News

薬物や生体成分の分離分析法,定量法,物性評価法,および生体内反応のリアルタイム解析法などの開発

研究室のねらい

~研究のスタンス~
新しい化合物を発見したり合成したりすることで創薬のシーズが生まれ,新しい生理機能や作用メカニズムを見つけることで,創薬のターゲットが広がります.同様に,何かの物質や物性や作用(反応)に関する「新しい分析法」を作り出すことで,創薬の世界の新しい扉が開くはずだ,と考えて研究しています.言い換えると,既に完成された分析法に頼って実験するのではなく,あくまでも,未解決の問題を解くための方法論(分析法)を自ら考案し,それを使って世界初のデータを得ることを最大の目的として研究しています.

~研究分野やターゲット~
「分析」は応用科学の一分野なので,化学系と生物系の両方の知識が必要です.また,測定対象物質も様々であり,この数年間だけでも,薬物(抗生物質,抗腫瘍薬,向精神薬,血圧降下薬,含硫薬物,含フッ素薬物,免疫抑制薬),天然物(アルカロイド,ポリフェノール,環状ペプチド,セラミド),生体成分(糖,アミノ酸,ペプチド,酵素タンパク質(組換え体含む),核酸塩基,オリゴヌクレオチド,脂質,ビタミン)等々多岐に渡っています.ですので我々は,物質に対してほとんどこだわりを持っていませんが,必ず化学構造をチェックして特徴や性格を見抜き,分析上の手掛かりにつなげようと常に考えています.

研究室メンバー

lab02_08.jpg

教授  栁田 顕郎  博士(薬学)   
准教授 東海林 敦  博士(薬学)   
助教  森岡 和大  博士(工学)   
助教  守岩 友紀子 博士(薬学)

客員研究員 1 名   
6 年生  12 名   
5 年生  13 名   
4 年生  16 名

担当講義

2021 年度(令和 3 年度)

  • 化学平衡論 1 年(前期)栁田 顕郎
  • 分析化学 1 年(後期)東海林 敦
  • 機器分析学 2 年(前期)東海林 敦,栁田 顕郎,森岡 和大
  • 分析化学実習 2 年(前期)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 物理化学・分析化学実習 2 年(後期)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 医療薬物薬学特論-i (創薬概論) 4 年(前期)栁田 顕郎【分担】
  • 医療薬物薬学演習Ⅰ医薬品創製と基礎 4 年(前期)栁田 顕郎,東海林 敦【分担】
  • 薬品分析化学特論 修士課程 栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大【分担】
  • 科別英語特論Ⅰ 4 年(前期)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 科別英語特論Ⅱ 5 年(通年)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 医療薬物薬学演習 II-i (ラボラトリー演習) 5・6 年(通年)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 医療薬物薬学演習 II-ii (学術論文演習) 5・6 年(通年)栁田 顕郎,東海林 敦,森岡 和大,守岩 友紀子
  • 4P-80 5 年 東海林 敦【分担】

主な研究業績 (過去 3 年間)

  1. K. Morita, K. Morioka, H. Nakajima, K. Uchiyama, A. Yanagida, A. Shoji, Film-Thickness-Controllable System for Preparing Silver Nanofilms through Absorbance Monitoring of the Thickness during a Silver-Mirror Reaction, Anal. Sci., 2021, 37, 625-631.
  2. 森岡和大, 中嶋秀, オンサイトでの定量分析を指向した小型分析装置 (「調べる」の化学:定量編), 化学と教育, 2021, 69, 210-213.
  3. 森岡和大, 中嶋秀, マイクロ化学分析システム (μTAS), ぶんせき, 2021, 208-214.
  4. Y. Moriiwa, N. Suzuki, A. Shoji, A. Yanagida, Analysis of Complexation Interactions between Metal Ionand Drugs under Pseudo-physiological pH Conditions by a High-throughput Screening Method Using a Solid-phase Extraction Cartridge, Anal. Sci., 2020, 36, 709-715.
  5. H.Yanai, S. Hoshikawa, Y. Moriiwa, A. Shoji, A. Yanagida, T. Matsumoto, A Fluorinated Carbanionic Substituent for Improving Water Solubility andLipophilicity of Fluorescent Dyes, Angew. Chem., 2021, 60, 5168-5172.
  6. K. Morioka, H. Sato, K. Morita, A. Hemmi, H. Nakajima, A. Shoji, A. Yanagida, Development of an On-chip Sample Injection System with a 6-Port Valve Incorporated in a Microchip, RSC Adv., 2020, 10, 35848-35855.
  7. K. Morioka, H. Sato, M. Kuboyama, A. Yanagida, A. Shoj, Quantification of CRP in human serum using a handheld fluorescence detection system for capillary-based ELISA, Talanta, 2021, 224, 151725.
  8. H. Fukuda, M. Nitta, M. Sakamoto, A. Shoji, M. Sugawara, Alamethicin Channels as a Signal Transduction Element in an Immobilized Single Giant Unilamellar Vesicle, Sens. Mater., 2021, 33, 171-180.
  9. 森川 剛, 﨤町 美穂, 田村 和季, 守岩 友紀子, 東海林 敦, 岡澤 香津子, 柳田 顕郎, 多品目の薬物を対象とする病院内での血中濃度測定のための実用的なHPLC分析法の開発, 分析化学, 2019, 68, 473-481.
  10. 曲 奎智, 森岡 和大, 東 奈穗, 長嶋 萌子, 辺見 彰秀, 東海林 敦, 村上 博哉, 手嶋 紀雄, 梅村 知也, 加藤 俊吾, 河西 奈保子, 内山 一美, 中嶋 秀, 自律送液が可能なマイクロチップと有機フォトダイオード検出器を用いる化学発光分析システムの開発, 分析化学, 2020, 69, 31-39.
  11. 森岡 和大, 柏木 寿実, 中嶋 秀, 柳田 顕郎, 東海林 敦, 楔形微小空間を利用する微粒子の粒径計測, 分析化学, 2020, 69, 167-172.
  12. M. Nishio, Y. Teranishi, K. Morioka, A. Yanagida, A. Shoji, Real-time assay for exosome membrane fusion with an artificial lipid membrane based on enhancement of gramicidin A channel conductance, Biosens. Bioelectron., 2020, 150, 111918.   

最近の出来事

 

8 月中に,ホームページのリニューアルを行う予定です。

情報を色々変更するかもしれませんが,ご了承下さい。