News

がん専門薬剤師と循環器救急・災害医療経験者の教員が医療現場の今を伝える

研究室のねらい

 当教室では、薬物治療の基礎となる処方せんの監査から患者服薬説明に至るまで、将来即戦力として活躍できる知識、技術、モラルを習得した薬剤師になるための教育を提供しています。担当教員はいずれも病院薬剤部で長年に渡る勤務経験があり、所属学会で認定されたがん指導・専門薬剤師および循環器急性期の薬物治療や災害医療に従事していた災害派遣医療チーム(日本DMAT)の隊員資格を持つ教員です。臨床現場に精通し高度な専門知識を有する教員が学生を指導することで、薬物治療に関わる有効性、安全性の評価を確立するための特色ある研究にも力を入れ、臨床現場で必要とされる成果が得られるよう努めています。
 また、常に臨床現場との連携が保てるよう、教員が武蔵野赤十字病院および順天堂大学医学部附属順天堂医院を週1回訪問し、病院薬剤部業務を主体とする臨地実務を通して、入院患者へ投与される薬剤の監査や服薬説明を行ったり、現場薬剤師や他大学との共同研究にも取り組んでいます。この際、配属学生も同行し現場の薬剤師と共同して、教員指導のもと臨床研究を行っています。

研究室メンバー

(役職:氏名 / 学位)
教授:下枝貞彦(薬学博士)
准教授:平田尚人(薬学博士)

博士課程:1名
修士課程:1名(瀋陽薬科大学留学生)
6年生:6名
5年生:3名
4年生:6名
(平成30年4月現在)

担当講義

(科目:学年【前・後期】 /教員名)

リーダーシップ論:1年【前】/下枝貞彦

ゼミナールⅠ:1年【後】/下枝貞彦・平田尚人

ゼミナールⅡ:2年【後】/下枝貞彦

ゼミナールⅢ:2年【後】/下枝貞彦

疾病と薬物治療Ⅵ:3年【後】/下枝貞彦

疾病と薬物治療Ⅶ:3年【後】/下枝貞彦

病態栄養管理学:4年【前】/下枝貞彦・平田尚人

医療衛生薬学演習Ⅰ‐ⅰ(セルフメディケーション):4年【前】/下枝貞彦・平田尚人

事前実務実習(実務実習事前学習Ⅰ):4年【前】/下枝貞彦・平田尚人

事前実務学習(実務実習事前学習Ⅱ):4年【後】/下枝貞彦・平田尚人

医薬品開発特論Ⅱ:5年【前】/下枝貞彦・平田尚人

PBLT:5年【後】/下枝貞彦

感染制御学特論:6年【前】/下枝貞彦

高齢者医療:6年【前】/下枝貞彦・平田尚人

 

研究テーマと概要

現在の研究テーマ対象は以下に示したように、患者個別化治療を目的とした感染症学、臨床腫瘍学、薬剤学、更にはリスク軽減に必要な医薬品の包装や表示、あるいは災害医療まで、多岐にわたっています。
 
1.唾液サンプルを用いた遺伝子多型の測定と臨床応用
2.血液・唾液サンプルを用いた新規ストレスホルモン定量法の開発
3.感染制御ならびに抗菌剤・抗真菌剤の適正使用
4.抗真菌剤の簡易血中濃度測定法の開発
5.小児および高齢者薬物治療
6.抗がん剤の薬物療法
7.がん患者における新規栄養評価指標の開発
8.ストレスを指標としたアロマテラピーによる副作用軽減策への応用
9.リスク軽減を目的とした医薬品の包装と表示の開発
10.がん化学療法における心血管系合併症の危険因子予測ならびに合併症の回避に有用な動物モデルの開発
11.災害時の薬剤師職能や災害薬学の教育手法に関する検討

 

lab_4_3_11_a.jpg

 

中でも、「ストレスを指標としたアロマテラピーによる副作用軽減策への応用」については、生体内のコルチゾールとアミラーゼを用いてストレス評価を行い、がん化学療法における副作用(悪心・嘔吐に伴う栄養状態の悪化など)とストレスとの関連性を検討することで、ストレス強度に応じた患者個別の副作用対策を立案し、がん化学療法の治療成績向上を目指しています。また、毛髪や唾液を用いて薬物濃度と代謝酵素の遺伝子多型を測定し、患者に過度な負担をかけない方法で検体を採取し、抗真菌剤の個別化治療への応用も検討しています。
 
さらに並行して、薬学小論文ゼミ、英語特論ゼミ、国試対策ゼミを定期的に行い、プレゼンテーション能力を養うための課題テーマ発表を定期的におこなっています。

平成30年度からは、がん化学療法に伴う大きなリスクの一つである心血管系の有害事象および合併症軽減のための研究にも取り組みはじめました。また、災害医療薬学の教育内容充実に向けて、教育手法の検討を行っていくと共に関連機関とも連携した研究が出来るような体制の確立を目指します。

 

%E5%BF%83%E8%82%A5%E5%A4%A7.jpg

%E7%81%BD%E5%AE%B3%E5%8C%BB%E7%99%82%EF%BC%92.jpg

主な研究業績(過去3年間)

1.Shimoeda.S, Nakagawa S, Kobayashi H, Yamato S, Kawano K, Ohta S.Clinical Significance of Measuring the Blood Concentration of Itraconazole Oral Solution in the Field of Hematology. Biol Pharm. Bull. 33:1861-1866.2010
 
2.Yamato S, Nakagawa S, Ohta S , et al. High- performance liquid chromatography determination of ketone bodies in human plasma by precolumn derivatization with p-nitrobenzene diazonium fluoroborate.Anal Biochem 384:145-50. 2009
 
3.Nakagawa S, Shimoeda S, Ohta S, Yamato S. , et al. Determination of the antifungal agent voriconazole in human plasma using a simple column-switching high – performance liquid chromatography and its application to a pharmacokinetic study.Chem.Pharm Bull 56 : 328 -31 . 2008
 
4.下枝貞彦,中澤一純,大和 進,笹木睦子,河野健治,太田 伸.破損リスク軽減を目的とした新規ガラスアンプル外筒被覆包装の有用性.医療薬学:34.606-612.2008.
 
5.下枝貞彦,中澤一純,小林 光,中川沙織,大和 進,笹木睦子,河野健治,太田 伸.血液内科領域におけるボリコナゾール血中濃度測定の臨床的意義.医療薬学: 34.638-643.2008.
 
【国際学会での発表状況】
Shimoeda S, Nakagawa S, Yamato S, and Ohta S Adverse effect reduction of cancer chemotherapy by aromatherapy for personalized medicine that makes stress marker and visual analog scale index. International IFCC WorldLab EUROMEDLAB . Berlin .2011.
 
【競争的資金の取得状況】
独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金
平成20・21年度科学研究費補助金(若手研究スタートアップ)「テーラーメイド治療を指向した抗真菌薬の血中濃度簡易測定法の開発と遺伝子多型解析」下枝貞彦
平成22.23.24年度科学研究費補助金基盤研究(C)「アロマテラピーによるがん化学療法における副作用の軽減効果」太田 伸

最近のトピックス

6年制薬学教育の完成年度を迎えたのを契機に、配属学生のニーズに応えられるよう、新たに提携先の病院へ長期間にわたり研究や実習ができるコースを設置しました。新コースに所属する学生は、ストレスを指標としたアロマテラピーによる副作用軽減策への応用をテーマに臨床でのデータを蓄積したり、がん指導・専門薬剤師の資格を持つ教員の指導下で長期のアドバンス病院実習を行う予定です。