ホリデイ・トレッキング・クラブ

NEWS

2019.10.29-30
メタルバイオサイエンス研究会2019(東京)に出席・発表しました.また本研究会で 篠田 陽 准教授 が 日本毒性学会生体金属部会の「研究奨励賞」を受賞しました。

2019.9.19-20
第15回日本脳神経外科光線力学学会(東京・市ヶ谷)に参加しました。

2019.9.14
第63回 日本薬学会 関東支部会に参加・発表しました。

2019.8.31-9.1
フォーラム2019: 衛生薬学・環境トキシコロジー(京都)に参加・発表しました。

2019.8.22
第6回東京環境健康薬学研究会に参加しました。本研究会で篠田准教授が特別講演を行いました。また、佐野さん(B5)が「優秀発表賞」を受賞しました。

2019.7.15-18
The XV International Congress of Toxicology (ICT XV)に参加しました。

2019.7.6
7月6日(土)に公衆衛生学教室の卒業研究発表会を行いました。

2019.7.4
公開セミナーを開催しました。講演者:東京理科大学薬学部教授 鍜冶 利幸 先生

2019.6.26-28
第46回日本毒性学会学術年会(徳島)に参加しました。

2019.6.18
7月6日(土)に公衆衛生学教室の卒業研究発表会を行います。(10時開始予定)

2019.5.18-19
研究室旅行に行ってきました.

2019.4.1
新年度がスタート!メンバー紹介欄を更新しました.

2019.3.28-30
第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会&第96回日本生理学会合同大会(9th FAOPS CONGRESS)(神戸)に参加しました。

2019.3.21-23
日本薬学会第139年会(千葉)に参加しました。

2019.3.18
平成29年度学位記授与式が執り行われました@オリンパスホール八王子。

2019.3.6
荏原俊介さん(B6)が「東京薬科大学 学部学生研究奨励賞」を受賞しました。

2019.2.5
2019年度新配属生の歓迎会を兼ねて教室新年会を開催しました。

2018.12.14
【Science 誌】に篠田准教授共著の論文が掲載されました!

2018.11.16-17
メタルバイオサインス研究会2018(日本毒性学会 生体金属部会主催)に参加しました。

2018.11.3-7
第48回北米神経科学会(Neuroscience 2018)に参加しました。

2018.11.3
4th Asian International Symposium of Traditional Medicines (AISTM) に参加しました。

2018.11.1-2
LASER WEEK IN TOKYO(第14回日本脳神経外科光線力学学会)に参加しました。

2018.10.1
恒岡助教による寄稿記事が日本薬学会の機関誌であるファルマシアのTOPICS欄に掲載されました。

2018.9.10-11
フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジーに参加しました。

2018.9.6
第5回東京環境健康薬学研究会に参加しました。

2018.7.26-29
第41回日本神経科学大会(神戸)に参加しました。

2018.7.19
第45回日本毒性学会学術年会において、荏原俊介さん(B6)が「学生ポスター発表賞」を受賞しました。

2018.7.5
公開セミナー(大学院講義 衛生化学特論を兼ねる)を開催しました。

2018.6.30
平成30年度課題研究論文発表会(公衆衛生学教室)を開催しました。

2018.6.17-20
ASIATOX 2018(Pattaya, Thailand)に参加しました。

2018.4.21-22
教室旅行に行って来ました@伊豆。

2018.4.11
篠田准教授の研究課題が「東京薬科大学附属社会医療研究所」の「研究助成」に新規採択されました。

2018.4.6
吴东盼(Wu Dong-pan)さんの歓迎会を開催しました。

2018.4.1
吴东盼(Wu Dong-pan)さんが当教室の一員となりました(中国中医科学院客員研究員 )。

2018.4.1
篠田 陽 先生が准教授に昇任されました。

2018.3.28-30
第95回日本生理学会大会(高松)に参加しました。

2018.3.26-28
日本薬学会第138年会(金沢)に参加・発表しました。

2018.3.14
平成29年度学位記授与式がオリンパスホール八王子にて執り行われました。

2017.12.19
平成30年度新配属生との顔合わせを兼ねて研究室忘年会を開催しました。

2017.12.5
平成30年度の新配属生が決定しました(15名)。

2017.11.21
篠田講師 プレスリリース「長期記憶形成に必須な分子メカニズムを特定 ~タンパク質の設計図を神経樹状突起へ局在化させる因子が不可欠~」。

2017.9.1-2
フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー(仙台)に参加・発表しました。

