News

医薬品開発を志向した生物活性物質(天然物・核酸関連物質)の探索と有機合成

研究室メンバー

  教授: 宮岡宏明(薬学博士)
  講師: 太田浩一朗(博士(薬学))
嘱託助教: 岡﨑伸之輔(博士(薬学))

 6年生:  5名 (実験研究コース 4名、調査研究コース 1名)
 5年生:  6名 (実験研究コース 6名、調査研究コース 0名)
 4年生:  3名 (実験研究コース 3名、調査研究コース 0名)

(令和6年4月現在)

担当講義

2024年度

基礎有機化学:第一学年【前期】/宮岡宏明、太田浩一朗
有機化学Ⅰ:第一学年【後期】/宮岡宏明、太田浩一朗
医療薬物薬学演習I-i 医薬品創製と基礎(物理系・化学系):第四学年【前期】/宮岡宏明、太田浩一朗

化学系実習Ⅱ有機化学実習:第二学年【前期】/宮岡宏明、太田浩一朗、岡﨑伸之輔

化学系実習Ⅲ医薬品合成実習:第三学年【前期】/宮岡宏明、太田浩一朗、岡﨑伸之輔

研究テーマと概要

1)海洋生物由来の生物活性物質の探索と化学構造の決定 海洋生物からは、陸上由来のものとは異なるユニークな化学構造や、強力な生物活性を持つ物質が発見されている。我々は、沖縄の珊瑚礁域に生息する海洋生物から、有用な生物活性を持つ新たな物質の探索を行っている。

2)海洋天然物の全合成 海洋生物から得られる生物活性物質は、ほとんどの場合微量であり化学合成による供給が必要である。さらに、合成法の開発により様々な誘導体の合成が可能となり、より有用な物質が発見できる可能性もあることから、生物活性海洋天然物の全合成研究を行っている。

3)漢方薬・薬膳食材由来の新規生物活性物質の探索 蛾の幼虫に寄生するサナギタケCordyceps militarisからは、漢方薬として免疫増強作用や抗腫瘍作用など多岐にわたる効能が知られている冬虫夏草と同じ活性成分が発見されている。我々は、その抽出エキスが示した新たな生物活性に医薬品開発への可能性を見出し、新規生物活性物質の探索を行っている。

最近の研究業績

Total Synthesis of Marine Polyketide Plakortone Q

Shinnosuke Okazaki, Kaho Senda, Ayaka Tokuta, Misa Inagaki, Kazuo Kamaike, Koichiro Ota, and Hiroaki Miyaoka

Chem. Pharm. Bull., 72, 179-185 (2024)

Total Synthesis and Structure Revision of Saniculamoid D

Koichiro Ota, Kazuo Kamaike, and Hiroaki Miyaoka

Synlett, 34, 2304-2308 (2023)

Synthesis and Evaluation of MGB Polyamide-Oligonucleotide Conjugates as Gene Expression Control Compounds

Kazuo Kamaike, Mutsumi Sano, Daisuke Sakata, Yu Nishihara, Hiroaki Amino, Akihiro Ohtsuki, Yui Okada, Takafumi Miyakawa, Makoto Kogawara, Mai Tsutsumi, Misato Takahashi, Etsuko Kawashima, Koichiro Ota, and Hiroaki Miyaoka

J. Nucleic Acids, 2023, Article ID 2447998 (2023)

Total Synthesis and Structural Revision of Cephalosporolide J

Koichiro Ota, Kazuo Kamaike, and Hiroaki Miyaoka

Synlett, 34, 271-276 (2023)

Cordyceps militaris Extract and the Main Component, Cordycepin, Modulate the Functions of Prostate Cancer Cells Partially Through the Adenosine A1 Receptor

Kazuya Kusama, Takumi Suzuki, Ryosuke Motohashi, Takumi Nobusawa, Koichiro Ota, Mana Azumi, Mikihiro Yoshie, Hiroaki Miyaoka, and Kazuhiro Tamura

Nat. Prod. Commun., 17,(10), 1-8 (2022)

内分泌薬理学教室との共同研究

Biomimetic total synthesis of plakortone Q via acid-mediated tandem cyclization

Shinnosuke Okazaki, Kaho Senda, Ayaka Tokuta, Misa Inagaki, Kazuo Kamaike, Koichiro Ota, and Hiroaki Miyaoka

Org. Biomol. Chem., 20, 6771-6775 (2022)

Total syntheses of ent-hypocoprin A and ent-hypocoprin B

Koichiro Ota, Taiki Watanabe, Shuntaro Igarashi, Shinnosuke Okazaki, Kazuo Kamaike, and Hiroaki Miyaoka

RSC Adv., 12, 16576-16580 (2022)

Unified Approach to ent-Eudesmane-Type Terpenoid Synthesis: Total Synthesis of Sinupol and Eutyscoparin A

Koichiro Ota, Kazuo Kamaike, and Hiroaki Miyaoka

Synthesis, 54, 689-696 (2022)

Total Synthesis of Chlorinated Oxylipin Eiseniachloride B

Koichiro Ota, Kazuo Kamaike, and Hiroaki Miyaoka

Chem. Pharm. Bull., 69, 590-594 (2021)

Cordyceps militaris Fruit Body Extract Decreases Testosterone Catabolism and Testosterone-Stimulated Prostate Hypertrophy

Kazuya Kusama, Mayuko Miyagawa, Koichiro Ota, Naoko Kuwabara, Kaori Saeki, Yuki Ohnishi, Yasuhiro Kumaki, Tomoyasu Aizawa, Toyokazu Nakasone, Shigemi Okamatsu, Hiroaki Miyaoka and Kazuhiro Tamura

Nutrients, 13, 50 (2021)

北海道大学大学院先端生命科学研究院 蛋白質科学研究室,株式会社沖縄UKAMI養蚕,本学薬理学教室との共同研究