回医薬工3大学包括連携シンポジウム

2013 年12 月 於 東京
竹内裕紀, 平野俊彦 , 田中祥子, 岩本整, 中村有紀, 今野理, 木原優, 横山卓剛, 千葉 斉一, 高野 公徳, 虎石竜典, 川口崇, 奥山清, 河地茂行, 島津元秀, 畝崎榮
末梢血単核球のステロイド感受性に基づく至適免疫抑制療法

日本薬学会第134年会

2014 年3月 於 熊本
尾藤育巳、伊東明彦、畝崎 榮
服用性の向上を目的としたゲル化錠剤の調製と評価

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2014

2014 年3月 於 千葉
川口 崇
シンポジウム 臨床推論をがん患者に生かすために

講演会等発表記録

平成25年度関東消化器内視鏡医学講習会

2013 年11 月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

H25年度西東京糖尿病療養指導プログラム

2013 年7 月 於 東京
竹内 裕紀
慢性腎臓病について―病態・薬物療法など-

ノムラ薬局講演会

2013 年11 月 於 東京
竹内 裕紀
腎機能低下患者の薬物療法

第19回横浜地区TDM研究会

2013 年11 月 於 横浜
竹内裕紀 
特別講演:腎機能低下患者に対する薬剤投与設計の基本

 

東京民医連薬剤師主任副主任研修会

2014 年3 月 於 東京
川口 崇
臨床推論やってみよう

2012年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Gulimire Muhetaer, Hironori Takeuchi, Sogo Akizuki, Hitoshi Iwamoto,
Motohide Shimazu, Sakae Unezaki, Toshihiko Hirano
Higher Sensitivity of Peripheral Blood Lymphocytes to Endogenous Glucocorticoid in Renal Transplant Recipients Treated With Tacrolimus, as Compared to Those Treated With Cyclosporine
Cell Medicine, 3, 75-80 (2012)

Kiyoshi Watanabe, Yusuke Matsumoto, Hironori Takeuchi, Mitsunobu Wakuta, Hiroyuki Okada, Touru Mogi, Tomohiro Yanai, Kyouhei Hasumi, Takushi Nozaki, Mao Kinoshita, Yonggon Lee, Takashi Kawaguchi, Sakae Unezaki, Kazuaki Yamamoto, Hironobu Hirakawa
Dose Adjustment of Renaly Excreted Drugs by Pharmacists Using a Self-check Serum Creatinine Testing Machine in Elderly Subjects
Jap Journal Nephrol Pharmacother 1, 131-138 (2012)

Kazuhiko Kasuya, Yuichi Nagakawa, Minako Suzuki, Hiroaki Tanaka, Hiroshi Ohta, Takao Itoi, Akihiko Tsuchida
Anti-vascular Endothelial Growth Factor Antibody Single Therapy for Pancreatic Neuroendocrine Carcinoma Exhibits a Marked Tumor Growth-inhibitory Effect
Exp Ther Med., 2,1047–1052 (2011)

Hiroshi Ohta, Mingli Xu, Izuru Mizoguchi, Masakatsu Takanashi,Katsuko Sudo, Masahiko Kuroda, Takayuki Yoshimoto, Kazuhiko Kasuya,Akihiko Tsuchida, Sakae Unezaki
Retention Ability and CTL Inducibility of DC Vaccine Administrated into Lymph Node
J.Tokyo Med. Univ., 70, 444-449(2012)

Yuki Nakamura, Koichiro Hama, Hiroaki Katayama, Akiko Soga, Tatsunori Toraishi, Takayoshi Yokoyama, Yu. Kihara, Yoshimaro Jojima, Osamu Konno, Hitoshi Iwamoto, Hironori Takeuchi, Toshihiko Hirano, Motohide Shimazu
Safety and Efficacy of Conversion from Twice-Daily Tacrolimus(Prograf) to Once-Daily Prolonged-Release Tacrolimus (Graceptor) in Stable Kidney Transplant Recipients
Transplant. Proc., 44, 124-127 (2012)

Tatsunori Toraishi, Hironori Takeuchi, Yuki Nakamura, Osamu Konno, Hitoshi Iwamoto, Koichiro Hama, Toshihiko Hirano, Sakae Unezaki, Kiyoshi Okuyama, Motohide Shimazu
Falsely Abnormally Elevated Blood Trough Concentration of Tacrolimus Measured by Antibody-conjugated Magnetic Immunoassay in a Renal Transplant Recipient: a Case Report
Transplant. Proc., 44, 134-136 (2012)

Hitoshi Iwamoto, Koichiro Hama, Osamu Konno, Takayoshi Yokoyama, Yu Kihara, Yoshimaro Jojima Yuki Nakamura, Hironori Takeuchi, Motohide Shimazu
Early Steroid Withdrawal in Adult Kidney Transplantation at a Single Center
Transplant. Proc., 44, 179-181 (2012)