2017.8.26
第4回東京環境健康薬学研究会を本学で開催しました。公衆衛生学教室から6演題発表し、巽さん(B6)が「優秀発表賞」を受賞しました。

2017.8.2
平成29年度課題研究論文発表会(公衆衛生学教室)を開催しました。

2017.7.24
8月2日(水)に平成29年度課題研究論文発表会(公衆衛生学教室)を開催します(10〜12時、13〜15時:1103講義室)

2017.7.11
2017年度ファイザー賞(高頻度被引用論文賞;Pfizer Highly Cited Paper Award)(日本毒性学会)を受賞しました(藤原)。

2017.7.11
2017年度ファイザー賞(高頻度被引用論文賞;Pfizer Highly Cited Paper Award)(日本毒性学会)を受賞しました(高橋)。

2017.7.10-12
第44回日本毒性学会学術年会(横浜)に参加・発表しました。

2017.6.15
公開セミナー(大学院講義 分子衛生化学特論を兼ねる)を開催しました。

2017.4.22-23
研究室旅行に行ってきました@山梨。

2017.4.5
恒岡助教の歓迎会を開催しました。@生協食堂2F

2017.4.2
恒岡助教の研究課題が「文部科学省:日本学術振興会」の「科学研究費補助金(若手研究B)」に新規採択されました。

2017.4.1
高橋講師の研究課題が「文部科学省:日本学術振興会」の「科学研究費補助金(基盤研究C)」に新規採択されました。

2017.4.1
恒岡 弥生 先生が本学 助教(講義担当)として着任されました(東京理科大学薬学部より)。

2017.3.28-30
第94回日本生理学会大会(浜松)に参加・座長を務めました(篠田)。

2017.3.25-27
日本薬学会第137年会(仙台)に参加・発表しました。(藤原・高橋)

2017.3.15
平成28年度学位記授与式が執り行われました@オリンパスホール八王子。

2017.3.7
東京理科大学総合研究院バイオオルガノメタリクス研究部門研究交流会に参加・発表しました。

2016.12.9
平成29年度新配属生との顔合わせを兼ねて研究室忘年会を開催しました。

2016.11.29
平成29年度の新配属生が決定しました(11名)。

2016.8.28
第3回東京環境健康薬学研究会に出席し、発表しました。

2016.8.1
平成28年度課題研究発表会(公衆衛生学教室)を開催しました。

2016.7.25
藤原教授が2017年7月10-12日に開催される第44回日本毒性学会学術年会の年会事務局参与に任命されました。

2016.6.30
本学客員教授の鍜冶利幸先生(東京理科大学薬学部)が、2016年度日本毒性学会「学会賞」を受賞されました。

2016.6.29-7.1
第43回日本毒性学会学術年会(名古屋)に出席し、発表しました。

2016.4.23-24
教室旅行に行ってきました。@鬼怒川温泉&日光

2016.4.4
篠田講師の歓迎会を開催しました。@生協食堂2F

2016.4.1
研究課題が「文部科学省:日本学術振興会」の「科学研究費補助金(基盤研究C)」に採択されました。

2016.4.1
篠田 陽 先生が本学講師として着任されました(東京理科大学理工学部より)。

2016.3.27-29
日本薬学会第134年会(横浜)に出席し、ポスター発表を行いました。

2016.3.18
平成27年度学位記授与式が執り行われました。

2016.3.17
東京理科大学総合研究院バイオオルガノメタリクス研究部門研究交流会に参加・発表しました。

2016.2.23
松原さん(B6)が、平成27年度薬学部総合薬学演習試験成績優秀者に選ばれ、表彰されました。

2015.12.21
研究室忘年会&新卒論配属生との顔合わせ会を本学カフェテリア(生協食堂1F)で開催しました。

2015.12.8
東北大学大学院薬学研究科教授 永沼 章 先生による講演会を開催しました。

2015.11.25
新卒論配属生(3年生15名)が確定しました。

2015.11.14
髙橋講師が第21回ヒ素シンポジウムにおいて「奨励賞」を受賞しました。

2015.9.17-18
フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジーに参加し,発表しました。

