News

感染症・腫瘍・免疫疾患に対する免疫調節の可能性を探る

研究室のねらい

ヒトはさまざまな生物と共生関係にある.なかでも微生物は常在菌叢として存在し,体表を覆い尽くしている.同時に,病原性微生物は体表を突破し,体内に侵入して病気を起こす.免疫学教室では,微生物菌体成分と宿主との相互作用をさまざまな角度から解析し,免疫異常が関わる,難治性疾患の診断・治療薬の創出をめざす。
 
免疫学教室は,大学院生命科学研究科の兼担教室です. 
教室紹介は添付資料のとおり. 
                       ⇒添付資料: 免疫学教室 Guidebook24 

研究室メンバー

(役職:氏名 / 学位)
教授: 大野尚仁(薬学博士)lab03_02.jpg
准教授: 安達禎之(薬学博士)
講師: 石橋健一 博士(薬学)
助教: 山中大輔 博士(薬学) 
 
研究員:7名 
博士課程:4名 
6年生:13名 
5年生:16名 
4年生:13名
(2019年4月現在)

担当講義

(科目: 学年【前・期】 /教員名)
微生物学:2年【前期】/石橋健一
基礎生物学集中講義/石橋健一
免疫学:2年【後期】/大野尚仁,安達禎之, 石橋健一
臨床免疫学:3年【前期】/大野尚仁,石橋健一,安達禎之
細胞工学:3年【前期】/安達禎之,山中大輔
 
薬剤師の職能と自己将来展望:4年【前期】/安達禎之,山中大輔
 
免疫学実習:2年【後期】/大野尚仁,安達禎之,石橋健一,山中大輔
生物系ゼミナール:2年【前期】/石橋健一
人間と薬学Ⅰ:1年【前期】/大野尚仁,安達禎之,石橋健一
PBLT演習:5年【後期】/石橋健一
総合演習:4年【後期】/石橋健一
アドバンス演習:6年【後期】/安達禎之, 石橋健一
薬学のあゆみ:1年【前期】/大野尚仁
 
卒論関連科目;科別英語特論:4年, アドバンス英語:5年
ラボラトリー演習:5,6年,
課題研究:4 ,5,6年/大野尚仁,安達禎之,石橋健一,山中大輔
 
創薬生化学特論:大学院・薬科学専攻/大野尚仁,安達禎之
 
 
(2019年度) 

研究テーマと概要

1)βグルカンの癌免疫療法への応用

癌免疫療法は代替医療の側面,ならびに細胞療法・遺伝子療法の側面の両面から臨床的可能性が探られている.我々はさまざまなβグルカンを現有しているので,それらを駆使して,両面への応用を展開している。

2)深在性真菌症の早期治療法の開発

細胞壁βグルカンを可溶化する方法を開発したので,可溶性βグルカンとカブトガニの体液凝固因子を用いて,早期診断の確立をめざしている。

3)血管炎症候群の解析

抗好中球自己抗体産生が関わる自己免疫疾患について,基礎動物モデルならびに臨床の両面から解析している。

4)内毒素性ショックの解析

細菌内毒素受容体CD14に対する単クローン抗体を樹立したので,これを用いて,ショックを分子レベルから解析している。

主な研究業績(令和元年度(2019))

平成30年度(2018)以前の研究室の実績はこちら

原著・総説および著書

原著

1)
A Pharmacist Intervene in a Diabetes Foot Lesion from Athlete's Foot Treatments
糖尿病足病変に白癬症治療から介入する方法の検討

応用薬理 , 95, 133-138 (2018)
菅原 直人*,大野 尚仁,町田 *,生井 一之*
*さいたま赤十字病院

2)

Solubilized Melanin Suppresses Macrophage Function
FEBS Open Bio, 9, 791–800(2019)
Katsuya Tajima, Daisuke Yamanaka, Ken‐ichi Ishibashi, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno

3)
Immunochemical Similarities in Polysaccharide Components of the Royal Sun Culinary-Medicinal Mushroom, Agaricus brasiliensis (Agaricomycetes), and Clinically Isolated Candida spp.
Int J Med Mushrooms, 21, 413–428 (2019)
Hiroaki Tanaka*, Chiho Yanai, Ken-ichi Ishibashi, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi,  Koji Araki*, Shota Yonetani*, Hiroaki Ohnishi*, Takao Shinohara*, and Naohito Ohno
*Kyorin University Hospital