総説

竹内 裕紀
免疫抑制薬のハイリスク薬管理~腎移植における免疫抑制薬を中心に~
日本薬剤師会雑誌 64(5), 633-638,2012

和泉 智, 大野能之,鎌田直博,竹内裕紀,田中 章郎,長谷川 功,三宅健文,宮村重幸
高齢者および慢性腎臓病(CKD)患者への適正な薬物療法に関する調査・研究 -CKD患者の薬物療法適正化のための薬剤業務手順書-
日本病院薬剤師会雑誌,48, 919-922,2012

竹内 裕紀
腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師テキストについて
日本腎臓病薬物療法学会誌,創刊準備号,11-16,2012

竹内裕紀,古久保拓,平田純生
腎機能別薬剤投与量一覧No.1
日本腎臓病薬物療法学会誌,1(1),35-88,2012

竹内裕紀,古久保拓,田中章郎,平田純生
腎機能別薬剤投与法一覧No.2
日本腎臓病薬物療法学会誌,1(3),145-204,2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[4]-内視鏡検査前に意識障害を呈した50歳台女性
月刊薬事,54(4),647-655,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[5]-外泊後に発熱と咽頭痛を認めた整形外科手術後の16歳男性
月刊薬事,54(5),823-831,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[6]-腹痛を訴え嘔吐した喘息入院中の35歳男性
月刊薬事,54(6),1009-1016,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[7]-吐き気と立ちくらみを呈した関節リウマチの68歳女性
月刊薬事,54(7),1185-1197,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[特別編]-感度、特異度、尤度ってなに?
月刊薬事,54(7),1213-1216,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[8]-胃がん術後に発熱・呼吸苦が出現した75歳男性
月刊薬事,54(8),1329-1338,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[9]-突然の息苦しさを訴えたSLEの45歳女性
月刊薬事,54(9),1527-1533,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[10]-尿量低下と浮腫を認めた50歳代女性
月刊薬事,54(10),1875-1883,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[11]-めまいで転倒した48歳女性
月刊薬事,54(11),2049-2057,じほう, 2012

川口崇
いまさら聞けない臨床試験の読み方、活かし方-臨床試験の情報へのアプローチ
月刊薬事,54(12),2117-2121,じほう, 2012

入江聰五郎、川口崇、岸田直樹、北原加奈之、添田博、高橋良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[12]-寒気を訴えて震えはじめた糖尿病の62歳女性
月刊薬事,54(12),647-655,じほう, 2012

川口崇、岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[1]
月刊薬事,55(1),3,じほう, 2013

川口崇、岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[2]
月刊薬事,55(2),163,じほう, 2013

川口崇、岸田直樹
実際どうなの?臨床推論 思考するためのプチ知識[3]
月刊薬事,55(3),331,じほう, 2013

竹内裕紀,虎石龍典,岩本整,中村有紀,島津元秀
ケーススタディで学ぶ腎臓病薬物療法腎移植症例の免疫抑制療法-拒絶反応予防のためのカルシニューリン阻害薬のAUTL/AUCに基づく投与設計-
月刊薬事,55(2),298-304,じほう, 2013

著書

Hironori Takeuchi
Optimal Pharmacokinetics of Cyclosporine and Tacrolimus based relationship among AUC, trough and peak concentration
READINGS IN ADVANCED PHARMACOKINETICS、217-236, INTECH, 2012

学会発表記録

国際学会

24th International Congress of The Transplantation Society

2012 年7 月 於 Berlin, Germany
H. Iwamoto, H. Takeuchi, Y. Nakamura, T. Suzuki, G. Muhetaer, K. Hama, T. Yokoyama, Y. Jojima, Y. Kihara, O. Konno, M. Shimazu
Determination of the optimal dose of calcineurin inhibitor for immunosuppressive therapy with basiliximab in kidney transplantation

International Congress on Nutrition and integrative Medicine 2012

2012 年7 月 於 Sapporo, Japan
T. Miyaji, S. Hangai, S. Iwase, T. Kawaguchi, Y. Kogure, T. Yamaguchi
Exploratory Clinical Research on Active Hexose Correlated Compound in the Adjuvant Chemotherapy of Breast Cancer

72th International Congress of lnternational Pharmaceutical Federation

2012 年10 月 於 Amsterdam,Nederland
S.Tanaka, T.Akashi , S.Itoh, M.Masuda, H.Utsumi , C.Kasahara , Y.Ochiai M.Yamamoto, H.Takeuchi, S.Unezaki, T.Hirano
Low-dose glucocorticoid therapy complement the pituitary-adrenocortical system and reduce anxiety and insomnia in myasthenia gravis patients