2015.8.27-28
メタルバイオサイエンス研究会2015に参加し,発表しました。

2015.8.21
第2回東京環境健康薬学研究会に出席し,発表しました。
また、大湊さん(6年生)が「優秀発表賞」を受賞しました。

2015.8.4
平成27年度課題研究論文発表会(公衆衛生学教室)を開催しました。

2015.6.30
第42回日本毒性学会学術年会において、高橋 勉 講師が「2015年度 田邊賞」を受賞しました。

2015.6.29-7.1
第42回日本毒性学会学術年会(金沢)に出席し,発表しました。また、学術年会スタッフとして活動しました(藤原、高橋、三木、前田、大湊、来栖、佐藤、西村、松原)。

2015.6.11
東京理科大学薬学部教授 鍜冶利幸 先生による大学院講義が開催されました。

2015.4.25-26
研究室旅行に行ってきました@那須高原

2015.4.13
教員スタッフによる 高橋 勉 講師の歓迎会を開催しました@ピチコラージョ。

2015.4.10
高橋 勉 講師の歓迎会を兼ねて、お花見会(雨天のためゼミ室で鍋パーティ)を開催しました。

2015.4.1
高橋 勉 先生が講師として公衆衛生学教室に着任されました(東北大学薬学部より)。

2015.3.20
学位記授与式が執り行われ、当研究室の6年生12名全員卒業しました。6年生の皆さんご卒業おめでとうございます!

2015.2.10
平成26年度「東京薬科大学学部学生研究奨励賞」の受賞式が執り行われました(6年 小山・立花)。

2015.2.5
平成26年度「東京薬科大学学部学生研究奨励賞」の受賞が決定しました(6年 小山・立花)。平成27年2月10日に賞状の授与が行われます。

2015.1.28
研究室新年会&市川先生との親睦会を本学レストラン「マグノリア」で開催しました。

2014.12.22
研究室忘年会&新卒論配属生との顔合わせ会を本学レストラン「マグノリア」で開催しました。

2014.11.21
新卒論配属生(3年生12名)が確定しました。

2014.10.4
第58回日本薬学会関東支部大会において、シンポジストとして講演を行いました(藤原)。

2014.9.19
フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジーにおいて、環境・衛生部会 新人賞を受賞しました(6年 立花)。

2014.9.19-20
フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー(筑波)に出席・発表しました(藤原, 三木, 小山, 立花)。

2014.8.22
第1回東京環境健康薬学研究会において、優秀発表賞を受賞しました(6年 小山)。

2014.8.22
第1回東京環境健康薬学研究会を東京薬科大学で開催しました(藤原)。

2014.8.22
平成26年度公衆衛生学教室卒業論文発表会を開催しました。

2014.7.3
2014年度ファイザー賞(高頻度被引用論文賞;Pfizer Highly Cited Paper Award)(日本毒性学会)を受賞しました(藤原)。

2014.5.30
新しく研究室のホームページを開設しました。

2014.5.29
H26年度第2回研究報告会を行いました。

2014.4.11
研究室の親睦会を学内レストラン「マグノリア」で開催しました。

2014.4.7
平山城址公園でお花見会を開催しました。

2014.4.1
公衆衛生学教室(藤原研究室)が新たにスタートしました。

おすすめスポット

Bioimages 誌に恒岡助教が共著の論文が掲載されました (2019.11.7)。 Cell morphology and early-phase Ca2+ transients of Guinea-pig pulmonary vein cardiomyocytes compared with atrial and ventricular cardiomyocytes.
Bioimages, 27, 1-12, 2019.


Environ. Toxicol. Pharmacol. 誌 (IF2018=3.061) に高橋講師(筆頭著者)、藤原教授が共著の論文が掲載されました (2019.10.22)。 Induction of chemokine CCL3 by NF-κB reduces methylmercury toxicity in C17.2 mouse neural stem cells.
Environ. Toxicol. Pharmacol., 71, 103216, 2019.


J. Neurosci. 誌 (IF2018=6.074) に篠田准教授が共著の論文が掲載されました(2019.8.19)。Deletion of class II ARFs in mice causes tremor by the Nav1.6 loss in cerebellar Purkinje cell axon initial segments.
J. Neurosci., 39(32) 6339-6353, 2019


J.Toxicol. Sci. 誌 (IF2018=1.732) に篠田准教授(筆頭著者)、巽さん(卒業生)、高橋講師、藤原教授が共著の論文が掲載されました(2019.8.2)。Gene expression profiles in the dorsal root ganglia of methylmercury-exposed rats.
J. Toxicol. Sci., 44(8), 549-558, 2019.


