News一覧

2022年04月5日

国際共同研究成果の特許化

山東東阿阿膠股份有限公司との共同研究成果が特許化(特許第6996038号:皮脂量増加剤およびヒアルロン酸産生促進剤)されました。

2022年04月1日

助教として奥山勝揮先生をお迎えしました

生化学教室の博士課程修了生第1号(2022年3月学位取得)の奥山勝揮先生を助教として迎えました。
 

2022年01月7日

新年の挨拶

ホームページ閲覧者 各位

あけましておめでとうございます。
昨年、研究4号館に移動した生化学教室は、教室職員を一新して再スタートしました。
コロナ禍で大学院生、卒論生の登校、研究活動が制限されていますが、互いに協力し合って一歩一歩研究成果を積み上げています。
これからも教室の研究活動等を紹介しますので、定期的に閲覧ください。
また、生化学教室に興味を持ってくれた高校生、受験生、そして大学生からのメール、教室訪問も大歓迎です。
連絡してみてください。

生化学教室
教授 佐藤 隆

2022年01月7日

ニキビとストレスとの関連性を探る〜取材記事の掲載〜

ニキビとストレスとの関連性に関する我々の研究成果にもとづいたスキンケアについての記事が時事メディカルおよび地方新聞6紙に掲載されました。

時事メディカル(2022年1月6日)
https://www.toyaku.ac.jp/pharmacy/newstopics/2021/0107_4871.html(大学HP経由)

北羽新報(2021年10月7日・5面)
岩手日日新聞(2021年10月9日・7面)
十勝毎日新聞(2021年10月18日・18面)
神戸新聞(2021年10月18日・18面)
八重山毎日新聞(2021年11月4日・4面)
釧路新聞(2021年11月12日・10面、11月30日・7面)

ニキビはストレス

 

2021年11月19日

奥山勝揮君の論文がMicrovasc Resに掲載されました

奥山勝揮君(D4)が取り組んでいるリンパ管研究の研究成果が、Microvasc Res 139: 104273 (2021)に掲載されました。

2021年07月3日

2021年度課題研究発表会(卒論発表会)

2021年度課題研究発表会(卒論発表会)を開催しました。
 

生化学教室の職員、大学院生と卒論生

 

6年生による研究成果の発表

2021年06月2日

ニキビ(痤瘡)とストレスの新発見

ニキビ(痤瘡)研究に関する新知見がプレスリリースされました。
当教室と虎の門病院皮膚科の林伸和先生との共同研究において、ストレスによるニキビの発症・悪化を関連づける因子、ノルメタネフリンを同定しました。
詳しくは、以下のURL(大学ホームページ)をご覧ください。

https://www.toyaku.ac.jp/pharmacy/newstopics/2021/0602_4476.html