国内学会

第27回日本薬剤学会

2012 年5 月 於 神戸
太田裕士, 徐明利, 溝口出, 高梨正勝, 須藤カツ子, 黒田雅彦, 善本隆之, 粕谷和彦, 土田明彦, 畝崎榮
リンパ節投与した樹状細胞ワクチンの局所滞留性と免疫誘導能の検討

第6回日本腎臓病薬物療法学会

2012 年9 月 於 札幌
竹内裕紀,松本有右,渡邉清司,和久田光宣,岡田寛征,茂木徹,箭内智大,荷見恭平,野崎拓史,木下真緒,李英健,川口崇,畝崎榮,山本一章,平川博之
高齢者の血清クレアチニン自己簡易測定による腎排泄性薬剤の薬学的管理の検討- 保険薬局での実施に向けて-

第48回日本移植学会

2012 年9 月 於 名古屋
竹内裕紀,菊池祐紀子,平野俊彦,岩本整、中村有紀、今野理、城島嘉麿、木原優、横山卓剛、虎石竜典、川口崇,河地茂行、奥山清、畝崎榮、島津元秀
カルシニューリン阻害薬によるステロイド感受性増強作用
―移植前後におけるIC50値の比較およびinvitro実験結果より-

虎石竜典 竹内裕紀 中村有紀 今野 理 横山卓剛 木原優 岩本 整 河地茂行 平野俊彦 畝崎 榮 奥山 清 島津元秀
タクロリムス徐放性製剤(TAC-ER)のトラフ値採血における許容時間の検討

第50回日本癌治療学会

2012 年10 月 於 横浜
葦沢龍人、青木昭子、横山卓剛、木原優、今野理、城島嘉麿、中村有紀、濱耕一郎、岩本整、竹内裕紀、畝崎榮、平野俊彦、島津元秀
塩酸イリノテカン(CPT-11)の薬物体内動態の検討―腸肝循環は果たして存在するのだろうか―

第22回日本医療薬学会年会

2012 年10 月 於 新潟
松本有右,竹内裕紀
保険薬局における高齢者の自己血清クレアチニン測定による腎機能評価(シンポジウム)

佐野陽子、添田博、濵田泰子、東加奈子、川口崇、山口拓洋、恩田健二、エリックスカイヤー、竹内 裕紀、畝崎 榮、明石 貴雄
『意思決定の葛藤尺度(DCS)』日本語版作成とその信頼性および妥当性の検討

遠藤 かおり、東加奈子、茂木小百合、関根 祐介、鮎原秀明、川口崇、濃沼政美、竹内裕紀、畝崎榮、明石貴雄
服薬説明に対するがん患者の理解度とその寄与因子

東加奈子、川口崇、鮎原秀明、江田理子、大西正美、山口拓洋、濃沼政美、竹内裕紀、畝崎榮、明石貴雄
抗がん剤治療を受けるがん患者が抱える葛藤に薬剤師の服薬説明が与える影響

川口崇、岩瀬哲、濃沼政美、竹内裕紀、梅田恵、松永忠東、南雲吉則、畝崎榮
乳がん薬物療法導入前の患者心理の構造方程式モデリングによる解析

第39回臓器保存生物医学会学術集会

2012 年11 月 於 福島
竹内裕紀,中村有紀,岩本整,河地茂行,平野俊彦,畝崎榮,島津元秀
カルシニューリン阻害薬の至適体内動態とモニタリングポイント

第170回東京医科大学医学会総会

2012 年11 月 於 東京
グリミル・ムヒタル,竹内裕紀,岩本整,中村有紀,畝崎榮,平野俊彦,島津元秀
腎移植患者末梢血リンパ球の ステロイド感受性に及ぼすカルシニュリン阻害剤の影響

第33回日本臨床薬理学会

2012 年11 月 於 沖縄
グリミル・ムヒタル,竹内 裕紀,畝崎榮,平野俊彦,島津元秀
腎移植患者における末梢血リンパ球のコルチゾール高感受性に基づく至適カルシニューリン阻害薬の選択

第133回日本薬学会

2013 年3 月 於 横浜
尾藤育巳, 伊東明彦, 畝崎 榮
アルギン酸ナトリウムを用いたゲル化製剤の検討

大野 能之,竹内 裕紀,和泉 智,鎌田 直博,田中 章郎,長谷川 功,三宅 健文
腎機能低下患者への薬物投与における添付文書の問題点

講演会等発表記録

第29回日本TDM学会・学術大会

2012 年6 月 於 神戸
竹内 裕紀
Meet the expert 4:実地臨床に活用するTDM;ケーススタディ; 免疫抑制薬 腎移植におけるカルシニューリン阻害薬のTDM