4)
真菌感染症に対するキングアガリクスの可能性
Mvm, 28, 103-106(2019)
田島 克哉

5)
Dectin-2-induced CCL2 Production in Tissue-resident Macrophages Ignites Cardiac Arteritis

J Clin Invest, doi: 10.1172/JCI123778(2019)
Chie Miyabe*1, Yoshishige Miyabe*1, Laura Moreno*1, Jeffrey Lian*1, Rod A. Rahimi*1, Noriko N. Miura, Naohito Ohno, Yoichiro Iwakura*2, Tamihiro Kawakami*3, and Andrew D. Luster*1
*1Harvard Medical School, Boston, USA, *2Tokyo University of Science, *3Tohoku Medical and Pharmaceutical University

6)

Interleukin-1beta Inhibition Attenuates Vasculitis in a Mouse Model of Kawasaki Disease
J Nippon Med Sch, 86, 108-116(2019)
Yoshiaki Hashimoto*, Ryuji Fukazawa*, Noriko Nagi-Miura, Naohito Ohno, Nobuko Suzuki*, Yasuhiro Katsube*, Mitsuhiro Kamisago*, Miharu Akao*, Makoto Watanabe*, Koji Hashimoto*, Kanae Tsuno*, Ryosuke Matsui*, and Yasuhiko Itoh*
*Nippon Medical School 

7)
Effects of Euglena gracilis EOD-1 Ingestion on Salivary IgA Reactivity and Health-Related Quality of Life in Humans

Nutrients, doi: 10.3390/nu11051144(2019)
Ken-ichi Ishibashi, Machiko Nishioka*, Nobuteru Onaka*, Madoka Takahashi*, Daisuke Yamanaka, Yoshiyuki Adachi, and Naohito Ohno
*Kobelco Eco-Solutions Co., Ltd.

8)
N-Terminal (1→3)-β-D-Glucan Recognition Proteins from Insects Recognize the Difference in Ultra-Structures of (1→3)-β- D-Glucan
Int. J. Mol. Sci, 20, 1-14(2019)
Yoshiyuki Adachi, Masaki Ishii, Takashi Kanno, Junko Tetsui, Ken-ichi Ishibashi , Daisuke Yamanaka, Noriko Miura, and Naohito Ohno

9)
酵母細胞壁多糖の熱分解法による調製と機能性の検討
Application of Heat Degradation Method to Prepare Polysaccharides from the Cell Wall of Yeast Like Fungi, Candida
応用薬理, 96, 95-92(2019)
柳井 千穂, 田中 宏明*1, 石橋 健一, 安達 禎之, 山中 大輔, 大西宏 明*2,三浦 典子,大野 尚仁
*1杏林大学病院, *2 杏林大学

10)
救命救急センター常駐薬剤師による フェニトイン処方支援の効果
Effective Utilization of Phenytoin by Pharmacists at the Critical Care Center
JJSEM, 22, 559-566(2019)
田中 宏明*1, 西 圭史*1, 大野 尚仁, 山口 芳裕*2 , 篠原 高雄*1
*1杏林大学医学部付属病院, *2 杏林大学

11)
Abrogation of Lysophosphatidic Acid Receptor 1 Ameliorates Murine Vasculitis
Arthritis Res Ther, 21, 2-8(2019)
Chie Miyabe*1*2, Yoshishige Miyabe*1, Jun Nagai*3, Noriko N. Miura, Naohito Ohno, Jerold Chun*4, Ryoji Tsuboi*2, Hiroshi Ueda*3, Masayuki Miyasaka*5, Nobuyuki Miyasaka*1,  and Toshihiro Nanki*1*6*7
*1Tokyo Medical and Dental University, *2Tokyo Medical University, *3Nagasaki University, *4The Scripps Research Institute, CA, USA., *5Osaka University, *6Teikyo University, *7Toho University School of Medicine