Sci. Rep. 誌 (IF2017=4.122) に篠田准教授が共著の論文が掲載されました (2019.5.22)。 Rubber tail illusion is weakened in Ca2+-dependent activator protein for secretion 2 (Caps2)-knockout mice.
Sci. Rep., 9, 7552, 2019.


J.Toxicol. Sci. 誌 (IF2017=1.719) に藤原教授が共著の論文が掲載されました (2019.5.21) Possible mechanisms underlying transcriptional induction of metallothionein isoforms by tris(pentafluorophenyl)stibane, tris(pentafluorophenyl)arsane, and tris(pentafluorophenyl)phosphane in cultured bovine aortic endothelial cells.
J. Toxicol. Sci., 44(5), 327-333, 2019.


Sci. Rep. 誌 (IF2017=4.122) に高橋講師、藤原教授が共著の論文が掲載されました (2019.3.15) Methylmercury induces the expression of chemokine CCL4 via SRF activation in C17.2 mouse neural stem cells.
Sci. Rep., 9, 4631, 2019.


Mol. Brain 誌 (IF2017=3.449) に篠田准教授が共著の論文が掲載されました (2019.3.14) LAMP5 in presynaptic inhibitory terminals in the hindbrain and spinal cord: a role in startle response and auditory processing.
Mol. Brainm 12, 20, 2019.


J.Toxicol. Sci. 誌 (IF2017=1.719) に篠田准教授 (筆頭著者)、荏原さん (B6)、巽さん (卒業生)、高橋講師、藤原教授が共著の論文が掲載されました (2019.3.7) Methylmercury-induced neural degeneration in rat dorsal root ganglion is associated with the accumulation of microglia/macrophages and the proliferation of Schwann cells.
J. Toxicol. Sci., 44(3), 191-199, 2019.


BBRC 誌 (IF2017=2.559) に篠田准教授が筆頭著者の論文が掲載されました (2018.12.26) Aspects of excitatory/inhibitory synapses in multiple brain regions are correlated with levels of brain-derived neurotrophic factor/neurotrophin-3.
Biochem. Biophys. Res. Commun., 509(2), 429-434, 2019.


Science 誌 (IF2017=41.058) に篠田准教授が共著の論文が掲載されました(2018.12.14)Synaptotagmin-3 drives AMPA receptor endocytosis, depression of synapse strength, and forgetting.
Science, 363(6422), eaav1483, 2019.


Photodiagnosis Photodyn. There. 誌 (IF2017=2.895) に論文が掲載されました (2018.11.1) Photodynamic therapy with talaporfin sodium inducesdose- and time-dependent apoptotic cell death inmalignant meningioma HKBMM cells.
Photodiagnosis Photodyn. There., 25, 29-34, 2019.


Toxics 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2018.8.17) Effect of metallothionein-III on mercury-induced chemokine gene expression.
Toxics, 6(3), 48, 2018.


Toxics 誌に高橋講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2018.7.13) Chemokine CCL4 induced in mouse brain has a protective role against methylmercury toxicity.
Toxics, 6, 36, 2018.


J.Toxicol. Sci. 誌 (IF2016=1.436) に高橋講師 (筆頭著者)、鈴木さん (卒業生)、三澤さん (B6)、篠田准教授、藤原教授が共著の論文が掲載されました (2018.5.9) Photodynamic therapy using talaporfin sodium induces heme oxygenase-1 expression in rat malignant meningioma KMY-J cells.
J. Toxicol. Sci., 43(5), 353-358, 2018.


Neurosci. Lett.誌 (IF2016=2.180) に篠田准教授が筆頭著者の論文が掲載されました(2018.5.1) Calcium-dependent activator protein for secretion 2 (CADPS2) deficiency causes abnormal synapse development in hippocampal mossy fiber terminals.
Neurosci. Lett., 677, 65-71, 2018.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2018.4.24) Putrescine selectively alleviates methylmercury toxicity in C17.2 mouse neural stem cells.
Fund. Toxicol. Sci., 5(2), 71-73, 2018.


Bioorg. Med. Chem. Lett. 誌 (IF2016=2.454) に高橋講師、大野さん(B6)、藤本さん(B5)、藤原教授が共著の論文が掲載されました(2017.11.24) Synthesis, antitumor activity, and cytotoxicity of 4-substituted 1-benzyl-5-diphenylstibano-1H-1,2,3-triazoles.
Bioorg. Med. Chem. Lett., 28(2), 152-154, 2018.


eLife 誌(IF2016=7.725)に篠田講師が共著の論文が掲載されました(2017.11.21) RNG105/caprin1, an RNA granule protein for dendritic mRNA localization, is essential for long-term memory formation.
eLife, 6, e29677, 2017.