第11回香川腎と薬剤研究会

2012 年7 月 於 香川
竹内 裕紀
特別講演 - CKDの根治治療をめざして- よくわかる腎移植とその免疫抑制療法

第5回日本腎臓病薬物療法学会学術大会

2012 年9 月 於 札幌
竹内 裕紀
ランチョンセミナー -CKDの根治治療をめざして- 腎移植の免疫抑制療法

平成24年度病院薬局協議会病院薬局協議会

2012 年10 月 於 新潟
竹内裕紀,和泉智,大野能之,鎌田直博,田中章郎,長谷川 功,三宅健文 
腎機能低下患者への投与に関係する 添付文書記載の問題点の調査

日本薬剤師会e-ラーニング

2012 年12 月 於 東京
竹内裕紀
免疫抑制薬のハイリスク薬管理~腎移植における免疫抑制薬の適正使用~

平成24年度関東消化器内視鏡医学講習会

2012 年11 月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理•生理学

第4回神経ブロックEBM研究会

2013 年2 月 於 東京
川口 崇
臨床試験に用いるPatient reported outcomeについて、PainやQOL評価を中心に

2011年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

Hironori Takeuchi, Naoto Matsuno, Toshihiko Hirano, Muhetaer Gulimire, Koichiro Hama, Yuki Nakamura, Hitoshi Iwamoto, Tatsunori Toraishi, Takashi Kawaguchi, Kiyoshi Okuyama, Sakae Unezaki, Takeshi Nagao
Steroid Withdrawal Based on Lymphocyte Sensitivity to Endogenous Steroid in Renal Transplant Recipients
Biol Pharm Bull., 34: 1578-1583 (2011)

Satoru Iwase, Daigo Yamamoto, Yujiro Kuroda, Takashi Kawaguchi, Kaoru Kitamura, Hiroki Odagiri, Seiichi Teramoto, Kohei Akazawa,Yoshinori Nagumo
Phase II Trial of Preoperative Chemotherapy for Breast Cancer:Japan Breast Cancer Research Network (JBCRN)-02 Trial
Anticancer Res., 31: 1483-1488 (2011)

Takashi Kawaguchi, Satoru Iwase, Masayoshi Koinuma, Yuki Onodera, Hironori Takeuchi, Megumi Umeda, Tadaharu Matsunaga, Sakae Unezaki, Yoshinori Nagumo
Determinants affecting quality of life: implications for pharmacist counseling for patients with breast cancer in Japan.
Biol Pharm Bull., 35: 59-64 (2012)

Shinichiro Suzuki, Tsuyoshi Hoshino, Masayoshi Koinuma, Takashi Kawaguchi, Yuki Sasaki, Susumu Otsuka, Yoshikazu Yoshida, Kazushige Nirei, Mitsuhiko Moriyama, Hitoshi Nakamura
Prediction of the Lowest Level of Thrombocytopenia to Avoid Thrombocytopenia-related Treatment Discontinuation in PEG-IFNα-2b/RBV Combination Therapy
Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 38, 43-50, (2012)

総説

和泉 智、大野能之、鎌田直博、竹内裕紀、田中章郎、長谷川 功、三宅健文、宮村重幸
高齢者および慢性腎臓病(CKD)患者への適正な薬物療法に関する調査・研究 ~「CKD患者の薬物療法における薬剤師に関与事例等の収集~
日本病院薬剤師会雑誌47(8):937-941(2011)

入江聰五郎,川口 崇,岸田 直樹,北原加奈之,添田 博,高橋 良
薬剤師と医師の共通言語——なぜ薬剤師に臨床推論が必要なのか
月刊薬事 Vol. 54 119-129 (2012)

入江聰五郎,川口 崇,岸田 直樹,北原加奈之,添田 博,高橋 良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[1]——診療時間ギリギリに駆けこんできた29歳女性
月刊薬事 Vol. 54 131-138 (2012)

入江聰五郎,川口 崇,岸田 直樹,北原加奈之,添田 博,高橋 良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[2]——抗生物質を処方してほしいと言って来院した28歳女性
月刊薬事 Vol. 54 329-338 (2012)

入江聰五郎,川口 崇,岸田 直樹,北原加奈之,添田 博,高橋 良
薬剤師と医師の共通言語 臨床推論から学ぶ“薬剤師力”[3]——入浴中の腹痛と嘔吐で家族に連れられて来院した69歳男性
月刊薬事 Vol. 54 497-504 (2012)

プロシーディング

竹内裕紀 中村有紀 虎石竜典 濱耕一郎 岩本整 今野理 木原優 横山卓剛 平野俊彦 奥山 清 片山宏章 川口崇 畝崎榮 島津元秀
タクリリムス徐放性製剤の移植初期における体内動態の個人差の要因解析―AUTL/AUC減少の要因―
腎移植症例集2011:133-135、2011