12)
Dectin-2-mediated Signaling Triggered by the Cell Wall Polysaccharides of Cryptococcus Neoformans
Microbiol Immunol, doi: 10.1111/1348-0421.12746(2019)
Daiki Tanno*1*2, Rin Yokoyama*1, Kotone Kawamura*1, Yuki Kitai*1, Xiaoliang Yuan*1*3, Keiko Ishii*1, Magdia De Jesus*4*5, Hideki Yamamoto *1*6, Ko Sato*1, Tomomitsu Miyasaka*7, Hiroki Shimura*2, Nobuyuki Shibata*7, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Sho Yamasaki*8, and Kazuyoshi Kawakami*1
 *1Tohoku University Graduate School of Medicine, *2Fukushima Medical University, *3Gannan Medical University, Jiangxi, China, *4School of Public Health, University at Albany, NY, USA, *5New York State Department of Health, NY, USA, *6Niigata University, *7Tohoku Medical and Pharmaceutical University, *8Osaka University

13)
The Core Fucose on an IgG Antibody is an Endogenous Ligand of Dectin-1
Angew Chem Int Ed Engl. 2019 Oct 18. doi: 10.1002/anie.201911875. [Epub ahead of print]
Yoshiyuki Manabe*1, Roberta Marchetti*2, Yohei Takakura*1, Masahiro Nagasaki*1, Wataru Nihei*1, Tomoyuki Takebe*1, Katsunori Tanaka*1*3, Kazuya Kabayama*1, Fabrizio Chiodo*4 Shinya Hanashima*1, Yoshihiro Kamada*1, Eiji Miyoshi*1, Hari Prasad Dulal*3, Yoshiki Yamaguchi*5, Yoshiyuki Adachi, Naohito Ohno, Hiroshi Tanaka*6, Alba Silipo*2, Koichi Fukase*1, and Antonio Molinaro*1*2
*1Osaka University,
*2University of Naples Federico II, Napoli, Italy, *3RIKEN, *4Amsterdam UMC, Amsterdam, The Netherlands, *5Tohoku Medical and Pharmaceutical University, *6Tokyo Institute of Technology

14)
1型糖尿病患者の治療満足度に関する解析
コミュニケーション教育学会誌, 7, 3-10(2019)

菅原 直人*,大野 尚仁,生井 一之*
*さいたま赤十字病院

15)
教員FDとしてのシナリオ・プランニング
コミュニケーション教育学会誌, 7, 11-20(2019)
大野 尚仁

 

16)
Administration of Recombinant Single Chain Fragment of Variable Region (hScFv) of IgG Suppresses Development of Murine Vasculitis Induced with Candida Albicans Water-soluble Fraction: An Animal Model of Kawasaki Disease
ADC Letter for Infectious Disease Control, 6, 51–55(2019)
Toshiaki Oharaseki*1, Yosuke Kameoka*2, Noriko Miura, Naohito Ohno, Kazuo Suzuki*3*4, and Kei Takahashi*1
*1Toho University, *2A-CLIP Institute, *3Teikyo University, *4Chiba University

17)
Adipose tissue-derived stem cells suppress coronary arteritis of Kawasaki disease in vivo
Pediatr Int. 2019 Nov 23. doi: 10.1111/ped.14062. [Epub ahead of print]Ryoichi Uchimura*, Takahiro Ueda*, Ryuji Fukazawa*, Jun Hayakawa*, Ryuji Ohashi*, Noriko N Miura,
Ryoichi Uchimura*, Takahiro Ueda*, Ryuji Fukazawa*, Jun Hayakawa*, Ryuji Ohashi*, Noriko N Miura, Naohito Ohno, Makoto Migita*, Yasuhiko Itoh*
*Nippon Medical School

 

 

最近のトピックス

1)真菌細胞壁βグルカンの可溶化方法を開発した.真菌症の早期診断に役立てるほか,疾患の原因究明へのツールにもなりそうである。

2)マウスCD14の単クローン抗体を樹立した.これは細菌内毒素の結合部位に対するクローンであり,内毒素性ショックの機構解明に役立ちそうである。

3)薬用茸から,新規βグルカンを開発した.これらを用いて,経口免疫機構を解析することは予防医学の確立に役立ちそうである。

4)カンジダ由来の細胞壁多糖CAWSによって,マウスに川崎病類似の血管炎を誘発できることがわかった。

免疫学教室のご紹介