Cell Struct. Funct. 誌(IF2016=1.9)に篠田講師が共著の論文が掲載されました(2017.10.30) Deltamethrin increases neurite outgrowth in cortical neurons through endogenous BDNF/TrkB pathways.
Cell Struct. Funct., 42, 141-148, 2017.


Neurosci. Lett. 誌(IF2016=2.18)に篠田講師が責任著者の論文が掲載されました(2017.10.10) CAPS2 deficiency affects environmental enrichment-induced adult neurogenesis and differentiation/survival of newborn neurons in the hippocampal dentate gyrus.
Neurosci. Lett., 661, 121-125, 2017.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に高橋講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2017.3.8) Small interfering RNA-mediated knockdown of the transcription factor TCF3 enhances sensitivity to methylmercury in mouse neural stem cells.
Fundam. Toxicol. Sci., 4(2), 41-43, 2017.


PLoS ONE 誌(IF2016=2.806)に篠田講師が共著の論文が掲載されました(2017.3.8) The brain-specific RasGEF very-KIND is required for normal dendritic growth in cerebellar granule cells and proper motor coordination.
PLoS ONE, 12(3), e0173175, 2017.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2017.2.27) Identification of transcription factors activated by methylmercury in mouse brain.
Fundam. Toxico. Sci., 4(1) 37-39, 2017.


Int. J. Mol. Sci. 誌(IF2016=3.226)に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2017.2.8) Induction of syndecan-4 by organic-inorganic hybrid molecules with a 1,10-phenanthroline structure in cultured vascular endothelial cells.
Int. J. Mol. Sci., 18(2), 352, 2017.


J. Toxicol. Sci. 誌(IF2016=1.436)に篠田講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2017.1.10) Comparative photodynamic therapy cytotoxicity of mannose-conjugated chlorin and talaporfin sodium in cultured human and rat cells.
J. Toxicol. Sci., 42(1), 111-119, 2017.


Neurosci. Lett. 誌(IF2016=2.18)に篠田講師が共著の論文が掲載されました(2017.01.10) Analysis of gene expression in Ca2+-dependent activator protein for secretion 2 (Cadps2) knockout cerebellum using GeneChip and KEGG pathways.
Neurosci. Lett., 639, 88-93, 2017.


J. Cell. Biochem. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.12.28) Transforming growth factor-β1 modulates the expression of syndecan-4 in cultured vascular endothelial cells in a biphasic manner.
J. Cell. Biochem., 118(8), 2009-2016, 2017.


Sci. Rep. 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2016.12.22) Methylmercury induces the expression of TNF-α selectively in the brain of mice.
Sci Rep. 6, 38294, 2016.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.12.21) Sensitivity of MT-III null mice upon chronic exposure to cadmium.
Fund. Toxicol. Sci., 3(6), 285-289, 2016.


PLoS ONE 誌に篠田講師が共著の論文が掲載されました(2016.11.21) Mammalian-specific central myelin protein opalin is redundant for normal myelination: structural and behavioral assessments.
PLoS ONE, 11(11), e0166732, 2016.


Eur. J. Pharmacol. 誌に篠田講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2016.10.11) Galacto-N-biose is neuroprotective against glutamate-induced excitotoxicity in vitro.
Eur. J. Pharmacol., 791, 711-717, 2016.


J. Cell. Biochem. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.9.2) Biglycan intensifies ALK5-Smad2/3 signaling by TGF-β1 and downregulates syndecan-4 in cultured vascular endothelial cells.
J. Cell. Biochem., 118(5), 1087-1096, 2017.


Int. J. Mol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.8.23) Transcriptional induction of metallothionein by tris(pentafluorophenyl)stibane in cultured bovine aortic endothelial cells.
Int. J. Mol. Sci., 17(9), 1381, 2016.


Sci. Rep. 誌に篠田講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2016.8.22) CAPS1 stabilizes the state of readily releasable synaptic vesicles to fusion competence at CA3–CA1 synapses in adult hippocampus.
Sci. Rep., 6, 31540, 2016.


Biochim. Biophys. Acta 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2016.7.15) Whi2 enhances methylmercury toxicity in yeast via inhibition of Akr1 palmitoyltransferase activity.
Biochim. Biophys. Acta, 1860(6), 1326-1333, 2016.