著書

松本有右、畝崎榮、三溝和男、竹内裕紀 編著 川口崇他
よくわかるハイリスク薬の服薬指導第2版
秀和システム 2011

財団法人 日本薬剤師研修センター 編集 竹内裕紀他
症例チャートからみる薬物治療マネジメント30
移殖 471-486、南山堂、2011

畝崎榮、竹内裕紀
精神・神経疾患の薬物治療
オーム社、2012

学会発表記録

国際学会

The 12 th Congress of Asian Society of Transplantation

2011 年9 月 於 Seul, Korea
Hironori takeuchi, Yuki nakamura, Tatsunori toraishi, Takayoshi yokoyama, Yu Kihara, Osamu konno, Koichirou hama, Hitoshi iwamoto, Takashi Kawaguchi, Kiyoshi okuyama, Toshihiko hirano, Sakae unezaki, Motohide shimazu
Optimal Trough Level of Tacrolimus Extended-release Formulation Lower than Twice-a-day Formulation:Analysis Based on Area under Trough Level (AUTL)/AUC

Tatsunori toraishi, Hironori takeuchi ,Yuki nakamura, Osamu konno, Takayoshi yokoyama, Hitoshi iwamoto, Koichirou hama, Kenji mochiduki, Takashi asaumi, Masaharu koyama, Toshihiko hirano, Sakae unezaki, Kiyoshi okuyama, Motohide simazu
Falsely Abnormally Elevated Blood Trough Concentration of Tacrolimus Measured by ACMIA Methods in a Renal Transplant Recipient

Yuki nakamura, Koichirou hama, Hitoshi iwamoto, Takayoshi yokoyama , Yoshimaro Jojima, Osamu konno, Hironori takeuchi,Motohide simazu
Safty and efficacy of conversion from twice-daily tacrolimus(prograf) to once-daily prolonged-release tacrolimus(graceptor) in stable kidny recipients

International Congress on Nutrition and integrative Medicine 2012

2012 年7 月 於 Sapporo, Japan
T. Miyaji, S. Hangai, S. Iwase, T. Kawaguchi, Y. Kogure, T. Yamaguchi
Exploratory Clinical Research on Active Hexose Correlated Compound in the Adjuvant Chemotherapy of Breast Cancer

72th International Congress of lnternational Pharmaceutical Federation

2012 年10 月 於 Amsterdam,Nederland
S.Tanaka, T.Akashi , S.Itoh, M.Masuda, H.Utsumi , C.Kasahara , Y.Ochiai M.Yamamoto, H.Takeuchi, S.Unezaki, T.Hirano
Low-dose glucocorticoid therapy complement the pituitary-adrenocortical system and reduce anxiety and insomnia in myasthenia gravis patients

国内学会

第28回日本TDM学会学術大会

2011 年6 月 於 広島
虎石竜典 竹内裕紀 内田裕之 中村有紀 今野 理 横山卓剛 岩本 整 濱耕一郎 平野俊彦 畝崎 榮 奥山 清 島津元秀
タクロリムス徐放性製剤(TAC-ER)はトラフ値採血時間の許容範囲が大きい

内田 裕之、竹内 裕紀、角田 誠一、矢尾 淳、中村 真理、宇田、石井 嘉之
プレガバリンによる有害事象が疑われた維持透析症例の検討

第43回日本医学教育学会大会

2011 年7 月 於 広島
大野尚仁, 成井浩二, 小谷明, 長谷川弘, 西山貴仁, 内手昇, 川口崇, 青柳裕, 三浦典子, 下枝貞彦, 柳田顕郎, 佐藤弘人, 横須賀章人, 加藤哲太, 杉浦宗敏, 平野俊彦, 渋澤庸一, 平野和也
薬学部5年次の実務実習を補完する少人数教育プログラム

第21回日本医療薬学会年会

2011 年11 月 於 神戸
片山宏章、竹内裕紀、虎石竜典、中村有紀、濱耕一郎、岩本整、横山卓剛、木原優、今野理、城島嘉麿、平野俊彦、川口崇、奥山清、島津元秀、畝崎榮
腎移植患者におけるグラセプターの至適トラフ値はプログラフよりも低い可能性
-AUTL/AUCに基づく解析より-

川口崇、岩瀬哲、竹内裕紀、梅田 恵、中澤学、松永忠東、南雲吉則、畝崎榮
クリニックのチーム医療における薬剤師の必要性

小野寺夕貴、岩瀬哲、川口崇、梅田恵、竹内裕紀、南雲吉則、畝崎榮
乳癌患者の術後補助療法前後におけるQOL影響因子の変化

第38回臓器保存生物医学会学術集会

2011 年10 月 於 仙台
竹内裕紀,曽我 朗子,片山宏章, 平野俊彦,岩本整、中村有紀、濱耕一郎、今野理、横山卓剛、木原優、虎石竜典、川口崇,奥山清、畝崎榮、島津元秀
カルシニューリン阻害薬のリンパ球ステロイド感受性に対する増強効果

