News

公衆衛生学教室行事日程

ヒトの疾病予防と健康増進に貢献する!

研究室のねらい

 公衆衛生学教室では、環境有害因子の毒性発現機構とそれに対する生体応答機構の解明研究並びに衛生薬学教育を通して、原子から地球環境に至る幅広い視点からヒトの健康を考えることができる薬剤師の育成を目指しています。

公衆衛生学教室メンバー

■教員
教 授:藤原泰之/博士(薬学)
准教授:篠田 陽/博士(理学)
講 師:高橋 勉/博士(薬学)
助 教:恒岡弥生/博士(薬学)

■大学院生
D3: 中野 毅
 
■配属学生
6年生:11名
5年生:13名
4年生:16名
(2019年4月1日現在)

担当講義

■講義・演習
1年【前期】人間と薬学I アドバイザーSGD:全員
  【後期】(選択科目)地球環境概論:藤原(分担)
2年【前期】健康保持と疾病予防:藤原・篠田・高橋
  【後期】生活環境と健康:藤原・高橋・篠田
4年【前期】医療衛生薬学特論-i(薬剤師の職能と自己将来展望):高橋(分担)
  【後期】総合演習:高橋
5年【後期】課題研究(情報収集Ⅲ):恒岡
6年【前期】課題研究(4P80):高橋
  【後期】アドバンス演習:篠田・高橋
 
■実習
3年【後期】健康・環境実習 - 公衆衛生学実習
 
■卒論教室指導
4年【前期】医療衛生薬学英語特論
5年【通年】アドバンス英語
5,6年【通年】医療衛生薬学演習II-i ラボラトリー演習(1)
4,5,6年【通年】課題研究(実験・調査研究)
 
■大学院
奇数年【前期】分子衛生薬学特論(修士)
偶数年【前期】衛生化学特論(博士)

研究概要

 公衆衛生学教室は,衛生薬学教育の一環を担っている研究室です。衛生薬学とは、基礎科学である衛生化学・公衆衛生学,栄養化学,環境科学,毒性学,環境微生物学,疫学及び生態学等を包括する薬学独自の学問分野であり,その使命は,疾病予防と健康増進にあります。ヒトは健康な状態から,ある原因によって発病した場合,適正医療によって治療が行われ,健康な状態に戻ります。この流れの中で,衛生薬学は各種疾患の様々な角度からの「原因究明」や「化学物質の健康影響」とその「作用機構解析」を通じて,疾病予防と健康増進に貢献しています。
 そこで当研究室では,ヒトの疾病予防と健康増進に貢献することを目的として,以下の研究を行っています。 

1.有害金属類の毒性発現機構の解明とそれに対する生体防御機構の解明

 ヒトの健康は,化学物質など環境中に存在する様々な有害因子により脅かされています。一方,生体には有害因子の作用から健康を護る様々な防御機構が備わっており,ヒトの健康の維持・増進に重要な役割を果たしています。本研究では,環境汚染物質であるカドミウムや鉛,ヒ素,メチル水銀などの有害金属類による血管病変および神経障害の発症機構の解明研究、並びにそれらの有害金属類の作用に対する生体防御機構の解明研究に取り組むと共に,有機−無機ハイブリッド分子を活用した生体防御機構の機能調節と疾病予防に関する研究を進めています。
1)有害金属類による血管病変発症機構の解明
2)有害金属類の作用に対する生体防御機構の解明
3)血管組織におけるメタロチオネインの機能解明
4)メチル水銀による中枢・末梢神経障害発症機構の解明
5)有機−無機ハイブリッド分子を活用した疾病予防に関する研究

2.記憶形成のメカニズム解明と自閉症発症メカニズムの探索

 ほとんどの動物は神経を持ち(無神経だと言われる人にも神経はあります),その活動によって摂食・生殖・闘争・逃走といった生存に必須の個体行動が保障されています。簡単な神経系を持つ動物では,外部または内部からの刺激に対して単純に応答する仕組みとなっていますが,とりわけ中枢神経系を持つ動物は外界や内部の様々な情報を記憶,統合し,それを自らの生存に有利になるように適宜利用するといった,より高度で複雑な神経機構を有しています。本研究では,記憶構築メカニズムの解明,精神・神経疾患発症のメカニズムの解明,またそれらに影響を与える環境因子の探索,さらにその解明に資する研究ツールやモデルマウスの開発を行うことで,我々の記憶がどのように脳内に書き込まれ,読み出されているのかという謎に迫ります。
1)シナプス特異性の機構解明
2)記憶構築のネットワーク探索〜モデルマウスの作製
3)光応答性タンパク質翻訳装置の開発
4)自閉症発症の環境要因探索

3.光線力学療法(PDT)における光感受性物質の毒性学的研究

 光線力学的療法(Photodynamic Therapy: PDT)は,腫瘍細胞に選択的に集積する光感受性物質(レザフィリンなど)を投与後に患部にレーザ光を照射して活性酸素を産生させ腫瘍細胞を死滅させる治療法です。本研究では,既存並びに新規合成光感受性物質の殺細胞効果とその細胞死メカニズムを細胞レベル・分子レベルで解明することを通じて,脳腫瘍治療におけるPDTの発展に貢献しています。
1)レザフィリン-PDTによる抗腫瘍機構および細胞応答機構の解明
2)新規光感受性物質の抗腫瘍効果の検討とそのメカニズムの解明

主な研究業績(2014年度以降)

研究室のオリジナルホームページよりご確認下さい▷▷▷こちら