J. Nat. Med. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.7.7) AU-1 from Agavaceae plants causes transient increase in p21/Cip1 expression in renal adenocarcinoma ACHN cells in an miR-34-dependent manner.
J. Nat. Med., 71, 36-43, 2017.


J. Biol. Inorg. Chem. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.5.7) Copper diethyldithiocarbamate as an activator of Nrf2 in cultured vascular endothelial cells.
J. Biol. Inorg. Chem., 21, 263-273, 2016.


J. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.3.11) Induction of metallothionein isoforms by copper diethyldithiocarbamate in cultured vascular endothelial cells.
J. Toxicol. Sci., 41(2), 225-232, 2016.


Sci. Rep. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.2.25) Accumulation of p53 via down-regulation of UBE2D family genes in a critical pathway for cadmium-induced renal toxicity.
Sci. Rep., 6, 21968, 2016.


Sci. Rep. 誌に高橋講師が共著の論文が掲載されました(2016.2.24) Transport of pyruvate into mitochondria is involved in methylmercury toxicity.
Sci. Rep., 6, 21528, 2016.


Toxicol. Res. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2016.2.24) Different regulation of p53 expression by cadmium exposure in kidney, liver, intestine, vasculature, and brain astrocytes.
Toxicol. Res., 32(1), 73-80, 2016.


Arch. Toxicol. 誌に藤原教授が筆頭著者の論文が掲載されました(2016.2.12) Heparan sulfate chains potentiate cadmium cytotoxicity in cultured vascular endothelial cells.
Arch. Toxicol., 90(2), 259-267, 2016.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に高橋講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.12.21) Methylmercury induces expression of interleukin-1β and interleukin-19 in mice brains.
Fundam. Toxicol. Sci., 2(6), 239-243, 2015.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に高橋講師が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.12.21) Knockdown of Acyl-CoA thioesterase 9 gene expression by siRNA confers resistance to arsenite in HEK293 cells.
Fundam. Toxicol. Sci., 2(6), 245-247, 2015. 


J. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2015.10.21) Involvement of ubiquitin-coding genes in cadmium-induced protein ubiquitination in human proximal tubular cells.
J. Toxicol. Sci., 40(6), 901-908, 2015.


Biol. Pharm. Bull. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.8.29) Nucleolin acts as a scavenger receptor for acetylated low-density lipoprotein on macrophages.
Biol. Pharm. Bull., 38, 1420-1424, 2015.


Lasers Med. Sci. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.6.28) Photodynamic therapy using talaporfin sodium induces concentration-dependent programmed necroptosis in human glioblastoma T98G cells.
Lasers Med. Sci., 30(6), 1739-1745, 2015.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.6.26) Evaluation of laser irradiance on photodynamic therapy using talaporfin sodium-induced glioblastoma T98G cell death.
Fundam. Toxicol. Sci., 2(3), 111-116, 2015. 


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2015.3.28) Comparative cytotoxicity of triphenylstibane and fluorine-substituted triarylpnictogens in cultured vascular endothelial cells. 
Fundam. Toxicol. Sci., 2(2), 61-66, 2015.


Biol. Pharm. Bull. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2015.1.5) Nucleolin is a receptor for maleylated-bovine serum albumin on macrophages.
Biol. Pharm. Bull., 38(1), 116-121, 2015.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2014.12.25) The involvement of GPRC5B in cadmium toxicity in HK-2 cells.
Fundam. Toxicol. Sci., 1(4), 165-167, 2014.


Fundam. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2014.12.8) Effects of cadmium on the gene expression of SLC39A1 coding for ZIP1 protein.
Fundam. Toxicol. Sci., 1(4), 131-133, 2014.


J. Toxicol. Sci. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2014.12.1) Effect of talaporfin sodium-mediated photodynamic therapy on cell death modalities in human glioblastoma T98G cells.
J. Toxicol. Sci., 39(6), 821-827, 2014.


Photodiagnosis Photodyn. There. 誌に三木助教が筆頭著者の論文が掲載されました(2014.11.1) Concomitant treatment with temozolomide enhances apoptotic cell death in glioma cells induced by photodynamic therapy with talaporfin sodium.
Photodiagnosis Photodyn. There., 11, 556-564, 2014.


J. Toxicol. Sci. 誌に藤原教授が共著の論文が掲載されました(2014.10.1) Alteration of DNA binding activity of transcription factors in NRK-52E rat proximal tubular cells treated with cadmium.
J. Toxicol. Sci., 39(5), 735-738, 2014.