第44回日本臨床腎移植学会

2012 年11 月 於 軽井沢
今野理、竹内裕紀,虎石竜典、横山卓剛、木原優、中村有紀、濱耕一郎、岩本整、島津元秀
腹膜透析患者の免疫抑制剤に対する末梢血リンパ球感受性の検討

第2回医薬工3大学包括連携推進シンポジウム

2012 年3 月 於 東京
竹内裕紀,曽我朗子,岩本整、片山宏章, 平野俊彦,中村有紀、濱耕一郎、今野理、横山卓剛、木原優、虎石竜典、川口崇,奥山清、畝崎榮、島津元秀
カルシニューリン阻害薬によるステロイド感受性増強作用

講演会等発表記録

平成23年度関東消化器内視鏡医学講習会

2011 年11 月 於 東京
畝崎 榮
内視鏡検査に必要な薬理・生理学

平成23年度中小病院薬剤師実践セミナー

2011 年11 月 於 大阪
川口崇
がん治療チームにおける薬剤師の役割

第20回東京腎と薬剤研究会

2012 年2 月 於 東京
竹内 裕紀
-CKDの根治治療をめざして- これだけは知っておきたい腎移植の知識

2010年度 研究室の業績

原著・総説および著書

原著

竹内 裕紀,原田 清子,川口  崇,石田 耕太,植松 和子,大野 郁子,
高坂  聡,源川 奈穂,山崎 篤司,松崎 宜裕,畝崎  榮
透析患者の中毒性副作用の実態―薬剤師による腎機能低下患者への処方チェックの重要性―
透析医学会誌,43,38-40(2010) (学会講演論文)

総説

竹内 裕紀,平田 純生
薬剤師からみた投薬のしかた―薬剤選択の注意と実際―
腎と透析,69,351-357(2010)

和泉  智,鎌田 直博,竹内 裕紀,田中 章郎,長谷川 功,三宅 健文,宮村 重幸
高齢者および慢性腎臓病患者への適正な薬物療法に関する調査・研究~「薬剤性副作用および薬剤性腎障害の経験等に関する調査~
日本病院薬剤師会雑誌,46,17-34(2010)

和泉  智,鎌田 直博,竹内 裕紀,田中 章郎,長谷川 功,三宅 健文,宮村 重幸
高齢者および慢性腎臓病(CKD)患者への適正な薬物療法に関する調査・研究~「CKD患者の副作用および薬剤性腎障害と薬剤師の関与に関する調査~
日本病院薬剤師会雑誌,46,989-997(2010)

著書

松本 有右,畝崎  榮,三溝 和男,竹内 裕紀 編著
よくわかるハイリスク薬の服薬指導.秀和システム,2010,352 pp.

畝崎  榮 他
実務実習事前学習のための「調剤学計算ドリル」
柴崎正勝,赤池昭紀,橋田充監.栄田敏之編.廣川書店,2010,110 pp.

竹内 裕紀
“ステージ1T ~ 5T:腎移植の基礎知識.” CKD の治療と薬Q & A ― 慢性腎臓病の患者ケア・服薬指導―
平田純生編著.じほう,2010,pp. 161-179

竹内 裕紀
“薬物血中濃度モニタリング.” 造血幹細胞移植プラクティカルガイド
神田善伸編.南江堂,2010,pp. 182-187

学会発表記録

国際学会

2010 International Psycho−Oncology Society

2010 年5 月 於 Quebec, Canada
Y. Kuroda, T. Kawaguchi, S. Iwase, N. Sakata, T. Yamaguchi, K. Muto, O. Sakura, Y. Nagumo, and K. Nakagawa
Trait anxiety: A predictor of psychological distress and poor health-related quality of life in breast cancer patients

2010 American Society of Clinical Oncology

2010 年6 月 於 Chicago, USA
D. Yamamoto, S. Iwase, H. Odagiri, Y. Kuroda, K. Akazawa, K. Kitamura, T. Kawaguchi, C. Yamamoto, Y. Nagumo, and N. Sakata
A randomized multicenter phase II trial of capecitabine versus S-1 as first-line treatment in unresectable or recurrent breast cancer patients.

