お知らせ

薬物療法の研究を通して問題解決能力のある薬剤師をめざす

研究室の特徴

教員全員が病院薬剤師出身であり、実践的なことを交えて指導します。

医療実務薬学教室では、医療現場での薬学的ケアを基盤とする実務教育と研究を行います。

薬物治療の最適化をはじめとして,医薬品の適正使用および有効性と安全性向上に関わる研究を行い、時代が求める医療を実践できる薬剤師の育成を目指しています。

臨床応用を目指した基礎的研究から、患者さんの検体を用いた薬物動態の研究、そして病院で実施する臨床研究のデザイン、方法論、統計解析など幅広い研究内容に取り組み、薬物療法の有効性,安全性を理論的に証明し,臨床上の薬物療法の問題点を改善していく研究や、薬剤師の職能をテーマとした研究を行なっています。

研究は当教室と関連病院の医師や薬剤師との共同研究、または教室独自の研究を行っています。

病院と大学の両方を行き来きし、卒論テーマをまとめるために実験、調査、データ解析等を行ないます。

テーマにより、実験する場合もあれば、調査・解析だけの場合もあります。

自主性を重んじて、研究および国試の勉強をバランスよく行なえるよう計画します。

5年次後期に希望者には東京医大関連病院にて医学生との合同ポリクリ実習を行っています(臨床薬理学教室と総合医療薬学講座と合同実施)。

6年次には、学生が主体となり、国試対策ゼミや新薬ゼミなどを行います。

教員

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8.png

教授

畝崎 榮

薬学博士

准教授

竹内 裕紀

薬学博士

講師

川口 崇

薬学博士

卒論生

6年

工藤聖正、佐藤夏美、関根和晃、瀬沼和己、中里栄喜、前原陸哉、茂木結菜、山口茜、山本絢子

5年

柳田裕海、吉良美希、新澤琴音、依田茉奈実、間庭好華、土肥優子、富岡千夏、吉田佳世子、榎本菖太、星夢香、沼田理子、山田優里 

4年

田崎遼太、来栖里佳、山田海帆、神園翔、土屋将輝、徳武和馬、鈴石ゆり菜、齊藤惇、神長花緒、塚本あゆ

担当講義

 

学年

科目

担当者

1年

人間と薬学

竹内裕紀

4年

個別化医療II

竹内裕紀

 

臨床推論I

川口 崇

 

疾病と薬物治療VIII

畝﨑 榮, 竹内裕紀

 

医療薬学科別演習

畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口 崇

 

病態栄養管理学

竹内裕紀

 

事前実務実習

畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口 崇

 

実務実習事前学習II

畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口 崇

 5年

PBLT

川口 崇

 

情報収集I

竹内裕紀

6年

アドバンス演習

畝﨑 榮, 竹内裕紀

 

医薬品開発特論II

竹内裕紀

大学院

分子創剤制御学特論

畝崎 榮

 

薬物治療学特論

畝﨑 榮, 竹内裕紀