70th International Congress of lnternational Pharmaceutical Federation

2010 年8 月 於 Lisbon, Portugal
H. Takeuchi, M. Gulimire, S. Akizuki, K. Hama, Y. Nakamura, H. Iwamoto, T. Ashizawa, T. Toraishi, S. Tanaka, T. Kawaguchi, K. Okuyama, T. Akashi, T. Hirano, M. Shimazu, and S. Unezaki
Differences of lymphocyte sensitivities to steroids between patients administered tacrolimus and cyclosporine after renal transplantation

S. Tanaka, H. Utsumi, M. Masuda, Y. Morisaki, K. Onda, H. Takeuchi, S. Unezaki, T. Akashi, N. Ido, T. Ohtsuka, M. Nishida, and T. Hirano
The expression of costimulatory molecules of peripheral lymphocytes in myasthenia gravis patients who treated with immunosuppressive drugs

国内学会

第165 回 東京医科大学医学会総会

2010 年6 月 於 東京
グリミルムヒタル,岩本  整,葦澤 龍人,島津 元秀,平野 俊彦,秋月 綜剛,竹内 裕紀,畝崎  榮
タクロリムス療法下の腎移植患者における末梢血リンパ球のコルチゾール感受性とその臨床的意義

第15 回 日本緩和医療学会学術大会

2010 年6 月 於 東京
坂田 尚子,黒田佑次郎,岩瀬  哲,福井三恵子,海津未希子,川口  崇,中川 恵一
緩和医療における心理士の役割に関する探索的研究

黒田佑次郎,岩瀬  哲,川口  崇,佐倉  統,武藤 香織,坂田 尚子,梅田  恵,南雲 吉則
転移性乳がん患者の心理的要因が健康関連QOL に与える影響について

第18 回 日本乳癌学会学術総会

2010 年6 月 於 札幌
黒田佑次郎,岩瀬  哲,川口  崇,佐倉  統,武藤 香織,坂田 尚子,梅田  恵,南雲 吉則
乳がん患者の特性不安が治療のプロセスにおける健康関連QOL に与える影響について

第27 回 日本TDM 学会学術大会

2010 年6 月 於 札幌
虎石 竜典,竹内 裕紀,横山 卓剛,中村 有紀,今野  理,岩本  整,濱 耕一郎,葦澤 龍人,望月 健司,浅海 隆司,小山 正晴,平野 俊彦,畝崎  榮,奥山  清,島津 元秀
ACMIA 測定法によりタクロリムスの血中トラフ濃度が異常高値を示した一症例

日本病院薬剤師会 関東ブロック 第40 回学術大会

2010 年8 月 於 東京
川口  崇,黒田佑次郎,濃沼 政美,岩瀬  哲,竹内 裕紀,畝崎  榮,南雲 吉則
乳癌薬物療法導入の説明前における患者のQOL と心理状態に関する調査

第4 回 日本緩和医療薬学会年会

2010 年9 月 於 鹿児島
星 茜,阿部 誠治,川口  崇,福永 晃子,大戸 祐治,柏原 由佳,野田 秀裕,石原ゆきえ,峯村 純子,村山純一郎
退院後在宅ケア移行患者さんへの適切な中心静脈栄養療法のための理解に向けた取り組み

第54 回 日本薬学会関東支部大会

2010 年10 月 於 東京
川口  崇,黒田佑次郎,濃沼 政美,岩瀬  哲,竹内 裕紀,畝崎  榮,南雲 吉則
閉経前乳癌の薬物療法導入説明前における患者のQOL と心理状態に関する調査

竹内 裕紀,中村 有紀,虎石 竜典,濱 耕一郎,岩本  整,川口  崇,奥山  清,島津 元秀,平野 俊彦,畝崎  榮
AUTL/AUC を用いたタクロリムス徐放性製剤の至適トラフ値の検討

第46 回 日本移植学会

2010 年10 月 於 京都
竹内 裕紀,中村 有紀,濱 耕一郎,虎石 竜典,高野 公徳,横山 卓剛,今野  理,阿部 雄太,岩本  整,葦澤 龍人,平野 俊彦,川口  崇,畝崎  榮,奥山  清,島津 元秀
グラセプターはプログラフより至適トラフ値が低い可能性がある―血中トラフレベル下面積(AUTL)/AUC に基づく比較解析―

中村 有紀,濱 耕一郎,岩本  整,片山 宏章,曽我 朗子,虎石 竜典,高野 公徳,横山 卓剛,今野  理,城島 嘉麿,阿部 雄太,赤司  勲,竹内 裕紀,葦澤 龍人,平野 俊彦,島津 元秀
腎移植患者に対するグラセプターへの切り替えの検討

虎石 竜典,中村 有紀,竹内 裕紀,片山 宏章,曽我 朗子,高野 公徳,横山 卓剛,今野  理,阿部 雄太,岩本  整,濱 耕一郎,葦澤 龍人,平野 俊彦,畝崎  榮,奥山  清,島津 元秀
当院におけるグラセプターへの切換症例におけるアンケート結果(第1 報)

グリミルムヒタル,岩本  整,葦沢 龍人,竹内 裕紀,畝崎  榮,平野 俊彦,島津 元秀
腎移植患者におけるステロイド離脱の指標としての末梢血リンパ球のコルチゾール感受性

岩本  整,濱 耕一郎,中村 有紀,今野  理,グリミルムヒタル,横山 卓剛,葦澤 龍人,竹内 裕紀,島津 元秀
腎移植患者におけるステロイド減量・離脱後の血清クレアチニンの上昇についての検討

第4 回 日本腎と薬剤研究会学術大会

2010 年10 月 於 横浜
川口  崇,加藤 徳介,竹内 裕紀,畝崎  榮,原田 清子
東京腎と薬剤研究会における参加型要素を組みいれた講演会の試み

竹内 裕紀,葦沢 龍人,平野 俊彦,川口  崇,畝崎  榮,島津 元秀
血液透析施行患者のイリノテカン塩酸塩とその代謝物の体内動態―活性代謝物SN-38 は腸肝循環されない―

岩堀  徹,小原 功裕,竹内 裕紀,川口  崇,畝崎 榮 
持続的血液濾過透析(CHDF)施行患者のメロペネムのPK/PD 解析による至適投与量・投与法の検討

三宅 健文,和泉  智,竹内 裕紀,平田 純生
日本腎と薬剤研究会 専門薬剤師制度対策委員会からの報告(シンポジウム)

第20 回 日本医療薬学会年会

2010 年11 月 於 千葉
平田 大氣,土田 明彦,永川 裕一,松土 尊映,許  文聡,池田 隆久,鈴木 芳明,粕谷 和彦,青木 達也,東 加奈子,竹中 朋子,大西 正美,川口  崇,竹内 裕紀,畝崎  榮,明石 貴雄
膵癌におけるゲムシタビン術後補助化学療法―隔週投与の有用性―

平塚 典子,宮城 聖子,土井かおり,添田  博,松村 正史,前   彰,川口  崇,竹内 裕紀,畝崎  榮,明石 貴雄
東京医科大学病院の長期実務実習における治験実習の試み

竹内 裕紀,虎石 竜典,濱 耕一郎,岩本  整,高野 公徳,横山 卓剛,今野  理,阿部 雄太,葦澤 龍人,平野 俊彦,片山 宏章,川口  崇,奥山  清,島津 元秀,畝崎  榮
タクロリムス徐放性製剤は既存性剤より指摘トラフ値が低い可能性がある―血中トラフレベル下面積(AUTL)/AUC に基づく比較解析―

前 彰,添田  博,松村 正史,川口  崇,竹内 裕紀,畝崎  榮,明石 貴雄
第一期長期病院実務実習から得られた課題と改善点

三宅 健文,竹内 裕紀,和泉  智,平田 純生
腎・透析領域における専門薬剤師制度設立に関する意識調査

第37 回 臓器保存生物医学会学術集会

2010 年11 月 於 新潟
竹内 裕紀,グリミルムヒタル,岩本  整,中村 有紀,濱 耕一郎,虎石 竜典,平野 俊彦,秋月 宗剛,川口  崇,畝崎   榮,島津 元秀
腎移植患者のステロイド減量・離脱におけるステロイドのPBMC 感受性の有用性

グリミルムヒタル,竹内 裕紀,岩本  整,葦沢 龍人,畝崎  榮,平野 俊彦,島津 元秀
腎移植患者における末梢血リンパ球のコルチゾール感受性に基づく至適免疫抑制薬の選択

第44 回 日本臨床腎移植学会

2011 年1 月 於 兵庫
竹内 裕紀,中村 有紀,虎石 竜典,濱 耕一郎,岩本  整,平野 俊彦,片山 宏章,畝崎  榮,島津 元秀
タクリリムス徐放性製剤のAUTL/AUC の個人差の要因解析

講演会等発表記録

神奈川県病院薬剤師会スキルアップ講座

2010 年7 月 於 横浜
竹内 裕紀
腎機能障害時の薬物療法

第15 回 東京腎と薬剤研究会講演会

2010 年7 月 於 東京
加藤 徳介,川口  崇
実践!腎機能の評価~ AKI のマネージメントを中心に~

薬剤師生涯研修講座e-ラーニング

2010 年9 月 於 東京
竹内 裕紀
PK/PD に基づく処方支援

平成22 年度 関東消化器内視鏡医学講習会

2010 年11 月 於 東京
畝崎  榮
内視鏡検査に必要な薬理・生理学

第4 回 千葉県薬剤師会・病院薬剤師会合同研修会

2011 年2 月 於 千葉
畝崎  榮
パーキンソン病の薬物治療と服薬指導の要点